PAGE TOP

をちこち

印刷する

余丁町と永井荷風

さぼ郎
新宿に余丁町という町があります。その昔は、永井荷風が住んでいたのだそうで「断腸亭」は、この場所のことだそうです。曙橋から永井荷風旧居に向かう坂を「刑務所通り」とかつては呼んだそうです。

刑務所通り

明治35年に永井荷風の父親、久一郎が千数百坪の地所に二階建の式臺附玄関のある大きな屋敷を買い入れたそうで、テニスコートもあったようです。

断腸亭

1892(明治25)年の地図で見てみると、永井荷風の移ってくる余丁町の家の南側には市ヶ谷監獄があり、その手前には陸軍士官学校がありました。士官学校は現在、防衛庁になっています。

陸軍士官学校を調べてみると、明治7年に作ったようです。当初はフランス式だったようですが、明治20年からはドイツ式になるのだそうです。明治10年には西南戦争が起こります。

尾張殿

1858(安政4)年の地図でみてみると、士官学校は尾張殿の中屋敷(と思う)をそっくり頂いているようです。監獄の方は寺が密集しているところを使っています。

市ヶ谷監獄は、ちょっと複雑で、東京監獄も併設されていた時期もあるようで、混同されていると書かれています。

小伝馬町の牢を明治7年にこの地に移したのが市ヶ谷監獄で、明治12年に高橋伝という女殺人犯を八代目山田浅右衛門の弟吉亮が斬首しています。女囚の斬首は、これが最後になったとのこと。

その後、明治43年に豊多摩郡野方村に移したとありますから、メイビー、豊玉監獄(後の中野刑務所)のことと思います。その中野刑務所も今はありません。中野刑務所は北海道の月形市に移され、跡地は公園となっています。

東京監獄は、明治36年に鍛冶橋にあった鍛冶橋監獄を東京駅建設のために市ヶ谷に移して東京監獄としたようです。

東京監獄では、明治44年に幸徳秋水を処刑。大杉栄も収監されいたことがあるようで「獄中記」というのを書いています。

獄中記
青空文庫「獄中記」にリンク ↑

その東京監獄は、巣鴨に移転して「東京拘置所」になります。巣鴨には巣鴨刑務所があったのだそうですが、それは府中に移転し、その跡地に東京監獄が移ってくるわけです。

獄中記を読むと大杉栄は、東京監獄から千葉監獄に移されています。しかし、大逆事件が起こると、その関係を調べるために、再び東京監獄に戻されています。

まずあの白い飯だ。茶碗を取り上げると、その白い色が後光のように眼をさす。口に入れる。歯が、ちょうど羽布団の上へでも横になった時のように、気持よく柔らかいものの中にうまると同時に、強烈な甘い汁が舌のさきへほとばしるように注ぐ。この白い飯だけでたくさんだ、ほかにはもう何にも要らない。

「実際日本飯の本当の味なぞは、前科者ででもなければとうてい味わえない」というわけです。

大逆事件というのは、皇族に危害を加えようとする罪のことで、旧憲法下で4件の大逆事件が起きていますが、通常は幸徳秋水の死刑になった事件を指します。wikiによれば明治政府の捏造だったようです。

大杉栄は、ちょうど千葉監獄にいたため、東京監獄に移され、社会主義者を連座させて一気に粛清しようとしたようですが、難を逃れたようです。

しかし、関東大震災のドサクサの中で甘粕正彦によって大杉と伊藤野枝及び6歳の甥っ子共々、首を絞めて殺され井戸に投げ込まれました。

それを命じた甘粕も、この事件によって千葉監獄に収監されました。

wikiによると、巣鴨刑務所の跡地に市ヶ谷刑務所が移ってくるとなっていますが、市ヶ谷刑務所は中野刑務所になるはずだから、おそらくは東京監獄が、巣鴨刑務所に移るのだと思います。で、小菅刑務所が栃木県黒羽に移って、小菅が東京拘置所になるという流れではないでしょうか。

市ヶ谷監獄、東京監獄の跡地も現在、「富久町(余丁町?)児童公園」となっていて、公園内には日弁連が慰霊碑を立てていて、刑死者慰霊碑が立っている場所に処刑場があったと言われているようです。

小伝馬町の牢屋跡も公園になっています。ここでは、幕末に吉田松陰や橋本左内を処刑しています。

小伝馬町

吉田松陰の最後は、立派だったと浅右衛門が明治になってから手記に書いています。橋下左内については記述がありません。

この土地を明治早々の時期で、土地の登記が法制化される前に薩長からくれるという話を断ったヒトがいたと書いてある手記を読んだ覚えがあります。

「江戸時代の士族の無念が染み込んだ土地など欲しくない」ということで断ったのだそうですが、その方の娘は、「貰えばヒト財産だったのに」と言ってました。

女の人は強欲です。この間までは都知事でいいと言っていたのにチャンスと見るや国政に進出し、あわよくば総理大臣を欲しがっているヒトもいます。

ま、今より世の中が良くなるなら大いに結構です。二大政党にすることが、なによりも国民利益に適うことと思います。「希望の党」の内容の是非ではありません。自民党+公明党が衆議院で過半数を割ることが今回の選挙で最も大切なことです。

希望

これは自民党を応援するヒトにとっても同様じゃないでしょうか。

国民の意に反する政策を官僚の言いなりになって実現しようとするなら、即座に叩き潰せるくらいの均衡した政党があることが、民主主義の基本中の基本となります。

いまのような一党独裁を許すことが、加計・森友を見れば自明なように国民利益の最大の損失になります。安倍さんが聖徳太子より優れた人格者であるなら別ですが。

国難突破解散

今回の解散は「国難突破解散」だそうですが、なにが「国難か」と考えてみると安倍政権がこのまま続くことこそ、「国難」のような気がします。

なんだか、ブラックユーモアのようで、面白いですね。安倍一党で行くしか無い自民党の弱体も立て直さなければならないでしょう。

自分の大好きな政策秘書に年俸1400万円も都民の税金から払った上に専用車まであてがっているのもいいでしょう。

そんなことよりも、この機会に二大政党にしなければ、国益の前に「国民利益」の喪失が甚大であるので、この「国難」を乗り切るためにも、反自民で行く以外に選択はないと思います。

ニュースを見ると、「希望の党」は寄せ集めだとか政策が見えないとかまともなことを言っているのを目にします。そっちから見るのではなく、いかにして安倍一党独裁にブレーキをかけるかが、今回の選挙の最大の争点です。

「希望の党」は「都民ファースト」同様に、なにも出来ないことは自明ですが、今回、「希望の党」によって自民+公明の過半数を割ることができさえすれば、次のステップでまともな野党とはどうあるべきかを、「希望の党」の議員に考えてもらって、民主党の再来で国民利益をぶち壊すのか、はたまた、健全な民主主義に近づけることに目覚めるのかの試金石にはなると思います。

なんにしても、まず、安倍一党独裁に「ストップ」を突きつけられるなら、極端な話、共産党以外ならなんでもいいのではないでしょうか。

グーグルニュース

サムネイルとニュースタイトルに違いに違和感を感じています。

グーグルニュース

タイトルとサムネイル画像が全くマッチしていません。これがグーグルのAIなら、グーグルAIの自動車には乗りたくありません。


キーワード