PAGE TOP

関連情報

印刷する

Excel2007/2010 複数ファイル間の値のやりとり

正月早々に世界戦略を考えてみる

のりのり
Excel2010を使っているのですが、複数ファイル間の値のやりとりをしたいだけなのですが、操作方法で非常に困っています。

パソコン操作

現状、複数のファイルを開き、値のやりとり(コピー&ペースト)をするときは、コピー元ファイルで値をコピーしたら、[表示]タブで[ウィンドウの切り替え]でコピー先ファイルを開いてペーストしていますが、アクションが増えるし、両方のウィンドウが見える状態でやりとりができません。

また、モニターを二つ並べ、モニターを一つに見立てExcel画面をいっぱいに広げ、複数のウィンドウを[整列]させて作業することも可能ですが、画面をいっぱいに広げると、次にExcelを立ち上げたときにもそのままの状態で開くので、元の画面に戻したりする手間がかかります。

一つ目のExcelファイルを開き、続いて二つ目のExcelファイルをダブルクリックすると、Excel2007/2010の場合は、新たに別のExcelが起動されるのではなく、すでに起動されているExcelのウィンドウ内部に、子ウィンドウとしてブックの内容が表示されるようになっています。

そこで三つの操作方法を紹介ます。

1.Excelを複数起動し、それぞれにExcelファイルをドラッグ&ドロップしていく
2.エクスプローラーの[送る]メニューで別ウィンドウに表示させる
ただし、この二つの方法では、Excelに次のような制限が生じ、私が欲しい解決法にはならないのです。

●異なるウィンドウ間ではシートのコピーや移動ができない
●異なるウィンドウ間ではセル参照を設定できない
●二番目以降に起動されたウィンドウでは、Excel起動時に自動で読み込まれるファイル(PERSONAL.XLSBなど)を書き換えられない(ファイルがロックされているという警告が起動時に表示される)

上記二つの操作方法のような制限のない解決策としては、Excel2007/2010をExcel2013~2016にアップグレードすることだそうです。

Excel2013から仕様が改められ、Excelブックごとに別々のウィンドウで表示されるようになったそうです。

それでもアップグレードによって互換性問題が生じたり使い勝手が変わって困ったりする恐れもあるので、十分勘案する必要がある、と結んでいます。

さあ、どうしたものか。



キーワード