PAGE TOP

取り組み

印刷する

Clean excess cell formatting on a worksheet

ワークシート上の余分なセルの書式設定を消去する

さぼ郎
五人囃子

たいしたデータ量ではないのに、「五人囃子」でテキストの書き出しをするとなかなか終わらないファイルがありました。

UsedRange」とは指定されたワークシートで使われたセル範囲を返すプロパティだそうで、その値が最大列数(16,384)を示していました。

行は55行使用していたので、「五人囃子」は、約90万セルを探索していたため、ハングしているように思われたわけです。

ネットで調べると「Ctrl」+「Shift」+「End」を同時に押すと、使われている最大の範囲を示してくれるそうです。

Excelでは、たしかに使用している行や列を削除しても、範囲指定すると、削除したエリアまで範囲として選ばれることって、普通にあります。

「excel usedrange 最終行」こんなキーワードで検索していくと、「セルの中身がないのに最終セルになる」「エクセルで書式のスタイルを一括削除する方法」なんて記事もちらほら見つかります。

そうこうするうちに、「Excel で最後のセルをリセットする方法」というマイクロソフトの記事を見つけました。


マイクロソフト
マイクロソフトの記事にリンク ↑

この記事の方法1だと、列に関しては選んだ列の右側全て、行に関しては選んだ行から下のすべての行を削除して、いったん保存の後ファイルを閉じて、再度開く必要があります。

方法2だと、アドインを入れるような話が書かれています。そのアドインは、以下の場所にあるそうです。

XSFormatCreaner
XSFormatCreanerにリンク ↑

で、早速、紫色のボタンを押してダウンロードして解凍しても、肝心なクリーナーのアドイン(拡張子「xla」)はありません。そんなこんなで見つけたのが、この記事でした。

Clean excess cell
「Clean excess cell formatting on a worksheet」にリンク ↑

excess cell formatting」というのは、「過剰なセルのフォーマット」という意味と思います。それを「クリーン」にしようというわけです。

グーグルの翻訳で読んでみると、どうも、アドインをするのではなく、単に「Inquire」というタブを展開すれば使えそうな感じです。

オプション
オプションを選ぶ

アドイン
左下の「アドイン」を選ぶ


アドイン
「管理」で「COMアドイン」を選ぶ

Inquire
「Inquire」にチェックを入れる

検査
右の端に「検査」というタブが出てくる

例
「G20」までデータが入っている

例

「G列」と「20行」のデータを削除した「Ctrl」+「Shift」+「END」すると、データ削除したところまで選ばれる。

そこで、「不要なセル書式の消去」をクリックすると、「全てのシート」か「アクティブなシート」かを選ぶような画面が表示される。

どちらを選んでもかまわない。

選択

変更
「はい」

例

「F19」までを選ぶようになった。
ということで、書式の消去は、とりあえずは解決でしたの巻。

キーワード