PAGE TOP

民主主義の危機

民主主義の危機

ちょっと読む
さぼ郎

「世界史の針が巻き戻るとき」の第4章は「民主主義の危機」というタイトルです。img01ここで、マルクス・ガブリエルは民主主義を定義していますが、なんだか、ぴんと来ない定義です。逆に、「何でも言える権利」が民主主義だというのは間違っている...

続きを読む

ひとそれぞれ って多様性

ひとそれぞれ って多様性

ちょっと読む
さぼ郎

ナショナルジオグラフィックの記事にコロナウイルスの拡散に関する記事がありました。ポイントは15日位のサイクルで突然変異をしているのだそうで、その変異をたどっていくと大本にたどり着けるのだそうです。アメリカの場合は、シアトルで最初に感染者...

続きを読む

色々な見方

色々な見方

ちょっと読む
さぼ郎

ものごとには、いろいろな見方があって、そのいろいろな見方の多様性を知ろうとしないと、自分自身の考え方が知らないうちに偏向してしまいます。その1 女性専用車両日本でもすなる女性専用車両をイギリスの議員が提案したところ、「馬鹿げている」とい...

続きを読む

多様性とポジションと政治

多様性とポジションと政治

ちょっと読む
さぼ郎

東洋経済オンラインに小林よしのりさんの記事が掲載されていました。弁護士ドットコムからの転載のようです。東洋経済の記事にリンク ↑いくつかの論点があるのですが、自分がこのポジションだと決めたら、自分のポジションに利する言論しか耳に入ってこ...

続きを読む