PAGE TOP

民主主義とは名前の連呼と見つけたり

民主主義とは名前の連呼と見つけたり

ちょっと読む
さぼ郎

台東区では、この日曜日に区議と区長の選挙だそうです。普段、どこで何をしているかわからないような連中が跋扈して宣伝カーで名前を連呼して表通りから裏通りまでを走り回っています。内容は、名前の連呼だけです。「地元の小学校を卒業した区議は自分だ...

続きを読む

ジョージ・ワシントンにみる民主主義とは

ジョージ・ワシントンにみる民主主義とは

ちょっと読む
さぼ郎

ジョージ・ワシントンは1732年2月22日に生まれ、1799年12月14日に亡くなっています。wiki「ジョージ・ワシントン」にリンク ↑日本でいうと徳川は吉宗(亨保)から家斉(寛政)の頃のことです。ワシントンは、選挙人投票率100%で...

続きを読む

資本主義と民主主義は両立する概念か

資本主義と民主主義は両立する概念か

ちょっと読む
さぼ郎

2月2日は新木場で「魔界」に行ってきました。といっても、悪魔とか死霊とかに知り合いがいるわけではなく、プロレスと音楽と芝居が渾然となったエンターテイメントなんです。要するに成仏できなかった魂が魔界で暗闘を繰り広げているわけです。で、その...

続きを読む

民主主義を考える

民主主義を考える

ちょっと読む
さぼ郎

昨日参加した読書会で、お仲間の一人の持参されたのが「間違いだらけの民主主義」という本でした。通常、民主主義と言われれば「意思決定は構成員の合意により行う体制・政体」をおおむね意味するように仕込まれてきました。小学校の時を思い出すと、1学...

続きを読む

一般不可能性定理

一般不可能性定理

ちょっと読む
さぼ郎

ノーベル経済賞を最年少で受賞したケネス・アローによると、選択肢が3つ以上ある場合には、複数の意思決定者は民主主義的手続きでは成員全体の意思を正しく反映するルールを作れないとしたそうです。これを「一般不可能性定理」というらしいのですが、そ...

続きを読む