PAGE TOP

あれこれ

印刷する

KDDIのチャットを知っていますか?

暖かい対応に驚き!

のりのり
スマホ利用の紙の請求書と領収書が必要だったのでKDDIのWEB de 請求書のページを開けてみました。

au

今すぐ確認」をクリックすると、ログイン画面になります。

auID」と「パスワード」を入力し「ログイン」ボタンをクリックしたのですが、エラーになりました。2、3回繰り返したのですがエラーになりました。

スマホでは問題なくログインでき、請求金額もわかったのですが、プリントすることができませんので、あえて「PCでログイン」にこだわりました。

エラーメッセージは
『au IDは、電話番号か4~32文字の半角英数小文字、129文字までのメールアドレスで入力してください。(CCAE2030)』

同じようにエラーになり困っている人が多いのでしょう。“ログインで困ったら”というボタンがあったのでクリックしてみました。

au

最初に、「ログイン方法を自動応答でご案内」が表示され、次に「チャット」の選択画面になります。図に示したように、au公式ロボットとのやりとりが始まります。1つの質問に対し1つの回答を入力していきます。

au

(Qの文言は簡略しています。)
Q1:不具合の原因は?
A1:ログインできない
Q2:契約中のサービスは?
A2:iPhone
Q3:auIDかサポートIDか?
A3:auID
Q4:auIDはわかるか?
A4:はい
(ここは直接IDを入力するのではなく、はい、いいえのどちらかを入力)
Q5:パスワードはわかるか?
A5:はい
(ここは直接パスワードを入力するのではなく、はい、いいえのどちらかを入力)
Q6:半角・全角、大文字・小文字、スペースの混入がないか注意し、もう一度入力を。
ログインできたか?

私は入力ミスを防ぐために、覚書としてコピー&ペーストできるようにテキストエディタにIDやパスワードをリスト化して保存しています。

ここで入力ミスに気づけば良かったのですが、ただただ同じことの繰り返しをしてしまいました。

結局解決できず困っていたのですが、今度はロボットではなくサポートの方とのチャットのコーナーにいきました。

・正しいID、パスワードを入力しているのにログインできないこと
・過去6ヵ月の請求金額の明細と領収書をパソコンから出力したいこと
・エラーメッセージ『au IDは、電話番号か4~32文字の半角英数小文字、129文字までのメールアドレスで入力してください。(CCAE2030)』
の3点を一つずつ訴えていきました。

サポートの方から、このエラーを示す番号(CCAE2030)は、入力ミスを表すメッセージですと言われました。

この言葉ではたと気づき、IDの入力をハイフンが入る位置に半角スペースを入れて入力していたことに気づき、半角スペースを削除してベタで入力したところログインができました。

ログインできたこと、原因は入力ミスであったことを述べ、お礼を記述しました。

サポートの方は最後に「まだ厳しい寒さが続きますので、お体を大切にしてください。(正確ではありませんが)」と記述していただきました。

丁重

こんなサービスもあるんだと、しばし感激すると同時に、相手の顔が見えないことをいいことに横柄な言い回しをしてはいけないという戒めの時でもありました。

キーワード