PAGE TOP

取り組み

印刷する

DNAから人類の愛を語る

さぼ郎
長谷川泰という人を取り上げて伝記風な記事にして上げてみました。

かいつまむと1842(天保13)年に生まれて、父から漢方医学を学ぶが、転じて(ようは西洋医学の萌芽が長岡にも伝わってきていた)佐倉の順天堂において佐藤尚中に師事する。

北越戦争で河井継之助の最後を看取り、明治2年に大学東校(東大医学部の前身)の教師になり、いっときは校長にもなる。長崎医学校の校長として転任するも廃校になり東京にて済生学舎を立ち上げる。

長谷川泰の志は、明治になり西洋医学に基づく医者を、社会に必要な人数を教育しなければならないという考えを明確に持っていた。

当時の医者は、内務省医術開業試験の前期と後期をクリアすれば西洋医師として開業できた。済生学舎は、そのために予備校のような位置づけであった。

ちなみに、野口英世も済生学舎にて医術開業試験を合格し、長谷川泰と同窓で順天堂を継いだ佐藤進の佐藤順天堂医院にて翻訳の仕事をしていた所、北里柴三郎や志賀潔の細菌の方に興味を持ち臨床から細菌学に傾倒していくこととなります。

その後、東大医学部グループの人数も充実してくると、ドイツなどで正規の教育を受けてきた医者(医学者?)との対立というは派閥争いと言うか、プライドの争いが起きてくる。

山県有朋は北越戦争のことを根に持ち、長谷川泰を毛嫌いしていた事もあって、専門学校令を言う法律を作って済生学舎を追い詰める。

長谷川泰は、済生学舎を専門学校にすることを諦めると同時に突如として廃校にしてしまう。それを救済したのが桂秀馬、市川清忠、山根正次らで、彼らが作ったのが日本医学専門学校。

場所が千駄木(現在の日本医科大学のある所)。明治36年のこと。

その後、450名が日本医学専門学校を離脱して東京医学専門学校を設立し、それぞれが、現在は日本医科大学と東京医科大学になっているわけです。

ようは、長谷川泰という人は多くの人の記憶に名を残してはいませんが、明治早々の時期に、日本の医療を大きく西洋医学に切り替えた功労者であるのに、済生学舎をいきなり廃校にして700人の学生の教育を放棄したことは、最大の汚点であり、彼の功績をすべて帳消しにしてしまっています。

なんとも言えませんが、どこか西郷隆盛の歩みにも似ている気がします。

時代を作り、時代に取り残される。しかし、その時点では影響力が独り歩きしていて、次の時代のためには粛清されるしかなかったわけです。

西郷も、政府(そして天皇)に逆らったために「英霊」にはなれていません。「英霊」になるための最低条件は、天皇のために命を差し出さなければならないのが、幕末から言われている会沢正志斎や藤田東湖などの主張のようです。

切支丹屋敷

シドッチと思われる人骨(162号)をDNA鑑定したらシチリア地方の特徴を持ったDNAであることがわかり、国立科学博物館で2016年末に展示したとのこと。

新井白石が尋問するにあたって調べた資料は、シドッチが捕まる前に切支丹屋敷に幽閉されていた、ジョバンニ・キアラという宣教師の書いた『天主教大意』などを参考にしたようです。

ジョバンニ・キアラが切支丹屋敷にいたのは家光の頃のことで、1646年から1685年までの40年です。棄教され岡本三右衛門を名乗り、岡本三右衛門の後家を娶っていたとのこと。

遠藤周作の「沈黙」は、ジョバンニ・キアラがモデルだそうです。ずいぶん昔に読みました。磔になった主人公が「神はなにもしてくれない」というシーンのような記憶がありますが、ジョバンニ・キアラは十人扶持をもらった上に岡本三右衛門の後家までもらって80過ぎまで生きていたようですので天寿を全うしているように思います。

シドッチが切支丹屋敷に投獄されていたのは1709年から死の1714年まで。その間に新井白石の尋問を受けています。シドッチは、彼の身の回りの世話をしたとされる長助とはるの夫婦が木の十字架を持っていたことからキリシタンに改宗されていたことが発覚し、3人共地下牢に移されたそうです。

その3人の骨と思われる人骨が発掘され、その骨からDNAなどを解析することでわかってきたことを国立科学博物館が文京区と2016年の末に展示公開したわけです。

それをまとめた本が「江戸の骨は語る」という本で、その本の最後の方に、ホモ・サピエンスとネアンデルタール人が3千年も共存していた時期があると書かれていました。

交雑していたようで、その時期はアフリカから人類が出て、中東あたりで交雑したようで、アフリカ人のDNAにはネアンデルタール人のDNAは混じっていないようですが、それ以外の人類には2~5%ほど、ネアンデルタール人のDNAが混じっているようです。

いろいろな部位のDNAが混じっていて、すべてをホモ・サピエンスから集めると70%くらいまでの範囲を復元できるようです。

また、シベリアで見つかったデニソワ人という人骨のDNAから、ホモ・サピエンスとの交雑も見つかり、さらにはネアンデルタール人の女性の人骨も同じ洞窟から発見されているとのことです。

ネアンデルタール人はいまから4万年ほど前に絶滅しているのだそうで、ホモ・サピエンスのDNAとの違いから、絶滅の理由が解明されるのも、近い将来のようです。

よくアメリカの映画で宇宙人が「愛ってなぁ~に」みたいなことを聞くシーンがあります。山本周五郎に言わせれば、男と女が求め合うときにあるのが「愛」だそうです。

しかし、ホモ・サピエンスの動物としての側面を考えると、子孫繁栄には「愛」は不可欠な要素ではありません。アフリカから出たホモ・サピエンスが何人だったかは不明ですが、現在の地球にはホモ・サピエンスが70億人いるということだけは事実です。

エリアに限定されたネアンデルタール人のDNAは、かなり近似しているので近親で交配していった可能性があります。しかし、現代人はのDNAは、親子であったもシャッフルされ多様性を確保できているので、アフリカから出たホモ・サピエンスは、それなりの数がいたのでしょう。

国とか民族となると世界中で今だに未解決の問題が山積していますが、かつてはホモ・サピエンスだってネアンデルタール人やデニソワ人と愛を語っていた時代もあったわけですから、国とか民族なんて、乗り越えられる問題のような気がします。

キーワード