PAGE TOP

あれこれ

印刷する

驚いたこと

さぼ郎
其の1】京急川崎の立ち食いそば
そもそもは、一般的に言う「蕎麦食い」ではないからかもしれませんが、京急川崎の立ち食いそば「えきめんや」の「かき揚げそば」がとても美味しことに驚きました。

いまは亡き(江戸っ子の)父親とお蕎麦の老舗に行った時、私が鍋焼きうどんを頼んだら嫌な顔をしていました。そんな程度ですから、驚愕の味と言っても、保証の定かではありませんが、かき揚げはパリパリしているし、麺はいい食感だし、汁も甘からず辛からずで、本当に美味しかったです。

血圧を気にしなければ、お汁は全部飲みたかったくらいです。

【其の2】同じく京急川崎の立ち食いそば
お蕎麦を頼んで、出来てきて、食べ終わるまでに結構頻繁にお客さんが入ってきます。

が、全員が「お蕎麦」を頼み「うどん」が一人もいませんでした。これにも驚きました。やはり、関東だからなのでしょうか?

浅草橋に、最近、「はなまるうどん」というチェーン店が出来ましたが、心配になってしまいます。

浅草橋には、そこそこ有名らしい蕎麦屋があるのですが、ワタシ的には特にどうという感想も持ってはいません。それは神田の有名店でも同様です。

京急川崎の立ち食い蕎麦に、迷わず軍配を上げます。

【其の3】ギザ十が同じ日に2個ゲットしたこと
これは、何日か前に書いたので省略

【其の4】ホルン
川崎では、カルッツ川崎というホールでコーロ・フォレスタという合唱団の発表会でバッハのミサ曲を聞いてきました。

宗教心がないのでミサ曲の何たるかは全くわかりませんが、管弦楽団のホルンがとても上手なのに驚きました。

日本のオーケストラ、特にアマチュアのホルンは、今ひとつな楽団が多いのですが、こんなにやばいほどに上手なホルンはめったに聞けるものではありません。

【其の5】ガトーショコラがフォンダンショコラになる
たまたまネットの記事を見ていたらセブンイレブンで売っている「ガトーショコラ」をレンジで20秒チンすると「フォンダンショコラ」になると書かれていたので、早速3軒ほど回ってガトーショコラを見つけてきました。

20秒チンしてひとくち食べたら、「もういらない!」という感じの「くど甘」で、4個のうちの2個は人に上げました。4個のうちの1個は我慢して食べましたが、人に上げた1個は、そのヒトはひとくち食べて捨てていました。

そもそもガトーショコラがなんであって、だからフォンダンショコラが何であるのかもわからないのですが、
1.本当に美味しいと思ってツィートしている
2.ビジネスとしておいしいというツィートを流している
3.アクセスを取ろうと思って、とりあえずツィートしている
のいずれかなのだろうと思っていますが、2と3は理解できますが、1なら、理解不能です。

名物にもツィートにも「うまいものはなし」が、本当のところのような気がします。

【其の6】日産という会社
日産の社員になると、母親の家を買ってくれたり、姉にも給料をくれたり、とても良い会社だと思いました。そんな、大盤振る舞いをしているからホンダに負けたのかと納得しました。

特捜」という検察のチームがゴーンさんを逮捕したようですが、この「特捜」は、安倍さんの友達が強姦してももみ消すし、公文書の改ざんをしても誰も捕まえないし、森友では8億円も値引きしても有耶無耶にしてしまうし、現職の大臣が大臣室で現金をもらっても見て見ぬふりをするのに、相手が移民の子で、しかも外国人だと威勢がいいのにも驚きです。

日本の企業は「まじめ」だというのが国民的コンセンサスでしたが、単に愚直なだけで、サイバーセキュリティー大臣がパソコンを使えなくても部下たる官僚がしっかりしていれば、なまじに民主党時代の東工大出の総理大臣よりは始末がいいのかもしれません。

大手企業のデータ改ざんは、ほぼ、普通に行われている感じで、改ざんしていない企業は、競争に負けて市場から撤退しているのでしょう。正直者はバカをみているわけで、不正直だから上に上がれるわけです。その不正直を大いに支援し、いいなりになるだけの愚直さが日本を支えてきました。

総理大臣自らが不公正、不公平を平然と行っても暴動も抗議運動も起きないお国柄であることからも、日本という国の民の善良性(愚直性?)が如実に示されていると思います。

赤紙1枚で南方のジャングルを徘徊し餓死を余儀なくされても、戦後70有数年を経ても保障を求めたりしないのが日本人で、そこがお隣との民族的差異になるのだと思います。

しかし、ハンモックナンバーで司令官を選んだためミッドウェーでは惨敗しました。大東亜戦争もしかりです。かといってトランプ大統領のように、選挙で選ばれる人材の信用性には根拠がありません。

しかし、世襲がいいのかといえば、スポーツを見れば歴然としていますがトップクラスのスポーツ選手の親を超える子は滅多に見ません。つまり、世襲は親の財産や人脈を継承させることはできるけれど、親が築いた財産や人脈を一から作り上げる能力は継承できないことを如実に示しています。

民主主義にはリスクと不効率がつきもので、民主主義を安定させるためには官僚という社会主義の権化が不可欠であるという、面白い現象が見えてきます。すくなくとも官僚は世襲できません。逆に政治家や芸能人では世襲が横行していますが、それだけ能力を必要とされない職業ということを自らが証明しているわけですね。

【其の7】スパムメール
最近、毎日200通を超えるスパムメールが来ます。日本人が英語を読めないのも知らず送ってくるのも、なんだかなぁ~と思ってしまいます。

何がしたくて馬鹿みたいに送ってくるのかはわかりませんが、なにかしたいという「欲望」に基づいてのことと思います。

人間を高みに上げるのも「欲望」ですが、人が「人でなし」になるのも全く同じ「欲望」であるのも面白い驚きです。

なるほどと思ったこと
演奏会が終わって知り合いと川崎駅でお茶をしました。知り合いが言うには、いまの日本は結果を求めすぎてしまう。その結果に至る原点を知ろうとしない。

という話です。そのことは、例えば、ミサ曲でバッハが伝えたかったことには原点があるはずだということです。しかし、楽曲を聞いておもしろいとかつまらないと評価してしまう。

仕事も同様で、結果、つまり「数字」だけが至上の物となってくるわけで、「数字」つまり「お金」が至上のものになってくることがゴーンさんのような行動につながってくることとなります。

金持ちになったのは結果であって、事業家になったのには原点があったはずです。もちろん、中には金持ちになるために手段として仕事を選ぶヒトも少なくはないのでしょうが、金持ちになることが原点で、金持ちになったことが結果だとするなら、少なくとも芸術は育たないでしょう。

ノーベル賞を目指して学問をするのか、学問の成果を評価されてノーベル賞を授与されるのかは、おそらく結果は同じでも、過程に大きな違いがあるような気がします。

ワタシは、常に考えが流動してしまうので、結果を至上のものとして追い求めるヒトの幸福感が、いかがなものなのかはわかりませんが、人間の価値観は、絶対的ではなく相対的にぶれていくので辻褄は合うように出来ているように思います。

故に、絶対的な存在である「」を信奉するような宗教は、人間の摂理に合っていないということが言えそうです。

キーワード