PAGE TOP

をちこち

日本の原動力

日本の原動力

ちょっと読む
さぼ郎

老子曰く、言者は知らず、知者は言はずと。還初道人曰く、山林の楽を談ずる者、未だ必ずしも真に山林の趣を得ずと。政治を談ずる者、政治を知らず。宗教を談ずる者、宗教を知らず。英仏の法を説き、独露の学を講ずる者、未だ必ずしも英仏独露...

続きを読む

水戸天狗党と中島歌子と貞芳院

水戸天狗党と中島歌子と貞芳院

ちょっと読む
さぼ郎

さてさて、朝井まかての「恋歌」を読み終わりました。水戸藩の中の尊皇攘夷を巡る内紛を中核において、主人公である中島歌子の生き様を三宅花圃の目を通して描くという筋立てです。「中島歌子」にリンク ↑幕末の水戸藩というと、あまり印象がよくありま...

続きを読む

11月23日は樋口一葉の命日

11月23日は樋口一葉の命日

ちょっと読む
さぼ郎

11月23日は樋口一葉の命日です。正確には1872(明治5年)年5月2日に生まれ、1896(明治29年)11月23日に亡くなっています。もし、生きていれば142歳ですが、現実にはわずか24年の人生でした。wiki「樋口一葉」にリンク ↑...

続きを読む

今更ながらの樋口一葉

今更ながらの樋口一葉

ちょっと読む
さぼ郎

2月1日に知己が柳橋で樋口一葉の「たけくらべ」を朗読します。以前から樋口一葉という作家の名前は知っていたし、しかも5千円札にもなっているのですが、実は読んだことがありませんでした。廻れば大門の見返り柳いと長けれど、お齒ぐろ溝に燈火う...

続きを読む