PAGE TOP

取り組み

印刷する

【WordPress】固定ページ(会員専用)にパスワードをかける

プラグインは不要。WordPressの「パスワード保護」機能を使えばいい

のりのり
lightning
「Linghtning」にリンク ↑

WordPress公式テーマ『Lightning』を使って、カスタマイズしながらホームページをリニューアルしています。すでにあるホームページの担当者がおやめになったこともあり、それを機にリニューアルしたいということで、WordPress未経験者ですが、良い機会をいただいたと思って取り組んでいます。

「WordPress素人でも簡単にできます」とあちらこちらで書かれている記事を見ますが、そんなことはありません。間違いなく難しいです。なので、カスタマイズを専門にされる人(会社)がビジネスとして成り立っているのだと思います。

疑問があったり、“こうしたいが何かいい方法はないか”と、ネット検索の毎日です。

検索していて思ったのは、キーワードを「Lightning ○○○」と検索しても回答はなかなか得ることはできません。「WordPress ○○○」と検索したほうが回答を早く、多く得ることができます。

ただし、回答に行き着くには、一日のかなりの時間を費やすことになります。

言われるままにプラグインも10点ほどインストールしました。なぜそれが必要なのか、どういうプラグインを選ぶべきか、丁寧に説明が書かれています。これについては次回から書いていこうと思います。

進捗表を作成しながら進めていたつもりですが、検索していると次から次へと欲しい情報が出てきます。進捗表ではもっと後の予定になっているのですが、せっかく知りたい情報が目の前にあるのですから、後先関係なく取り組みます。

作業の順番がめちゃくちゃになり、先行き不安だらけでしたが、画面を見ると少しずつは進展しているので、まあいいかと思います。

Tips情報は、タイトルとURLを備忘録として記録を取るようにしています。いまはこの備忘録も検索で得た順に入力していますので、ごちゃごちゃです。早見表となるように整理をしなければと思います。

ごちゃごちゃになっている頭の中ですが、記憶に新しい「パスワード保護」という機能について書きたいと思います。

会員専用ページなので、「パスワード」を入れないと閲覧できないようにします。

多くの記事が「WP-Members」を紹介しています。早速インストールして説明を見ながら入力していきましたが、力不足による理解不能なところもあり、うまくいきませんでした。たくさんの記事を読みましたが、結果はダメでした。

以前から思っていましたが、検索するキーワードがとても大切であり、それによって欲しい記事がビンゴとなるときと、見当違いになるときがあります。

WordPress パスワードをかける」と検索して、以下の2記事を参考にさせていただきました。

・てとぶろ

・使い倒す!WordPress「記事パスワード保護機能」活用術 

固定ページ(パスワードをかける記事)の内容を編集する画面で設定します。

公開状態」をクリックし、「パスワード保護」にチェックを入れ、好きな半角英数字を入力し、「更新」ボタンをクリックして設定完了です。

パスワード
パスワードが設定されているページをクリックしたとき次図のように、タイトルの頭に「保護中:」という文字が入ります。

パスワード

別にあってもいいのですが、これを削除する方法があるようです。
functions.phpに次のコードを書き加えます。

①と②は、参考にさせていただいた2記事から抜粋したコードです。

パスワード
 
次に、赤枠内の文章を自分の好きなように変更したい場合。これもfunctions.phpに次のコードを書き加えます。

パスワード

パスワード
意味がわからない者にとっては、似ているなということはわかりますが、どちらを採用したらいいのかがわからないです。私は簡単なほうを採用しました。

結局、WordPressは、カスタマイズは絶対に必要であり、そのためにはHTML, CSS, Javascriptなどの言語を理解していなければ、できないという結論です。

ただし、言われた通り、また、間違いなく、コードをコピー&ペーストすれば、できないことはないということですね。

キーワード