PAGE TOP

関連情報

印刷する

PDFで「最適化」と「サイズが縮小」の違いって?

のりのり
InDesignCS3で制作したデータ(容量10MB超)をweb用に軽量化することになり、3通りの方法を試してみることにしました。
  1. [PDF書き出しプリセット]-[最小ファイルサイズ]でPDF作成
  2. PDF/X1aで出力したPDFを開き、[ファイル]-[名前をつけて保存]-[サイズが縮小されたPDF]でPDF作成
  3. PDF/X1aで出力したPDFを開き、[ファイル]-[名前をつけて保存]-[最適化されたPDF]でPDF作成
結論から言うと、「2」と「3」では見た目の品質がさほど有るとは思えませんでしたので、本日のところでは「2」の「サイズ縮小」でいいように思いました。

1.[最小ファイルサイズ]でPDF作成

容量4,960KB 
画像の精度がいちばん粗く、ファイルサイズも他より大きい。

PDF書き出し

ファイルの最小化は、互換性があるとは言うものの、画像がボケたりで、ちょっと実用には絶えないという印象です。

2.[サイズが縮小されたPDF]でPDF作成

容量2,673KB
「ファイルサイズを縮小」ダイアログボックスが表示されるので、[互換性を確保]で「Acrobat6.0およびそれ以降」を選択

ファイルサイズを縮小

サイズ縮小


とはいえ、ある程度の互換性の確保、つまり、指定できるなら極力低いバージョンでの指定を心がける必要があると思います。

ところで、バージョンにはAcrobatのバージョンとPDFのバージョンが有ります。例えば「Acrobat7.0はPDF1.6」のような表記です。

ちょっと前はAcrobat5.0(PDF1.4)を心がけていましたが、色々機能が追加されているので、Acreobat6.0(PDF1.5)あたりがよさそうです。
「Acrobat6.0およびそれ以降」からはそれほどファイルサイズに差が出ませんでした。ですから互換性は「Acrobat6.0およびそれ以降」以降のバージョンを選択しておけばいいと思います。

3.[最適化されたPDF]でPDF作成

容量2,897KB

PDFのサイズに影響をあたえるのが画像です。

次の「容量の調査」の最適化[前]と[後]で比較してみると「画像」のファイルサイズが激減しているのが見て取れます。

<画像の最適化前>

容量の調査


<画像の最適化後>

容量の調査


PDFの最適化

結果として、「最適化されたPDF」と「サイズが縮小されたPDF」の違いは、見た目での差がわかりませんでした。

ということで、web用の圧縮としては、「2」の「PDF/X1aで出力したPDFを開き、[ファイル]-[名前をつけて保存]-[サイズが縮小されたPDF]でPDF作成」で、いいように思いました。

参考にさせていただいたサイトこちらです。
マイナビ

キーワード