PAGE TOP

マニュアルをDITAにする理由

マニュアルをDITAにする理由

ちょっと読む
さぼ郎

DITAという規格があって、「ドキュメントを真の経営資源にするための国際規格」ということになっています。国際規格だから偉いというわけではなく、目的があります。マニュアル制作の費用が莫大であることグローバル展開において翻訳費用が莫大である...

続きを読む

DITAというマニュアルの構造化

DITAというマニュアルの構造化

ちょっと読む
さぼ郎

構造化文書というとSGMLを想い出します。SGML(Standard Generalized Markup Language)の略だそうで、ようは構造化した文書を意味するテキストデータで、マークアップというタグで意味付けをしたものです。...

続きを読む

ワード文書の構造化はアウトライン機能で実現できます

ワード文書の構造化はアウトライン機能で実現できます

ちょっと読む
さぼ郎

「アウトライン記述法」というビジネス文書の書き方が有るようです。今まで知りませんでした。「アウトライン」といえば、「輪郭」とか「概要」として使われる用語で、イラストレーターなどでは、「文字をアウトラインにする」というと、文字の形状に添っ...

続きを読む