PAGE TOP

政治的

「硝子戸の中」という明治の世界

「硝子戸の中」という明治の世界

ちょっと読む
さぼ郎

夏目漱石の「硝子戸の中」というエッセーが好きなんです。何気のない書き方が、いい感じと思っています。堅物の兄貴が死んでから、柳橋の芸者と思しき女性が甲府から訪ねてきたり、母親が御殿女中だった頃と思しき晴れやかな着物があったりで、主として幼...

続きを読む

私の個人主義

私の個人主義

ちょっと読む
さぼ郎

今朝は、5時ころに驟雨がありましたが、夜明けころには快晴になりました。img01もうじき、歳の市(別名、羽子板市)だそうです。img03雨の後の快晴のせいか、心なし、空気がきれいな感じがします。img02夏目漱石には「私の個人主義」とい...

続きを読む