PAGE TOP

頓活メニューの価格表

頓活メニューの価格表

ちょっと読む
さぼ郎

さて、肝心なお品書きです。image01頓活メニューさて、お品書きの説明です。「頓活」とは、「事業所における紙文書の整理整頓をし、整った状態を維持する日常の活動」のことです。ということで、「頓活」というネーミングを総称的に使用しています...

続きを読む

頓活1号

頓活1号

ちょっと読む
さぼ郎

Step.1 実態を調査 し、方針を決めるStep.2 整理整頓 をするここからが「ファイリング」、日本語で言うところの「文書管理」になるわけです。日本では古来から大福帳のように文書(主として証文)を綴じて管理していたようで、チャンバラ...

続きを読む

Step.3 必要事項の登録 ー 背ラベル印刷

Step.3 必要事項の登録 ー 背ラベル印刷

ちょっと読む
さぼ郎

文書管理を始めようとする事業所においては、段階を概ね4段階で考えることをお勧めしています。Step.1 事前準備 ー 調査Step.2 導入準備 ー 整理整頓Step.3 必要事項の登録 ー 背ラベル印刷などStep.4 定着・習慣化 ...

続きを読む

名称の統一と基本的な考え方

名称の統一と基本的な考え方

ちょっと読む
さぼ郎

アメリカで「レコードマネジメント」が発祥したのは、日本ではまだ明治の頃のようです。日本では一般的に「文書管理」と言う方が一般的な感じではありますが、「ファイリング」という呼び方も普通に使われています。...

続きを読む

Step.2 導入準備-整理整頓

Step.2 導入準備-整理整頓

ちょっと読む
さぼ郎

文書管理を始めようとする事業所においては、段階を概ね4段階で考えることをお勧めしています。Step.1 事前準備 ー 調査Step.2 導入準備 ー 整理整頓Step.3 必要事項の登録 ー 背ラベル印刷などStep...

続きを読む

Step.1 事前準備 ー 調査

Step.1 事前準備 ー 調査

ちょっと読む
さぼ郎

アメリカで「レコードマネジメント」が発祥したのは、日本ではまだ明治の頃のようです。日本では一般的に「文書管理」と言う方が一般的な感じではありますが、「ファイリング」という呼び方も普通に使われています。「ファイリング」というと、個別フォル...

続きを読む

文書管理の4ステップ

文書管理の4ステップ

ちょっと読む
さぼ郎

前回、ご説明したように「iDMS」を実際にwebシステムとして構築し、その間に実際に現場の人々と協議する過程で、文書管理を導入するのには4段階でステップアップしていくことが望ましいと考えるに至りました。政府や行政、あるいは先進的な事業所...

続きを読む

「iDMS」の画面構成

「iDMS」の画面構成

ちょっと読む
さぼ郎

関西の大規模組織に「iDMS」を納品する事になったきっかけについて、お話しましょう。その某総合大学にコンサルタントとして指導しているヒトを、前から知っていて、その縁で10年ほど前に「EMO」を考えたり、「iDMS」の原案も、EMOの延長...

続きを読む

「iDMS」の説明

「iDMS」の説明

ちょっと読む
さぼ郎

そういえば、「iDMS」について説明をしていませんでした。image01まず、名前です。最初の「i」を小さくしているのは、「iPhone」のマネと言うよりは「iPS」のマネで、あまり意味はありません。英語の辞書を「i」の頭から見ていった...

続きを読む

文書管理という習慣

文書管理という習慣

ちょっと読む
さぼ郎

「EMO」は、社内文書のアセット化を目指したのですが、よくよく考えてみると社内文書にはいくつかの性質があることが分かります。法人である以上、「法定文書」という国の定めに従って作成し、所定の年限、保存しなければならない文書があります。ネッ...

続きを読む

10年前に作ったEMO

10年前に作ったEMO

ちょっと読む
さぼ郎

いまから10年前に「EMO」というレコードマネジメントのツールを作りました。「EMO」という名称は、「EMergent Office」の略称で、スローガンは「創発に充ちた文書管理環境をご提供」という大それたものでした。「創発」という言葉...

続きを読む

ナレッジ、または暗黙知

ナレッジ、または暗黙知

ちょっと読む
さぼ郎

今はどうなのかはわかりませんが、ちょっと前に「ナレッジ」や「暗黙知」「形式知」なんて言葉が、盛んに使われて時期がありました。例えば自転車に乗るコツのようなものを「暗黙知」とするなら、これをマニュアルに書き出せたなら、それを「形式知」と呼...

続きを読む

「頓活名人」というサービス

「頓活名人」というサービス

ちょっと読む
さぼ郎

「頓活名人」とはなんぞや!?image01「頓活」はワードクラフトの造語です。「整理整頓を職場で活かす」ことを端的に伝えることを目的としています。ワードクラフトは、10年ほど前から文書管理をシステム化しようとしていろいろ考えてきました。...

続きを読む

天変地異と大阪、そして北海道

天変地異と大阪、そして北海道

ちょっと読む
さぼ郎

9月5日、所用で大阪に行ってきました。当初、4日の朝イチだったので3日の夕方大阪に行って1泊して4日の午後に帰ってく予定で段取りをしていました。ところが、その4日に大阪界隈は台風の直撃コースとのことで、急遽、段取りを変えて用事は5日の昼...

続きを読む

あなたの文書の管理はうまくいっているか

あなたの文書の管理はうまくいっているか

ちょっと読む
さぼ郎

「文書管理」といえば、通常は紙文書の管理になります。電子文書は、一般的に「ファイル管理」ということが多いようにい思います。文書管理の最小単位は、「文書ファイル」といい、その文書ファイルに閉じるペーパーが「文書」ということになります。ワタ...

続きを読む

公文書について考える

公文書について考える

ちょっと読む
さぼ郎

「公文書」といえば、言わずと知れたお役所で作る全ての文書が「公文書」になるはずです。違う言い方をすると地方であれ、お国であれ、公務員と呼ばれる人々が、お役所における拘束時間内に、職務を遂行する過程において作成した文書の一切は、「公文書」...

続きを読む

文書管理について考える

文書管理について考える

ちょっと読む
さぼ郎

文書管理について、ここ数年(10年以上?)それとなく考えています。というのも、イオスの後藤さんと知り合いになってから、彼と会うたびに「文書管理」が会話に登るからです。で、2009年に「emo」という名称で文書管理ソフトを作りかけました。...

続きを読む

実務者向け文書管理講習会の開催

実務者向け文書管理講習会の開催

ちょっと読む
さぼ郎

台東区生涯学習センター「306会議室」において「文書管理講習会」実務者編時間1月31日 日曜日10時半から16時半まで 途中昼食休憩1時間飲み物の持ち込みは自由(アルコール類はダメ)食べ物の持込みは禁止(センターにバーミヤンが併設されて...

続きを読む

文書管理という考え方はとても大切

文書管理という考え方はとても大切

ちょっと読む
のりのり

紙類ならばフォルダにとりあえず保存するのはいいほうで、机の上に山積みが常。山積みした本人には、確かこの山の中にあるはずと見当がつき、見つかれば、「ほらね、ここにあると思ったのよ」と、山積みするのも一概にダメとは言えないものなのです。たま...

続きを読む

iDMSという文書管理の仕組み

iDMSという文書管理の仕組み

ちょっと読む
さぼ郎

特定個人情報の管理や営業秘密など、企業には様々な文書があり、適正な管理を必要としています。かく申すワードクラフトにおいても適正とは程遠い管理状態です。凄腕・文書管理コンサルタントの後藤さんと縁があって、マイナンバーも始まることでもありま...

続きを読む

文書管理してますか?

文書管理してますか?

ちょっと読む
さぼ郎

文書管理を専門にコンサルタントをしている ios さんと、お付き合いしてから、やおら10年です。iOSではありません。「イオス」です。「ジョブスの挨拶はなかったなぁ~」彼は若かりし頃、文書管理に目覚め、アメリカに勉強にも行っていて、日本...

続きを読む