PAGE TOP

視点

印刷する

日銀の出口戦略

さぼ郎
モーニングサテライトです。元日銀の白井さゆりさんが解説しています。

出口とは何を意味するのか?

出口

「出口」とは、テーパリングが終わった後だというのが基本的な考え方。この出口に出る時に財務状況位の悪化が意識される。

バランスシートを見てみると、

バランスシート

総資産が500兆円、この内最大の資産が長期国債で400兆円。その他には外国資産と株関連の資産も持っている。

負債側は当座預金で、民間銀行が預けている預金のことで360兆円ある。

赤字になるケースは、日本銀行が持っている外国資産が円高になるケース。2つ面はETFなどの株価資産の下落。しかし、外国資産も株価資産も何年も継続することは考えにくいので、一時的な赤字。

もっと重要なことは当座預金に当てられる短期金利が引き上げられることによって、日本銀行の利払いが増えていくケース。仮にインフレ目標の2%が達成できると短期金利の引き上げを行わなければならなくなる場合が考えられる。

現在、当座預金にたいする利払いは、現在1870億円なのだそうですが、これがインフレ目標の2%達成できると、短期金利の利払いを1%に引き上げなければならなくなると、3.5兆円のりばらいになります。

収入は国債からの利息は1兆円。この段階で明らかな逆ざやになり、しかも何年も続くことになります。

まず、赤字をどうするかと言えば積立金5兆円を取り崩すことになります。これがなくなると初めて日本銀行は赤字になるわけです。更に準備金が3兆円ほどあってこれがなくなると債務超過になります。つまり、デフォルトです。

旧日本銀行法では附則では政府が責任を持って補填する事になっていましたが、1998年に施行された日銀法ではこの部分が撤廃されていて、今のところ明らかではないのだそうです。

なぜ、この部分を撤廃したかというと、政府による金融政策に対して関与を強めてしまうということで、独立性を維持するためにも中央銀行は健全性を常にチェックして運営するという考え方が反映されているのだそうです。

つまりは、インフレ目標を2%としていますが、これが達成されると短期金利の上昇により、日銀は赤字になるというジレンマを持つことになるわけです。

しかし、このフレ目標の2%に達成が難しい事になっているわけですが、達成まで外国資産やETFを買い続けることを宣言しているので、これはこれで赤字になる恐れが拡大するわけで、どちらにしてもだんだん危険水域に入りつつあるわけです。

危険

とはいえ、ETFの購入を減らすと同時に株価は下落するので、結果としてアベノミクスは破綻し、日銀としても不良資産を増やすことになってしまうわけです。

結論から言えばアベノミクスは、円安と株価上昇という一部への恩恵を与えたわけですが、黒田バズーカによって中央銀行としての健全性を犠牲に成り立っているとも言えるわけで、国益という観点からすれば、一概に良否を判断することは、もう少し先になりそうです。

イリノイ州シカゴではソーダ税だそうです。28gあたり1セントの税金がかかるようです。カリフォルニア州、ペンシルベニア州などでは既に実施されているようです。

タバコに対しても中毒性のあるニコチンを減らす裁判所の命令が出たそうで、タバコ会社の株価が下落しているようです。

タバコ

医療費を抑えるための施策のようです。日本では、副流煙問題ですら、自民党内での反対で先に進みません。

何をするにしても利権優先、何をするにしても隠蔽隠匿不透明。これは安倍政権だけのことではなく、自民党政権だけのことでもなく、権力を持つ日本人の特性のような気がします。

アメリカでは核シェルターがかなり売れているようで、かつて、ICBMの発射基地だった場所を不動産会社が買って、5年位住めるような核シェルターに改造して1世帯3億4千万円で販売したのだそうですが、完売だそうです。

日本でも、ひそかにシェルターの売れ域が好調でアメリカからの販売攻勢があるようです。

キーワード