PAGE TOP

取り組み

印刷する

三井美術館で能面を鑑賞してきました

さぼ郎
2018年7月3日。第3回目の抗癌治療を受けてきました。いまのところ、まださしたる副作用には痛めつけられていません。

抗癌治療としてBCGを膀胱に注入するわけですが、細菌を膀胱に入れることにより膀胱内の自然免疫が活性化し、細菌を殺すと同時に腫瘍の芽を殺すという治療のようです。

この方法がなぜ、膀胱にのみ有効なのかは不明らしいですが、5年生存率が高くなることは喜ばしい限りです。

朝、7時半に日医大附属病院が開門し、診察券を機械に挿入するとバーコードが印字されたペーパーが出てきます。このペーパーを持って採血採尿のコーナーに設置してある機械にバーコードをかざすと、採尿のための紙コップが出てきます。これに尿を入れて提出するとロビーに言って良さげな場所を陣取り、8時5分くらい前に泌尿器科の受付に並びます。

8時ジャストに受け付けてもらい、ロビーに戻って診察時間と診察状況をチェクしながら9時ちょっと前に泌尿器科に移動します。

診察と抗癌治療は大して時間がかかりません(15分とか20分程度)が、BCGを注入してから2時間、排尿を我慢して病院内にいなければなりません。

この間、なるたけ水分を取らないようにしてロビーで本を読んでいます。免疫の本などを読むと、なんとなく分かったふうな気持ちになります。

そんなこんなで、次は16時の約束で三井美術館に行きました。能面を作っている先輩からの声ががかりで三井美術館で能面の展示を見てきました。

三井美術館
三井美術館にリンク ↑

今回の展示の特徴は秀吉が愛蔵していた 「雪の小面」と「花の小面」が並べて展示してあったことです。秀吉が晩年、金春大夫に 「 雪の小面 」 を、後事を託した徳川家康に 「 月の小面 」 を与え、花の小面 」 を当時名人といわれた金剛大夫に贈ったものだそうです。

月の小面」は現在行方不明だそうです。

秀吉

左が「」で右が「」です。どちらも意外にふくよかで明るい表情です。左の「」は三井家所蔵です。両面とも、左右の目の形に見てすぐわかる違いがあります。

同じく、三井家所蔵の「孫次郎」というのがあります。

おもかげ

女性が主役となり、その美を主題にした幽玄の世界を演じる能の三番目物には「小面」が多く用いられるが、これに代わり金剛流では「孫次郎」を、観世流では「若女」を、宝生流では「増女」をそれぞれ用いてきた。現在では流派にこだわらず使用されている。
「孫次郎」は成熟した優美さを感じさせ、「小面」がうら若い無垢の乙女を表現するのに対し、やや年かさの人妻の落ち着きと柔和な面持ちで、理想の女性像を表している。
という説明もありました。

実物を見る限りでは圧倒的に「孫次郎(オモカゲ)」がいいです。室町時代の作だそうですが、時代としては結構グタグタの時代でしたが、日本文化としては爛熟期だったようで、「日本古来の」とか「伝統の」というような様々な日本文化を代表するようなものの多くは室町期に発生しているようです。

政治がグタグタでも文化はしっかり花開いています。たまたま爛熟期だったのか、はたまた、政治がグタグタのほうが文化が花開くのかはわかりません。

もし、後者なら安倍政権では文化が花開きそうです。

猿楽は、平安時代から江戸時代まで続いていて明治期に「」となったとwikiには書かれています。

当時の武将が、どうして猿楽やお茶を好んだのかは不明ですが、権力者が愛でたことで現在まで伝わっていることも事実で、文化に理解を示す権力者も、ある部分、必要であるとは思います。あと100年、200年して加計学園の獣医学部が語り継がれることを祈るばかりです。

ちなみに、信長が好んだのは「幸若舞」で、これも秀吉、家康が補助しています。幸若舞も猿楽も武家が好んだようですが、明治になると禄が途絶え幸若舞が廃れていったようです。

その明確な違いはわかりません。

話変わって、ギザ十ですが、今年の5月に身内からもらいましたが、自力で手に入れたのは去年の6月のことでした。同じ週に2個手に入ったと記事に書いています。

で、2018年7月3日。ほぼ1年ぶりで自力で入手できました。

ギザ十

その間に、手元に来た10円玉を集めてみました。

10円

何枚あるのか調べだしたのですが、面倒なので週末にでも数えます。ともかく、これくらい貴重なギザ十です。

ギザ十が手元に来るといいことが起きると決めています。先週は、御御籤引いたら「大吉」でした。何が起きるのか楽しみです。

体のほうは「膀胱癌」と「前立腺癌」にあたってしまったので「大凶」です。それと引き換えに運の方は「大吉」で願いたいものです。

ちなみに昭和29年というと、「マリリンモンローがディマジオと日本に来た」「自衛隊が発足した」「洞爺丸が沈んだ」「第5福竜丸がアメリカの水爆実験で被爆した」「集団就職が始まった」のような時代だったようです。

64年前のこと。大東亜戦争が終わって73年前のこと。

キーワード