PAGE TOP

伝記「長谷川泰」《5》

伝記「長谷川泰」《5》

ちょっと読む
さぼ郎

「済生学舎」をwikiで調べると、まず、その前段から始めなければならない。おさらいをすると、戊辰戦争で河井継之助の最後を看取り、維新になって相良知安の弟の相良元貞の推薦で大学東校(東大学部の前身)の教師になり、明治5年には校長になるが、...

続きを読む

言い古されている「健康とお金」

言い古されている「健康とお金」

ちょっと読む
さぼ郎

樹木希林さんが亡くなりました。資産形成が上手だとかテレビで話されているのを見たことがあります。不動産の運用をしているのだそうで、いい物件が出ると不動産屋から連絡が入り、現物を見て判断するのだそうです。いくら資産を形成したとしても、人生は...

続きを読む

五・五合目の海

五・五合目の海

ちょっと読む
さぼ郎

昨日、2018年9月15日、池袋のシアターグリーンでお芝居を観て来ました。まず、若人たちが真剣に取り組んでいる姿を見ることは、とても楽しいことだと、いつもながらの感想です。ストーリーは、現代(2018年)に希望が持てない5人の若者がシェ...

続きを読む

伝記「長谷川泰」《4》

伝記「長谷川泰」《4》

ちょっと読む
さぼ郎

佐藤尚中は「済衆舎」なる医学校を浅草西鳥越に明治6年開校した。下谷練塀町に医院を開業したが、手狭であり、湯島に3千坪の土地を購入し明治8年に新病院を完成させた。佐藤尚中宮内省「大典医」(明治天皇の主治医団長)・文部省「大学大博士」第一号...

続きを読む

伝記「長谷川泰」《3》

伝記「長谷川泰」《3》

ちょっと読む
さぼ郎

順天堂時代の先輩相良知安の弟で同窓でもある友人相良元貞の推薦で、明治2年(1869年)大学東校少助教、明治3年(1870年)大助教。当時の医学校は、ウィリアム・ウィリスが治療と講義を行っていたが、相良知安らは順天堂時代からドイツ医学を学...

続きを読む

伝記「長谷川泰」《2》

伝記「長谷川泰」《2》

ちょっと読む
さぼ郎

江戸の洋学は種痘から始まります。ジェンナーが編み出した牛痘が日本に伝わったのが1849(嘉永2)年のこと。この年に大阪では緒方洪庵が「除痘館」を開いているのだそうです。さすがに早い。江戸では1858(安政5)年だそうで、関西と9年のギャ...

続きを読む

伝記「長谷川泰」《1》

伝記「長谷川泰」《1》

ちょっと読む
さぼ郎

長谷川泰は、天保13(1842)年に漢方医長谷川宗済の長男として新潟県長岡市で生まれた。14歳のときには、良寛とも親交のあった鈴木文台の漢学塾に学んでいる。3年の修行の後、郷里に戻り父親から漢方医学の講義を受けている。しかし、一方で長崎...

続きを読む

天変地異と大阪、そして北海道

天変地異と大阪、そして北海道

ちょっと読む
さぼ郎

9月5日、所用で大阪に行ってきました。当初、4日の朝イチだったので3日の夕方大阪に行って1泊して4日の午後に帰ってく予定で段取りをしていました。ところが、その4日に大阪界隈は台風の直撃コースとのことで、急遽、段取りを変えて用事は5日の昼...

続きを読む

天地明察

天地明察

ちょっと読む
さぼ郎

GEOで「天地明察」というDVDを見つけて借りてきました。映画の仕上がりとしては月並みで、ジャニーズの持ち上げドラマになっていました。原作を読んだわけではないのですが、筋立ても月並みで、映画製作の立脚点がジャニーズのスターたちを持ち上げ...

続きを読む

インプットとアウトプット

インプットとアウトプット

ちょっと読む
さぼ郎

「インプット」といえば、まずは勉強だと思います。学生の頃だとインプット(詰め込み)してテストで成績を取ることがアウトプットになります。受験でのアウトプットは希望の学校に「合格」することになるでしょう。しかし社会人になると、企業のためや自...

続きを読む

山本周五郎の寒橋

山本周五郎の寒橋

ちょっと読む
さぼ郎

山本周五郎の「寒橋」という短編集を図書館から借りてきました。というのは、夏目漱石の「虞美人草」を読んでいたのですが、面白さが伝わらなくて、とりあえず小休止して山本周五郎に移行しています。時代物の本として一番苦手なのが司馬遼太郎さん。なん...

続きを読む

もし金利が上昇したら

もし金利が上昇したら

ちょっと読む
さぼ郎

日銀の出口政策がどうなるのか とか アベノミクスは成功したのか などと、様々な憶測が飛び交っています。財務省は、「もし金利が上昇したら?」という動画を2018年4月2日にYouTubeに公開しています。35秒の動画なので、あっという...

続きを読む

右翼と左翼、あるいは、保守とリベラル

右翼と左翼、あるいは、保守とリベラル

ちょっと読む
さぼ郎

「ネトウヨ」という言葉を、結構目にします。そこで、wikiで調べてみたら、結構長い解説なので、詳細には読みませんでした。冒頭に書かれている説明では、インターネットの電子掲示板上などで、右翼的、国粋主義的、国家主義的、復古主義的な主張をす...

続きを読む

Excelのセルに入る文字数を試してみた

Excelのセルに入る文字数を試してみた

ちょっと読む
さぼ郎

Excelの行数は、Excel2003(.xls)までは、最大列数=256列、最大行数=65,536行でした。列数は、2の8乗、つまり1バイト。行数は、2の16乗、つまり2バイト。ここでいう領域が意味するものは分かりませんが、かつて...

続きを読む

ぐるっと、あきばおー江東店からコーナン深川店まで

ぐるっと、あきばおー江東店からコーナン深川店まで

ちょっと読む
さぼ郎

この暑い中、昨日(2018.8.6)、ぐるっと江東区を旅してきました。アイキャッチ画像は「セミ」です。一生懸命鳴いていたので写真を撮りました。図1地図USBのメモリなんですが、100個ほど必要になって「価格.com」で調べると、たいがい...

続きを読む

膀胱癌とはどんな病気なのか

膀胱癌とはどんな病気なのか

ちょっと読む
さぼ郎

まず、泌尿器の定義を調べてみました。泌尿器(ひにょうき、英語: urinary organs)とは、動物の器官(臓器)のうち、体液(血液)中の老廃物などを尿にして体外に排出することに関与するものの総称である。腎臓 - 血液から尿をつくる...

続きを読む

なんのかんばせ有りて

なんのかんばせ有りて

ちょっと読む
さぼ郎

2018年7月28日の関東は台風の影響を受けました。前例のない経路で西の方へ(地図では右から左)移動していき、29日の関東は、ほぼ快晴となりました。スカイツリーを横切る低い雲は、南から北へと流れていきます。西友では、スイカが397円のと...

続きを読む

30年後って、他人事ですか、自分事ですか

30年後って、他人事ですか、自分事ですか

ちょっと読む
さぼ郎

高度成長期の1970年の日本の人口は1億467万人。若年人口は2517万人(全体の24%)生産年齢人口が7211万人(同68.9%)高齢者は739万人(同7.1%)2050年になると人口が1億人を割り(9515万人)高齢者が占める割合は...

続きを読む

あなたの文書の管理はうまくいっているか

あなたの文書の管理はうまくいっているか

ちょっと読む
さぼ郎

「文書管理」といえば、通常は紙文書の管理になります。電子文書は、一般的に「ファイル管理」ということが多いようにい思います。文書管理の最小単位は、「文書ファイル」といい、その文書ファイルに閉じるペーパーが「文書」ということになります。ワタ...

続きを読む

意味のない情報

意味のない情報

ちょっと読む
さぼ郎

あまり意味のない情報で恐縮です。ファミリーマートで「こつぶ餅ピーナッツ」と「ハニーローストピーナッツ」を1対2で混ぜて食べています。タッパにいれて混ぜて冷蔵庫に入れています。冷蔵庫に入れないと「こつぶ餅」が湿気てしまいます。「ハニー...

続きを読む

「弥助」という黒人の映画化

「弥助」という黒人の映画化

ちょっと読む
さぼ郎

たまたま、ニュース記事を読んでいたら「織田信長に仕えた黒人侍《弥助》が世界で脚光 ハリウッド映画化も」というタイトルを見つけて読んでみました。仏ルモンド紙など欧州メディアが相次いで「黒人のサムライ」を記事に取り上げたとのことで、伝記実写...

続きを読む

否定と肯定

否定と肯定

ちょっと読む
さぼ郎

「否定と肯定」という映画をTSUTAYAで借りてきました。wikiにも記事が出ていました。批評家からは概ね好評を得た。映画批評サイト・Rotten Tomatoesでは、150件のレビューに基づき、83%支持、平均点数6.8点(10点満...

続きを読む

ヘレーネ・フィッシャーという歌手

ヘレーネ・フィッシャーという歌手

ちょっと読む
さぼ郎

PHPのバージョンを上げたせいなのか、画像を取り込めなくなっていますが、「アイキャッチ」と動画は、アップロードができているので、ドイツのポップス歌手のヘレーネ・フィッシャーについて書いてみます。ヨーロッパでは人気の歌手だそうです。しかし...

続きを読む

「勝つための議論」という記事を読んで

「勝つための議論」という記事を読んで

ちょっと読む
さぼ郎

2018年6月号の特集は「新粒子出現か」とか「さようならホーキング」とかで、およそ興味が持てない内容でした。日経サイエンスという雑誌は、総じて事実かどうかもわからないような先端の話を膨大な文字数を使って、さもわかったような書き方をし...

続きを読む

グロースハックについて知っていることを述べてみる

グロースハックについて知っていることを述べてみる

ちょっと読む
さぼ郎

図書館から借りてきた「いちばんやさしいグロースハックの教本」という本を、実はずっと借りていて、少しずつ読んでいます。どうしてこの本を見つけたのかというと、という本を「ブロックチェーン」で検索して見つけたときに、同じようなシリーズがイ...

続きを読む

よもやまな話

よもやまな話

ちょっと読む
さぼ郎

影響力の武器 面白そうと思って図書館から借りてきました。 本屋なら手を出しません。というのは、470ページもあるからです。1日10ページ読んでも47日かかります。読み終わる頃には最初の方のことを忘れています。 どんない...

続きを読む

インターネットの使い方が変遷していると思う話

インターネットの使い方が変遷していると思う話

ちょっと読む
さぼ郎

いま、図書館から「いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本」と「いちばんやさしいグロースハックの教本」というのを借りています。どちらも、インターネットを使って、ビジネスを拡大するという観点の本で、おそらく、アメリカからきている考え...

続きを読む

2018年7月7日は七夕か

2018年7月7日は七夕か

ちょっと読む
さぼ郎

七夕7月7日といえば、「七夕」というのは、幼稚園などでは通例になっています。実際には旧暦の7月7日なので新暦で言うと2018年は8月17日になるようです。旧暦カレンダーにリンク ↑織女と牽牛の伝説は『文選』の中の漢の時代に編纂された「古...

続きを読む

三井美術館で能面を鑑賞してきました

三井美術館で能面を鑑賞してきました

ちょっと読む
さぼ郎

2018年7月3日。第3回目の抗癌治療を受けてきました。いまのところ、まださしたる副作用には痛めつけられていません。抗癌治療としてBCGを膀胱に注入するわけですが、細菌を膀胱に入れることにより膀胱内の自然免疫が活性化し、細菌を殺すと同時...

続きを読む

コーリーの毒

コーリーの毒

ちょっと読む
さぼ郎

ウィリアム・コーリーというヒトがいて「コーリーの毒」として名を残しています。wiki「ウィリアム・コーリー」にリンク ↑コーリーは フレッドという肉腫患者が今日化膿レンサ球菌として知られる丹毒に感染し、高熱を出した後に腫瘍が消失したこと...

続きを読む

大祓と第六天神など

大祓と第六天神など

ちょっと読む
さぼ郎

飾り巻き寿司関先生のホームページにリンク ↑2階にある「あとりえ ふぉ〜うぃんず」の関さんは、「飾り巻きずし」と「伝筆」の先生です。今日も、飾り巻きずしの講習があったようで、差し入れで写真の巻きずしをいただきました。ピカチュウをお腹がす...

続きを読む

サッカーで大騒ぎ

サッカーで大騒ぎ

ちょっと読む
さぼ郎

いま、FIFAサッカーのワールドカップ・ロシア大会で、ただでさえ暑いのに、毎日大騒ぎです。ロシアとしては、11都市で開かれる大会のために推定190億ドルをつぎ込んだとNewsweekに書かれています。ロシアと言うと、シリアでのアサド...

続きを読む

パワーポイント 図形・文字に影をつけたら、オプションで『高品質で印刷』を忘れずに!

パワーポイント 図形・文字に影をつけたら、オプションで『高品質で印刷』を忘れずに!

ちょっと読む
のりのり

長年WordやExcelを使って入力の仕事をしてきましたが、インパクトのあるタイトルなどにしたいときには、文字や図形に影を付けることがあります。ところがパワーポイントは、その影が、プリンターで高画質で出力を選んでも、表示されないことがあ...

続きを読む

「御御籤」とか「御不浄」とか

「御御籤」とか「御不浄」とか

ちょっと読む
さぼ郎

浅草橋の駅のそばにある「銀杏岡神社」の御神籤を引いてきました。源義家公 奥州征伐のため下向の折、当地で休憩中川上より銀杏の枝が流れてきた。義家公はその枝を丘の上にさし立て「朝敵退治のあかつきには枝葉栄うべし」と祈願した。奥州平定の後再び...

続きを読む

PHPのバージョン(5.3.3) が古すぎるので、プラグイン「VK ExUnit」は動作しません

PHPのバージョン(5.3.3) が古すぎるので、プラグイン「VK ExUnit」は動作しません

ちょっと読む
のりのり

テストサーバーでWordPressテーマ『Lightning』を使用して作成したホームページを、プラグイン「Duplicator」を使って本番サイトに引っ越ししたときのことです。当然、プラグイン「VK ExUnit」も移転できたと思って...

続きを読む

千駄木ふれあいの杜と森鴎外

千駄木ふれあいの杜と森鴎外

ちょっと読む
さぼ郎

本日、膀胱癌の抗癌治療で日本医科大学付属病院に行ってきました。ワタシの治療はBCGを6週間、続けて膀胱に注入するのだそうです。なぜ、BCGなのかは知りませんが、BCGを膀胱に注入すると再発が抑えられるとのことです。ちょっと長いですが、イ...

続きを読む

古今和歌集《4》

古今和歌集《4》

ちょっと読む
さぼ郎

春日野の 飛火の野守 出でて見よ今いくかありて 若菜摘みてむよみ人知らず遠鏡 By 本居宣長此ノカスガ野ノ飛火野ノ番人ヨ出テヤウスヲ見テクレイ  ソチハコノ野ニ住デ居レバ  タイガイ知レルデアラウガ  マウ...

続きを読む

みやぞんと天才と感覚

みやぞんと天才と感覚

ちょっと読む
さぼ郎

「現代ビジネス」の記事にリンク ↑ 東京開成学校、東京医学校への改組を経て1877年(明治10年)4月12日に至って合同することになり、文部省所管の官立東京大学が創設された。 とあります。学士授与は札幌農学校(北大)に次ぐ...

続きを読む

キラキラネーム

キラキラネーム

ちょっと読む
さぼ郎

アメリカにもキラキラネームがあるのだそうです。Newsweekに、そんな記事がありました。英語でなんと言うのかは知りませんが、GoogleのAI翻訳に「キラキラネーム」と入れたら、「glitter name」と出てきました。glit...

続きを読む

膀胱癌とBCGとNewsweekから

膀胱癌とBCGとNewsweekから

ちょっと読む
さぼ郎

さて、膀胱癌の手術を3月と5月に受けてきたわけです。この術は、TURーBTといって、日本語では「経尿道的膀胱腫瘍切除術」ということになります。で、約1ヶ月経過して本日、次なる処置について診察を受けてきました。日医大の説明によると、膀...

続きを読む

あれこれ、よもやまに

あれこれ、よもやまに

ちょっと読む
さぼ郎

5歳の子が保護責任者遺棄致死で死亡しました。死亡したのは3月だそうです。この子はひらがなで文書が書けていたようで、ノートが残されていると報道がありました。親の酷さをとやかくいったところで、酷い親がいるのは仕方のない話です。この手のニ...

続きを読む

2軸で考える

2軸で考える

ちょっと読む
さぼ郎

「2軸思考」という本を見つけたので買ってみました。著者は日本IBMのエグゼクティブ・プロジェクト・マネージャーという肩書の木部智之という人です。この方がIBMのなかで、大きなプロジェクトや問題の起きているプロジェクトを担当する中で、どう...

続きを読む

『お願いです! Facebookは優しさをもって! さらにつづき

『お願いです! Facebookは優しさをもって! さらにつづき

ちょっと読む
のりのり

Facebookのページ名の変更を何度もリクエストしてきましたが、ことごとく却下され続け、意味のわからないページ名「テストページ」でいくしかないかなと、公開しました。公開してすぐに名前変更のリクエストをしました。『テストページbyワード...

続きを読む

健康と差別

健康と差別

ちょっと読む
さぼ郎

「喫煙者は採用致しておりません」喫煙者お断り企業は「差別」? HUFFPOSTの該当記事にリンク ↑煙草を吸う人は採用しないということは、ヒトの嗜好に対する制約であり干渉でもあるので、多様性の侵害になるという人もいるようです。喫煙...

続きを読む

ジョージ・ワシントンにみる民主主義とは

ジョージ・ワシントンにみる民主主義とは

ちょっと読む
さぼ郎

ジョージ・ワシントンは1732年2月22日に生まれ、1799年12月14日に亡くなっています。wiki「ジョージ・ワシントン」にリンク ↑日本でいうと徳川は吉宗(亨保)から家斉(寛政)の頃のことです。ワシントンは、選挙人投票率100%で...

続きを読む

『お願いです! Facebookは優しさをもって! つづき』

『お願いです! Facebookは優しさをもって! つづき』

ちょっと読む
のりのり

今回は、前回あげた『何度も却下されたFacebookページの名前変更を当初の申請通りに成功させたテクニック(なりらいふ)の記事を参考に、「テストページ」から「浅草橋でシステム開発by有限会社ワードクラフト」への名称変更をしてみようと思い...

続きを読む

『お願いです! Facebookは優しさをもって!』

『お願いです! Facebookは優しさをもって!』

ちょっと読む
のりのり

Facebook企業用ページを作成真っ只中です。参考にさせていただいたのは、【2017年最新版】企業がFacebookページを制作する時に押さえておきたい10の手順(ソーシャルメディラボ)ソーシャルメディアラボにリンク ↑「カテゴリーを...

続きを読む

IQの高い上司

IQの高い上司

ちょっと読む
さぼ郎

日経サイエンス2018年5月号。「頭でっかちは無用?」という記事がありました。一般的には頭の良いリーダーが率いるグループは客観的な基準で測って優れた成果を上げる事が以前からわかっているのだそうです。しかし、そのリーダーの知能がずば抜けて...

続きを読む

これから死に向かって

これから死に向かって

ちょっと読む
さぼ郎

「シニアの再婚」にリンク ↑総務省の人口統計を見ると、65~74歳が17,571千人で、75歳位以上が17,798千人です。要支援で6倍、要介護で7倍になります。人口全体で65歳以上はどうなのかというと、65歳以上の人口の17%が要...

続きを読む

『PageSpeed Insights』の分析結果! 速度スコアは、モバイルは「Medium(63ポイント)」、パソコンは「Low(30ポイント)」???

『PageSpeed Insights』の分析結果! 速度スコアは、モバイルは「Medium(63ポイント)」、パソコンは「Low(30ポイント)」???

ちょっと読む
のりのり

前回の記事で、『Emanon business』は「ファーストビューレイアウト設定」に6種類のパターンを取り揃えており、簡単に設置できるのですが、見栄えのよいデザインを追うと、引き換えにサイトの読み込み速度が遅くなってしまうというお話を...

続きを読む

「指針盤」というアンケート&分析ツール

「指針盤」というアンケート&分析ツール

ちょっと読む
さぼ郎

ワードクラフトには「指針盤」というスグレモノの「アンケート調査&分析ツール」があります。どのように伝えていくことが、利用度を促進できるのかについて、ノーアイデアであるため、時々、自主調査と称して過去10回ほど、やってきました。「指針...

続きを読む

読書について

読書について

ちょっと読む
さぼ郎

本を読みます。なぜ、本を読むのかはいろいろです。一つには、スマートフォンを持っていないから、本を読むということもあるでしょう。また、最近のテレビは面白くないという以上に、つまらないという以上に、不愉快な番組があまりに多すぎて、それで...

続きを読む

再開しました! Wordpressテーマ『Emanon Business』でHP作成

再開しました! Wordpressテーマ『Emanon Business』でHP作成

ちょっと読む
のりのり

今年2月にWordpressのコーポレートサイト用テーマ『Emanon Business』を購入し、少しずつ進めていましたが、途中、『Lightning』を使ってホームページのリニューアルをしていましたので、すっかりEmanonは遠ざか...

続きを読む

ブロックチェーンの教本

ブロックチェーンの教本

ちょっと読む
さぼ郎

野口悠紀雄さんによれば、ブロックチェーンは「革命」だそうです。ところが、この本の終わりの法で、シリコンバレーの動向が書かれていますが、シリコンバレーでは「ブロックチェーン」は下火だそうです。なぜか? ビットコインに於いては、確かにブロッ...

続きを読む

古今和歌集《3》

古今和歌集《3》

ちょっと読む
さぼ郎

春きぬと 人はいへども 鶯の鳴かぬかぎりは あらじとぞ思ふ壬生忠岑大江千里の歌に「鶯の 谷よりいづる 声なくば 春くることは たれか知らまし」というのがあるように、鶯が鳴くまでは「春」ではないという思いの歌ですね。遠鏡 by 本居宣長春...

続きを読む

【Adobe Acrobat Pro DC】ページ置換はどこに行った?

【Adobe Acrobat Pro DC】ページ置換はどこに行った?

ちょっと読む
のりのり

いま使っているAdobe Acrobat X Proでは、ページの回転、削除、抽出、置換、挿入・・等々、ツールから簡単に操作することができます。 今回、Adobe Acrobat Pro DCでPDF変換し、さらに1ページだけ「置換」...

続きを読む

セカンドTUR

セカンドTUR

ちょっと読む
さぼ郎

とこういう具合で、ギザ十が2017年6月26日以来で、やっと手元に来ました。と言っても、ヒトからもらったギザ十です。昭和29年もの。64歳です。西城秀樹さんの1年先輩です。ギザ十が手に入れば「いいことが起きる」と決めているのですが、今の...

続きを読む

アルヴェルとエルグランドと草枕

アルヴェルとエルグランドと草枕

ちょっと読む
さぼ郎

「オートックワン」の記事にリンク ↑「アルヴェル」とはトヨタの「アルファード」と「ヴェルファイア」のことで、対する「エルグランド」は、日産です。記事では、2017年度はアルファード/ヴェルファイアの合計8万7940台に対し、エルグラ...

続きを読む

【Word2010(2013)】オリジナルスタイルから「目次自動生成」をやってみた

【Word2010(2013)】オリジナルスタイルから「目次自動生成」をやってみた

ちょっと読む
のりのり

文章量の多いWord文書を作成するとき、目次があったほうが何かと便利。「何かと」というのは、目次から「Ctrl+クリック」で該当のページに飛ばせることもできますし、文章を挿入したり、削除をしたりしてページ番号が変わったら、「目次更新」機...

続きを読む

子供化する大人

子供化する大人

ちょっと読む
さぼ郎

「少年の心をもったおじさん」問題なんて記事があったのでざっと読んでみました。「少年の心」とはなんにことやら。通常は、「純粋な心」ということを指すのだと思います。子どもじみたパワハラを繰り返す上司、酒を飲むと性に目覚めた中学生みたいな...

続きを読む

パラダイムを考える

パラダイムを考える

ちょっと読む
さぼ郎

記事にリンク ↑ パラダイムというのは決して真理でもなければ、永久にそれが続くわけではない。モノを中心とした科学が万能になっているわけですね。我々は現代の科学とういうもののパラダイムをぶち壊さなきゃほんとじゃない。モノと心と、ある...

続きを読む

【WordPress】Form-Control セル幅変更のため「追加CSS」の記述による他への弊害

【WordPress】Form-Control セル幅変更のため「追加CSS」の記述による他への弊害

ちょっと読む
のりのり

WordPress公式テーマ『Lightning』を使って、カスタマイズしながらホームページをリニューアルしていますが、お客さまからこうしてほしいという要望も当然ありますが、ホームページを見にきてくれた方の視点に立ったとき、要望はなくて...

続きを読む

古今和歌集《2》

古今和歌集《2》

ちょっと読む
さぼ郎

袖ひぢて むすびし水の こほれるを春立つけふの 風や解くらむ紀貫之「袖ひつる」は「袖が浸(ひた)る」ということのようです。蜻蛉日記には、袖ひつる 時をだにこそ 嘆きしか 身さへ時雨の ふりもゆくかな(道綱母の歌)「昔は涙で袖が濡れた...

続きを読む

クロマチック・ハーモニカ発表演奏会

クロマチック・ハーモニカ発表演奏会

ちょっと読む
さぼ郎

知人(というか人生の大先輩)の演奏があるというのでクロマティック・ハーモニカ発表演奏会に行ってきました。市ヶ谷にある「ルーテル市ヶ谷センター」という会場です。演奏は、こちら。演奏者は、通称というか自称というか、ともかく「カント」さん...

続きを読む

膀胱癌・続報

膀胱癌・続報

ちょっと読む
さぼ郎

まず、発症。主として痛みを伴わない血尿が、信号のようです。男性では10番目に多い癌だそうです。10万人あたり25人。喫煙が多くの場合の原因とされているようです。しかし、喫煙しないヒトでもそれなりの発症があるので、他の原因も考えられている...

続きを読む

憲法改正について思う

憲法改正について思う

ちょっと読む
さぼ郎

どこぞの首相が好きだという美しい日本の一例現行憲法だって、改正しようとする自民党案よりは美しいのかも。 第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛...

続きを読む

【WordPress】プラグインなしで記事を並び替えることができます

【WordPress】プラグインなしで記事を並び替えることができます

ちょっと読む
のりのり

WordPress公式テーマ『Lightning』を使って、カスタマイズしながらホームページをリニューアルしていますが、お客さまからこうしてほしいという要望も当然ありますが、ホームページを見にきてくれた方の視点に立ったとき、要望はなくて...

続きを読む

4096人に一人がかならず当たる!

4096人に一人がかならず当たる!

ちょっと読む
さぼ郎

サイトにリンク ↑ こんな感じのおねぇさんが「当たるんです」と呼びかけてくると、思わずクリックしてしまいます。 と、「4,096人に1人が必ず当たる!」となると、これは宝くじより確実だと誰しもが思います。 ...

続きを読む

機械学習

機械学習

ちょっと読む
さぼ郎

そういえば、2018年4月20日に「.Too」で「これから始めるAI(人工知能)の基礎」というセミナーを受講してきたという記事を4月21日にアップしてありますが、図書館から「いちばんやさしい機械学習プロジェクトの教本」という本を借りてい...

続きを読む

古今和歌集《1》

古今和歌集《1》

ちょっと読む
さぼ郎

図書館が放出した本に「古今和歌集」がありましたので、もらってきました。「さ・え・ら書房」という出版社の本出す。図書館を調べてみても、同じ本がありません。貸出実績があまりに低くて放出になったのでしょう。学生時代の古典・漢文は地獄でしたが爺...

続きを読む

アメリカ流成功

アメリカ流成功

ちょっと読む
さぼ郎

TechCrunchの記事リンク ↑ Facrbookが英国の選挙コンサルティング会社に個人情報を売っていた問題で上院の公聴会に呼び出されたようですが、中身はなく、結果としてザッカーバーグの勝利に終わったようです。一人2~3分の質問時...

続きを読む

脱獄と脱走と逃走

脱獄と脱走と逃走

ちょっと読む
さぼ郎

松山刑務所で受刑者が逃げています。開放処遇とかで、1961(昭和36)年に「塀のない刑務所」を作ったのだそうです。2012年、交通事故の過失犯を除いた一般刑法犯の再犯率は45.3%。それに対して大井造船作業場では10年から15年の平均再...

続きを読む

Newsweek 2018.4.17

Newsweek 2018.4.17

ちょっと読む
さぼ郎

駐留米軍のシリア撤兵Newsweekは週刊なので、せっせと読まないとすぐに次が来てしまいます。定価は1冊460円ですが、半年買えば400円、1年買えば370円、2年買えば348円、3年買えば324円になるとのことです。分厚くてつまらない...

続きを読む

春の写真

春の写真

ちょっと読む
さぼ郎

春春のやよいの あけぼのに四方の山べを 見わたせば花盛りかも しら雲のかからぬ峰こそ なかりけれ夏花たちばなも 匂うなり軒のあやめも 薫るなり夕暮さまの さみだれに山ほととぎす 名乗るなり秋秋の初めに なりぬればことしも半ばは 過ぎにけ...

続きを読む

これから始めるAIの基礎

これから始めるAIの基礎

ちょっと読む
さぼ郎

2018年4月20日。本日は虎ノ門にある「.Too」で、「これから始めるAIの基礎」というセミナーに参加してきました。3時間の講座でした。AIなどというと、そっち系の人でないと身構えてしまいますが、いまや、テクノロジーは誰にでも使える時...

続きを読む

【WordPress】固定ページ(会員専用)にパスワードをかける

【WordPress】固定ページ(会員専用)にパスワードをかける

ちょっと読む
のりのり

「Linghtning」にリンク ↑WordPress公式テーマ『Lightning』を使って、カスタマイズしながらホームページをリニューアルしています。すでにあるホームページの担当者がおやめになったこともあり、それを機にリニューアルし...

続きを読む

Newsweek 2018.4.10

Newsweek 2018.4.10

ちょっと読む
さぼ郎

マララがパキスタンで嫌われる理由ノーベル平和賞を受賞したマララさんですが、パキスタンの大多数の人々は彼女の言動はイスラムを汚すものとして捉えられているようです。wiki「マララ」にリンク ↑他の若者が自爆テロで命を落とす中、彼女は祖国を...

続きを読む

権力と人格

権力と人格

ちょっと読む
さぼ郎

「権力」とは何か などといい出すと、結構、面倒な話になりそうです。英語では「power」というようです。しかし、調べてみると本来は「right」の翻訳語だという意見もありました。明治10年、西周が「憲法草案」において、ある所では「所...

続きを読む

公文書問題からみた日本の民主政治

公文書問題からみた日本の民主政治

ちょっと読む
さぼ郎

連日、安倍政権の醜聞が報道されています。その理由は明確です。恥を知れ!「愚かな政治家に賢い官僚」という組み合わせが遠因になっていますが、他にもいくつかのバイアスがかかっていると思います。利口を自負する官僚が、誰が見ても愚かでありそうな政...

続きを読む

近傍雑感

近傍雑感

ちょっと読む
さぼ郎

「Katie Melua」の「CALL OFF THE SEARCH」というCD+DVDが八戸から届きました。売価が1円で送料が350円。都合、351円です。1984年グルジア(旧ソ連)生まれ。子供時代をグルジアとロシアのモスクワで過ご...

続きを読む

Newsweek 2018.3.20

Newsweek 2018.3.20

ちょっと読む
さぼ郎

Newsweekをさかのぼって読んでいます。コロンビア大学での特別講義として「戦争の記憶」という講座を連載しているからです。実は4月3日号が最終回で、それをさかのぼって読んでいるというわけです。Newsweekは、価格もページ数も手頃で...

続きを読む

国民投票について考えてみよう

国民投票について考えてみよう

ちょっと読む
さぼ郎

ちょっと前までは、安倍首相率いる自民党は、民主党のオウンゴールによって、圧倒的な議席数を誇っていて、野党が反対することに対してことごとく強行採決して来ました。平成25年、「特定秘密保護法」の強行採決平成26年、「武器輸出三原則」撤廃平成...

続きを読む

宝くじを当てる確率

宝くじを当てる確率

ちょっと読む
さぼ郎

プレジデントの記事でサイコロで「1」を出す確率に関しての数学的記事がありました。サイコロは、ご承知の通り「1~6」までの数字が6面に書かれています。だから、望んでいる数字が出る確率は「6分の1」、16.6%であることは間違いがありません...

続きを読む

ブロックチェーン革命

ブロックチェーン革命

ちょっと読む
さぼ郎

野口悠紀雄さんの「ブロックチェーン革命(2017.1.18)」という本を図書館から借りてきています。索引まで入れると355ページもあって、これを2週間で読むのは至難のことです。野口悠紀雄インタビュー記事にリンク ↑とはいえ、野口悠紀雄さ...

続きを読む

インターネットはからっぽの洞窟

インターネットはからっぽの洞窟

ちょっと読む
さぼ郎

「からっぽの洞窟」という表現は、日本語化するときに出版社が勝手につけています。原題は「SILICON SNAKE OIL」というようです。「SNAKE OIL」とは「蛇の油」ですが、「万病に効くという怪しげな水薬」のことだそうです。それ...

続きを読む

日本の置かれている現状

日本の置かれている現状

ちょっと読む
さぼ郎

「日本人はノーベル賞を取れなくなる?進む科学技術力のちょう落」という記事がNHKのwebサイトに上がっていました。「ノーベル賞が取れない警鐘するNHKの記事」にリンク ↑ノーベル医学・生理学賞の受賞者、大隅良典さん、物理学賞を受賞した梶...

続きを読む

数値分析とマーケティング

数値分析とマーケティング

ちょっと読む
さぼ郎

人々はみんな、実際に"それ"を見るまで、"それ"が欲しいかなんてわからないものなんだ。だから私は、市場調査に頼らない。私達の仕事は、歴史のページにまだ書かれていないことを読み取ることなんだ。有名なスティーブ・ジョブスのマーケティングに対...

続きを読む

龍馬とRyoma

龍馬とRyoma

ちょっと読む
さぼ郎

劇団アルファーによる公演「龍馬とRyoma」を観てきました。場所は高円寺の座・高円寺。どこかで見たようなデザインです。少なくとも平成の匂いがしないレトロなデザインですね。で、お芝居は、例の龍馬がどういうわけか平成に来たり幕末に戻ったりし...

続きを読む

これから膀胱がんになる人へ

これから膀胱がんになる人へ

ちょっと読む
さぼ郎

2018年3月7日に浅草寺病院の泌尿器科でMRIチェックの結果として膀胱と前立腺に懸念が見つかりました。そこで根津にある日本医大へ紹介状を書いてもらって、翌8日に日本医大へ行きました。日本医大では早速、膀胱内鏡を膀胱に挿入(経尿道)...

続きを読む

gawkでクロス集計する、その集計時間を計算してみた

gawkでクロス集計する、その集計時間を計算してみた

ちょっと読む
さぼ郎

過去、何回かに渡って「gawk」の連想配列を使って単純集計とクロス集計する関数などを検討してきました。テキスト加工において、かくも簡単に変換したり集計したりできるツールで、「awk」より優れているツールは見当たりません。その理由の一...

続きを読む

十文半

十文半

ちょっと読む
さぼ郎

靴を買いに行きました。お店の人が同年代っぽい女性でした。「靴のサイズは?」「十文半(トモンハン)です」と言ったら、今どきの靴屋の店員さんは文数がわからないのだそうです。実際には、1文=2.4センチ正確には「8分」の事のようです。尺貫...

続きを読む

禅宗と五山

禅宗と五山

ちょっと読む
さぼ郎

鎌倉時代や室町時代の宗教というと「禅宗」が深く関与してきます。そもそも、禅宗を日本に持ってきたのは誰かと言うと「栄西」だそうです。wiki「栄西」にリンク ↑栄西は1141年に生まれ寂滅が1215年だそうです。14歳で比叡山で得度され、...

続きを読む

gawkを使ってデータの必要部分を取り出す

gawkを使ってデータの必要部分を取り出す

ちょっと読む
さぼ郎

今回のミッションを簡単に説明します。約86,000件のデータの中に17ヶ所、983レコードを挿入します。挿入する983レコードは36,678レコードのファイルから見つけ出さなければなりません。挿入する場所が17ヵ所程度なら、17箇所分9...

続きを読む

総理夫人という偉大なる影響とその他

総理夫人という偉大なる影響とその他

ちょっと読む
さぼ郎

2018年3月19日、浅草寺のソメイヨシノが1分咲きでした。いよいよです。いま、連日世間を賑わしている「森友問題」ですが、総理夫人の「関与」が、どの程度の「影響力」だったのかを知る面白い動画がありました。この動画に写っているヒトは「...

続きを読む

【緊急特集】膀胱がん

【緊急特集】膀胱がん

ちょっと読む
さぼ郎

国立がん研究センターにリンク ↑今回は「膀胱がん」について調べたことを書きます。膀胱というと、通常は、尿意を催したときにしか、その存在を思い出すことは殆どありません。この膀胱は実にうまくできていて、腎臓から尿管を通って膀胱に尿が溜められ...

続きを読む

gawkでクロス集計に挑戦

gawkでクロス集計に挑戦

ちょっと読む
さぼ郎

gawk出クロス集計をしてみます。データ量が少なければExcelのピボットテーブルなどを駆使するとか、あるいは、売っているスマートなクロス集計ソフトもたくさんあります。ここでは、gawkを使ってクロス集計をしてみることにします。ただ...

続きを読む

雑感3月に入ってからの

雑感3月に入ってからの

ちょっと読む
さぼ郎

「月がとっても青いから、、、」とは菅原都々子さんの歌です。どう見ても月は黄色いというかベージュって感じです。手持ち50倍だとブレます。2018年3月2日2018年3月3日 田浦梅林の空「田浦の空はとっても青いから」って感じです。鳶が時々...

続きを読む

ケイティ・メルア

ケイティ・メルア

ちょっと読む
さぼ郎

ケイティ・メルア</ifram>ケイティ・メルアグルジア出身のイギリスのシンガーソングライター。本名、ケテヴァン・メルア1984年生まれだから34歳。歌もさることながら映像とアレンジにハマりました。どれだけの大スターなのかは...

続きを読む

病気自慢

病気自慢

ちょっと読む
さぼ郎

昨年、眼科の検診で白内障の進み方が早まっているので手術したほうがいいと言われ、2018年1月に左目の手術を受けました。そもそもは、区の検診で目の検診のオプションを選んでいなかったのですが検診医の勧めで眼科検診を受けた所、緑内障のチェック...

続きを読む

「汚名」における「挽回」と「返上」の関係

「汚名」における「挽回」と「返上」の関係

ちょっと読む
さぼ郎

「汚名」を「挽回」するという使い方は「誤用」だとする意見が根強くあります。「汚名」は「返上」するものであって「挽回」してしまったら、さらなる「汚名」になってしまいます。「名誉」なら「挽回」すべきで「返上」はしないと思います。しかし、...

続きを読む

Snipping Tool でドロップダウンリストをゲットする

Snipping Tool でドロップダウンリストをゲットする

ちょっと読む
さぼ郎

英語で「snip」というと、「ちょきんと切ること」と出てきます。「sniper」は「狙撃手」になります。日本だと「辻斬り」のようなイメージでしょうか。Windowsの便利ツールに「snipping tool」というのがあります。画面...

続きを読む

トリソミー

トリソミー

ちょっと読む
さぼ郎

今読んでいる本で「トリソミー」という言葉を知りました。要するに性染色体のことで、女性は「XX」で男性が「XY」になります。が、まれに「XXY」になることがあって、染色体が3重になっていることを「トリソミー」というのだそうです。猫の場合、...

続きを読む

Clean excess cell formatting on a worksheet

Clean excess cell formatting on a worksheet

ちょっと読む
さぼ郎

たいしたデータ量ではないのに、「五人囃子」でテキストの書き出しをするとなかなか終わらないファイルがありました。「UsedRange」とは指定されたワークシートで使われたセル範囲を返すプロパティだそうで、その値が最大列数(16,384...

続きを読む

Adobe PDFのポートフォリオ

Adobe PDFのポートフォリオ

ちょっと読む
さぼ郎

Adobe PDF に「ポートフォリオ作成」というのがあって、調べてみました。まず、「ポートフォリオ」の語源です。1.〔薄くて大型の〕紙挟み、書類かばん◆絵・写真・地図などの大判の書類を入れるためのもの。2.〔代表作を集めた紙挟み式...

続きを読む

アナリティクスを構成する語彙

アナリティクスを構成する語彙

ちょっと読む
さぼ郎

やっと、というか世間並みに「Googleアナリティクス」に取り組むことになりました。凄いのは、「トラッキングコード」をHTMLに貼り付けると、その場で分析が開始されることです。「トラッキングコード」を埋め込んだのが、2018年2月22日...

続きを読む

Google Analyticsを知りたい【2】

Google Analyticsを知りたい【2】

ちょっと読む
のりのり

Googleアナリティクス導入時の設定・設置方法【初心者向け】を使わせていただきます。https://wacul-ai.com/blog/access-analysis/google-analytics-setting/ga-beginne...

続きを読む

個人情報と特定個人情報

個人情報と特定個人情報

ちょっと読む
さぼ郎

「個人情報」と「特定個人情報」というのがあるようです。今日はじめて知りました。「個人情報の保護に関する法律」で「特定個人情報」と検索してみると、8個あるようで、とりあえずは61条の4項と5項に出てきます。四 特定個人情報(番号利用法第二...

続きを読む

Google Analyticsを知りたい【1】

Google Analyticsを知りたい【1】

ちょっと読む
のりのり

自前のCMSを作成、運営して4年半、今にいたるまで、Google Analyticsの導入を考えたことがありませんでした。2013年7月21日に「物質と反物質」などといういい加減な記事をお試しで書いてから、4年と半も経ちました。その間、...

続きを読む

トラッキングコードをgawkで埋め込む

トラッキングコードをgawkで埋め込む

ちょっと読む
さぼ郎

Googleアナリティクスというのにチャレンジしています。1.Googleにアカウントを登録する2.Googleアナリティクスにアカウントを登録する3.トラッキングコードを設置と、まるで別世界の言葉のようですが、ともかく言われるままに、...

続きを読む

Emanon Business フロントページウィジェットの設定

Emanon Business フロントページウィジェットの設定

ちょっと読む
のりのり

Emanon Business(Emanon Proの子テーマ)を2月1日に購入し、毎日ポツポツとカスタマイズを進めています。時々わからないことがあると、サポートセンターにメールで問い合わせていますが、数時間内に回答をいただけるのでとて...

続きを読む

人生の無駄、あるいは無駄な人生

人生の無駄、あるいは無駄な人生

ちょっと読む
さぼ郎

何が無駄で、何が有益なのかは人によって、また、その時々によって異なるのでしょう。英語で「無駄」を調べてみました。wasteful浪費 のようです。uneconomical不経済 だそうです。fruitless実りのないvain無益なbo...

続きを読む

KDDIのチャットを知っていますか?

KDDIのチャットを知っていますか?

ちょっと読む
のりのり

スマホ利用の紙の請求書と領収書が必要だったのでKDDIのWEB de 請求書のページを開けてみました。「今すぐ確認」をクリックすると、ログイン画面になります。「auID」と「パスワード」を入力し「ログイン」ボタンをクリックしたのですが、...

続きを読む

排他的論理和と暗号

排他的論理和と暗号

ちょっと読む
さぼ郎

「排他的論理和」などと日本語で表現すると、なんだか物々しいです。一般的には「XOR」というと思います。どういう時に使うと便利な演算子かと言うと、たとえば、信号が来ていない状態、つまり、信号が「0」の時に、信号が来出すと「1」になります。...

続きを読む

みんなのAI講座 ゼロからPythonで学ぶ人工知能と機械学習《3》

みんなのAI講座 ゼロからPythonで学ぶ人工知能と機械学習《3》

ちょっと読む
さぼ郎

一応、pythonという言語の基礎編が終了し、だんだん、核心に近づきつつあります。数学の知識について、N次関数と累乗がわかればいいとのことですが、本当は「線形代数」と「統計学」の知識があれば、尚いいとのことです。線形代数では「ベクト...

続きを読む

バレンタインデー

バレンタインデー

ちょっと読む
さぼ郎

一昨日はバレンタインデーでした。と言ってもクリスチャンではないので、あまり行事的には関係ないのですが。元々269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ウァレンティヌス(テルニのバレンタイン)に由来する記念日だとwikiには書かれています。ロ...

続きを読む

途中省略の波線

途中省略の波線

ちょっと読む
のりのり

グラフばかりではなく、いろんなところで上限から下限までの範囲を表示したいときがあります。たとえば、グラフの場合、0から10,000の範囲で0~1,000、5,000~8,000の分布を知りたいとき、1,000~4,000を省略したいこと...

続きを読む

gawkの連想配列を工夫してみた

gawkの連想配列を工夫してみた

ちょっと読む
さぼ郎

古いと言われている「awk」です。繰り返しになりますが、この「awk」は、ストリームエディタと言って、1行ずつテキストデータを取り込んで、必要に応じた加工をして出力するという処理をします。いたって簡単な記述で、結構なことができます。...

続きを読む

知っているようで知らないWordの機能

知っているようで知らないWordの機能

ちょっと読む
のりのり

Wordでアウトライン機能を使って文章を作成している方なので、かなりのことがわかっていると思っていたのですが、その方から①表頭にあるタイトル行3行と、それに続く文章枠が分離してしまう②箇条書き番号が前からの続きではなく「1」から開始した...

続きを読む

経済の記事と政治の記事に注目した

経済の記事と政治の記事に注目した

ちょっと読む
さぼ郎

<世界株急落>浜矩子教授が語る「超金融緩和のしっぺ返し」 という記事が見に止まりました。というのは、アメリカで株が大幅に下がり、釣られて日本の株価も下がっているようです。しかし、ちょっと前の経済関係のニュースでは、日本企業の決算内...

続きを読む

PDF文書が印刷できない場合

PDF文書が印刷できない場合

ちょっと読む
のりのり

ダウンロードしたPDF文書7ページを印刷したところ、白紙で出てくるばかりです。さっそくネット「pdf印刷できない 白紙」で検索したところ東京経済大学「情報システム課」の利用ガイド(利用環境)に回答がありました。パンくずリストを見ましたら...

続きを読む

Go言語《その4》

Go言語《その4》

ちょっと読む
さぼ郎

何らかのパッケージを宣言するのだそうです。しかし、それは一つだけで、そのパッケージにすべての要素が含まれるということらしいです。package mainimport (    "fmt")func main() {&...

続きを読む

VBAで自動化を図る

VBAで自動化を図る

ちょっと読む
さぼ郎

【前の話】下記の表の若干の説明。1列目のデータは、ある内容を持つコードで、内容の出現数が2列めの数値です。3列目は、同じ種類で異なる内容を持つコードになります。その出現数が4列の値です。1列目のコードと3列目のコードを並べることで、それ...

続きを読む

超!超!お買い得講座 受講料95%割引 Udemyオンラインコース《5》

超!超!お買い得講座 受講料95%割引 Udemyオンラインコース《5》

ちょっと読む
のりのり

【5日目】セクション5レイヤー40.Photoshopのレイヤーの仕組みとレイヤーパネルの操作41.Photoshopレイヤーの不透明度、表示非表示の設定方法42.レイヤーにカラーラベルを設定し、効率よく管理する方法43.[実践]レイヤ...

続きを読む

gawkを使う《その2》

gawkを使う《その2》

ちょっと読む
さぼ郎

沢山のコードのデータがあって、重複をカウントしながらユニークにするような処理を考えてみます。【A】のデータ1381692073S007431391300000277S010111861300000277S01011186130000...

続きを読む

覚える時間と忘れる時間

覚える時間と忘れる時間

ちょっと読む
のりのり

年開けて1月21日から「Udemy(ユーデミィ)オンラインコース|未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン」という講座を受けています。Udemyにリンク ↑セクションが48あって、レッスンの総数が400あるのですが、理解...

続きを読む

西郷どんと赤報隊とメディアの現状

西郷どんと赤報隊とメディアの現状

ちょっと読む
さぼ郎

何日か前にNHKスペシャルで「赤報隊」をやったのだそうです。それを見たヒトから教わりました。wiki「西郷隆盛」にリンク ↑赤報隊事件と言うと、朝日新聞の襲撃のことで、それに元ジャニーズの草なぎクンが出演していたそうで、なかなかの熱演だ...

続きを読む

「国家の罠」という国策捜査

「国家の罠」という国策捜査

ちょっと読む
さぼ郎

「国家の罠」という本を読んでいます。著者は佐藤優さん。佐藤優さんというと鈴木宗男さん絡みで逮捕され、その後、評論活動をしている位の知識しかありませんでした。要するに、さほどの興味もなく、鈴木宗男さんも、なんだかんだ言っても、結局は小物の...

続きを読む

みんなのAI講座 ゼロからPythonで学ぶ人工知能と機械学習《2》

みんなのAI講座 ゼロからPythonで学ぶ人工知能と機械学習《2》

ちょっと読む
さぼ郎

Pythonの基礎というこで、以下の項目を延々、やっています。24. 論理演算子論理演算とは「and」とか「or」のことです。これは、いかなる言語でも(書き方に違いはあれど)普通にある記述なので不思議はありません。25. 分岐これは「i...

続きを読む

51%攻撃

51%攻撃

ちょっと読む
さぼ郎

仮想通貨で、いま、流出があって結構な注目が集まっていますね。これって、かつてマウントゴックス(Mt.GOX)というところでも、取引所から預かっていた仮想通貨が盗まれるということがあったような記憶がありますが、なぜ、金融庁は規制をしないの...

続きを読む

写真素材サイトを「Office 」で検索してみた

写真素材サイトを「Office 」で検索してみた

ちょっと読む
さぼ郎

オフィスの写真を探そうと思って、調べてみました。photoAC 無料無料商用利用OK 加工してもいいとのことです。photoACにリンク ↑しかし、「Office」の写真で、イメージにあるものはありませんでした。pixabay 無料すべ...

続きを読む

超!超!お買い得講座 受講料95%割引 Udemyオンラインコース《4》

超!超!お買い得講座 受講料95%割引 Udemyオンラインコース《4》

ちょっと読む
のりのり

【4日目】セクション4「Photoshop」選択範囲と画像の操作30.切り抜きツールを使って画像を指定のサイズに切り抜く方法31.長方形選択ツールを使って、2つの画像を合成する方法32.楕円形選択ツールを使って、2つの画像を合成する方法33...

続きを読む

BOINCと仮想通貨

BOINCと仮想通貨

ちょっと読む
さぼ郎

仮想通貨ではNEMという通貨で何百億円という流出があったと世間では大騒ぎをしています。チャートを見るとピークが2018年1月7日で211円、今日現在(2018年1月29日)が108円ですが、時価で500億円とか600億円の流失は、NEM...

続きを読む

超!超!お買い得講座 受講料95%割引 Udemyオンラインコース《3》

超!超!お買い得講座 受講料95%割引 Udemyオンラインコース《3》

ちょっと読む
のりのり

【3日目】セクション3「Photoshop」これからはじめるPhotoshop基礎(3)20.テキストツールを使って文字を入力する方法21.範囲内で自動改行させる、テキストボックスの作り方22.ワープ機能を使って、文字に変形を加える方法...

続きを読む

おなら

おなら

ちょっと読む
さぼ郎

浅草寺病院で貰った「浅草寺だより 平成30年冬号」に「おならの医学」という記事がありました。浅草寺病院にリンク ↑ヒトは、1日に500ml~1,500mlのガスを作り出して10~20回のおならをするのだそうです。そのうち、4分の1は口か...

続きを読む

みんなのAI講座 ゼロからPythonで学ぶ人工知能と機械学習《1》

みんなのAI講座 ゼロからPythonで学ぶ人工知能と機械学習《1》

ちょっと読む
さぼ郎

ということで、UdemyでPythonを使った人工知能(機械学習)の勉強です。先週、眼の手術をしたので、この1週間は視力が合わず、とても眼が不快でした。眼が不快 といっても、手術の直接的な影響ではなく、視力が変わった事による右目と左目の...

続きを読む

超!超!お買い得講座 受講料95%割引 Udemyオンラインコース《2》

超!超!お買い得講座 受講料95%割引 Udemyオンラインコース《2》

ちょっと読む
のりのり

【2日目】セクション2「Photoshop」これからはじめるPhotoshop基礎(2)10.画面を拡大縮小したり並べて表示する方法11.色調補正パネルで画像の明るさやコントラストを調整する方法12.色調補正パネルを使って、画像の一部分...

続きを読む

日経サイエンス 2018年1月号

日経サイエンス 2018年1月号

ちょっと読む
さぼ郎

またまた日経サイエンスの概要報告です。高橋淑子さん冒頭の特集が高橋淑子さんという「発生生物学」の専門家です。高橋淑子さんにリンク ↑現在は京都大学の教授です。「頭の中の理屈は、理屈でしか無い。相手は自然。つまらない人知をいつも超えてくる...

続きを読む

超!超!お買い得講座 受講料95%割引 Udemyオンラインコース《1》

超!超!お買い得講座 受講料95%割引 Udemyオンラインコース《1》

ちょっと読む
のりのり

24,600円のところ何と1,400円で講座が受けられるのです。それも受講期限の制限がなく、理解できるまで何回でも動画を見ながら習得できます。1レッスンが5分程度なので、空き時間に少しずつ、気軽に進めることができるというのも魅力です。私...

続きを読む

雪の首都

雪の首都

ちょっと読む
さぼ郎

2018年1月22日は、天気予報の通り、首都は大雪となりました。一夜明けて、浅草神社五重塔池の鯉ソフトクリームを舐めているま、こんな事になりました。1936年2月26日も、首都は大雪だったそうです。wikiによれば、1,483名の下士官...

続きを読む

Pythonを学ぶ

Pythonを学ぶ

ちょっと読む
さぼ郎

こんな宣伝を見つけたので早速覗いてみました。「udemy」にリンク ↑オライリーの高い本(ゼロから作るDeep Learning)を買い込み、少しずつPythonを紐解いていましたが、通信教育で勉強するなら、しかも3,800円ならなんと...

続きを読む

シュガーマン《その4》

シュガーマン《その4》

ちょっと読む
さぼ郎

「冬ドラマにジャニーズ主演が溢れかえる理由」という記事がありました。東洋経済の記事にリンク ↑実際には、プライム帯(19~23時)で、元SMAPの木村拓哉さん主演「BG~身辺警護人」(テレビ朝日系)、嵐の松本潤さん主演「99.9%-刑事...

続きを読む

ノートの付け方

ノートの付け方

ちょっと読む
さぼ郎

図書館から「コクヨのシンプルノート術」という本を借りてきました。本の冒頭に書かれていたことですが、こんなにデジタルな時代で、誰でも彼でもがスマホを持ち、スピーカーに話しかければスピーカーが答えてくれて、人形ロボットやら犬型ロボットが変え...

続きを読む

シュガーマン《その3》

シュガーマン《その3》

ちょっと読む
さぼ郎

世の中には商品やサービスが溢れています。その中で、熾烈な競争をしのいでいるわけです。例えば「RPA」というIT処理の自動化のソフトがあります。主にホワイトカラー業務の効率化・自動化の取組みである。人間の補完として業務を遂行できることから...

続きを読む

黒羽刑務所閉鎖の背景

黒羽刑務所閉鎖の背景

ちょっと読む
さぼ郎

黒羽刑務所が閉鎖されるとのこと。1971年に建設されたとか。47年まえ。旧耐震基準だそうだ。原子力発電所が廃止されれば地域経済にも大きな影響があるかもしれないけれど、刑務所がなくなるのであれば、却って地域からは歓迎されるかもしれません。...

続きを読む

歴史公文書等

歴史公文書等

ちょっと読む
さぼ郎

公文書管理法の第二条は「定義」です。定義ということは、法律の中で使われる用語がスッキリわかるのが「定義」なはずです。6 この法律において「歴史公文書等」とは、歴史資料として重要な公文書その他の文書をいう。7 この法律において「特定歴史公...

続きを読む

パイソン《03》

パイソン《03》

ちょっと読む
さぼ郎

Pythonではインデントが意味を持つのだそうです。タブでもいいとされていますが、1インデント4スペースが推奨だそうです。通常の言語としての「算術計算」、「データ型」、「変数」、「リスト」などがあるのは当然ですし、どういうものかは想...

続きを読む

シュガーマン《その2》

シュガーマン《その2》

ちょっと読む
さぼ郎

シュガーマンの第二回目です。じつは、その前に「マーケティング」ということで、マーケティング・セミナー(と言っても3千円程度の)に何回か参加しました。実名をあげると「北野哲正さん」「松本剛徹さん」「菅谷信一さん」「高橋貴子さん」「金澤月子...

続きを読む

公文書について考える

公文書について考える

ちょっと読む
さぼ郎

「公文書」といえば、言わずと知れたお役所で作る全ての文書が「公文書」になるはずです。違う言い方をすると地方であれ、お国であれ、公務員と呼ばれる人々が、お役所における拘束時間内に、職務を遂行する過程において作成した文書の一切は、「公文書」...

続きを読む

癌が治る時代

癌が治る時代

ちょっと読む
さぼ郎

2017年11月の日経サイエンスに記事が掲載されていました。スイスのノバルティスが開発した「CAR-T細胞」-「CTL019」-「商品名:キムリア」についての記事です。翻訳記事ではないようなので安心して読めそうです。「B細胞性急性白血病...

続きを読む

Go言語《その3》

Go言語《その3》

ちょっと読む
さぼ郎

久々何かを始めようと、まず、状況が大きく変わっていることに驚きを禁じえません。何かを覚えるのに要する時間に比べ、忘れる速度は一瞬のことですので、日頃使い続けない限り、覚える意味はありません。これは本を読んでも同じことで、どんなにいい...

続きを読む

文書管理について考える

文書管理について考える

ちょっと読む
さぼ郎

文書管理について、ここ数年(10年以上?)それとなく考えています。というのも、イオスの後藤さんと知り合いになってから、彼と会うたびに「文書管理」が会話に登るからです。で、2009年に「emo」という名称で文書管理ソフトを作りかけました。...

続きを読む

新年の決め事

新年の決め事

ちょっと読む
さぼ郎

なんだかんだ言っていても、時は無情です。新年だからといっても、どうということもないわけですが、繁華街を除くとヒトの通りは少ないですね。家でつまりもしないテレビを見ているのか、はたまた初詣とか帰省でしょうか。正月も3日となると、浅草神社の...

続きを読む

Go言語《その2》

Go言語《その2》

ちょっと読む
さぼ郎

GOPATH「GOPATH」をどこにするかが、そんなに大切には思えていませんが、本には「どこに設定するべきか」などとしてわざわざコラムまで書いてあります。SCM(Source Code Management)主として「Git」を意味して...

続きを読む

シュガーマン《その1》

シュガーマン《その1》

ちょっと読む
さぼ郎

台東区の図書館は偶数月の第三木曜の翌日に、廃棄本の放出をします。ハイエナのように、この廃棄本をあさりに来る人(常連さん)がいて、9時半の開館早々にすかさず来て漁っていきます。斯く申すワタシも、そのハイエナの1匹です。欲しいと思ってもらっ...

続きを読む

Go言語《その1》

Go言語《その1》

ちょっと読む
さぼ郎

一晩経ったら新年になってしまいました。 浅草神社に賽銭あげたい人たちの列浅草寺の巨大な財布「賽銭泥棒」というと、なんだかとても罰当たりな気がします。しかし、視点を変えてみると、この巨大な財布に投げ込まれるお金は、浅草寺というビジネスの...

続きを読む

迎える新年への約束

迎える新年への約束

ちょっと読む
さぼ郎

今朝(2017.12.31)の浅草寺です。でかい、犬が置かれていました。なんて言っても来年は(と言っても明日)戌年ですから。と思って、前に立ってみたら、、、。ソフトバンクの提供でした。いくら払っているのでしょうか?考えるソフトバンクもソ...

続きを読む

コカ・コーラのキャンペーン

コカ・コーラのキャンペーン

ちょっと読む
さぼ郎

コカコーラがキャンペーンをやっています。たまたま、コーラが飲みたくて買ったらリボンボトルというので、そのリボンを剥がすと中に白いテープがあって、それ見たら「アタリ」となっていたので、コカコーラのサイトを見に行って申し込んだらケーキが本当...

続きを読む

不思議なこと

不思議なこと

ちょっと読む
さぼ郎

不思議な事があるものです。森友問題今年の国会と言えば、「モリ・カケ」で1年騒いでいたような気がします。挙句、森友の籠池夫妻は留置場で越年のようです。身から出た錆といえば、仕方のないことなのかもしれませんが、「異例」であることには目を引く...

続きを読む

あっという間に

あっという間に

ちょっと読む
さぼ郎

あっという間に12月。それも中旬が終わりかけています。ふと気がつけば、「CMS」を標榜しているのに最近は記事を書くことを忘れています。というか、記事を書かない日常に「楽」を感じています。といって、あえて書く必要の無いことを無理して書くこ...

続きを読む

近景あれこれ

近景あれこれ

ちょっと読む
さぼ郎

写真は「フルヤ」の「フィンガーチョコレート」です。近くにスーパーで売っていたので、ほぼ、買い占め状態で買ってきました。毎日、食べていると流石に飽きます。この「フィンガーチョコレート」を同世代に出すと懐かしがります。斯く申すワタクシも、幼...

続きを読む

中村文則が書く小説

中村文則が書く小説

ちょっと読む
さぼ郎

「これは凄まじい奇跡だ。アメーバとお前を繋ぐ何億年の線、その間には無数の生き物と人間がいる。何かでその連続が切れていたら今のお前はいない」「現在と言うのは、どんな過去にも勝る。そのアメーバとお前を繋ぐ無数の生き物の連続は、いいか? 全て...

続きを読む

国家神道と無宗教

国家神道と無宗教

ちょっと読む
さぼ郎

「神道の虚像と実像」という本を読んでいます。著者は井上寛司と言われる方で、たまたまYouTubeにも、本のダイジェストのようなお話がアップされています。難しい話は本を読むとして、日本人がかくも無宗教になってしまった端緒は、明治政府の「国...

続きを読む

神になったフレディ

神になったフレディ

ちょっと読む
さぼ郎

たまたま、YouTube眺めていたらフレディ・マーキュリーを見つけたので、それ見ていたらハマってしまった。Sometimes I feel so sad, so sad, so badBut no-one's gonna stop me...

続きを読む

最近の雑多な話

最近の雑多な話

ちょっと読む
さぼ郎

今朝、郵便受けにイギリスからメールが来ていました。正確に言うと、CDが送られてきました。「テオルボ」というギターのでかいような楽器で、音でいうと、下のYouTubeで奏でているような魅力的な低音とギターを混ぜたような楽器のようです。台東...

続きを読む

地上でいちばん幸せな場所を探して

地上でいちばん幸せな場所を探して

ちょっと読む
さぼ郎

幸福は何かと聞かれて「あれ」と単一の回答が得られるわけではありません。たとえば、ワタシ場合は、レジでもらったお釣りの10円玉の中にギザ十があれば、世界で最もとは言わないけれど、その瞬間の10万番くらいの幸福を味わっているのではないでしょ...

続きを読む

読書会

読書会

ちょっと読む
さぼ郎

読書会に入っています。というか、実際は読書会のメンバーが抜けて会の構成上、穴埋め要員として入らざるを得なくなったというのが実情です。本を読むことは嫌いじゃないので、それはそれでオッケーですが、ノルマのようになってくると、それはそれで結構...

続きを読む

北朝鮮のミサイルと世界の均衡

北朝鮮のミサイルと世界の均衡

ちょっと読む
さぼ郎

北朝鮮には既に高性能なミサイル技術が確立しているようです。ここにきて、急速に技術が向上している背景にロシアがいるようです。「火星12号」では、高度2000キロメートルで大気圏再突入時の速度がマッハ15以上だったようです。その直後に発射し...

続きを読む

マルチバースと多世界

マルチバースと多世界

ちょっと読む
さぼ郎

日経サイエンス2017年9月号の特集記事に「マルチバースと多世界」というのがあって、著者が野村泰起さんという日本人の学者だったので、変な(日経サイエンス特有の)翻訳文でもないだろうと思って一応は、読んでみましたが、皆目分かりませんでした...

続きを読む

核兵器禁止条約に日本は交渉不参加

核兵器禁止条約に日本は交渉不参加

ちょっと読む
さぼ郎

「リーマン」といえば「リーマン・ショック」が思い浮かばれます。2008年にリーマン・ブラザーズ・ホールディングスが破綻したことから世界的な金融危機が発生しました。そのリーマンと、ベルンハルト・リーマンは、なにか関係がありそうな気もし...

続きを読む

青色光

青色光

ちょっと読む
さぼ郎

日経サイエンス2017年9月号の記事に「青色光が奪う眠り」というタイトルがありましたので読んでみました。要するにアメリカ人の夫婦が、夕方になって世界は薄暗いオレンジ色になっていくのにパソコンやスマホの画面は、昼間のように明るいことに...

続きを読む

ハイゼンベルグと日本語

ハイゼンベルグと日本語

ちょっと読む
さぼ郎

「日本語の科学が世界を変える」という本がありまして、2015年5月にも記事にしています。2015年5月の記事にリンク ↑著者は日経サイエンスで編集をしていたのだそうです。そんな感じが本の端々に感じられます。そもそも、毎月、日経サイエンス...

続きを読む

赤ちゃんの脳

赤ちゃんの脳

ちょっと読む
さぼ郎

「赤ちゃんの脳」という記事がナショナル・ジオグラフィックにありました。ようは、「クラック」という安価なコカインがはやったときに、クラック依存の母から生まれ育てられた4歳児と、クラック依存ではないけれど低所得者の4歳児を比較したのだそうで...

続きを読む

余丁町と永井荷風

余丁町と永井荷風

ちょっと読む
さぼ郎

新宿に余丁町という町があります。その昔は、永井荷風が住んでいたのだそうで「断腸亭」は、この場所のことだそうです。曙橋から永井荷風旧居に向かう坂を「刑務所通り」とかつては呼んだそうです。明治35年に永井荷風の父親、久一郎が千数百坪の地所に...

続きを読む

TRIO

TRIO

ちょっと読む
さぼ郎

宮本輝の「星宿海への道」という小説を昨日読み終わりました。ちょっと、がっかりでした。自分の好みをAランク、Bランク、Cランクの3段階で整理するなら、確実にCランクの小説でしたので、速攻でゴミ箱にポイしました。書き方は上手いけれど、あらゆ...

続きを読む

高麗神社

高麗神社

ちょっと読む
さぼ郎

wiki「高麗神社」にリンク ↑ 高麗神社。「高麗」は「コマ」と読むようです。埼玉県日高市にあります。日高市は川越の西隣、狭山・飯能の北隣に位置します。きょうまで、埼玉に日高市という市があるのを知りませんでした。埼玉県日高市の一部およ...

続きを読む

雲のない空

雲のない空

ちょっと読む
さぼ郎

「雲のない空なんて、、、」というセリフを書いたクリエイターがいました。その人の答えは「バターのないトースト」。日本人なら「梅干しのないお弁当」ですかね。青空文庫・石川啄木「雲は天才である」にリンク ↑これ、朝なのでもっと明るいです。そし...

続きを読む

トマトジュースとか

トマトジュースとか

ちょっと読む
さぼ郎

蔵前に蔵前小学校というのがあって、いま、壊して建替え中です。学校があるときは、そんな広いとは思っていませんでしたが、壊して平らに整地してみると意外に広いです、で、そのそばにある真行院の向かいにある墓地の花壇に彼岸花が咲いています。という...

続きを読む

日経新聞拾い読み

日経新聞拾い読み

ちょっと読む
さぼ郎

人通りの少ない裏道をタラタラ歩いていたら、小脇に新聞抱えたおばちゃんが「新聞いらんか」と話しかけてきたので、例の宗教系の新聞で勧誘かと思ったので「いりません」ときっぱりいったのですが、抱えている新聞見たら「日経」だったのでもらってきまし...

続きを読む

サルの著作権

サルの著作権

ちょっと読む
さぼ郎

記事にリンク ↑サルが自撮りした写真の著作権は、誰に帰属するのか というお話。仮にサルにあるとしたら、そのお金でバナナでも買うのでしょうか?作曲プログラムをサルに操作させて、確率的にキャッチーなメロディーが出来たら、JASRACが乗り出...

続きを読む

墨田区探訪

墨田区探訪

ちょっと読む
さぼ郎

毎日同じ道を歩いていると「歩き飽き」ます。で、今日は天気も良かったので言問橋を渡って墨田区を探訪しながら浅草橋に到達しました。その前に、浅草ドンキホーテの店頭水槽に閉じ込められている「うつぼ」です。「ウツ」になっているなら「ウツウツボ」...

続きを読む

魔界 第三十九回

魔界 第三十九回

ちょっと読む
さぼ郎

昨日(2017.9.8)の月。スカイツリーの上に月がいました。その前には新木場で「魔界」を観戦していました。過去10回位行っていますが、いまだに話はわかっていません。音楽シーンの動画にリンク ↑星野沙織国立音楽大学附属中学校を経て200...

続きを読む

ロバおじさん

ロバおじさん

ちょっと読む
さぼ郎

子供の頃のことですが、「ロバのおじさんやってきた」「パッカポッコ、パッカポッコ」というような音楽とともに、馬がでかい蝿帳を引っ張って蒸しパンを売りに来ました。たまたま、動画に出てきたので、思い出しました。いまでも車で回っている地方がある...

続きを読む

おすそわけ

おすそわけ

ちょっと読む
さぼ郎

我が事務所の2階に「あとりえ ふぉーうぃんず」というのが4月にできました。なにをやっているのかは詳しく知りませんでしたが、たまたま、講師の一人とお話をするようになりまして、昨日、おすそ分けをいただきました。食べるのもいたわしいくらいの出...

続きを読む

色々な見方

色々な見方

ちょっと読む
さぼ郎

ものごとには、いろいろな見方があって、そのいろいろな見方の多様性を知ろうとしないと、自分自身の考え方が知らないうちに偏向してしまいます。その1 女性専用車両日本でもすなる女性専用車両をイギリスの議員が提案したところ、「馬鹿げている」とい...

続きを読む

小説雑感

小説雑感

ちょっと読む
さぼ郎

図書館に入ったら新館コーナーに朝井まかてさんの「眩(くらら)」という本があったので借りてきました。というのは、「朝井まかて」という名前に憶えがあったからです。帰ってきて調べたら「恋歌」という本をかつて読んでいたことが分かりました。この「...

続きを読む

教育問題と教育ローン

教育問題と教育ローン

ちょっと読む
さぼ郎

2017年8月28日のモーニングサテライトで、アメリカの教育ローンについて触れていました。学生ローンの残高が1兆4千億ドルだそうです。日本円にして約153兆円です。そもそも、アメリカのクレジットカードの残高がアメリカ市場最高額を更新...

続きを読む

雑多な話

雑多な話

ちょっと読む
さぼ郎

あさ、街を歩いていたら吉野家が朝食に「釜揚げしらすおろし定食」というポスターが目に入りました。食べられる限界の時間が11時。ところが、浅草橋・蔵前界隈に「吉野家」はありません。マクドナルドも浅草橋にはありません。本屋も1件もないんです。...

続きを読む

ウェブ・オブ・ライフ

ウェブ・オブ・ライフ

ちょっと読む
さぼ郎

wiki「フンボルト」にリンク ↑たまたま、記事を眺めていたら「フンボルト」という名前が目に留まり、その記事を読んでみました。チャールズ・ダーウィンは、「フンボルトの『新大陸赤道地方紀行』ほど、情熱をかき立てられた本はほかにない」と...

続きを読む

愛国心

愛国心

ちょっと読む
さぼ郎

個人的には「田原総一朗」さんが、あまり得意でないので、彼の出る番組を積極的には見ませんが、過日、ウーマンラッシュアワーの「村本大輔」というヒトとやり取りがあったという記事を見て、ちょっと調べてみました。「国民には、国を守る義務があると思...

続きを読む

インパール作戦

インパール作戦

ちょっと読む
さぼ郎

昨日のNHK特集で「インパール作戦」をやっていました。たまたま、今、栗原俊雄というヒトの書いた「特攻ー戦争と日本人」という本を読んでいます。戦争に「美学」などがあるはずもなく、無謀な作戦、無能な上官の出す命令は「外道」でしかありません。...

続きを読む

異次元緩和

異次元緩和

ちょっと読む
さぼ郎

政府債務の記事にリンク ↑水平を示しているのがGDPです。1990年ころから横ばいです。GDPに対する政府債務の比率がどんどん上がりだすのが、やはり1990年ころからです。1985年に「プラザ合意」というのがありまして、要はアメリカの赤...

続きを読む

憲法7条って、知ってますか?

憲法7条って、知ってますか?

ちょっと読む
さぼ郎

第七条  天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。一  憲法改正、法律、政令及び条約を公布すること。二  国会を召集すること。三  衆議院を解散すること。四  国会議員の総選挙の施行を公示すること。五 ...

続きを読む

gawkを使う《その1》

gawkを使う《その1》

ちょっと読む
さぼ郎

大昔からある言語に「awk」というのがあります。名称は、開発者であるアルフレッド・エイホ、ピーター・ワインバーガー、ブライアン・カーニハンの3人の苗字の頭文字を取って付けられた と書かれています。いつ作られたかというと、「1970年代後...

続きを読む

漢詩02

漢詩02

ちょっと読む
さぼ郎

トップクラスで有名な漢詩ですね。他のトップクラスといえば「国破れて山河あり」くらいでしょうか。「花落つること知る多少」って、なんだか訓読みにすると語感が悪い感じがします。韻を合わせるための作為ですかね。これを書いた孟浩然というヒトは、科...

続きを読む

パイソン《02》

パイソン《02》

ちょっと読む
さぼ郎

コマンドラインから「python」と入力すると、>>>のようなマークが表示され、この状態を「対話的」と呼ぶようです。対話的>>>1+2とすると、「3」と答えを出します。これを「対話的」というらしい...

続きを読む

親を超える能力はあるのか

親を超える能力はあるのか

ちょっと読む
さぼ郎

その昔、犬のブリーダーの話を聞いたことがあります。簡単にうと、「鼻のいい母親と足の早い父親から生まれる子供は、母より鼻が良くなることも、父より足が早くなることもないのだそうですが、父より鼻がよく、母より足が早くなる可能性が高くなる」とい...

続きを読む

日銀の出口戦略

日銀の出口戦略

ちょっと読む
さぼ郎

モーニングサテライトです。元日銀の白井さゆりさんが解説しています。出口とは何を意味するのか?「出口」とは、テーパリングが終わった後だというのが基本的な考え方。この出口に出る時に財務状況位の悪化が意識される。バランスシートを見てみると、総...

続きを読む

ヤマカガシ

ヤマカガシ

ちょっと読む
さぼ郎

2017年7月29日午後6時ごろ、小学5年の男児が毒を持つヤマカガシとみられるヘビにかまれ、一時意識不明に陥ったが、その後意識は回復 というニュースがありました。ヤマカガシ(「ヤマカカシ」だと思っていた)が毒蛇だとは知りませんでした。ア...

続きを読む

漢詩01

漢詩01

ちょっと読む
さぼ郎

「漢文」というのに、こうした形になるのは漢ではなく唐の時代のようです。唐は618年から907年まで続いたようです。約300年ですね。その間に、五言絶句、七言絶句、五言律詩、七言律詩の形が固まったとのことです。ちなみに遣唐使は菅原道真...

続きを読む

パイソン《01》

パイソン《01》

ちょっと読む
さぼ郎

「Python」と書いて「パイソン」と読むのだそうです。「Python」の本を買ってきて読み出したのですが、それが「パイソン」の本だとは知りませんでした。例によってレビューにはクサシが何件かありますが、概ね好評です。「ディープラーニング...

続きを読む

たこつぼ

たこつぼ

ちょっと読む
さぼ郎

アメリカにある右派のニュースサイトに「ブライトバート」というのがあるのだそうです。トランプ氏の支持層では、この「ブライトバート」の記事が、保守系の従来メディアを遥かに上回る頻度で共有されていることがわかったのだそうです。wiki「ブライ...

続きを読む

挙証責任と勝負

挙証責任と勝負

ちょっと読む
さぼ郎

誰が考えても、どの角度から考えても、そして誰が何と言っても今回の加計学園問題は、おかしいことが満載だと思います。安倍総理と加計学園の加計孝太郎さんが無二の親友であることと、その当事者が国家戦略特区という国家プロジェクトにおいての当事者に...

続きを読む

マグネシウム電池と人工知能

マグネシウム電池と人工知能

ちょっと読む
さぼ郎

電気自動車(日産のリーフ)の充電テストに関わったことがあります。空っけつから満タンまでに200ボルトで12時間位かかります。もっと高圧の充電では30分でも千葉県の袖ヶ浦から都内東側辺りまでしか帰れません。 こんな、馬鹿なもの、...

続きを読む

看板

看板

ちょっと読む
さぼ郎

「看板」といえば、即座に出てくる言葉は「偽り」でしょうか。池波正太郎の小説にも「看板」というのがありまして、それはそれで、とても感動するお話ですが、そちらは以前に書いた記事でも参考にしてみてください。以前の記事へリンク ↑で、きょう...

続きを読む

万世一系と男系男子

万世一系と男系男子

ちょっと読む
さぼ郎

時代区分で分けると大まかに言うと、古代、中世、近世、近代そして現代となります。これは、きっとどこの国でも同じことなのでしょう。網野善彦さんは、南北朝時代を境に、内藤湖南さんは、応仁の乱を境に、日本は前と後とで、全く別の国になったと言って...

続きを読む

それから

それから

ちょっと読む
さぼ郎

カテゴリの名称を「あれこれ」と改称しました。そんな語感から、本日の記事のタイトルを「それから」にしてみたんですが、そういえば、そんなタイトルの小説が夏目漱石にあったな と思ったりしています。いま、雷門の屋根瓦をチタンに変えています。そも...

続きを読む

汎用人工知能

汎用人工知能

ちょっと読む
さぼ郎

「人工知能はどのようにして名人を超えたのか」という本を読んでいます。半分ちょっとしか読んでいませんが、幾つかの発見がありました。まず、作った人が良かれと思った改造を加えてみても100回のうち98回は失敗してしまうこと。極限に近づくと、人...

続きを読む

マイナス金利にみるスウェーデン

マイナス金利にみるスウェーデン

ちょっと読む
さぼ郎

2017年5月12日のモーニングサテライトで、元日銀の審議員だった白井さゆりさんがスウェーデンのマイナス金利を日本と比較してお話していました。日本でも鳴り物入りで選ばれた黒田総裁が、鳴り物入りで導入したマイナス金利ですが、同じくマイナス...

続きを読む

テスラの戦略

テスラの戦略

ちょっと読む
さぼ郎

車の売り方は、自動車メーカーがディーラーに売るわけで、そのディーラーがユーザに売るという二重構造になっています。テスラという電気自動車メーカーは、ディーラーを通さず、全て直販するのだそうです。仮に300万円の車だとディーラーの粗利は...

続きを読む

漢詩について思うこと

漢詩について思うこと

ちょっと読む
さぼ郎

漢は、中国の王朝である。通例、前漢(紀元前206年 - 8年)と後漢(25年 - 220年)の二つの王朝を総称して「漢王朝」と呼ばれる。とのことです。卑弥呼が死んだのが247年か248年と言われているので、卑弥呼は後漢の終わり頃に生まれ...

続きを読む

売り込み

売り込み

ちょっと読む
さぼ郎

「驚異のストーリープレゼン」という本を図書館から借りてきました。その「まえがき」にストーリーを語れるようにならなければ自分のアイデアで世界を変えることなど出来なくて当然だろう自分の可能性をフルに発揮するというミッションにおいても鍵と...

続きを読む

「留意」の意味

「留意」の意味

ちょっと読む
さぼ郎

この画像は民進党の桜井委員が山本幸三内閣府特命担当大臣(地方創生・規制改革)に質問をして回答をしているシーンです。後ろで若手の官僚が「おったまげた顔」をしているのは、山本大臣が「閣議決定は留意事項」とニタニタ笑いながら答えているからです...

続きを読む

ハーバード教授が説く、人生に必要な「5つの問い」

ハーバード教授が説く、人生に必要な「5つの問い」

ちょっと読む
さぼ郎

記事にリンク ↑ハーバードの先生がなにかいうと、とてもありがたいご宣託のような気がします。本屋に行っても、ハーバードの先生やらスタンフォードの先生やらが書いた本がビジネスコーナーにたくさん並んでいます。wiki「ハーバード大学」にリ...

続きを読む

ポジショニング

ポジショニング

ちょっと読む
さぼ郎

ポジションは、何をするとしても重要なポイントになります。例えば会社で発言するとしても、自分にポジション抜きに発言しても、下手をすれば軋轢が生まれたりします。新たに商売をしようとするときも同様で、どういうポジションで商売するかは、成功...

続きを読む

今の政治は、何かがおかしいぞ

今の政治は、何かがおかしいぞ

ちょっと読む
さぼ郎

国会中継民進党がいいとか、悪いとか、自民党がいいとか、悪いとかではなく、今の政府のやることは何かがおかしい。この中継を見る限りでは、内閣府は与党の審査も受けないで、加計学園を国家戦略特区として選定している。まず、驚かされるのは、獣医師養...

続きを読む

「AIスピーカー」なんて欲しくもない

「AIスピーカー」なんて欲しくもない

ちょっと読む
さぼ郎

毎日新聞の記事にリンク ↑AIスピーカーを使っている動画がありました。じつは、昨日(2017.5.22)のモーニングサテライトでやっていました。で、YouTubeを検索したら早速、使っているカップルの動画があったというわけです。話し...

続きを読む

起業すること

起業すること

ちょっと読む
さぼ郎

高齢社会になると、定年後の就労を考えなくてはなりません。仮にお金に困っていなくても、毎日、時間つぶしをしていても結構つまらないもののような気がします。いまは、65歳まで雇用することを義務付けられているようですが、知っている限りでは、定年...

続きを読む

沖縄方面は旧石器時代の人骨の宝庫

沖縄方面は旧石器時代の人骨の宝庫

ちょっと読む
さぼ郎

沖縄県は、旧石器時代の人骨の宝庫だそうだ。1万6千年以上前の旧石器時代の人骨が10カ所の遺跡で見つかっている。全国では、旧石器時代の遺跡が1万カ所以上あるにもかかわらず、沖縄以外で人骨が発見されているのは静岡県浜松市の浜北人(約1万...

続きを読む

「意識」が生まれたのは偶然か?

「意識」が生まれたのは偶然か?

ちょっと読む
さぼ郎

「脳はいかに意識をつくるのか」という本を図書館から借りてきています。この本の中古の価格を調べようと思ってアマゾンで検索したら、結構高いので買うのは諦めました。早速、アマゾンから「意識はいつ生まれるのか」という本の宣伝が来たので図書館を調...

続きを読む

メモの重要性

メモの重要性

ちょっと読む
さぼ郎

打ち合わせをしてメモを書きます。で、議事録を掻こうとすると、メモから議事録を正確に復元できません。単にノートの付け方が悪いだけのことなのですが、とはいえ、メモの付け方が悪いのは致命的です。音声を取るとか、映像を取るなどということもありで...

続きを読む

仕事選び

仕事選び

ちょっと読む
さぼ郎

食堂などで「美味いー不味い」「高い-安い」を2軸にしてプロットすると、「安い-美味い」が最高で「高い-不味い」が最低になります。で、「安いー不味い」と「高いー美味い」は値としてはイコールになります。だから、安い店に行くことが懸命で、なぜ...

続きを読む

根回し

根回し

ちょっと読む
さぼ郎

何気なく使う言葉に「根回し」という言葉があります。語源を調べてみたら、木を移すときに、根を切ると移した先で弱ったり枯れたりすのだそうです。それで、木の大きさにもよりますが、移す半年前くらいから古い根を切断することで、根を新しくしておき、...

続きを読む

普遍文法の存在有無

普遍文法の存在有無

ちょっと読む
さぼ郎

チョムスキーというヒトが唱えた「普遍文法」が破綻しているという記事がありました。掲載しているのは日経サイエンスで、2017年5月号です。日経サイエンスという雑誌は舶来信仰で、簡単に言い表せる記事であって、冗長で持って回った言い回しでさっ...

続きを読む

メモの必要性

メモの必要性

ちょっと読む
さぼ郎

打ち合わせなどする時、議事録を書かなくてもメモをとると思います。自分の場合で言うなら、通常、A5版のノートに書きます。しかし、メモの書き方が悪い事が多く、後刻、メモを見直しても肝心なキーワードを書き落としていたりして、結構、使い途に問題...

続きを読む

子供の教育と予習はウンコ

子供の教育と予習はウンコ

ちょっと読む
さぼ郎

安倍内閣が、「教育の無償化」を唐突にいい出しているのはブラックジョークかとも思ってしまいますが、オツムがいささか劣るとは言え、政治家として何かを言い出すとすれば、「忖度」狙いでないならば、裏があることは自明です。連日、国会で議論されてい...

続きを読む

単純な神隠しと青い空

単純な神隠しと青い空

ちょっと読む
さぼ郎

呼んでいる 胸のどこか奥でいつも心躍る 夢を見たいかなしみは 数えきれないけれどその向こうできっと あなたに会える繰り返すあやまちの そのたび ひとはただ青い空の 青さを知る果てしなく 道は続いて見えるけれどこの両手は 光を抱けるさ...

続きを読む

コミュニケーションという関係性

コミュニケーションという関係性

ちょっと読む
さぼ郎

何をするにしても反応の良い人と、悪い人がいます。仕事関係ならなおさらのことですが、お付き合いするならなるたけ反応の良い人を意識するべきです。逆から見れば、自らは反応の良さを心がけるべきです。ヒトから依頼されれば、それが仕事であれなん...

続きを読む

社会人にとっての遅刻

社会人にとっての遅刻

ちょっと読む
さぼ郎

「社会人」と「遅刻」は、密接なつながりのある言葉です。俗に「勤怠が悪い」などという使い方をする「勤怠」も、「怠」の字は「怠慢、怠惰、倦怠」などに使われるがごとくで、「なまける」という意味の漢字ですので、「勤怠」といえば、「励んで勤め...

続きを読む

血族は原理か

血族は原理か

ちょっと読む
さぼ郎

池袋にある東京芸術劇場のパイプオルガンです。N.de グリニ/グレゴリオ聖歌『全能の父なる神』によるミサ(聖歌と交唱のオルガン・ミサ)という演目を鑑賞に行ってきました。この、パイプオルガンへの照明が時間とともに変わるのでとてもきれいでし...

続きを読む

日本の原動力

日本の原動力

ちょっと読む
さぼ郎

老子曰く、言者は知らず、知者は言はずと。還初道人曰く、山林の楽を談ずる者、未だ必ずしも真に山林の趣を得ずと。政治を談ずる者、政治を知らず。宗教を談ずる者、宗教を知らず。英仏の法を説き、独露の学を講ずる者、未だ必ずしも英仏独露...

続きを読む

広告ブロック機能とブラウザシェア

広告ブロック機能とブラウザシェア

ちょっと読む
さぼ郎

「Googleのchromeに広告ブロックの機能がつけられるかも」という記事を見つけました。これは、まさに民放のテレビが広告がうるさいのでやめるかも ということにも等しいことです。 記事にリンク ↑ 「A...

続きを読む

意識は仮想か現実か

意識は仮想か現実か

ちょっと読む
さぼ郎

AR:拡張現実Augmented Reality難しい説明は抜きにして、ようするに「AR(エーアール)」のことです。さいきん、富に「AR」という言葉が目につきます。仮想現実ではなく、その時、その場所に情報を付加するようなことで、現実...

続きを読む

営業力強化

営業力強化

ちょっと読む
さぼ郎

「営業」という職種があります。簡単に言えば市場を開拓し、顧客を見つけ、自社の商品を販売するのが、営業の仕事になります。アマゾンで「営業」と検索してみてもたくさんの書籍が見つかり、そのどれもが、その本を読めば営業力が身につき、面白いように...

続きを読む

苦悩

苦悩

ちょっと読む
さぼ郎

先週、気にかかったキーワードがあります。その言葉は「苦悩」です。一つ目は、高学歴者の苦悩だそうで、内定を欲しいがために「営業」を志望して、うまい所、内定をもらうとしても、入社してから格下大卒(こういう言い方は好きではないけど)の同期...

続きを読む

芸人と芸能人

芸人と芸能人

ちょっと読む
さぼ郎

テレビを見ていると、主として芸能人や学者などを複数人集めて、喋らせるような番組で議事進行をする役割の人を「MC」と読んでいます。 司会、司会者、番組進行役(英: master of ceremonies, master of cere...

続きを読む

必然と必要

必然と必要

ちょっと読む
さぼ郎

小林麻央さんが「私はここまでになる必要があった」というようなことをブログで公開しているという記事を見つけました。   状態の良い人を見ては「私は、なぜここまでにならなければならなかったのかな」「何故、順調に治ってい...

続きを読む

日本語全史

日本語全史

ちょっと読む
さぼ郎

本屋でブラブラしていて、筑摩書房の「日本語全史」という新書を買いました。本屋で見つけた本を欲しがる自分を考えてみると、これは欲望全般に言えることでもあるのですが「欲しい」という気持ちが「よく吟味する」という思考を阻害しています。ちな...

続きを読む

地球の内部

地球の内部

ちょっと読む
さぼ郎

地下鉄の一番深いところで42.3メートル南アフリカのタウトナ鉱山で3.9キロメートル一番深く掘った穴は12キロメートル地球の半径は、6400キロメートル29分ありますが、自分たちが生活している足の下に広がる世界を知るのも、面白いかと思い...

続きを読む

上皇の再即位認めず=退位後も大喪の礼

上皇の再即位認めず=退位後も大喪の礼

ちょっと読む
さぼ郎

明治天皇の「大喪の礼」にリンク ↑ 今生天皇が生前退位したいということから有識者とか言う人達が、何やら色々相談しているようです。天皇の「譲位」を調べてみると、最初は皇極天皇だそうです。この方は再度天皇になっており、その時は斉明天皇とし...

続きを読む

メールが届かなくなった

メールが届かなくなった

ちょっと読む
さぼ郎

さくらインターネットの共用サーバーを使っています。ある時から、メールが届きにくくなりました。さくらインターネットに、ドメインを登録しており、そのドメインによるメールが、送信先に届かなくなったわけです。「The following add...

続きを読む

HRテック

HRテック

ちょっと読む
さぼ郎

言わずと知れた「桜」です。花の向こうに見えているのが浅草寺の切り妻です。一眼レフを持っているのですが、重いのであまり使いません。桜の時期だしと思って一眼レフを取り出して写真を取ったら白ボケしているので壊れたと思ってヨドバシに持ち込んだら...

続きを読む

美しい国、JAPAN

美しい国、JAPAN

ちょっと読む
さぼ郎

美しい日本 視聴回数 6,106,920 回 3分が、若干長く感じられます。一つには何がいいたいのかが、なんとなく見えてしまっていて、そのつまらなさがあることと、音楽が感動的じゃないことが...

続きを読む

神経言語プログラミング

神経言語プログラミング

ちょっと読む
さぼ郎

そもそもから始めると、知人がある企業の営業マンのやる気と能力を向上させるためのプログラムを考え、アウトラインを提示しました。結局、そのプラグラムは採用されず棚上げにされてしまったのですが、そのアウトラインを見せてもらったら、いくつか...

続きを読む

東芝に見る緑の扉

東芝に見る緑の扉

ちょっと読む
さぼ郎

文春オンラインに東芝崩壊の内幕が書かれています。文春オンラインの記事にリンク ↑今から11年前、東芝は米原子炉メーカー大手のウエスチングハウス(WH)を買収した。売り手は1999年にWH を買収した英国核燃料会社(BNFL)であった...

続きを読む

論文数と経済と技術の低下

論文数と経済と技術の低下

ちょっと読む
さぼ郎

「日本の科学技術力はなぜ凋落したのか」という記事がありました。記事にリンク ↑記事にリンク ↑著者によれば、論文数はGDPに比例しているのだそうです。記事を書いているのが内閣官房参与という肩書の藤井さんという人です。だから、財政出動すれ...

続きを読む

憲法改正について考えてみた

憲法改正について考えてみた

ちょっと読む
さぼ郎

日本国憲法と自民党改正案を部分的に比較してみると、自民党が改正しようとしている方向性が見えてきます。自民党の改正憲法案にリンク ↑特に、今の自民党には日本会議の色が濃い感じもしますが、自民党の憲法改正案にどれだけの影響力を持っているのか...

続きを読む

1000乗すると

1000乗すると

ちょっと読む
さぼ郎

1.01を1000乗すると、20,9590.99を1000乗すると、0.00004317124741066 仮に1万円で投資をして手数料等を差し引いて1パーセントの利益がでたら決済して、その金額をまた投資する というよ...

続きを読む

国立博物館で伎楽面を観る

国立博物館で伎楽面を観る

ちょっと読む
さぼ郎

国立博物館にリンク ↑法隆寺宝物館は、1878(明治11)年に奈良・法隆寺から皇室に献納され、戦後、国に移管された宝物300件あまりを収蔵・展示する建物です。法隆寺から皇室に渡ったのは、当時のお金で1万円になったからのようで、お金が欲し...

続きを読む

綸言汗の如し

綸言汗の如し

ちょっと読む
さぼ郎

「綸言汗の如し」という言葉があるそうです。皇帝が一旦発した言葉(綸言)は取り消したり訂正することができないという意味なのだそうです。それぐらい重い言葉であると言わけです。そもそもは孔子の「王言如絲,其出如綸;王言如綸,其出如綍」のよ...

続きを読む

世界は広い

世界は広い

ちょっと読む
さぼ郎

「Song Around The World」という企画があったようです。大和証券が作った企画だと思っていました。いくつもあるようなのですが、なんといっても黒人の声の良さには、心が打たれます。バンジョーは、アフリカから黒人を船に乗せ...

続きを読む

Excelの文字切れ

Excelの文字切れ

ちょっと読む
さぼ郎

画面表示と印刷結果が異なる場合 Excelを使っている人にとって共通する問題と思います。セル幅ギリギリにしておくと隣接する右列に文字列がかかってしまったり、改行して表示するようにしておくと、縦幅を十分に取っていないことで、プレビュ...

続きを読む

浅草橋大問題

浅草橋大問題

ちょっと読む
さぼ郎

「浅草橋大問題」はadobe InDesignの書式付きテキストデータである「snippet」というフォーマットを利用して、問題集などを大問単位でデータベース化して、属性などから検索した結果から自動組版をするという、作問システムです。特...

続きを読む

足利尊氏死す

足利尊氏死す

ちょっと読む
さぼ郎

NHK大河の「太平記」、第49話「尊氏死す」を見終わりました。尊氏が直義を毒殺します。直義は、尊氏に殺されることを察知して「来世は喧嘩をしない兄弟でありたい」といって毒を飲み干します。浄妙寺境内の延福寺に幽閉された直義は、翌正平7年/文...

続きを読む

サクラ、咲く

サクラ、咲く

ちょっと読む
さぼ郎

2017年3月11日。朝、道を歩いていたら、ほぼ満開の桜の木がありました。ついでに、とか、などが、咲き出しています。もう、春ですね。で、「権力」ですが、武将としては一流であった。政治手腕にも長け、幕府創設期には訴訟奉行を任されている。し...

続きを読む

権力と責任の構造

権力と責任の構造

ちょっと読む
さぼ郎

「東芝崩壊」傲慢・怠慢・無責任にひた走る日本企業の難病 会社を維持する以上に「大切なこと」 という記事がありました。自分が権力の座にある時にはやりたい放題やっておきながら、その後、ひとたび自分がやったことに関連して何か重大問題が発覚する...

続きを読む

水戸天狗党と中島歌子と貞芳院

水戸天狗党と中島歌子と貞芳院

ちょっと読む
さぼ郎

さてさて、朝井まかての「恋歌」を読み終わりました。水戸藩の中の尊皇攘夷を巡る内紛を中核において、主人公である中島歌子の生き様を三宅花圃の目を通して描くという筋立てです。「中島歌子」にリンク ↑幕末の水戸藩というと、あまり印象がよくありま...

続きを読む

「応仁の乱」が人気だとか

「応仁の乱」が人気だとか

ちょっと読む
さぼ郎

「応仁の乱」、その前に。「遅延16秒」は想像がつくとして、「失敗の26%」は何が失敗なのでしょうか?ま、それはさておき、NHKによると「応仁の乱」が人気だそうです。そこで台東区の図書館を調べてみました。「書名」で「応仁の乱」として検...

続きを読む

忖度と斟酌

忖度と斟酌

ちょっと読む
さぼ郎

「そんたく」と読むようです。「他人の心をおしはかること」という意味のようです。ようするに「相手を慮(おもんばか)ること」ということ。ネットで調べると「側近が小沢氏の意向を忖度(そんたく)して締め付けに動く」と出ていました。2009年の末...

続きを読む

菅原洋一から前田武彦、そして特攻

菅原洋一から前田武彦、そして特攻

ちょっと読む
さぼ郎

iTuneで曲を流していたら菅原洋一さんがかかりました。最近の歌手には見られないほどに声がよく、歌がうまいのに聞き惚れました。wiki「菅原洋一」にリンク ↑菅原洋一さんをwikiで調べたら昭和8年生まれだそうで、83歳だそうです。前田...

続きを読む

恋歌

恋歌

ちょっと読む
さぼ郎

さてさて、「恋歌」とは、雅な言葉で心もうずきます。これは、朝井まかてさんが2014年に直木賞を取った小説のタイトルです。記事にリンク ↑まかてさんは、1956年生まれといいますから当年とって60歳位だと思いますが、こんなにうまいと思える...

続きを読む

コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンス

ちょっと読む
さぼ郎

「コーポレート・ガバナンス」という言葉を、最近よく耳にします。一つには知人が大学院の修士論文のテーマとして「企業におけるガバナンスと業績」について調べているという話を最近聞きました。その例としてアサヒビールがV字回復する起点となった樋口...

続きを読む

赤壁の賦に思ふ

赤壁の賦に思ふ

ちょっと読む
さぼ郎

「賦」とは詩を作ることだそうです。「早春賦」と言うのもありました。春は名のみの 風の寒さや谷の鶯 歌は思えど時にあらずと 声も立てず時にあらずと 声も立てず大正2年に発表された詩にメロディーを付けて「日本の歌百選」に選ばれています。「赤...

続きを読む

「小池」という春風

「小池」という春風

ちょっと読む
さぼ郎

いま、NHK大河の「太平記」を見ながら南北朝時代や初期室町時代の新書などを読んでいます。北条得宗による鎌倉幕府の支配から、後醍醐を中心として公家が平安時代のような天皇親政を行おうとする勢力と、武家の棟梁となった足利一統が対立します。朝廷...

続きを読む

2極化という極

2極化という極

ちょっと読む
さぼ郎

本当は自主調査の第四弾としてクロス集計を扱いたかったのですが、クロス集計をすると表が分散され、そもそもの得票数が少ないと、傾向が顕著になりすぎてあまり意味を持ちそうもなかったのでやめました。「指針盤分析ツール」にはクロス集計機能も標準で...

続きを読む

第10回「秩序が変わるかも」の集計結果<その3>

第10回「秩序が変わるかも」の集計結果<その3>

ちょっと読む
さぼ郎

おかげさまで81票になりました。 自主調査・分析ツールによる集計結果報告の第三弾です。今回は分析ツールの「2軸4象限」を中心に分析ツールを使ってみます。「集計1」をクリックすることで全体集計をします。次に「4象限作図」ボタンをクリック...

続きを読む

第10回「秩序が変わるかも」の集計結果<その2>

第10回「秩序が変わるかも」の集計結果<その2>

ちょっと読む
さぼ郎

昨日の続きです。自主調査の集計を報告いたします。「指針盤分析ツール」は、何もしない状態で集計されているのが「グランドトータル」と「優先度」です。グランドトータルは昨日、グラフを少し綺麗にして掲載いたしました。本日は、それ以外を機能の紹介...

続きを読む

第10回「秩序が変わるかも」の集計結果<その1>

第10回「秩序が変わるかも」の集計結果<その1>

ちょっと読む
さぼ郎

2月2日にワードクラフト2年ぶりの自主調査協力をお願いするメールを155通送信いたしました。その結果として2月9日現在、79通の回答をいただきました。50.96%(前回は26.1%)でした。毎度のことではありますが、ご協力に感謝いたしま...

続きを読む

資本主義と民主主義は両立する概念か

資本主義と民主主義は両立する概念か

ちょっと読む
さぼ郎

2月2日は新木場で「魔界」に行ってきました。といっても、悪魔とか死霊とかに知り合いがいるわけではなく、プロレスと音楽と芝居が渾然となったエンターテイメントなんです。要するに成仏できなかった魂が魔界で暗闘を繰り広げているわけです。で、その...

続きを読む

自主調査

自主調査

ちょっと読む
さぼ郎

久々の自主調査です。可能な範囲で極力ご協力ください。自主調査画面にリンク ↑実際に名刺交換をしたり、会ってお話をした皆さんの考えと、テレビや新聞の報道とで、違いがあるやなしやを共有できればと思っています。調査を終了いたしましたら、分析ツ...

続きを読む

あなたの人生はあと何日

あなたの人生はあと何日

ちょっと読む
さぼ郎

たまたま、何か見ていたら「【感動】あなたの人生はあと何日?20代MIT卒経営者の心に響くスピーチ日本語字幕」なんてYouTubeがあたので見てみました。少なくともお話しているヒト(Dropboxを作ったDrue Houston)は、スピ...

続きを読む

新婚旅行をドローンとともに

新婚旅行をドローンとともに

ちょっと読む
さぼ郎

400日かけて世界中を回りながらドローンで撮影した夫婦がいたとテレビでやっていたので早速YouTubeで見つけました。撮影がうまいのと、ロケーションの設定がとてもいいのに感動です。世界は広いし、そして、単一の価値観で測ってもいけない...

続きを読む

後醍醐帝を女性の角度から調べてみると

後醍醐帝を女性の角度から調べてみると

ちょっと読む
さぼ郎

鎌倉時代後期から南北朝時代初期にかけての第96代天皇wiki「後醍醐帝」にリンク ↑南朝の初代天皇歴史的事実としては在位途中に二度の廃位と譲位を経ている鎌倉幕府を倒して建武新政を実施したものの、間もなく足利尊氏の離反に遭ったために大...

続きを読む

トランプ大統領と後醍醐天皇

トランプ大統領と後醍醐天皇

ちょっと読む
さぼ郎

網野善彦という歴史の先生がいて、彼は中世の専門家です。中世を英語で言うなら「middle ages」といい、当たり前な話ですが、古代よりも後、近代または近世よりも前の時代を指すわけです。「middle age」なら「中年」です。日本の歴...

続きを読む

アメリカでの話

アメリカでの話

ちょっと読む
さぼ郎

アメリカ人が働き始める時間を調べたら最も多いのは、午前7時45分から午前7時59分で、全米の労働者の7.5%がこの時間帯に勤務を開始している。また、午前7時から午前8時15の間に全米の労働者の33.4%が勤務を開始している。記事にリンク...

続きを読む

観劇「ALICE」と世田谷線

観劇「ALICE」と世田谷線

ちょっと読む
さぼ郎

あさ、浅草寺の傍を遠たら、女性の声も混じった読経が聞こえてきたので、本堂まで上がってみました。何かの集団で、女性も混じって本堂で立ったまま盛んに読経していました。とっても宗教的な雰囲気でした。で、三軒茶屋から世田谷線で上町駅に行きました...

続きを読む

安否確認

安否確認

ちょっと読む
さぼ郎

年に1、2度集まるメンバーがいて、1人が名古屋に単身赴任になってしまったので、この2年ほど、集まる機会が無かったのですが、その1人が東京に復帰したというメールを昨年の12月15日にもらいました。で、早速、恒例のメンバーに呼集をかけて1月...

続きを読む

ニューイヤーコンサート

ニューイヤーコンサート

ちょっと読む
さぼ郎

豊島区管弦楽団のニューイヤーコンサートに行ってきました。とてもアマチュアのオーケストラとは思えない演奏でした。また、場所も池袋の東京芸術劇場なので、とってもゴージャスでした。そのうえ、全席指定。演奏はコープランド、ガーシュインとアメリカ...

続きを読む

webボット

webボット

ちょっと読む
さぼ郎

インターネットボットとも呼ばれ、インターネット上で自動化されたタスクを実行するアプリケーションを意味するようです。主としては「クローラー」を指すようでもあります。クローラ(Crawler)も、ほぼ同じ意味で使われているようなので、ボット...

続きを読む

先端技術は福音か

先端技術は福音か

ちょっと読む
さぼ郎

CES 2007(Consumer Expenditure Survey)というのがアメリカで開催されているのだそうです。ようは家電製品の展示会なのだそうですが、家電以外の製品も出品され話題にもなっているようです。TOTOの便器。右列の...

続きを読む

難しい話

難しい話

ちょっと読む
さぼ郎

自分にとってインターネットの価値は何であるかを考えないといけないと思っています。たしかにいろいろなことを知ることが出来ます。例えば、いま、室町時代(南北朝を含む)に関心があって、そんな関係の本を読んでいます。と、同時にNHK大河の「太平...

続きを読む

否定的コメント

否定的コメント

ちょっと読む
さぼ郎

モーニングサテライトでは2017年末の予想をしています。いろいろな専門家のいろいろな推測をまとめてみようと思います。その前に、面白いグラフの記事がありました。かの有名な池上彰さんが使ったグラフのようです。左が日本で右がアメリカです。青が...

続きを読む

夢

ちょっと読む
さぼ郎

今年の年賀状には、「ことさらに 夢を追うまじ 去年ことし」としました。「去年ことし」は季語だそうです。高浜虚子は「去年今年 貫く棒の ごときもの」という俳句を詠んでいます。浅草寺にも、新年になると大勢の人が押しかけてきます。賽銭を投げ込...

続きを読む

無駄

無駄

ちょっと読む
さぼ郎

「無駄」とはどういう意味か調べました。「駄」とは荷物を積んだ馬のことのようです。確かに「一駄」とか「ニ駄」のような言い方します。で、「無駄」とは空荷の馬のことを云うようです。荷を積まない馬にはメシを食わせるなということ。最近の生活で自分...

続きを読む

尺度と競争

尺度と競争

ちょっと読む
さぼ郎

この動画は、ある日突然、スーパーの価格が5倍になるというドッキリです。なにもかにもが5倍になります。日本人は見栄こきが多いから、文句も言わずにお金払うかもしれませんが、中国や韓国なら、そうはいきそうもありませんね。これは、日本のテレビが...

続きを読む

持続性と健全性

持続性と健全性

ちょっと読む
さぼ郎

いよいよ新年になってしまいました。6時51分に日の出になりました。ヘリがもう少し右へ行っていればダイヤモンド富士になったかもしれませんね。 朝からご苦労様です。「営業」という職種があります。一般にモノを売る仕事になります。景気が良けれ...

続きを読む

日経サイエンス2016年11月号

日経サイエンス2016年11月号

ちょっと読む
さぼ郎

久々の日経サイエンスです。Aが「現在」。Bが5千万年後。Cが1億5千万年後。Dが2億5千万年後 だそうです。ついには、大陸は一つになってしまうようです。なぜか、現在の地球の姿すらが実際と異なっているような気もしますが、ともかくスーパーコ...

続きを読む

近況など

近況など

ちょっと読む
さぼ郎

最近、記事を真面目に書かなくなってしまいました。意外と負担になっています。まず、ビジョンが明確でもないのに書き続けることに能力的限界と直面しています。ということで、手持ちのデジカメを見てみたら、10月4日からパソコンに取り込んでいません...

続きを読む

パティ・スミスとボブ・ディランとノーベル賞

パティ・スミスとボブ・ディランとノーベル賞

ちょっと読む
さぼ郎

実を言うとあまりノーベル賞には興味がなくて、新聞やテレビで報道される程度の内容しか知りませんでした。たまたま、ネットを見ていたら、パティ・スミスがノーベル賞の授賞式でボブ・ディランの歌を歌って、それが、緊張のあまり途中で声が出なくな...

続きを読む

夏目漱石と東洋哲学

夏目漱石と東洋哲学

ちょっと読む
さぼ郎

そういえば、ちょっと前にNHKで夏目漱石のドラマをやっていました。見たいと思ったのですが、タイミングが合わなくて見てはいません。話は前後しますが、知人が読んだ本で、とても良かったということで、中でも個々を読んだらいいということで、183...

続きを読む

富裕層とは

富裕層とは

ちょっと読む
さぼ郎

世界では1%の富裕層が富の半分を持っているのだそうです。銀座の串揚げ屋で夫婦で楽しく食事をして14万円を政治資金で支払っているなんて微笑ましい話がネットで取り上げられますが、事実関係は不明なものの、少なくとも貧しさは感じられず、政治は富...

続きを読む

TPPと科学技術

TPPと科学技術

ちょっと読む
さぼ郎

知人から是非にも見てほしいといわれたYouTubeです。西尾正道(北海道がんセンター名誉院長 北海道医薬専門学校学校長 北海道厚生局臨床研修審査専門員放射線科)さんが、2016年12月4日、国会で意見陳述をしました。以下に論旨を要約...

続きを読む

ジム・ロジャーズが「日本経済の破滅」を予想

ジム・ロジャーズが「日本経済の破滅」を予想

ちょっと読む
さぼ郎

安倍内閣は、大新聞によると支持率が上がっているような。たまたま見つけたFacebookのアンケート調査では、1万数千人が投票しているようですが、支持率は10%を割っていました。どっちが本当なのかは、現時点では知る術がありません。wiki...

続きを読む

加藤友三郎

加藤友三郎

ちょっと読む
さぼ郎

たまたま、web見ていたら伊藤博文の写真があって、それをクリックしたら「宰相の系譜~明治・大正から現在~写真特集」ということで、総理大臣たちの写真が表示されていました。なかでも目立ったのが「加藤友三郎」さんです。wiki「加藤友三郎」に...

続きを読む

アマゾンからのメール

アマゾンからのメール

ちょっと読む
さぼ郎

アマゾンからメールが来ます。アレヤコレヤ検索した結果から判定して、「これなら買いそうかも」と推理して送ってきます。沈黙のWebライティング  Webマーケッター ボーンの激闘足利義満 - 公武に君臨した室町将軍室町幕府論ビジネスモ...

続きを読む

宗教とお墓とお坊さん

宗教とお墓とお坊さん

ちょっと読む
さぼ郎

宗教を信じていない人が約7割。信じている人が2割。その他が1割というところでしょうか。一般的には、いまの世代にはご先祖のお墓があって、そのお墓はお寺にあります。お寺は、仏教のいずれかの宗派に属していて、おつきあいにはそれなりにお金が...

続きを読む

基本的法制度

基本的法制度

ちょっと読む
さぼ郎

内閣府が平成26年度に行った調査について、調べてみました。調査は3千人対して行い、1,826人から回答があったとのことです。調査項目は、基本的法制度に対する関心死刑制度に対する意識更生保護に対する意識裁判所に行ったことが有るかに対して8...

続きを読む

卍とハーケンクロイツ

卍とハーケンクロイツ

ちょっと読む
さぼ郎

なにやら「無限の住人」という映画をやるそうな。死んでも死なないというか、切られても死なないのだそうです。というか、不老不死のようです。出元はマンガで、主人公は「万次」と云うらしいです。それを国民的エンターテイナーであるキムラクさんが演じ...

続きを読む

プロセスというストーリー

プロセスというストーリー

ちょっと読む
さぼ郎

体に病原菌やウィルスが侵入するとなにが起きるか?戦いに行くのは抗体、Bリンパ球、Tリンパ球、マクロファージなどである。抗体は免疫グロブリンというタンパク質。Yの字のような形をしていて、Yの字のVの部分を使って病原体を捕まえる。リンパ球や...

続きを読む

「観念」について考えてみる

「観念」について考えてみる

ちょっと読む
さぼ郎

瞬間を生きる。いまだけなのよ。「観念」を調べると「 哲学で、人間が意識の対象についてもつ、主観的な像。表象。心理学的には、具体的なものがなくても、それについて心に残る印象。」のように書かれていました。wikiには「プラトンのイ...

続きを読む

図書館の利用

図書館の利用

ちょっと読む
さぼ郎

最近、台東区の図書館のwebサイトがリニューアルしました。台東区の図書館にリンク ↑浅草橋の出先が近いので、とっても利用させていただいています。今回リニューアルとのことで、左が朝顔で右が桜の絵柄も美しく、刷新いたしました。台東区の図書館...

続きを読む

2016年10月のクリック状況

2016年10月のクリック状況

ちょっと読む
さぼ郎

今更ながらで恐縮です。10月のレビューをしていませんでした。最近、記事を書くネタが無くて、横着しています。本来であるなら、もっと宣伝色を全面に出して「いかにも」な、展開を図らなければいけないところなのでしょうが、興味の中心がそっちに...

続きを読む

大正という時代

大正という時代

ちょっと読む
さぼ郎

浅草寺五重塔は、現在瓦の葺き替え工事をしています。焼き物の瓦からチタンの瓦に変えるのだそうです。本堂も何年も前に葺き替えしていました。その五重塔の直下には伝法院という、本坊があります。お庭は、かの有名な小堀遠州の手になるらしいです。年に...

続きを読む

めまいとあくび

めまいとあくび

ちょっと読む
さぼ郎

「肩こり」を和英辞書で調べてみると「stiff shoulder」と出ました。文例では「have a bad stiff neck;have a bad stiff shoulders」のようです。ちなみに「stiff」は「曲がらない、...

続きを読む

メディアの役割

メディアの役割

ちょっと読む
さぼ郎

アメリカの大統領選挙でトランプ候補が選出されました。これは大方の予想を裏切ったことと思います。「ドナルド・トランプ」にリンク ↑言うことが過激だし、ビジネスマンとは言え大金持ち風だし、政治経験もなさそうだし、イスラムに対しても、メキシコ...

続きを読む

土人考

土人考

ちょっと読む
さぼ郎

機動隊員が抗議活動をしている人に「土人」と発言した問題について、鶴保庸介・沖縄北方相は8日、「『土人である』と言うことが差別であるとは個人的に断定できない」と述べた ということです。「その(土人という)言葉が出てきた歴史的経緯には、様々...

続きを読む

煩悩とマッドメンと自己について

煩悩とマッドメンと自己について

ちょっと読む
さぼ郎

最近、やっと「マッドメン」のシーズン7を見終わりました。もし、自分がテレビ業界で、ドラマを作るかかりなら、もっともっと普通の人々の人間模様を描きたいです。さしずめ宮本輝の「流転の海」あたりでしょうか。ただし、ちょっと熊吾がドラマチックす...

続きを読む

リサ・クリスティン:現代奴隷の目撃写真

リサ・クリスティン:現代奴隷の目撃写真

ちょっと読む
さぼ郎

日本で奴隷を語るとすると「帥升(すいしょう)」というヒトの名前が初出になるのだそうです。何の初出かというと、外国の資料に登場する日本人の名前としてです。そもそも、この「帥升」は名前なのか職名なのかも今では分かりません。そもそも、日本に文...

続きを読む

結婚願望

結婚願望

ちょっと読む
さぼ郎

結婚願望が低下しているそうです。レポートにリンク ↑国立青少年教育振興機構という、天下り以外に、あまり役に立ちそうもない機関が「若者の結婚観・子育て観等に関する調査」を実施して概要をレポートしているのを見つけました。全国の20~30代の...

続きを読む

襟鞭毛虫

襟鞭毛虫

ちょっと読む
さぼ郎

「絵でわかるカンブリア爆発」という本を図書館で見つけたので借りてきています。2016年7月に出た本のようです。レビューではすかさず星2つと4つが書かれています。カンブリア紀の爆発的な生物の発生について、誰がどのように説明したところで事実...

続きを読む

ステマって、何?

ステマって、何?

ちょっと読む
さぼ郎

「ステマ」とは、何に略でしょうか?wiki「ステルス戦闘機」にリンク ↑答えは「ステルス・マーケティング(Stealth Marketing)」のことで、「消費者に宣伝と気づかれないように宣伝行為をすること」とのことです。このステルスマ...

続きを読む

筌(うけ、うえ)【熊谷通信No.7】

筌(うけ、うえ)【熊谷通信No.7】

ちょっと読む
kenji

久しぶりに更新です。本日ご紹介いたしますのは「筌」です。「ウケ」と読みます。写真は我が家にある物です。ウィキペディアには「筌(うけ、うえ])とは、外側が網体で構成されており割竹等で作った漏斗状の口から入ってきた魚介類を閉じこめて捕獲する...

続きを読む

中間層の没落

中間層の没落

ちょっと読む
さぼ郎

ここへ来てクリントンさんのメール問題で新たな展開を迎えています。アメリカでのことなので、今ひとつピンときません。似たようなことが韓国でも起こっていますが、内容の深刻さは韓国のほうが上かもしれません。関連する内容なのかは不明ですが、今朝の...

続きを読む

翻訳手助け「五人囃子」、華麗に誕生

翻訳手助け「五人囃子」、華麗に誕生

ちょっと読む
さぼ郎

パワーポイント、ワード、エクセルイラストレーター、インデザインを使って翻訳作業をしている皆さんに「耳寄り情報」です。肝心な翻訳にかける時間よりも、コピー&ペーストに貴重な時間を使っていませんか?特徴1:「あっ」という間にテキストをExc...

続きを読む

ネットワークビジネス考

ネットワークビジネス考

ちょっと読む
さぼ郎

ねずみ講とは「後に無限連鎖講と呼ばれることとなった集金システムのことである」とのことです。無限連鎖講とは、「金品を払う参加者が無限に増加するという前提において、二人以上の倍率で増加する下位会員から徴収した金品を、上位会員に分配することで...

続きを読む

売血とヒロポン

売血とヒロポン

ちょっと読む
さぼ郎

昨日、区の検診で採血のときに、消毒にアルコールを含浸したガーゼを使うかの問答のときに、「戦時中はどうしていたんでしょうか?」と聞いた所、さすがに知らないとのことでした。アメリカの映画などをみると、兵隊にモルヒネの注射を渡しておいて、負傷...

続きを読む

アメリカンドラマにみるプレゼンテーション

アメリカンドラマにみるプレゼンテーション

ちょっと読む
さぼ郎

アメリカンドラマで「マッドメン」というのが好きなんです。どれくらい好きかというと「かなり」です。理由は、戦後のアメリカの広告界の狂乱というか、アメリカという社会の人間模様というか、アメリカ人のものの考え方というか、諸々の理由で、かなり好...

続きを読む

直近の債券市場の動きなど

直近の債券市場の動きなど

ちょっと読む
さぼ郎

おもしろい画像を見つけました。記事にリンク ↑「1ドルくれなければトランプに投票するぞ!」って、結構な脅しですね。選挙までにどれくらい集められるか結果も聞きたいです。日本でやるなら、さしずめどういうセリフに成りますか?「100円くれなけ...

続きを読む

謙虚であることと善良であること

謙虚であることと善良であること

ちょっと読む
さぼ郎

昨日、キアヌ・リーブスというムービースターの話を見つけて、とっても感動しました。記事にリンク ↑「謙虚」であることと「善良」であることを、その人に備わっているものとして極自然に振る舞えることって、なかなか目にしません。それが、スターに上...

続きを読む

土人考

土人考

ちょっと読む
さぼ郎

今日は図書館の放出日なので、早速2冊もらってきました。堂門冬ニ「直江兼続と上杉家家訓16箇条」と瀬島龍三「日本の証言」です。直江兼続の作った漢詩が、とても好きで、特に「天上人間一様秋」という句が心に染み入ります。人間、晩節には天上と一様...

続きを読む

もろもろ

もろもろ

ちょっと読む
さぼ郎

スターの話何で見つけたか不明ですが、ヒトって様々ですね。記事にリンク ↑ホームレスにお金を上げているヒトは、有名なスターです。記事によれば、彼は豪邸に住まない、ボディガードを雇わない、ブランド品を身に付けない、時々ボロボロの靴を履い...

続きを読む

サイバー空間における個の特定

サイバー空間における個の特定

ちょっと読む
さぼ郎

銀行にお金をおろしに行くと、その銀行グループで使えるキャッシュカードで個を特定し、残金に応じたお金をおろすことが出来ます。クレジットカードも同様で、かつてはサインを求めていましたが、いまは、暗証番号で与信を調べ、不都合がなければ製品(あ...

続きを読む

リストを集める方法《3》

リストを集める方法《3》

ちょっと読む
さぼ郎

売上は、顧客がいないことには上がらないことは自明です。売上を上げるために「営業の人を雇う」「広告をする」「キャンペーン」「イベント」「テレコール」「DM」「ポスティング」等々、戦略を立て、戦術を実施していくことになります。広告といっても...

続きを読む

2016年9月のクリック状況

2016年9月のクリック状況

ちょっと読む
さぼ郎

さて、9月も終わり、秋に突入しています。10月になると北海道では初雪だとか。日本は広いです。9月末から10月頭に仙台から札幌に行く用事がありました。札幌の人口は全国で5位なんだそうです。小樽から札幌へひいた鉄道が全国で3番目だったと...

続きを読む

不思議な数字

不思議な数字

ちょっと読む
さぼ郎

小池さんが都知事になったことで、不思議な数のことを考えるきっかけが出来ました。特に大きな数字になると、見当がつかなくなりますが、小池さんは「問題提起」と言うかたちで、およそ縁のない巨額な金額の使い方について都民に考える機会を与えてくれた...

続きを読む

リストを集める方法《2》

リストを集める方法《2》

ちょっと読む
さぼ郎

リスト(名簿)の整備と収集が必要になります。リストの種類分けまず、「カスタマーリスト」を3つのグループに分けます。「顧客リスト」既に売上があった顧客。原則とすると、過去1年間に売上があることをめどにするほうがいいかもしれませんが、顧客の...

続きを読む

リストを集める方法《1》

リストを集める方法《1》

ちょっと読む
さぼ郎

戦略について、ちょっと考えることがありました。ので、リストについての話の前に少々。まずは、株価。下に向いている「青い線」は、海外投資家が売り越しているという線です。1月からではざっと6兆円のお金が逃げています。「赤い線」と「橙色の線」は...

続きを読む

仙台と札幌の旅《その3》

仙台と札幌の旅《その3》

ちょっと読む
さぼ郎

ということで、サッポロファクトリーをうろついていたわけですが、「そうだ、余市に行こう!」と思いつき、時刻を見たら12時ジャストに小樽へ行く列車が出るので、大慌てで札幌駅に行き、小樽へ向かう車中の人となりました。小樽についたのが12時39...

続きを読む

仙台と札幌の旅《その2》

仙台と札幌の旅《その2》

ちょっと読む
さぼ郎

千歳についたのが22時で、それから札幌に入り、地下鉄で2個めの駅から徒歩数分のアパホテルに連泊しました。ホテルが空いていたのかシングルの価格でダブルの部屋だったので、ちょっと得した感じです。9月30日の札幌は結構寒かったのですが、ダブル...

続きを読む

仙台と札幌の旅《その1》

仙台と札幌の旅《その1》

ちょっと読む
さぼ郎

ちょっと用事ができて、仙台と札幌に行ってきました。仙台は、その昔に住んでいたことがありまして、土地勘はありました。といっても、仙台に市電が走っていた頃のことで、随分前のことです。1926(大正15)年から1976(昭和51)年まで運転し...

続きを読む

FinTechに時代がやってくる

FinTechに時代がやってくる

ちょっと読む
さぼ郎

FinTechは欧米では、かなりの勢いのようです。ルイス・フロイスが指摘しているように「他国の国民とも、いかにすれば順応しないかを故意に研究したかと思われるばかりである」といわれる日本人ですが、FinTechに関しましても、同様に周りを...

続きを読む

梅毒感染者急増中

梅毒感染者急増中

ちょっと読む
さぼ郎

フロイスの覚書にあった「ヨコネ」を調べてみました。画像のもとにリンク ↑どうも、当時「横根」と言った病気は、中国では「黴毒」といい、いま、普通に「梅毒」として認識される、性病のことのようです。なぜ、「黴」が「梅」になったかはわからな...

続きを読む

ルイス・フロイスの見た日本

ルイス・フロイスの見た日本

ちょっと読む
さぼ郎

「フロイスの日本覚書」は、1983年に松田毅一さんが書いた中公新書です。フロイスについて簡単に説明すると、1532年にリスボンで生まれ、1548年16歳でイエズス会に入会し、インドのゴアに赴き、そこでフランシスコ・ザビエルに出会う。15...

続きを読む

「拷問と刑罰の歴史」という本がありました

「拷問と刑罰の歴史」という本がありました

ちょっと読む
さぼ郎

日経サイエンス9月号に「痒みの科学」という記事があったので読んでみましたが、とってもつまらないので呆れてしまいました。端的に表現すると、「科学を装った駄文」という感じで、こんな記事を掲載してまで雑誌を発刊する必要があるのか不思議に思いま...

続きを読む

ディープラーニングが爆発中!

ディープラーニングが爆発中!

ちょっと読む
さぼ郎

日経サイエンスの2016年9月号の特集は「人工知能」ということになっています。この雑誌は判型がA4なんですが、それを3段組にして文字を詰め込んでいるので、ともかく読みにくいのです。そこで、A4をA3に拡大コピーして読んでいます。文字量が...

続きを読む

要素還元的アプローチの限界

要素還元的アプローチの限界

ちょっと読む
さぼ郎

「要素還元的アプローチでは無理がある」というのは、武部貴則さん。彼はiPS細胞から臓器を作る研究のパイオニア。肝臓の立体組織を自律的に作ることに成功して一躍トップ研究者として名を馳せています。横浜市立大学にリンク ↑臨床医を目指していた...

続きを読む

石橋を叩いて渡たること

石橋を叩いて渡たること

ちょっと読む
さぼ郎

今朝届いたメルマガに「石橋は壊れる前に渡れ」というのがありました。慎重なことは悪いことではないものの、いくら綿密な計画を立てたとしても、自らの要素でないところで、計画は変わってしまうことは珍しくありません。よって、他の要素が多分に有るよ...

続きを読む

魔法の「お薬」

魔法の「お薬」

ちょっと読む
さぼ郎

今年の春に友人が亡くなりました。彼は、2014年の暮にステージIVの肝臓がんであることが発覚して、それから闘病生活に入りました。発覚から約1年半の戦いの中で、その間の手記を書いてもらっています。「がん告知」の記事にリンク ↑たまたま、今...

続きを読む

国歌考

国歌考

ちょっと読む
さぼ郎

アメリカ国歌-The Star-Spangled Banner1.おお、見えるだろうか、夜明けの薄明かりの中我々は誇り高く声高に叫ぶ危難の中、城壁の上に雄々しく翻(ひるがえ)る太き縞に輝く星々を我々は目にした砲弾が赤く光を放ち宙で炸裂す...

続きを読む

ネットに見るいくつかの記事

ネットに見るいくつかの記事

ちょっと読む
さぼ郎

谷口ジローさんと関川夏央さんの「『坊っちゃん』の時代」というマンガを予約したのが図書館に届いたというメールを貰ったので図書館に行ったら、日本経済新聞出版社から「フィンテック」という新書が新刊コーナーに置かれていたので、こちらも借りてきま...

続きを読む

三浦按針の話《10》

三浦按針の話《10》

ちょっと読む
hiroshi

按針塚のある逸見は、日本で唯一外国人・按針が領主として治めていた歴史上重要な町です。按針の屋敷は、『新編相模国風土記稿』に「村の中程浄土寺の南にあり」と記されています。史料「相中留恩記略」(安針屋敷が記載されている)浄土寺(按針の菩提寺...

続きを読む

2016年8月のクリック状況

2016年8月のクリック状況

ちょっと読む
さぼ郎

灼熱の8月も過ぎ、オリンピックの喧騒がずい分昔の事だったような気もします。とはいえ、いまはパラリンピックが開催されていて、毎日、大きな感動を放映しています。そういえば、毎日送ってくるメルマガにいいことが書かれていました。商売で成功す...

続きを読む

ビザンチン将軍問題と仮想通貨

ビザンチン将軍問題と仮想通貨

ちょっと読む
さぼ郎

仮想通貨というと「ビットコイン」というくらい、ビットコインは有名になりました。どのように受け取られているのは不明ですが、大方は「ちょっと、怪しい」くらいじゃないでしょうか。そもそも通貨が「仮想」だなんて、ふざけるな という感じ方もありそ...

続きを読む

江戸の思想史からシェークスピア

江戸の思想史からシェークスピア

ちょっと読む
さぼ郎

昨日の午後は読書会に参加してきました。ワタシが選定した書籍は「江戸の思想史」という本です。というのは、前回の発表に本居宣長の「うひやまぶみ」を使用したのですが、その時、図書館から借りていたのが「江戸の思想史」だったのですが、それを次回、...

続きを読む

経済を見る視点《04》

経済を見る視点《04》

ちょっと読む
さぼ郎

経済成長とは、単純にGDPが増えることを意味するのだそうです。で、その増加率を「経済成長率」というわけです。景気の動きを見るためには、主に支出面から見たGDP成長率を使うのだそうです。そのためには国内需要に輸出を加え、そこから輸入を差し...

続きを読む

たくさんある学説と事実の関係

たくさんある学説と事実の関係

ちょっと読む
さぼ郎

たまたま、Huffingtonの記事を見ていたら「猿人『ルーシー』の300万年前の死因が明らかに」というタイトルを見つけたので読んでみました。Huffingtonの記事にリンク ↑ようは「木から落ちたので原因で死んだ」という説を何処かの...

続きを読む

有期刑の上限について

有期刑の上限について

ちょっと読む
さぼ郎

刑罰に有期刑と無期刑というのがあって、裁判所や検事の判断によって、求刑され、判決において様々な状況を斟酌して刑罰が確定するわけです。有期刑については、第十二条  懲役は、無期及び有期とし、有期懲役は、一月以上二十年以下とする。とされてい...

続きを読む

「あかつき」の成功と自分の役割

「あかつき」の成功と自分の役割

ちょっと読む
さぼ郎

昨日(2016/8/28)、ネットの入ースを見ていたら、「あかつき」の記事があったので、直近のニュースや記事などを調べてみました。産経新聞の記事にリンク ↑この記事は、たまたま昨日見つけたのですが、2016年5月30日の記事でした。そこ...

続きを読む

二世、あるいは世襲

二世、あるいは世襲

ちょっと読む
さぼ郎

親の産んだ子供を普通は「二世」とは言いいません。歌舞伎のような、一族で「相伝」していくような技芸なども、「二世」とは言わないですよね。「世襲」するのが前提ですから。初代から始まって二代目、三代目と続きます。ちなみに今の海老蔵は十一代目で...

続きを読む

江戸博物館見聞録

江戸博物館見聞録

ちょっと読む
さぼ郎

きのうは、仲間内で江戸博物館を見物してきました。特設は、「妖怪」をやっています。妖怪と言っても、主としては江戸時代の浮世絵が中心です。思いの外盛況で、なかなかショーケースに近寄れませんでした。「九相図」というカテゴリが有るらしく、wik...

続きを読む

経済を見る視点《03》

経済を見る視点《03》

ちょっと読む
さぼ郎

「CPU」と「GPU」には違いがあります。同様に「GDP」と「GNP」にも違いがあります。ローマ字にすれば1文字の違いですが、意味には違いがかなりあるようです。GDP(Gross Domestic Product)=“国内”総生産GNP...

続きを読む

GPUとCPUの違い

GPUとCPUの違い

ちょっと読む
さぼ郎

最近のスーパーコンピュータの話で必ず出てくるのが「GPUの並列処理」というフレーズです。コンピュータの頭脳は「CPU」というのが通例で、人間においても頭のいい人を「CPUが違うね」なんて褒めたりしますが、スーパーコンピュータの頭脳は「C...

続きを読む

経済を見る視点《02》

経済を見る視点《02》

ちょっと読む
さぼ郎

日本経済を考える場合に、(1)物事を整理する(2)経済のメカニズムを理解する(3)データを確認する(4)常識が変わるという視点を持つことが必要なようです。(1)物事を整理する「時間軸で考える」、「国内問題か国際問題かで考える」、「需要・...

続きを読む

経済を見る視点《01》

経済を見る視点《01》

ちょっと読む
さぼ郎

何を学ぶにしても基本があるのだと思います。ここのところ、幾つかのセミナー等に参加して、それがどれだけ役に立っているか(つまり、お金が稼げたか)を顧みても、ほとんど実感がありません。「絶対儲かります」式の表紙のタイトルには、すぐにでも儲か...

続きを読む

フィンテックという「金融維新」

フィンテックという「金融維新」

ちょっと読む
さぼ郎

驚くべき「フィンテック」。ただし、アメリカでの話。いずれ日本にやってくるのか、はたまた、日本だけ鎖国して金融業界を守るのか。それは、金融業界の自民党への献金で決まりそうです。デジタルウォレットペイパルはスマホを使ってキャッシュレス・カー...

続きを読む

社会人の教養って?

社会人の教養って?

ちょっと読む
さぼ郎

たまたまネットのニュースを見ていたら、生徒募集のサイトにリンク ↑という宣伝を見つけました。確か以前にも、似たようなのがあったと思います。「教養」というのは、何なのでしょうか?「学ぶ」目的は、何なのでしょうか?今ひとつ、ピンときません。...

続きを読む

STAP細胞はあったのか?

STAP細胞はあったのか?

ちょっと読む
さぼ郎

iMuSCs(『損傷誘導性の筋肉由来幹様細胞』)と名付けた細胞の論文が2015年11月に英国の科学雑誌に掲載されたそうです。マウスの骨格筋肉の細胞が怪我の外的刺激によって初期化の変化が見られ、それを単離して培養したところ、細胞が多能性を...

続きを読む

スポーツと芸能における才能と出会い

スポーツと芸能における才能と出会い

ちょっと読む
さぼ郎

「イチロー3000本安打に元同僚 ジータの手紙に全米が涙」というかなり怪しいYouTubeの動画を見つけました。その手紙の記事を探そうとしても、この動画しか見つからないので「手紙」自体の真偽の程は分かりません。が、出来も悪く無いので少し...

続きを読む

いまさらのFinTechを紐解く

いまさらのFinTechを紐解く

ちょっと読む
さぼ郎

Wikiによると、Fintech(フィンテック、FinTech、Financial technology)とは、情報技術(IT)を駆使して金融サービスを生み出したり、見直したりする動きのことである。 とまぁ、結構包括的な定義で、何...

続きを読む

グリンパティック系という脳の掃除屋さん

グリンパティック系という脳の掃除屋さん

ちょっと読む
さぼ郎

日経サイエンス2016年7月号の記事です。ということは、先月手元に来た号の記事で、後で読もうと思ってコピーして置いた記事を今日になって読みだして、とても面白いのでまとめてみることにしました。脳は体全体の20~25%のエネルギーを消費して...

続きを読む

グラフィック・ファシリテーション

グラフィック・ファシリテーション

ちょっと読む
さぼ郎

イチロー選手のヒットの場所を色分けしたそうです。紫がシングルヒット、黄色が二塁打、黒が三塁打、で赤がホームランだそうです。ホームランは全てライト方向ですが、2塁打、3塁打は結構左右に散ります。圧巻なのが内野安打。しかもピッチャー前もかな...

続きを読む

2016年7月のクリック状況

2016年7月のクリック状況

ちょっと読む
さぼ郎

赤々とした太陽が眩しい夏が来ました。7月のレビューをするということは今は8月ということです。8月になると甲子園では野球が始まっていますし、リオではオリンピックです。それとは別にイチローが大リーグ3,000本安打を達成しました。たまた...

続きを読む

荒川大橋【熊谷通信No.6】

荒川大橋【熊谷通信No.6】

ちょっと読む
kenji

前回に引き続き荒川のお話です。荒川という名前からも、この川はかつて、非常に荒れ狂う流れだったことが分かります。橋をかけても、台風などで川が氾濫すると、流されてしまったことも少なくなかったようです。川の両岸を行き来することは、人、物資の移...

続きを読む

人工知能と医療や車の運転

人工知能と医療や車の運転

ちょっと読む
さぼ郎

自動運転とは「人間の運転なしで自動で走行できる自動車」のことで、「レーダー、LIDAR、GPS、カメラで周囲の環境を認識して、行き先を指定するだけで自律的に走行」することが目指されています。「一般人が公道で走行できる自動運転車はジュネー...

続きを読む

知事選という戦いが済んで日はまた昇る

知事選という戦いが済んで日はまた昇る

ちょっと読む
さぼ郎

「9時半からの都議による出迎えセレモニーはなくなりました。副知事などの行政サイドのみで行います」「...なぜですか??」「他の会派の先生がすべて参加されないとのことですので、行政主体のイベントになりました」初登庁の小池都知事に対する自民...

続きを読む

PDCAではなくOODAだとか

PDCAではなくOODAだとか

ちょっと読む
さぼ郎

何にしても、バズワードを見つけてきて、さも、もっともらしい理屈をつけるのがコンサルタントなどの仕事のようです。たまたま見つけた「OODA」ですが、「OODA」でなければ競争に勝てない というくらいの言い方で記事になっています。「PDCA...

続きを読む

翻訳手助けOffice三銃士

翻訳手助けOffice三銃士

ちょっと読む
さぼ郎

翻訳手助けOffice三銃士パワポマンから始まって、途中、イラストレータ、インデザインに寄り道しましたが、Windwsの王道である「ワード」「エクセル」「パワーポイント」に到達いたしました。「イラストレータ」「インデザイン」は、MACで...

続きを読む

サイボーズに行ってきました

サイボーズに行ってきました

ちょっと読む
さぼ郎

サイボーズの「Kintone」について聞きたいことがあって、ネットで調べたのですが、なかなか要領を得なくて、たまたまサイボーズの営業を知っているというヒトがいたので、そんな縁からアポを取ってもらいました。東京日本橋ビル7Fのロビー階ここ...

続きを読む

血流の不足 

血流の不足 

ちょっと読む
さぼ郎

今から思えば7月9日の土曜のことだったと思います。朝。道を歩いていて船酔いしているような感覚で、なんだか視界が定まらないように気分になりました。翌、日曜も同様の感じでフワフワしている感じが止まりませんでした。同時に、首や肩が凝って痛みが...

続きを読む

ビジネス本の効用

ビジネス本の効用

ちょっと読む
さぼ郎

この2月に前年、有料・無料のセミナーを受けた概要を伝達する会を開きました。その後も、幾つかの有料・無料のセミナーを受けたり、ビジネス本と称するカテゴリの成功本など買ったり、図書館から借りたりして読んでいます。伝達研修の記事にリンク ↑と...

続きを読む

無差別智という理性界の、その先

無差別智という理性界の、その先

ちょっと読む
さぼ郎

宮本輝さんは「流転の海」第八部「長流の畔」の後書きで「疲れ果てて倒れこんでしまうとき」そこで出会うのは毒虫かスミレかという選択があって、それは運命ではなく意思であるとしていますが、出会うのではなく、自らの意思以前の力によって、変化(へん...

続きを読む

二者択一、三者択一という「選択」

二者択一、三者択一という「選択」

ちょっと読む
さぼ郎

■あなたはどっち派?1971&1955 食べ比べツイートキャンペーンキャンペーンのページにリンク ↑現在マクドナルドで実施されているキャンペーンが有るのだそうです。それをマーケッターの松本剛徹さんのメルマガで、これを題材にして色々教えて...

続きを読む

長流の畔

長流の畔

ちょっと読む
さぼ郎

宮本輝さんの「流転の海」第八部「長流の畔」を読み終わりました。買えばいいのですが、単行本はあまり買いたくありません。そこで図書館に来る前に予約を入れておいたので、ほぼ、一番で手元に来ました。台東区には4冊有るようで、予約待ちが現在12人...

続きを読む

手書きとパソコンによるノートの違い

手書きとパソコンによるノートの違い

ちょっと読む
さぼ郎

「学生諸君、講義中はノートPCの使用を禁ずる」という記事がありました。ウォール・ストリート・ジャーナルの記事にリンク ↑ノートパソコンでノートをとっている学生たちは手書きでノートをとっている学生より成績が悪い傾向にあることが、2014年...

続きを読む

広告というスパム

広告というスパム

ちょっと読む
さぼ郎

web広告は、破綻している部分があると思います。大橋巨泉さんの訃報を取り上げようとするのではなく、右にある「ホワイトボード」と「翻訳関連」の広告についてです。ホワイトボードは必要があってネットで探して、買いました。買ったのだから宣伝は不...

続きを読む

営業活動ポイント制度導入

営業活動ポイント制度導入

ちょっと読む
さぼ郎

大坪勇二さん著の「月収1万倍仕事術」から営業活動ポイント記録カードを作りました。この中で、「16分割スケジュール」「1日20ポイント獲得シート」「右肩上がりマップ」「キラートーク大辞典」などが紹介されています。大坪さんは、毎日20ポイン...

続きを読む

マニュアルをDITAにする理由

マニュアルをDITAにする理由

ちょっと読む
さぼ郎

DITAという規格があって、「ドキュメントを真の経営資源にするための国際規格」ということになっています。国際規格だから偉いというわけではなく、目的があります。マニュアル制作の費用が莫大であることグローバル展開において翻訳費用が莫大である...

続きを読む

カスリーン台風と荒川決壊【熊谷通信No.5】

カスリーン台風と荒川決壊【熊谷通信No.5】

ちょっと読む
kenji

お久しぶりです。実は「あけましておめでとうございます」なのです。2016年の最初の通信となります。荒川の土手をジョギングをしていると、こんな石碑と説明のボードが目に入ります。自分もこのコースを走るようになるまでまったく知らなかったのです...

続きを読む

うひ山ぶみ

うひ山ぶみ

ちょっと読む
さぼ郎

「うひ山ぶみ」を読みました。書いたのは本居宣長。人類全てが「まことの道」を学ぶ必要があり、「まことの道」の正体を日本にのみ伝わる「天照大神の道」であると説く。その上で神道・有職・国史・和歌などの学問の道がそれを知るために必要であると...

続きを読む

DITAというマニュアルの構造化

DITAというマニュアルの構造化

ちょっと読む
さぼ郎

構造化文書というとSGMLを想い出します。SGML(Standard Generalized Markup Language)の略だそうで、ようは構造化した文書を意味するテキストデータで、マークアップというタグで意味付けをしたものです。...

続きを読む

神武天皇と憲法についてちょっと考える

神武天皇と憲法についてちょっと考える

ちょっと読む
さぼ郎

神奈川選挙区で当選した三原じゅん子参議院議員wiki「神武天皇」にリンク ↑神武天皇の建国のそのときからの歴史というもの、全てを受け入れた憲法を作りたいとコメントしたことに対して池上彰さんが、どういう意味なんでしょうか。明治憲法の方が良...

続きを読む

読書のやり方を変えました

読書のやり方を変えました

ちょっと読む
さぼ郎

2016年7月11日のモーニングサテライト。ゲストの堀古英司によると、結構すっきりわかりました。日米実質金利差とドル/円は密接な関係を持っているのだそうです。上のグラフを見ると2015年から16年にかけて円安が過剰に進んでいることが...

続きを読む

選挙でアベノミクスの評価が判明する

選挙でアベノミクスの評価が判明する

ちょっと読む
さぼ郎

4万6千日。中でも7月10日の功徳は千日分と最も多く、「千日詣」と呼ばれていましたが、浅草寺では享保年間(1716~36)ごろより「四万六千日」と呼ばれるようになり、そのご利益は46,000日分(約126年分)に相当するなんだかよく...

続きを読む

2016年6月のクリック状況

2016年6月のクリック状況

ちょっと読む
さぼ郎

6月が終わりました。7月です。学生なら、あと少し頑張れば夏休みです。考えてみれば、小学生の頃は夏休みになればイトコのうちに行って「もう帰れば」と言われるまで居続けました。だから、いまも、イトコ(オジさんオバさん含む)というと、特別の感慨...

続きを読む

グループウェア再考と広告ブロック

グループウェア再考と広告ブロック

ちょっと読む
さぼ郎

たまたま、最近、グループウェアなどを調べていると、俄然、グループウェアの宣伝が目につくようになります。何か検索すると、それに関連する商品の宣伝が、あっちこっちに展開されます。こんな感じです。うっかり検索すると、大変なことになってしまいま...

続きを読む

株価で見る年後半の景気見通し

株価で見る年後半の景気見通し

ちょっと読む
さぼ郎

2016年7月1日のモーニングサテライトでやっていた年後半の株価の見通しです。三菱UFJモルガン・スタンレーの藤戸則弘氏とニッセイ基礎研究所の井出真吾氏。株高予想が藤戸さんで株安予想が井出さんになります。ブレグジットによる株安は一巡した...

続きを読む

為替で見る年後半の景気見通し

為替で見る年後半の景気見通し

ちょっと読む
さぼ郎

2016年6月30日と7月1日の二日にわたって、年後半の景気見通しをそれぞれの専門家が見解を述べています。ここに記録しておけば、年末になった時に誰の見通しが正しかったのかの指標になると思います。為替見立ては、三菱東京UFJ銀行の内田稔氏...

続きを読む

「もののあはれ」から考える日本人と「やまと魂」

「もののあはれ」から考える日本人と「やまと魂」

ちょっと読む
さぼ郎

いつの写真か知りませんが3.11以前の写真です。というのは、先っぽのタマコロが2個ついています。3.11で一番上のタマコロが落ちてしまって、そのままでした。2016年7月3日の写真では、先っぽのタマコロが1個になっています。いま、清水建...

続きを読む

構造化文書とマニュアルと多言語化

構造化文書とマニュアルと多言語化

ちょっと読む
さぼ郎

昨日、某社にアンテナハウスのプレゼンが有るということで、モグリで参加してきました。アンテナハウスにリンク ↑アンテナハウスというと、「PDF関連」と「XML関連」の商品群が有名で、なかでも「XMLのフォーマッタ」では世界的企業です。ちな...

続きを読む

クラウドという開発スタイルの展望など

クラウドという開発スタイルの展望など

ちょっと読む
さぼ郎

グループウェアとは、コンピュータネットワークを活用した情報共有のためのシステムソフトウェアである。ネットワークに接続されたユーザー同士で情報の交換や共有、またスケジュール管理等の業務に利用される様々な機能を通じて、業務の効率化を目指した...

続きを読む

イノベーションと株価

イノベーションと株価

ちょっと読む
さぼ郎

2016年6月24日のモーニングサテライトで、面白いグラフが使われていました。アメリカ企業上位30者は、2007年から52%売上を伸ばしているのに対して、日本企業は17%しか業績を伸ばせていない。アメリカ企業は状況に左右されずに「イ...

続きを読む

トンボと秋津洲と菊花紋

トンボと秋津洲と菊花紋

ちょっと読む
さぼ郎

2か所でトンボを観ました。かなりカメラを近くまでもっていっても逃げません。彼らの複眼にワタシはどのように映っていたのでしょうか。見えていないということは絶対ないと思います。トンボは「蜻蛉」と書き、「カゲロウ」とも読みます。トンボがSEX...

続きを読む

アベノミクスは経済のオワリか

アベノミクスは経済のオワリか

ちょっと読む
さぼ郎

宮本輝さんの「流転の海」第八巻が発売になるようです。「長流の畔」というのだそうですが、なんて読むのでしょうか?「ちょうるのあぜ」でしょうか? 誰か知っていたら教えて下さい。単行本は重いので文庫本になったら買って読みます。とりあえず、図書...

続きを読む

本日、無料セミナーでお勉強したこと

本日、無料セミナーでお勉強したこと

ちょっと読む
さぼ郎

今日は、無料セミナーで「億ゴエ」を勉強しました。自分の商売で「億ゴエ」にするためには、12ものステップがあるのだそうです。逆を言うと、億を超える商いをしているヒトは、結果として、この12ステップが完備しているとのことでもあります。新し商...

続きを読む

脱常識により人と違う視点を獲得する

脱常識により人と違う視点を獲得する

ちょっと読む
さぼ郎

キーワードは「デコード」だそうです。符号化(エンコード)されたデータを元の状態に戻す(復元、復号)すること。たとえば、圧縮されたデータの解凍(復元)、暗号化されたファイルの解読(復号)、デジタル変換された音声データをD/Aコンバーターを...

続きを読む

戦争犯罪に見るドイツと日本の違い

戦争犯罪に見るドイツと日本の違い

ちょっと読む
さぼ郎

「顔のないヒトラーたち」という映画を観ました。ようするに正義に燃える若い検事が、戦後のドイツでナチス党員の行った悪逆非道な行いを摘発し裁くという映画です。映画.comにリンク ↑原題は「Im Labyrinth des Schweige...

続きを読む

「2030年の経済地図」というセミナーで勉強してきました

「2030年の経済地図」というセミナーで勉強してきました

ちょっと読む
さぼ郎

2016年6月18日 天気は快晴なんとかいう会社が主催で、そこの基調講演なのだそうです。料金は3千円。50名が定員とのことでしたが、右列が7人がけで7列、左列が5人掛けで7列。推定9割は埋まっていたと思うので約75人程度が参加していまし...

続きを読む

荻生徂徠と本居宣長

荻生徂徠と本居宣長

ちょっと読む
さぼ郎

荻生徂徠 満61歳 将軍は家綱時代に誕生寛文6年2月16日(1666年3月21日)生誕享保13年1月19日(1728年2月28日)死去本居宣長 満71歳 将軍は吉宗時代に誕生享保15年5月7日(1730年6月21日)生誕享和元年9月29...

続きを読む

「クラウド」システムという開発基盤について考える

「クラウド」システムという開発基盤について考える

ちょっと読む
さぼ郎

「クラウド」と、通常使っているwebサーバーの違いを明確にしましょう。通常、webサーバーに置かれているのはデータベースとその処理系になると思います。通称NIST(米国商務省配下にある国立標準技術研究所)の定義によると、「クラウド・コン...

続きを読む

無料セミナーで勉強しています

無料セミナーで勉強しています

ちょっと読む
さぼ郎

最近、その手のめるまがを申し込んでいるせいか、やたらと無料セミナーの案内が来ます。増田塾直近では「増田塾」を受講しました。増田塾は主として店舗経営者向けのコンサルタントのようです。動画セミナーなのですが、増田塾の塾生を増田さんが訪問して...

続きを読む

「ドリームホーム」といえば「夢の我が家」

「ドリームホーム」といえば「夢の我が家」

ちょっと読む
さぼ郎

またまた、TSUTAYAでDVDを借りてきました。「ドリームホーム」という映画で、中身は知らないけれどゴールデングローブ賞にノミネートされたとかいうので、面白いかと思って借りてきました。「ドリームホーム」にリンク ↑日本とアメリカでは住...

続きを読む

「黄金のアデーレ」にみるユダヤ人迫害

「黄金のアデーレ」にみるユダヤ人迫害

ちょっと読む
さぼ郎

DVDで「黄金のアデーレ」を観ました。主演がヘレン・ミレンで、脇がライアン・レイノルズという役者さんでした。「黄金のアデーレ」にリンク ↑役者をみただけで、あらすじの方向はおおよそ見当がついてしまいます。粗筋は、マリア・アルトマンという...

続きを読む

「閑話休題」というほどの本題もないけど

「閑話休題」というほどの本題もないけど

ちょっと読む
さぼ郎

昨日からの続き。第六天神魔縁。仏教用語で、障魔となる縁(三障四魔)のこと。特に四魔の中の天魔王波旬(はじゅん)を指す。第六天とは仏教における天のうち、欲界の六欲天の最高位(下から第六位)にある他化自在天をいう とか。しかし、日蓮によ...

続きを読む

クレジット残高と上杉鷹山

クレジット残高と上杉鷹山

ちょっと読む
さぼ郎

昨日、今日と賑やかだと思っていたら鳥越神社のお祭りだそうです。白雉2年(651年)、日本武尊を祀って白鳥神社と称したのに始まるとされ、前九年の役のおり源義家がこの地を訪れ鳥越大明神と改めたと伝えられていると、立て看板に書かれています。先...

続きを読む

100%なことって何があるだろう

100%なことって何があるだろう

ちょっと読む
さぼ郎

100%なことって何があるでしょうか。羽生君のフィギュア、白井君の床運動。野球では滅多に起きません。数学には「無限」というのがありますが、一応、「概念」ということになっています。ユークリッド空間で平行な線は無限遠で交差することになってい...

続きを読む

アベノミクスの成果とは

アベノミクスの成果とは

ちょっと読む
さぼ郎

たまたま、ネットでニュースを見ていたらアベノミクス関連の話題がいくつかあったので、それを取っリ上げてみます。ロイターの関連記事にリンク ↑アベノミクスの採点が37.7%の人が「30点未満」にしています。とはいえ、40.27%が「60~8...

続きを読む

植物学という学問

植物学という学問

ちょっと読む
さぼ郎

たまたま、図書館に行ったら「面白くて眠れなくなる植物学」という本を見つけて早速借りてきました。紅葉というと、綺麗ですが、なぜ葉が赤や黄色になるのかを考えたことがありませんでした。簡単にいうと、気温が下がると光合成をやめるので葉緑素がなく...

続きを読む

集客についての学び

集客についての学び

ちょっと読む
さぼ郎

浅草寺の五重塔です。なにや清水建設が工事しています。雷門の瓦が落ちたとかで雷門も工事しています。時を同じくして、同じ清水建設がやっているようですから、五重塔も瓦を補強するのでしょうか。ちなみに、相輪の先っぽにあるギボシが、いまは一つです...

続きを読む

ベーシックインカムと国民投票

ベーシックインカムと国民投票

ちょっと読む
さぼ郎

スイスで5日(2016年6月)、国民全員に一定額を毎月支給し、最低限の所得を保障する制度を導入すべきか問う国民投票が行われ、地元メディアによりますと、「反対が76.9%」で否決されたそうです。仕組みは国民全員ではなく「大人」に対して月額...

続きを読む

民主主義を考える

民主主義を考える

ちょっと読む
さぼ郎

昨日参加した読書会で、お仲間の一人の持参されたのが「間違いだらけの民主主義」という本でした。通常、民主主義と言われれば「意思決定は構成員の合意により行う体制・政体」をおおむね意味するように仕込まれてきました。小学校の時を思い出すと、1学...

続きを読む

2016年5月のクリック状況

2016年5月のクリック状況

ちょっと読む
さぼ郎

6月になりました。もう少しすると梅雨になるのでしょう。梅雨には梅雨の楽しみ方がありますが、出歩くのには若干不都合な時もあります。下の花は百合でしょうけれど、上の花は何なのでしょうか。メシベが、花のようになっています。生物は、とっても...

続きを読む

鼻水と鼻くそ

鼻水と鼻くそ

ちょっと読む
さぼ郎

今日から「青丹(#99ab4e)」という色に変えました。青丹よし 奈良の都は 咲く花のにほふがごとく 今盛りなりなぜ、「青丹」が奈良の枕詞になるのかは、興味あれば調べてみてください。「丹」が「土」だという説と、「青と丹」つまり「空の青と...

続きを読む

リソースの捉え方と対応

リソースの捉え方と対応

ちょっと読む
さぼ郎

「世界の経営学者はいま何を考えているのか」を読み終わり、再度見なおしています。なぜ、再度見なおしているかというと、今週末に「読書会」が有るのですが、そこで、自分が読んだ本として発表しなければならないからです。では、なぜ、「経営学者の考え...

続きを読む

日本人は集団主義的民族なのか

日本人は集団主義的民族なのか

ちょっと読む
さぼ郎

先週の土曜(2016.5.28)に「リスティング広告」について情報が欲しいという営業の人からコンタクトがありました。問い合わせてきた人は、2016年の2月23日に集客に関する伝達研修をしたのですが、その時に来てくれた人の一人なんです。で...

続きを読む

小泉八雲の「DIPLOMACY」と死のかけひき

小泉八雲の「DIPLOMACY」と死のかけひき

ちょっと読む
さぼ郎

「DIPLOMACY」とは「外交」のことで、他の訳には「かけひき」というのもあるようです。小泉八雲にリンク ↑小泉八雲が「DIPLOMACY」という題で小説を書いています。青空文庫で探してみましたが、ありませんでしたので、うろ覚えを適当...

続きを読む

雨月物語における怨念と上田秋成

雨月物語における怨念と上田秋成

ちょっと読む
さぼ郎

あふ坂の関守にゆるされてより、秋こし山の黄葉見過しがたく、浜千鳥の跡ふみつくる鳴海がた、不尽の高嶺の煙、浮島が原、清見が関、大磯小いその浦々、むらさき匂ふ武蔵野の原、塩竈の和ぎたる朝げしき、象潟の蜑(あま)が笘屋、佐野の舟梁、木曾の桟橋...

続きを読む

研究会という勉強会に参加してきました

研究会という勉強会に参加してきました

ちょっと読む
さぼ郎

「ビジネスシステムイニシアティブ協会」というところが開催している月例会に参加して来ました。研究会という名は付いているけれど、壇上に賢人が上がって、みんなで賢人の話を聞きます。話を聴き終わってからテーブルディスカッションをして質問をまとめ...

続きを読む

トートロジーという言葉

トートロジーという言葉

ちょっと読む
さぼ郎

「トートロジー(tautology)」ある事柄を述べるのに、同義語または類語または同語を反復させる修辞技法のこと。同義語反復、類語反復、同語反復等と訳される。というような説明になります。この話は実に含蓄のある話に展開します。入山章栄さん...

続きを読む

憲法改正とシマウマの檻

憲法改正とシマウマの檻

ちょっと読む
さぼ郎

シマウマの縞の役割は「ハエ」対策だったらしいという記事を見つけました。2014年の記事です。シマウマの縞を解説した記事にリンク ↑火付け役はダーウィンとウォレスだそうで、詳しくはそちらを調べてみてください。一般的には、シマシマが群れにな...

続きを読む

重力波って何がそんなに凄いの?

重力波って何がそんなに凄いの?

ちょっと読む
さぼ郎

日経サイエンス2016年5月号は「重力波」の特集です。GW150914「GW」はゴールデンウィークの略称とかではなく「Gravitational Wave」の略だそうです。日経サイエンスにはいつものように分かっていないことを分かった風に...

続きを読む

「HIS×東大美女図鑑」というセクハラになる企画

「HIS×東大美女図鑑」というセクハラになる企画

ちょっと読む
さぼ郎

ことの発端は、旅行会社のHISが「HIS×東大美女図鑑」というキャンペーンを行ったことに対して苦情が殺到したのだそうです。この企画の詳しい内容は知りませんが、ようはHISでの旅の最中を「東大美女」がアテンド(はべらせる)してくれるという...

続きを読む

お金の話

お金の話

ちょっと読む
さぼ郎

「お金の名言」が結構面白いと書かれたメルマガが来ました。そこで、ちょっと「お金の名言」を調べてみました。幸福はお金では買えないと言った人々は、どこで買えばいいか知らなかったのだ「幸福屋」みたいのがあればいいですね。価値観は多様だというこ...

続きを読む

2016年の予言と科学者の予測の合致は?

2016年の予言と科学者の予測の合致は?

ちょっと読む
さぼ郎

ジョセフ・ティテル氏の予言 6月後半には気温が上昇して深刻な干ばつが発生、湖水が枯れる湖も出てくる。 穀類が不作になり、コーヒー、オレンジ、卵、牛乳などの価格が高騰する...

続きを読む

消費マインド日米の違い

消費マインド日米の違い

ちょっと読む
さぼ郎

今朝のモーニンググサテライトで日米の消費マインドの違いを分かりやすいグラフで説明していました。アメリカは2012年からほぼヨコバイですが、日本では消費増税以降マインドは低下しており、2015年には若干プラスに転じたものの2016年に...

続きを読む

2016年4月のクリック状況

2016年4月のクリック状況

ちょっと読む
さぼ郎

浅草では三社祭が始まりました。本当は5月17、18日だったようですが、その後便宜的に第三金土日になったのだそうです。今年はサミットの警備と重なるとかで第二金土日に変更です。オバマ大統領が広島を訪問するということですが、これは大きな出...

続きを読む

大人の勉強はどうすれば身につくか

大人の勉強はどうすれば身につくか

ちょっと読む
さぼ郎

イギリスの小学1年生の算数の問題だそうです。「電車に何人か乗っています。最初の駅で19人が降りました。そして17人が乗ってきました。今、電車には63人います。では最初から電車に乗っていたのは何人でしょうか?」19人降りて17人乗ったのだ...

続きを読む

国民性を数値化すると結果はこうだった

国民性を数値化すると結果はこうだった

ちょっと読む
さぼ郎

日本人は集団主義である。アメリカ人は個人主義である。と、このように思っているわけです。で、グローバリズムの時代に、国民性を抜きに海外へ進出しても、ビジネスリスクになりうるわけで、それを数値化しようと言うことを考える学者は少なくありません...

続きを読む

朗読「にごりえ」への誘い

朗読「にごりえ」への誘い

ちょっと読む
さぼ郎

樋口一葉のにごりえの朗読会のご案内PDFをダウンロード来る5月14日。土曜日。16時からと19時からの二部制で「小河内仁美」さんの朗読があります。19時からの回が終わると、ちょっと遅いですが慰労会を予定しています。場所は柳橋の「ルーサイ...

続きを読む

翻訳手助け三銃士「インデマン」参上!!

翻訳手助け三銃士「インデマン」参上!!

ちょっと読む
さぼ郎

2016.10.30追記以下の記事は2016年5月の記事です。この時点では、JavaScriptでの対応で、MACでもWindowsでも動作するものでした。その後、ExcelのVBAで「パワポマン」「ワードマン」「エクセマン」のOf...

続きを読む

翻訳手助け三銃士「イラレマン」参上!!

翻訳手助け三銃士「イラレマン」参上!!

ちょっと読む
さぼ郎

イラストレータからテキストを取出し、翻訳したテキストを元に戻すような処理を作れないものかというお題を頂戴しました。Windowsで使えるツールはフリーソフトに有るようなのですが、MACでも使いたいという要望でした。そこで、イラストレ...

続きを読む

ストーリーと戦略

ストーリーと戦略

ちょっと読む
さぼ郎

チバニアン。ポケモンに出てくるキャラクターの名前のようですが地層の名前だなんだそうです。なんでも77万年前に、地球の磁場のS極とN極が入れ替わった時期の地層が養老渓谷にあるとかで、小湊鉄道なども盛り上げようとしています。イタリアと競...

続きを読む

プリンスが亡くなった日

プリンスが亡くなった日

ちょっと読む
さぼ郎

プリンスが亡くなった日という記事にリンク ↑YouTubeを取り込んでいましたが、著作権で引っかかったようで削除になったので消しました。ザンネンそして、ワードクラフトの5月のテーマカラーも「紫」になりました。本当は新緑薫る5月なので...

続きを読む

「にごりえ」は漢字で書くと「濁り江」

「にごりえ」は漢字で書くと「濁り江」

ちょっと読む
さぼ郎

にごり江の すまむことこそ 難からめいかでほのかに 影をだに見む返しすむことの かたかるべきに 濁り江のこひぢに影の ぬれぬべらなりはてさて、このやり取りの流れがわかるでしょうか。最初の歌は、「濁った川が澄むのは難しいけれど、その水面に...

続きを読む

アメリカにおける人種差別とその反省

アメリカにおける人種差別とその反省

ちょっと読む
さぼ郎

科学が発達し、人工衛星に人が乗り宇宙ステーションで生活しています。ノーベル賞というような、人類貢献に対する報奨もあるようです。2015年のデータでは、アメリカが受賞したノーベル賞の総数は345(wiki)です。ノーベル賞の総数は900(...

続きを読む

臨界というパワー

臨界というパワー

ちょっと読む
さぼ郎

「臨界」というと、原子炉を想起し、多くの日本人は福島の原子力発電所と結びつけて考えることでしょう。考えてみると、あの時の最高司令官が民主党の菅直人首相で、それが日本にとって、また福島にとって良かったのか悪かったのかは歴史にお任せする以外...

続きを読む

涙

ちょっと読む
さぼ郎

涙について記事と語りを期せず見つけました。記事にリンク ↑2013年に理化学研究所などが発表した論文によれば、人は涙を流すと様々なストレスやネガティブな気持ち・記憶が解消されるメカニズムが存在するそうです。理化学研究所の発表なら、もう少...

続きを読む

アルツハイマー病治療最前線

アルツハイマー病治療最前線

ちょっと読む
さぼ郎

アルツハイマー病は「アミロイドβ」と「タウ」というタンパク質によって脳神経細胞が死ぬのが原因だそうです。となると、「アミロイドβ」か「タウ」をどうにかすればアルツハイマー病をどうにかできそうです。国立長寿医療研究センターという機関がある...

続きを読む

「スパム」の語源

「スパム」の語源

ちょっと読む
さぼ郎

スパムの語源は、HomelFoods社の豚肉の缶詰の商標「SPAM」である。イギリスのコメディー香「Monty Python's Flying Circus(空飛ぶモンティ・パイソン)」で、レストランに入った夫婦が注文しようとすると「ス...

続きを読む

七日間で突然頭がよくなる本《7》

七日間で突然頭がよくなる本《7》

ちょっと読む
さぼ郎

さてさて、最終日です。これで突然頭が良くなるはずです。普遍化いつでもどこでも誰でも当てはまるようにすること抽象化する体裁を整える頭の良い人の言葉は印象に残るかっこいいものが多い具体性に欠ける話を抽象的というのではなく、余分なものを取り除...

続きを読む

石岡善光寺楼門

石岡善光寺楼門

ちょっと読む
さぼ郎

昔馴染みと笠間の知り合いを訪ねてきました。千葉の大網在住の友はまっすぐ北上し、「つくば」で待ち合わせをして合流しました。つくばから笠間に抜ける道すがらにあるのが「善光寺楼門」です。地図で見ると、このような感じ。楼門は国指定の重要文化財で...

続きを読む

「吾、唯、足るを知る」程に足りたことはない

「吾、唯、足るを知る」程に足りたことはない

ちょっと読む
さぼ郎

桜の動画だそうです。富士山も付いているから、いわば「日本」の風景と言えるのでしょう。音楽がちょっと、なにかな と思うところもありますが、ま、そういうことで、今年も桜が満開になり、そして散ったわけです。「和同開珎」みたいな植え込みがあって...

続きを読む

七日間で突然頭がよくなる本《6》

七日間で突然頭がよくなる本《6》

ちょっと読む
さぼ郎

論理的に話せない人は、頭の中が整理されていないから。そのためには物事をまとめることが必要具体的にはグループに分けて整理をし、文章としてのまとまりにしていく分類したものを似たもののまとまりを作り、ラベルを付けて統一していくラベルは代表的な...

続きを読む

耳に纏わる話

耳に纏わる話

ちょっと読む
ウッチー

耳にまつわる話①たまたま日曜日の深夜見たTVの番組タイトルに 「耳」 のワードが入っていた。NHK総合 「ショパンコンクール ピアノメーカーの競争 天才日本人調律師!百万人に1人の耳」夜中の1時すぎから見始めて、3時過ぎになっても終わら...

続きを読む

日経サイエンス2016年4月号

日経サイエンス2016年4月号

ちょっと読む
さぼ郎

日経サイエンス2016年4月号がやっと図書館から回ってきました。「人工知能が囲碁をマスターし最強と言われる韓国人棋士と対戦する」等と言っていますが、4月号が3月に行われる対局を云々しながら、なおかつ結果を知っていません。なぜなら、ネット...

続きを読む

七日間で突然頭がよくなる本《4・5》

七日間で突然頭がよくなる本《4・5》

ちょっと読む
さぼ郎

4日目頭の良い人は物事の本質をつかむために複数の側面から対象を眺める常識を疑ういろいろなやり方で一つのものを捉えてみる頭の良い人は常識を疑う力を持っている「幸福とは何か?」を考えてみる5日目対象となっている言葉を他の言葉に関連させて意味...

続きを読む

七日間で突然頭がよくなる本《3》

七日間で突然頭がよくなる本《3》

ちょっと読む
さぼ郎

10個の最重要な哲学の概念これが物事の本質を使う上でのカギとなる①カテゴリー(範疇)頭の良い人は頭の中がきれいに整理されている情報を瞬時に種類に分け階層化していくことができるカントやアリストテレスのカテゴリーを参考にする必要はなく、頭の...

続きを読む

七日間で突然頭がよくなる本《2》

七日間で突然頭がよくなる本《2》

ちょっと読む
さぼ郎

哲学は長い間、様々な人々から批判にさらされ、思索の対象となってきました。よって、それらの批判に耐えてきたいくつかの考え方を手っ取り早く身に着けることは、すなわち哲学を「真似ぶ」ことの近道になります。哲学に特化した知識を増やす為には、まず...

続きを読む

七日間で突然頭がよくなる本《1》

七日間で突然頭がよくなる本《1》

ちょっと読む
さぼ郎

哲学との出会いが、著者の頭を良くしてくれたのだそうです。で、その著者が七日間で突然頭を良くしてくれるという本が図書館にあるのを見つけたので、今日から読んでみます。いつの時代も頭の良い人が得をしてきました。時代が荒ぶれば、一時は腕力の時代...

続きを読む

赤ちゃんの言語能力

赤ちゃんの言語能力

ちょっと読む
さぼ郎

世界の言語には800の「音素」が有るのだそうです。この「音素」の中から必要なもので構成したのが各国の言語になります。科学者によると赤ん坊は生後6ヶ月から1年の間に「敏感期」という段階に入り、まず、母音を学ぶようです。母音が6ヶ月目くらい...

続きを読む

バカ、やろう

バカ、やろう

ちょっと読む
さぼ郎

北野武が最後に「バカ、やろう!」っていう日清の宣伝。キワモノで面白かったです。が、「ご不快な思いを感じさせる表現がありました」とのことで、引っ込めることになったようです。いつまで見られるか不明「ご不快な表現」というのが、どの部分だか不明...

続きを読む

セールスコピーには法則があるらしい

セールスコピーには法則があるらしい

ちょっと読む
さぼ郎

旧知が「ウェブセールスコピーの法則」という本をくれました。本人は貸したつもりかもしれませんが、こちらはもらったつもりで書き込みなどしまくっています。第二章まで読んだ感じは「なるほど」と合点がいくことも少なくなく、どのように実践していこう...

続きを読む

MADMEN シーズン6 最終話

MADMEN シーズン6 最終話

ちょっと読む
さぼ郎

ワタシの大好きなモノといえば、いまのところ宮本輝の「流転の海」と、この「MADMEN」です。MADMENはシーズン6の最終話をDVDで見ました。ちょっと圧倒されてしまいました。かいつまむと、ドン・ドレーパーの広告会社にサンキストがカルフ...

続きを読む

2016年3月のクリック状況

2016年3月のクリック状況

ちょっと読む
さぼ郎

3月が終わり桜が咲き、そして散りだしている今日この頃です。少し前の日経サイエンスに掲載された記事で「教育改革に挑む米国」というのを読みました。アメリカでは2002年に「落ちこぼれ防止法」という法律で3年生から8年生までの全員が毎年テスト...

続きを読む

上流と下流

上流と下流

ちょっと読む
さぼ郎

先週、打ち合わせがありました。打ち合わせの内容は、「文書管理」という手法をどのように市場に浸透させるかということについての、具体的には2回目の打ち合わせでした。官公庁では、おそらくどこでも「文書管理」をしているハズです。なぜなら、上級官...

続きを読む

インターネットの数的状況

インターネットの数的状況

ちょっと読む
さぼ郎

たまたま、本をもらったので読んでいましたら、「へぇ~」という記述があったので、ちょっと調べてみました。まず、ウェブサイトの数2012年時点で6億6290万件 だったものが 2014年で10億突破サイト当たり平均アクセス時間おそらく201...

続きを読む

当事者と第三者

当事者と第三者

ちょっと読む
さぼ郎

昨日、知人のお見舞いに行ってきました。家に帰ってきて少し思う所がありました。思い出せば、数少ない友人の中では一番長いつきあいになったと思う友を今から6年前に失いました。彼の場合は入院して1週間で、あっというまに死んでしまいました。彼の妹...

続きを読む

氏と姓について調べてみると色々分かったことがある

氏と姓について調べてみると色々分かったことがある

ちょっと読む
さぼ郎

「日本とは何か」というと、台東区には似た題材で3冊の本があります。アマゾンだと、もっと多くの本が有るようです。過日、自民党の証人として長谷部恭男さんが、解釈改憲の違法性を証言していましたが、この長谷部先生の本に「国家の統治機構を規定する...

続きを読む

YouTubeの表示画質とブラウザ など

YouTubeの表示画質とブラウザ など

ちょっと読む
さぼ郎

Camtasiaで作った画像をYouTubeに上げるために、今日は朝から「苦労判官」しています と言っても若い人には伝わりません。「九郎判官」は「義経」のことで、義経は八男だったので、本来なら「八郎判官」なはずですが、「八郎」には叔父さ...

続きを読む

タンス貯金と仮想通貨

タンス貯金と仮想通貨

ちょっと読む
さぼ郎

マイナス金利の影響からなのでしょうか、タンス預金が増えているようです。昨日のモーニングサテライトによりますと、市場に流通している現金が増えているようです。現金が市場に有るということは、一つには消費に回っていないことでも有るのだそうです。...

続きを読む

「ロボットの脅威」雑感

「ロボットの脅威」雑感

ちょっと読む
さぼ郎

図書館から「ロボットの脅威」という本を借りてきました。ノンブルがふってあるページだけでも400ページを超えています。価格2,400円で400ページを超える本を出版する意味があるのかは不明です。つまり、価格として2,400円しかつけられな...

続きを読む

伝法院庭園特別拝観と大絵馬寺宝展

伝法院庭園特別拝観と大絵馬寺宝展

ちょっと読む
さぼ郎

毎年やっているのは知っていましたが、ふと思いついて拝観してみました。拝観料は300円です。5月までやってるでよ!まず、絵馬。これは凄い! の一言につきます。江戸時代や明治の職人のワザを目の当たりにして圧倒されました。また、偽物が多い、谷...

続きを読む

ゴミメール

ゴミメール

ちょっと読む
さぼ郎

今朝、削除したメールの差出人一覧です。知っている人のメールは、フォルダーはいるようにしていますので、メールソフトのルートに着くメールは、基本的には知らない人か不要なメールということになります。不要なメールで、定期・不定期で送られてくるメ...

続きを読む

集客と販売支援

集客と販売支援

ちょっと読む
さぼ郎

2016年2月23日に伝達研修した内容を前提に、現在、物販の集客及び販売の支援に着手しています。集客の方法を、伝統的ですがDMを使用します。DMに封入するチラシも、テンプレート化してありますので、以降、使用するチラシのレイアウトは、ほぼ...

続きを読む

エンパシーライティングとフューチャーマッピング

エンパシーライティングとフューチャーマッピング

ちょっと読む
さぼ郎

図書館で神田昌典さんの「ストーリー思考」という本を借りてきました。次の予約が入っていたので期限通りに返却しました。サブタイトルでは「『フューチャーマッピング』で隠れた才能が目覚める」となっています。隠れた才能があれば、表に出てきてくれる...

続きを読む

学歴信仰という病巣

学歴信仰という病巣

ちょっと読む
さぼ郎

学歴詐称で、最近ニュースになっています。これが、国会議員の場合ですと公職選挙法で定める「虚偽事項の公表」に当たるのだそうで、場合によっては捜査の対象ともなり、直近では所属政党を除籍になり議員を辞職しています。「官僚」というと、東京大学に...

続きを読む

NHKの朝の連続ドラマを調べてみた

NHKの朝の連続ドラマを調べてみた

ちょっと読む
さぼ郎

いよいよ、台東区でも桜が咲き出しました。こうなると、もう春です。ということで、NHKの朝の連続ドラマを調べてみました。特に意図はありませんし、ほとんど朝ドラを見たことがありませんので、とやかく言う資格はありませんがご容赦ください。放映第...

続きを読む

プロジェクト・アリストテレス

プロジェクト・アリストテレス

ちょっと読む
さぼ郎

What Google Learned From Its Quest to Build the Perfect Team?社員の生産性を極限まで高めるには、どうすればいいのか?「プロジェクト・アリストテレス」の記事にリンク ↑...

続きを読む

難読駅名から早逝した偉人有名人ランキングなど

難読駅名から早逝した偉人有名人ランキングなど

ちょっと読む
さぼ郎

「飯給」 この地名はなんて読むかという問題です。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・答え:「いたぶ」というらしいのです。地名の由来は「飯給の由来は、壬申の乱に敗れた大友皇子に、この地に住む人たちがかくまって食事を差し上げたこと」...

続きを読む

23区のランキング

23区のランキング

ちょっと読む
さぼ郎

東洋経済オンラインに「その差歴然、ユニクロが多い路線・少ない路線」という記事がありました。結論を言うと、中央線と京王線とのこと。その他色々細かなことを調べています。人口で言うと、千代田区が一番少ないのだけれど、昼間は夜間人口の17.3倍...

続きを読む

感動動画をYouTubeから

感動動画をYouTubeから

ちょっと読む
さぼ郎

あなたならどうする?少年が寒空に薄着で凍えているノルウェーでの実験。「シリア難民の子供も、この少年のように寒さに震えているのだから、彼らに防寒具を送ろう」というメッセージが込められているらしい。自分ならどうするだろう。世界には寒さに...

続きを読む

電子書籍の利用度とか関心度について

電子書籍の利用度とか関心度について

ちょっと読む
さぼ郎

高橋貴子さんの「電子書籍で集客する」というセミナーを2016年2月7日の土曜日に受講してきて、その概要を伝達研修にてお伝えしました。また、そのセミナーにおいて「感動スマホ動画」の金澤月子さんを紹介してもらって3月9日に受講してきまし...

続きを読む

人工知能が囲碁世界トップ級棋士に勝利してしまった

人工知能が囲碁世界トップ級棋士に勝利してしまった

ちょっと読む
さぼ郎

ついに、人工知能が囲碁を制してしまった。2015年5月8日に7刷の「人工知能は人間を超えるか」という本が図書館からやっと届きました。そして、次の人が待っています。随分人気な本です。人工知能はチェス、将棋、クイズで世界チャンピオンを破り、...

続きを読む

マッドメン シーズン6

マッドメン シーズン6

ちょっと読む
さぼ郎

ドン:君にはわからないメーガン:わかるわ。あなたはお酒に逃げているのよ必要とされているときに、そんな父親でいいと思っているのドン:いや僕は子供を愛したと思ったことがない自分の子供が生まれれば、そのことを誇りに思って心から喜んでいるよ...

続きを読む

強い言葉で考えてみよう

強い言葉で考えてみよう

ちょっと読む
さぼ郎

たった1行で、とても言い当ててしまう言葉があります。昔でいうなら「おいしい生活」なんて、まさに強い言葉ですよね。1日のなかで、どれだけの情報をキャッチするかと思って列記してみました。テレビニュースや情報番組朝読んだ新聞ネットで見たニ...

続きを読む

「スマホで感動動画の作成」講座を受けてきた

「スマホで感動動画の作成」講座を受けてきた

ちょっと読む
さぼ郎

2016年3月9日、渋谷で「金澤月子」さんの「スマホで感動動画」講座を受講してきました。YouTubeの「金澤月子」にリンク ↑本当は、もっと若い感じでアグレッシブな方です。出席は5名。というか、5名が講座の最大参加人員だそうです。生徒...

続きを読む

三浦按針の話《9》

三浦按針の話《9》

ちょっと読む
hiroshi

京浜急行の逸見駅や安針塚駅を降り、20~30分歩いてひと汗かいたころ県立塚山公園に着きます。その中央に国の史跡「按針塚」があります。登り口には「大標石」がどんとそびえ“按針塚はここにあります”とアピールしています。階段を上ると右側にとて...

続きを読む

共通価値の創造

共通価値の創造

ちょっと読む
さぼ郎

先週の土曜に、1月31日に行ったイオスの後藤さんによる文書管理実務者向けセミナーの反省会を行いました。企業が抱える問題抽出のテクニシャンであるF氏も参加しました。F氏から耳新しい幾つかのキーワードを仕入れました。BOP「BPO」というの...

続きを読む

2016年2月のクリック状況

2016年2月のクリック状況

ちょっと読む
さぼ郎

寒い2月も終わって、やっと春という感じになりつつあります。一輪を 五つに分けて 梅散りぬ蕪村蔵前神社では、桜と梅が満開です。が、写真はビル陰でいつも日陰なので綺麗に取れません。グーグルのストリートビューで勘弁して下さい。お暇な方は本...

続きを読む

神田昌典というコンサルタント

神田昌典というコンサルタント

ちょっと読む
さぼ郎

過日の伝達研修で「神田昌典」さんの言わんとする所から我々でも行動できそうな抜粋の伝達を受けました。神田昌典さんの記事にリンク ↑ちなみに、現在、神田昌典さんの著書を図書館から3冊借りています。不変のマーケティング小予算で優良顧客をつかむ...

続きを読む

転職は転落の始まり

転職は転落の始まり

ちょっと読む
さぼ郎

リクナビNEXTのCMに込められた「一人ひとりに寄り添う」メッセージは、リクルートキャリアの精神そのものだった。というコピーの記事だけれど、一般的に言って転職は転落の始まりになることが多い。だから、一生勤め上げられる会社を選び、つま...

続きを読む

情報疲労時代の消費行動

情報疲労時代の消費行動

ちょっと読む
さぼ郎

メルマガで、野村総研の「情報疲労時代のマーケティングストーリー」というPDFの案内をもらいました。2013年7月30日の日付です。2001年を100とすると、ピークが2007年の101.7で2008、2009、2010と下がりだしていて...

続きを読む

攻撃力=営業×営業×商品

攻撃力=営業×営業×商品

ちょっと読む
さぼ郎

「1枚のはがきでお客様を感動させる本」というのを図書館から借りてきました。その中に面白いことが書かれていました。2004年の本です。道行く人に、「今何を考えていましたか?」と聞いたのだそうです。その結果、98%が自分に都合の良いことを考...

続きを読む

残留農薬と食の安全

残留農薬と食の安全

ちょっと読む
さぼ郎

昨日、小耳に挟んできたことで驚いたことがあります。農業で1ヘクタールあたりの農薬使用量は、日本が世界第三位なのだそうです。1位は、中国、2位が韓国。そして堂々の3位が日本なのだそうです。出展記事にリンク ↑北京オリンピックの時、選手の食...

続きを読む

シャープから見えるイノベーションのジレンマ

シャープから見えるイノベーションのジレンマ

ちょっと読む
さぼ郎

シャープがホンハイに買収される寸前です。その昔、シャープに「御中」としてCDのドライブが出始めの頃に、CDドライブを2つ装備しておけば、Disk1からDisk2への連続がスムーズになるし、ランダムにすれば2枚のディスクから選べるので と...

続きを読む

アメリカの近況と体感

アメリカの近況と体感

ちょっと読む
さぼ郎

2016年2月25日のモーニングサテライトでアメリカの姿を数字で示していました。アメリカの失業率がかなり改善されているようです。グラフを見る限り4.9%だそうです。これだと、ほぼ「完全雇用」状態とも言えそうです。しかし、現実には週30時...

続きを読む

久々のビッグサイト見物

久々のビッグサイト見物

ちょっと読む
さぼ郎

たまたま、案内をもらったので、久々でもあったのでビッグサイトへ行ってきました。今日も、でかく鎮座していました。もちろん、携行したのは「流転の海 第6巻 慈雨の音」です。あまり、公共の交通機関を利用することがないので、モノレールに乗ってい...

続きを読む

伝達研修をやりました

伝達研修をやりました

ちょっと読む
さぼ郎

2016年2月23日伝達研修を開催しました。当初、最大参加人員数を6人としておりましたが、8人も来ていただきました。来ていただいた人の中には、遥かに先を行っている人もいたと思いますし、目指す方向が異なる人もいたと思うのですが、「アピール...

続きを読む

いよいよ、本日、伝達研修です

いよいよ、本日、伝達研修です

ちょっと読む
さぼ郎

2月15日の「伝達研修」のメールを出しまして、1週間経ちました。いよいよ今日が研修の日です。だいたいが顔見知りで、体のいいオヤジの飲み会になりつつありますが、一生懸命やろうと思っています。「伝達研修」という言葉が耳に新しい ということを...

続きを読む

自分が激動しています

自分が激動しています

ちょっと読む
さぼ郎

「自分が激動している」というのは、理由があります。伝達研修をするなどと宣言してしまったからです。iMovieまず、iPadにiMovieをインストールするのですが、その方法が全く分かりません。なぜなら、未だにガラケーで、それも主義主張あ...

続きを読む

長期金利というのが今ひとつ分からない

長期金利というのが今ひとつ分からない

ちょっと読む
さぼ郎

そもそも長期金利とは1年以上の新発国債とか社債の利回りのことを言うのだそうですが、代表的な長期金利として10年の新発国債を示すようです。「長期金利が上がると価格が下る」と言うことの原理は、3%で100万円の国債を買った人がいて、ある時期...

続きを読む

2020年ころの3大危機について

2020年ころの3大危機について

ちょっと読む
さぼ郎

今朝のモーニングサテライトでユーラシア・グループのイアン・ブレマー氏へのインタビュ-が放映されていました。それによると、1.Impact of China, Good or Bad2.Middle East conflagration3...

続きを読む

ぶっちゃけ『伝達研修会』への誘い

ぶっちゃけ『伝達研修会』への誘い

ちょっと読む
さぼ郎

お誘いぶっちゃけ『伝達研修』会研修会趣旨2015年から2016年、ワードクラフト的に売上の体質を変えようと思い立ちいくつかの無料動画セミナーや有償セミナーを受講もし、販売戦略の本なども参考にして現在、具体的な行動指針を策定し逐次行動に移...

続きを読む

ベートーヴェンのピアノコンチェルト5番のCDを中古で買う

ベートーヴェンのピアノコンチェルト5番のCDを中古で買う

ちょっと読む
さぼ郎

たまたまiTunesに入れてあったベートーヴェンのピアノ協奏曲1番と2番を聞いていたら、ピアノの音が普通に聞きなれているモダンピアノの音と違って、西部劇の場末のバーでよく弾かれているような音だったので演奏者を調べてみたら「ロバート・レヴ...

続きを読む

「子供の人工知能」というディープラーニング

「子供の人工知能」というディープラーニング

ちょっと読む
さぼ郎

「ディープラーニング」というと、ディープラーニング、深層学習(英: Deep Learning)とは、多層構造のニューラルネットワーク(ディープニューラルネットワーク、英: Deep Neural Network)の機械学習の事。のよう...

続きを読む

Office365の更新期限が来た

Office365の更新期限が来た

ちょっと読む
さぼ郎

マイクロソフトからメールが来て「Office365が60日後に期限が切れる」とのことでしたので更新手続きをしました。で、いわれるままに「更新」したのですが、「Office 365 Small Business Premium」が無くなっ...

続きを読む

電子出版とYouTubeによるマーケティングセミナーに参加

電子出版とYouTubeによるマーケティングセミナーに参加

ちょっと読む
さぼ郎

「YouTube&電子書籍用1DAYワークショップ」に参加してきました。講師は高橋貴子さん。高橋貴子さんのイベント予定 ↑彼女は「YouTubeのフルマーケティング」というセミナーで教える側の人としてお見かけし、キレの良さ、的確...

続きを読む

武田シンポジウム2016

武田シンポジウム2016

ちょっと読む
さぼ郎

本日(2016.2.6)、知人に誘われて東京大学にある武田先端知ビルで開催されたシンポジウムを覗いてまいりました。講演は3つ。構造タンパク質素材の開発、新材料の開発、ディープラーニングによる人工知能の開発 についてでした。それぞれ限られ...

続きを読む

2016年1月のクリック状況

2016年1月のクリック状況

ちょっと読む
さぼ郎

1月が終わると当然のように2月になります。年末に先輩から「経営戦略」を勉強するように諭され、2、3冊ほど図書館から本を借りてきましたが、どれも同じようなことばかりが書かれていて、なおかつ、事業規模の違いやらで、いまひとつピンときていませ...

続きを読む

蛮夷は鳥獣の心を抱き養い難く破れ易し

蛮夷は鳥獣の心を抱き養い難く破れ易し

ちょっと読む
さぼ郎

「流転の海」第4巻の終わりの方で松坂熊吾が息子の9歳の伸仁に教え諭すシーンがあります。蛮夷は鳥獣の心を抱き、養い難く破れ易し曰く蛮夷っちゅう輩は、物事の正邪や道理をどんなに丁寧にわかりやすうに教えてやっても、なかなか理解せんし、せっかく...

続きを読む

デザインとアートの違い

デザインとアートの違い

ちょっと読む
さぼ郎

今朝、たまたまニュースを見ていたら「コールドプレイ」と「ブルーノ・マーズ」という名前が出ていた記事があったので、気になって読んでみました。「コールドプレイ」は前から結構好きで聞いていましたし、最近、「ブルーノ・マーズ」も、気になって...

続きを読む

ダンデライオンチョコレートが蔵前の裏通りに来る

ダンデライオンチョコレートが蔵前の裏通りに来る

ちょっと読む
さぼ郎

毎日の通勤路なのですが、工事が入る前は使われていないような倉庫だったところを、この1、2か月工事していて、最近、だいぶ仕上がったようでした。何のお店なのか工場なのかと思っていたら、「ダンデライオン」というチョコレートのショップのようです...

続きを読む

電気自動車という未来は来るのか

電気自動車という未来は来るのか

ちょっと読む
さぼ郎

先週、知己に頼まれて電気自動車(Electric Vehicle)を使った充電チェックの仕事を手伝っていました。そこで、実際に体験することから見えてきたことがあります。「電気自動車」ということですから電気で走る自動車のことです。当然、メ...

続きを読む

脳と睡眠

脳と睡眠

ちょっと読む
さぼ郎

睡眠の必要性の一部が少しずつ分かってきているようです。免疫系の働き、ホルモンバランス、精神の健康、学習と記憶、脳内の有害物質の排除など、様々な生物学的プロセスの最適化を担っているようです。 1989年に睡眠を完全に奪われたラットが1ヶ月以...

続きを読む

景気指数など

景気指数など

ちょっと読む
さぼ郎

「PMI」という略号を最近よく耳にします。なんの略なのか、なにを意味するのか、誰が公表しているのかなど、ちょっと調べてみました。「markit」にリンク ↑Markit Economicsはグローバルな独立調査会社として、世界的影響力を...

続きを読む

実務者向け文書管理講習会の開催

実務者向け文書管理講習会の開催

ちょっと読む
さぼ郎

台東区生涯学習センター「306会議室」において「文書管理講習会」実務者編時間1月31日 日曜日10時半から16時半まで 途中昼食休憩1時間飲み物の持ち込みは自由(アルコール類はダメ)食べ物の持込みは禁止(センターにバーミヤンが併設されて...

続きを読む

悪徳業者と正直業者

悪徳業者と正直業者

ちょっと読む
さぼ郎

昨年、なんで見つけたのか忘れてしまったのですが、「ゼロから起業しファーストキャッシュを3ヶ月で獲得する実践的12ステップ」というようなネーミングの無料の動画セミナーを受講しました。なかなか、指摘は的を得ていて、たいへんためになった記憶が...

続きを読む

ノートのアイデア

ノートのアイデア

ちょっと読む
さぼ郎

昨日、たまたまマツコの出る番組に東急ハンズの従業員の女性で文具のオタクが出演していて、文房具の世界を紹介していました。その中で、全ページにノンブルが振られていて、先頭のページに目次が作られているドイツのノートを紹介していました。たしかに...

続きを読む

ピアノの歴史

ピアノの歴史

ちょっと読む
さぼ郎

たまたま図書館に行きましたら「ピアノ図鑑」という綺麗な本があったので借りてきました。税抜き3,800円のとっても高価な本です。ピアノの祖先には2つの系統があるようです。弦を爪弾くものと叩くもの。イントロを読むと、まず、鍵盤楽器はオルガン...

続きを読む

三浦按針の話《8》

三浦按針の話《8》

ちょっと読む
hiroshi

ポイントDからお城までの距離は、D-Cの間の距離と、ポイントCからお城をみた角度がわかれば算出できます。関ヶ原・家康の本陣では、、、。織田信長がポルタがるから伝来した鉄砲を使って長篠の戦いで武田軍に勝利したように、家康は三浦按針...

続きを読む

「戦略カード」を作りました

「戦略カード」を作りました

ちょっと読む
さぼ郎

「戦略カード」を作りました。KOKUYOの「情報カード(シカ-11)」というB6サイズのカードです。100枚で420円。裏は5ミリの方眼になっています。ステータスは、「目標」「課題」「解決策」「派生問題」「対応策」の5つ。カードの使い方...

続きを読む

天王洲アイルに行ってきました

天王洲アイルに行ってきました

ちょっと読む
さぼ郎

天王洲アイルに行ってきました。これ、男子便所の手洗いです。蛇口やパイプがとてもおしゃれです。しかも、忍者の隠し扉のようにカタログの棚の後ろにトイレがあります。今時、公園の公衆便所ですら手を出せば勝手に水が出ますが、かえって、このようなア...

続きを読む

「戦略カード」を使って生き方を考えてみる

「戦略カード」を使って生き方を考えてみる

ちょっと読む
さぼ郎

「ほんとうに使える経営戦略・使えない経営戦略」という本がありまして、その3章に「戦略カード」というツールを使って経営戦略を考えるという解説が書かれていました。カードというくらいなので、おそらくこのようなサイズのものなのだと思います。am...

続きを読む

経営とは「見込み客」とみたり

経営とは「見込み客」とみたり

ちょっと読む
さぼ郎

今朝もらったメルマガで、「私が、本も書かずに講演もしていなかったら、今日の私のポジションはなかった」と書かれていました。この方はコンサルタントで、1月には5回、2月には6回の講演を抱えているようです。■時間効率のよい講師料という売上が得...

続きを読む

2015年顧客満足調査結果発表

2015年顧客満足調査結果発表

ちょっと読む
さぼ郎

サービス産業生産性協議会というところから、「日本版顧客満足度指数」という発表データがあります。1回:コンビニエンスストア、シティホテル、ビジネスホテル、飲食、カフェ、事務機器2回:自動車販売店、通信販売、銀行、証券3回:エンタテインメン...

続きを読む

Excel2007/2010 複数ファイル間の値のやりとり

Excel2007/2010 複数ファイル間の値のやりとり

ちょっと読む
のりのり

Excel2010を使っているのですが、複数ファイル間の値のやりとりをしたいだけなのですが、操作方法で非常に困っています。現状、複数のファイルを開き、値のやりとり(コピー&ペースト)をするときは、コピー元ファイルで値をコピーしたら、[表...

続きを読む

日本は再起できるか

日本は再起できるか

ちょっと読む
さぼ郎

日本の経済モデルは管理型資本主義であって、どのような貧しい状態からでもアメリカの人口一人あたりGDPの80%まで発展できる道があることを証明したと言われています(1950年時点では20%だった)。しかし、対アメリカの80%水準にまで来る...

続きを読む

2016年の予想雑感

2016年の予想雑感

ちょっと読む
さぼ郎

ユーラシア・グループのブレマー氏による2016年の10大リスクは、1.同盟の空洞化2.ヨーロッパの閉鎖性3.中国経済4.イスラム国関連5.サウジアラビアなどです。確かにサウジアラビアを始め中東の不安定の多くはアメリカが引き起こしていると...

続きを読む

その一言で売れたり売れなかったり

その一言で売れたり売れなかったり

ちょっと読む
さぼ郎

その一言で、一気に売れたり、あるいはその一言が全く売れ行きにつながらなかったりすることって、実際にありますよね。「一行バカ売れ」という本を買ってみました。例として上げられているのですが、上野アメ横の「二木の菓子」で、仕入れたあんドーナツ...

続きを読む

2015年クリック状況総括編

2015年クリック状況総括編

ちょっと読む
さぼ郎

2015年の総括です。webを使ったマーケティングのセミナーに顔を出しました。プロダクトローンチ、YouTubeマーケティングの2つと、あとメルマガをいくつか目を通すようになりました。ダイレクト出版というところの若干高めの本を買ったら、...

続きを読む

成功習慣への取り組み

成功習慣への取り組み

ちょっと読む
さぼ郎

年末ジャンボ、浅草橋の駅前は大変な混雑となりました。宝くじは、確率で当たるわけなので、仮に千万分の1ならどこで買おうが千万枚に1枚を手にすれば当たるわけで、あたりが多く出る売り場で買うから当たるわけではないことは自明です。1000万分の...

続きを読む

公的年金制度の将来

公的年金制度の将来

ちょっと読む
さぼ郎

「1500万人の働き手が消える2040年問題」という本を借りてきました。著者は野口悠紀雄さんです。第六章は「公的年金の問題はどうすれば解決できるか」です。結論を先に言えば、1.毎年支給金額を切り下げていく2.支給開始年齢を引き上げる3....

続きを読む

ものを売ることと作ること

ものを売ることと作ること

ちょっと読む
さぼ郎

あけおめよろおね浅草寺に鏡餅が登場:提供はJA宝蔵門から仲見世は初詣のための列大晦日18時ころの風景6時間待てば2016年ということで、本年の幕開けです。円安が進む、いや、円高だ。株が上がる、いやそうはいかない と景況感はかまびすしいで...

続きを読む

セッションと音楽の楽しみ方

セッションと音楽の楽しみ方

ちょっと読む
さぼ郎

薦められて「セッション」というDVDを観ました。いわば体育会系の音楽物語で、主人公はドラマー志望の音楽生と教師です。「セッション」公式サイトにリンク ↑教師は人格攻撃をしてでも生徒の才能を発奮させようとし、そのなかで恋があったり、挫折が...

続きを読む

餅つき【熊谷通信No.4】

餅つき【熊谷通信No.4】

ちょっと読む
kenji

こんにちは。年末ですね。我が家でも餅つきをしました。といっても臼と杵でつくわけではありません。臼と杵も保管されているのですが、おそらく少なくとも40年は使っていないと思われます。むかしは朝4時から夕方までかけて60kgのもちをついたらし...

続きを読む

経営戦略を勉強せよ

経営戦略を勉強せよ

ちょっと読む
さぼ郎

サイエンスなどといえば聞こえがよろしいかもしれませんが、宇宙やら生命などのエッセンスを読み漁ったところで、ワタシごときが開眼するわけでも達観するわけでもありません。せいぜい、人前で浅薄な知識を披露するくらいが関の山です。そんなことを見透...

続きを読む

失敗と成功は法則に依存している

失敗と成功は法則に依存している

ちょっと読む
さぼ郎

世の中には「法則」があって、その法則から外れると概ね、うまく行かなくなるようです。それは仕事であれ、健康であれ同じことのようです。「摂理」で見てみると、摂理の法則から外れることは原則として成立しません。なにかが成立しているなら、いかなる...

続きを読む

三浦按針の話《7》

三浦按針の話《7》

ちょっと読む
hiroshi

ここからは、私の仮説です。史料はありません。※仮説は赤文字の部分大坂城でアダムスに会い、リーフデ号にかなりの西洋の近代的な大砲や鉄砲などの武器を積んであることを知って、まじかに迫る合戦があるとを予感していた家康にとって、のどから手が出る...

続きを読む

経営戦略の必要なこと

経営戦略の必要なこと

ちょっと読む
さぼ郎

その昔、技術コンサルタントが講師のセミナーに上司の命令で行かされたことが有りましたが、古い理論を大学の講義のように展開していて、聴講に来た人から突っ込まれたら講師が怒りだしてしまい、あれ以来、「コンサルタント」という言葉がトラウマになっ...

続きを読む

由緒が正しいということとはどういうことか

由緒が正しいということとはどういうことか

ちょっと読む
さぼ郎

「由緒」とは「長い歴史を経て作りあげられた格式」のことだそうでで、wikiには「由緒」としての記載はありません。「旧家」を調べると、おそらく一般的な意味合いの「由緒」が書かれているようです。「特定の地域において長く続いている家系を持つ家...

続きを読む

ギザ十から見る浅草の年末

ギザ十から見る浅草の年末

ちょっと読む
さぼ郎

ここのところ、ギザ十に遭遇する機会が増えています。この間も小銭入れの十円をチェックしたら、なんと昭和26年ものと昭和29年ものの2個が有りました。サイドに刻まれたギザを見つけると、今に至る苦労をおもんばかって心拍数が上がります。12月に...

続きを読む

「ありがとう」を言う習慣

「ありがとう」を言う習慣

ちょっと読む
さぼ郎

関西全般がそうなのかは知りませんが、京都などに行って、例えばウドン屋さんに入ると、注文したウドンを店員さんが運んでくると地元の人達は条件反射のように「おおきに」と言います。東京でも「ありがとう」というヒトもいますが、自分の場合は意識...

続きを読む

自分を不幸にしない習慣づくり

自分を不幸にしない習慣づくり

ちょっと読む
さぼ郎

昨日、たまたまテレビをつけたらお笑い系のテレビでインドネシアから日本に来て1年という女性が「うれしい」-「うれしそう」、「楽しい」-「楽しそう」、「幸せ」ー「幸せそう」というのに「かわいい」が「かわいそう」にならないのは「なぜ(Why)...

続きを読む

ブログタイトルの決め方

ブログタイトルの決め方

ちょっと読む
さぼ郎

コーポレートブログに記事を書くことで営業活動に替えて成功しているという話を聞いたので、早速真似してみたのはいいけれど、特に書く記事もなく、思いつくことやハウツー本の概要などを記事にして掲載しています。迷走中現状は方向性もなく、思いつくま...

続きを読む

ハウツー本は「流転の海」に勝てるのか

ハウツー本は「流転の海」に勝てるのか

ちょっと読む
さぼ郎

ダメな人間の本の読み方は、本を1回しか読まないのだそうです。デキル人間の本の読み方は何回も読むのだそうです。どんな本も、こんな本も、実は何回も読んだことがありません。実にダメダメな本の読み方です。読書会に入っている(入らざるを得なくて)...

続きを読む

世界のトップを10秒で納得させられるか?

世界のトップを10秒で納得させられるか?

ちょっと読む
さぼ郎

「世界のトップを10秒で納得させる資料の法則」という長いタイトルの本を図書館から借りてきました。次の人の予約が入っているので期日通りに返さなければなりません。ちなみに、今日が期限なので返却に行きますが、11人待ちだそうです。で、著者...

続きを読む

水素水で老化防止

水素水で老化防止

ちょっと読む
さぼ郎

日常というのは今の現実の中で自分が何を望むかよ。別の場所や過去に求めても何の意味もないの。このセリフは「情熱のシーラ」の中で、シーラがスパイ活動に疲れてマヌエラさんに弱音を吐き、「日常に戻りたい」というシーンで、マヌエラさんがシーラに言...

続きを読む

申年を想う

申年を想う

ちょっと読む
さぼ郎

2016年は申年だそうです。「申」は十二支のうちの9番目に数えられます。この十二支を調べてみると、なんと「戦国時代」に生まれた陰陽五行思想よりも古いのだそうです。「戦国時代」と言っても日本のではありません。中国の「戦国時代」は、紀元前4...

続きを読む

「FARGO」から考える発想の転換

「FARGO」から考える発想の転換

ちょっと読む
さぼ郎

「FARGO」というアメリカのテレビドラマがありました。FARGOはおそらく地名だと思います。ノースダコタとサウスダコタとミネソタとアイオワの交差するあたりにある町のようです。登場人物のFBIの一人がこういう問題を出します。【問題】狐と...

続きを読む

「あかつき」の軌道修正から考えるリスクのありかた

「あかつき」の軌道修正から考えるリスクのありかた

ちょっと読む
さぼ郎

昨日来、金星探査機「あかつき」の軌道修正が話題になっています。話題になるのは、壊れた探査機を5年にわたって様々な条件から絶好のタイミングを捕まえて、大胆な軌道修正をしたこと。しして、その難しい計算を女性が担当していたことなどが大きなポイ...

続きを読む

柚子と蜜柑と柿【熊谷通信No.3】

柚子と蜜柑と柿【熊谷通信No.3】

ちょっと読む
kenji

またしばらく時間が経ってしまいました。今回は旬のネタを挟もうと思います。下の画像はこの時期よく見る果実の色ですね。みかんではなく、これは柚子です。まもなく冬至(2015年は12月22日)がやってきますが、この柚子を入れたお湯につかると、...

続きを読む

敵を味方に変える技術

敵を味方に変える技術

ちょっと読む
さぼ郎

「敵を味方に変える技術」という本をアマゾンの中古で買いました。別に、この本が読みたかったわけではないのですが、この本の著者が他の出版社で人脈を作るとても有効だというノウハウを書いているのだという案内があったので、その本は2,980円もす...

続きを読む

トップを納得させられる資料作成法

トップを納得させられる資料作成法

ちょっと読む
さぼ郎

「世界のトップを10秒で納得させる資料の法則」という長いタイトルの本です。なんでこの本を知ったかは忘れてしまいました。で、図書館を検索したらあったので借りました。次の人が予約しているので延長できません。著者は東京大学出て三菱地所からソフ...

続きを読む

2015年11月のクリック状況

2015年11月のクリック状況

ちょっと読む
さぼ郎

進歩と進化は、漢字は似ていますが、意味が違います。「進歩」には意思が反映しています。進む方向が見えています。「進化」は、意思も目的もなく、たまたまの変異が自然に適応した形質が適者として生存できたわけです。同じ「進む」にしても「歩む」のと...

続きを読む

湯湯婆と行火

湯湯婆と行火

ちょっと読む
さぼ郎

近景仲見世も12月に入ると正月向けの飾りになります。「濡れ手に賽銭」紅葉で葉っぱが真っ黄っ黄です。財布を見たら、なんとギザ十が2個も入っていました。昭和26年と27年ものです。2つ足すと127年。こんなことは生まれて初めて。今日はい...

続きを読む

バンジョーという楽器

バンジョーという楽器

ちょっと読む
さぼ郎

バンジョーという楽器は、だいたい想像がつきますが、カントリーウェスタンで使う楽器と思っていました。ルーツはアフリカからアメリカに連れてこられた奴隷が持ち込んだものなのだそうです。というのは、奴隷を船に雪隠詰めで詰め込んで運ぶと死亡率...

続きを読む

三浦按針の話《6》

三浦按針の話《6》

ちょっと読む
hiroshi

艦長が病気のためアダムスと乗組員の一人を伴って将軍の派遣したガレー船に乗って大坂城へ向かいました。1600年5月12日に到着し、筆頭大老の徳川家康と謁見しました。そこでは、ポルトガル人の通訳を介して、「どこの国の人か、何しに来たのか、戦...

続きを読む

江戸時代の学習方法 《会読》

江戸時代の学習方法 《会読》

ちょっと読む
さぼ郎

おそらく、日経サイエンスの書評だったと思うのですが「食べ物のことはからだに訊け!」という本を持ち上げていたので図書館から借りてきました。ちょっと頭の部分を読んだだけで、先を読みたいとは思えなくて(辟易とする文体)図書館に返却しますが、冒...

続きを読む

シューベルトを想ふ

シューベルトを想ふ

ちょっと読む
さぼ郎

吾妻橋から蔵前橋から桜の葉隅田川の幅は色いろあるのでしょうが、昔読んだ本で両国橋だったと想うのですが100間と書かれていたように覚えていて、それ以降、隅田川の川幅は200メートルとしています。浅草から吾妻橋わたって隅田川を歩いてくるとと...

続きを読む

税金を払わない巨大企業

税金を払わない巨大企業

ちょっと読む
さぼ郎

面白い本が有ると薦められてアマゾンで買いました。「税金を払わない巨大企業」自民党政権ではありそうな話です。この手の稀有な話(稀有というのは売上とか利益の額のこと)で重要な事は「事実」ではなく「事実らしい」ということです。なぜなら、それが...

続きを読む

【岡山通信】 カワセミ

【岡山通信】 カワセミ

ちょっと読む
みよ

私の住む住宅団地の水路でカワセミを見ました。いつものように午前中のお散歩を兼ねたお買い物に行こうと団地内を歩いていた時に夫が見つけました。「あっ カワセミが水路の方に飛んで行った!」と言うので慎重にカメラを構え(珍しい岡山の情景に出会っ...

続きを読む

我が国の政治家は馬鹿か

我が国の政治家は馬鹿か

ちょっと読む
さぼ郎

アウンサン・スー・チーさんの率いる政党が選挙で勝ちました。どこで聞いた話だか忘れましたが、アジアを南北で動かす経済圏(主として中国)に対応して、東西で分断するのが日本の狙いだ との話を聞きました。つまり、日本は積極的にミャンマーに支援す...

続きを読む

ダウンロードしたZIPファイルの展開

ダウンロードしたZIPファイルの展開

ちょっと読む
さぼ郎

インターネットからダウンロードした ZIP ファイルを展開するとファイルの作成時刻や更新日時が展開した時刻に変更されるという問題が起きました。今まで気が付かなかったのは、ダウンロードしたZIPファイルをNASに入れて、NASで解凍してい...

続きを読む

広沢寛朝僧正強力のこと第二十

広沢寛朝僧正強力のこと第二十

ちょっと読む
さぼ郎

今は昔、広沢と云う所に寛朝僧正と申す人御わしけり。此のかたはただの人に非ず、式部卿の宮と申ける人の御子也。真言の道に止む事無かりける人也。式部卿とは、式部省の長官で「弘仁3年より四品以上の親王が任ぜられる慣例」だったそうなので、天皇との...

続きを読む

ESG

ESG

ちょっと読む
さぼ郎

「ESC」とは、Environmental(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治:ガバナンス)のことで、このキーワードが上場企業で脚光を浴びています。なぜ、脚光を浴びるようになったかというと、GPIF( ...

続きを読む

すっきりしない2015年のMotoGP

すっきりしない2015年のMotoGP

ちょっと読む
さぼ郎

MotoGPというオートバイのレースがあります。事を整理すると、オートバイのロードレースの世界選手権の中のカテゴリの名称が「MotoGP」という名前なのだそうです。かつては「WGP」と呼ばれていましたが、2002年に500ccクラスをM...

続きを読む

フリン効果

フリン効果

ちょっと読む
さぼ郎

「なぜ人類のIQは上がり続けているのか?」という本が図書館にあったので借りてきました。 「フリン効果」は、「不倫効果」の間違いではありません。ニュージーランドの政治学の教授のジェームス・フリンという先生が見つけた現象です。この本は、ワ...

続きを読む

脳科学を使ったマーケティング

脳科学を使ったマーケティング

ちょっと読む
さぼ郎

今朝届いた、メルマガに、レストランのメニューで同じ食材を以下の3通りで表示して、一番注文が取れたのはどれか?① ¥記号をつけた数字で表示:¥1,200② ¥記号をつけない数字表示:1200③ 文字で説明:千二百円というのが有りました。答...

続きを読む

ガンは治療するべきか

ガンは治療するべきか

ちょっと読む
さぼ郎

2、3日前にテレビでやっていたのですが、女子高生が蕁麻疹のような湿疹ができて、そのうち関節痛や発熱が出るようになっても、どこの皮膚科や内科でも原因が不明ということでした。そこで名医が登場して、彼の家にある1万件の症例から遺伝子の異常であ...

続きを読む

日経サイエンス2015年11月号拾い読み

日経サイエンス2015年11月号拾い読み

ちょっと読む
さぼ郎

オックスフォード辞典の「今年の言葉」はうれし泣き顔の絵文字だとか。ちなみに「emoji」という英語が有るようです。記事にリンク ↑そういえば中国がレアアースを禁輸したことが有りました。時期を同じくして、日本の排他的経済水域の海底に高濃度...

続きを読む

三浦按針の話《5》

三浦按針の話《5》

ちょっと読む
hiroshi

大分県臼杵市佐志生黒島 1600.4.191598年6月24日、オランダのロッテルダムを5隻で出発した艦隊が、1年10カ月の苦難に満ちた航海の後、1600年4月19日に豊後の臼杵の沖に錨をおろしたときには、リーフデ号ただ1隻となっていま...

続きを読む

ペロブスカイトという太陽発電

ペロブスカイトという太陽発電

ちょっと読む
さぼ郎

面白そうだと思って図書館から「What IF?」という本を借りてきました。種として科学ネタなのでおそらく日建サイエンスの書評で見たのだと思います。ざっと目を通して、自分的には興味が持てなかったので返却します。例えば「ピッチャーが光速で球...

続きを読む

暗黒物質という見えない物質

暗黒物質という見えない物質

ちょっと読む
さぼ郎

2015年10月号の日経サイエンスにおいても「個々の脳細胞の活動が知覚や感情などの高度な認識脳に変換される仕組みは、まだわかっていない」とのことです。自然の知能の仕組みがわからないのにどうやって人工知能を作ろうとしているか、今ひとつピン...

続きを読む

「浅草橋FTP」を作った

「浅草橋FTP」を作った

ちょっと読む
さぼ郎

「お名前.com」のレンタルサーバーが、とても遅いので「さくらインターネット」に引っ越しをしたのですが、いくつか勝手が違って困ったことが起こりました。1つはサブドメイン。「お名前.com」では自分のドメインと同じ位置にサブドメインが作れ...

続きを読む

情緒と幸福感

情緒と幸福感

ちょっと読む
さぼ郎

大相撲が始まっていますね。写真は浅草のお店の看板です。別に相撲取りのふんどし売っているわけではないと思います。北野武が「石川遼が出てきたときは、子どもにゴルフを習わせる親が増えた。今は錦織圭を目指してテニススクールに通う子どもが増えてい...

続きを読む

ファティマの予言

ファティマの予言

ちょっと読む
さぼ郎

TBSのドラマで「SPEC」というのがあったようです。たまたまDVD借りてきてみたら、それなりに面白いのですが、ナレーションの中で「ファティマの第三予言」という言葉が気にかかり調べてみました。TBS「SPEC」にリンク ↑TBSのサイト...

続きを読む

体内時計と細胞のコミュニケーション

体内時計と細胞のコミュニケーション

ちょっと読む
さぼ郎

コミュニケーションを取るのは人間だけのような気もしますが、動物は動物なりにコミュニケーションを取りながら社会を形成しているようです。むしろ、生存を考えると、人間社会より厳しい「掟」があるとも考えられます。動物のネットワークに関しては、幾...

続きを読む

2015年10月のクリック状況

2015年10月のクリック状況

ちょっと読む
さぼ郎

秋も深まりスーパーの店頭では盛んに焼き芋を売っています。昨日は、今となれば「旧知」といっても差し支えがないと思うのですが、旧知の知人宅にオヤジらが集まって、知人の作った真空管アンプを鑑賞してきました。進行役が小生であったので、パソコンご...

続きを読む

おわりに

おわりに

ちょっと読む
kanji

おわりに2014年11月に肝臓癌宣告を受け、死を意識したが、それでも漠然としたものでしかなかった。しかし、4月に転移の説明を受け、8月の診察で寿命数ヶ月から1、2年と受け止められる診断を聞き、佐野裕二はさらに死を身近なものと感じるように...

続きを読む

三浦按針の話《4》

三浦按針の話《4》

ちょっと読む
hiroshi

1598年6月24日、5隻の艦隊でオランダ、ロッテルダムを出航した船団は、イギリス海岸に直航し南下、アフリカ大陸の西海岸に向かいました。出航の時期が遅れたのと熱帯地方特有の気候のため多数の船員が病人になり、8月21日ヴェルテ岬沖のサンチ...

続きを読む

いじめに遭遇したら大人はどうする?

いじめに遭遇したら大人はどうする?

ちょっと読む
さぼ郎

いじめが後を絶ちません。悪の原点は「いじめをする人」であることは間違いのないところです。しかし、それが学校内で起こっていることだとするなら、教師が知りえる機会が本当になかったのかを徹底的に検証し、疎漏(見逃し)が見つかる都度に感知す...

続きを読む

新生「浅草橋CMS《HARe》」でリニューアル

新生「浅草橋CMS《HARe》」でリニューアル

ちょっと読む
さぼ郎

サイトを引っ越しました。いままで、「お名前.com」のレンタルサーバーを使っていましたが、表示速度のあまりの遅さに我慢ができなくなって「さくらインターネット」に引っ越しました。そのタイミングで旧来の「浅草橋CMS」から新生「浅草橋CMS...

続きを読む

【集計結果】自主調査・23本の矢

【集計結果】自主調査・23本の矢

ちょっと読む
さぼ郎

お誘い11月15日 日曜日 17時から銀座山荘で、マネーは国境を超えない―為替の仕組みからマネー量を考える―ということで、国際金融についての勉強会があります。講師は、新進気鋭の研究者であるPh.D.近廣昌志さんです。詳細内容ページにリン...

続きを読む

アベノミクスの評価

アベノミクスの評価

ちょっと読む
さぼ郎

野口悠紀雄さんがアベノミクスを評価しています。そもそもは、「戦後日本史」という本を借りてきたのですが、次の人の予約が入ったので、「2040年問題」という本を借りてきました。日本では65歳以上の人口増加が2040年まで続くので、経済を成立...

続きを読む

(七)余命をどう生きるか

(七)余命をどう生きるか

ちょっと読む
kanji

4月21日、転移の説明を受けた後、少し投げやりになったのだろう、パソコンに向かい「死後家族に託す事」を書きなぐってしまった。また、お袋が心配し掛かってきた電話に「どうせ、長くて1年くらいしか生きないので、頑張るなんて言うなよ」、と裕二は...

続きを読む

【岡山通信】老人会の行事 円通寺散策〈その5〉

【岡山通信】老人会の行事 円通寺散策〈その5〉

ちょっと読む
みよ

山陽自動車道入口のゲートを前にして私はこのまま心臓が止まるのではないかと思いました。このまま高速道路に乗るわけにいかず、かと言ってここでUターン出来るのだろうかと言う思いが頭の中でぐるぐる廻っていました。後ろのSさんが危ない危ないと止め...

続きを読む

がん免疫療法一考

がん免疫療法一考

ちょっと読む
さぼ郎

一昨日のスカイツリーに月がかかった所。ちょっとずれているのと、月が鮮明に写っていません。技術の限界というよりはカメラの限界?で、これが今朝のスカイツリー。東京タワーに比べると、いま1つストーリー性にかけていますよね。東京タワーは小説にも...

続きを読む

ガン治療と向日葵

ガン治療と向日葵

ちょっと読む
さぼ郎

最近は、読む本の目先を変えて「つきあい方の科学」とか「さあ、才能に目覚めよう」というような本や、野口悠紀雄さんの経済関連にシフトしています。ちょっと前は免疫を重点的に読んでいたのですが、とっても難しくて、少し休憩しています。その関連...

続きを読む

「石橋湛山」の講演を聞く

「石橋湛山」の講演を聞く

ちょっと読む
さぼ郎

立正大学の記念講演講座で「石橋湛山」を聞きに行きました。「石橋湛山」には惹かれるところがあって田中秀征さんが書いた「日本リベラルと石橋湛山」という本を2015年4月20日に買ってあったのですが、いまだ読んでいませんでした。たまたま誘って...

続きを読む

無料で100Gゲット

無料で100Gゲット

ちょっと読む
さぼ郎

「お名前.com」のレンタルサーバーがあまりに遅いので引っ越しを企てています。引越し先は「さくらインターネット」です。お名前.comにリンク ↑ともかく、「お名前.com」のレンタルサーバーの遅さは、言語に絶します。ところが、「さくらイ...

続きを読む

(六)今後の治療の予想

(六)今後の治療の予想

ちょっと読む
kanji

佐野裕二の治療を担当している先生方は、多くの事例から今後の治療方針は決まっているであろうが、詳しく分からない患者裕二は先生への質問、治療方法、ネットの情報などで想像するしかなかった。ほとんど、すでに公表され保険適応されている治療方法であ...

続きを読む

旬な話題、いくつか

旬な話題、いくつか

ちょっと読む
さぼ郎

エジソン エジソンは、「ワタシは一度も失敗はしていない。うまくいかない方法を1万通り見つけただけだ」と言ったとか。何かを考えて、やってみる。やってみるのだから当然うまくいくと思うし、未来は輝いていると思うのだけれど、やってみて、し...

続きを読む

【岡山通信】老人会の行事 円通寺散策〈その4〉

【岡山通信】老人会の行事 円通寺散策〈その4〉

ちょっと読む
みよ

良寛さんが修業をした円通寺を種田山頭火も訪れています。円通寺の境内にある自然の石の配置そのままの石庭を見て詠んだと思われます。岩のよろしも良寛さまの想ひ出山頭火の詠んだ句が書かれていました円通寺を中心とした一帯は県指定名勝円通寺公園...

続きを読む

モラベックのパラドックス

モラベックのパラドックス

ちょっと読む
さぼ郎

「機械との競争」という本を読んでいます。まだ、終わりまで読んだわけではないので、とやかく申すのも何ですが、概ね、言いたいことはコンピュータがこれだけ安くて早くて進化してくると、知的労働を担ってきた中間層の就業や賃金が打撃を受けるとい...

続きを読む

三浦按針の話《3》

三浦按針の話《3》

ちょっと読む
hiroshi

ウイリアム・アダムス(William Adams)、1564年9月24日、イギリスのケント州ジリンガムで生まれました。ジリンガムは、テームズ川の河口から少し入ったところにあり、船員など船にかかわりのある仕事をしている人が多く住んでいる村...

続きを読む

自主調査第9弾の続き

自主調査第9弾の続き

ちょっと読む
さぼ郎

立て続けに自主調査協力の依頼ですいません。一次調査にご協力いただきありがとうございました。引き続きのお付き合いのほど、よろしくお願いします。お願い横向きの図調査画面にリンク ↑先週行いました自主調査「ワタシの3本の矢」で、延べで75もの...

続きを読む

ラッダイト運動

ラッダイト運動

ちょっと読む
さぼ郎

「ラッダイト運動」という言葉を知りませんでした。1811年から1817年にイギリス中・北部の織物工業地帯に起こった機械破壊運動だそうです。産業革命にともなう機械使用の普及により、失業のおそれを感じた手工業者・労働者が起こした。ーーーwi...

続きを読む

深谷探訪

深谷探訪

ちょっと読む
さぼ郎

埼玉県は深谷市に行ってきました。約束が東京駅7番ホーム8時26分の高崎線で行くことになっていましたので、電車で東京駅に行くとなると混みそうなので都バスでいくことにしました。東京駅八重洲口について、びっくり!駅が様変わりしていました。...

続きを読む

【岡山通信】 老人会の行事  円通寺散策〈その3〉

【岡山通信】 老人会の行事  円通寺散策〈その3〉

ちょっと読む
みよ

今回の目的地である「円通寺」は曹洞宗のお寺です。約1200年前行基によって開創されたと伝えられています。中世の戦乱で荒廃していましたが1698年(元禄11)に再建されました。当時このお寺は檀家を持たず僧の修行寺でした。代々高僧が居ました...

続きを読む

目的と手段

目的と手段

ちょっと読む
さぼ郎

「さすが」は「流石」と書きます。今更ながらですが、なぜ、そう書くのか疑問に思って調べたら、たくさんの解説がネットに上がっていますが、言っていることは一つです。wiki「夏目漱石」にリンク ↑「枕石漱流」すなわち「石に枕し、流れに漱(...

続きを読む

マックス・プランク研究所とメンゲレとトマセロ

マックス・プランク研究所とメンゲレとトマセロ

ちょっと読む
さぼ郎

マックス・プランク研究所というと、ドイツを代表する学術研究機関の日本語における総称で、wikiによると2006年時点で78あるそうです。マックス・プランクというと「量子」という考え方を初めて提唱した人です。それが1900年の12月のこと...

続きを読む

【自主調査】ワタシの3本の矢

【自主調査】ワタシの3本の矢

ちょっと読む
さぼ郎

自主調査第九弾調査画面にリンク ↑アベノミクスの第二ステージは「GDP600兆円」「出生率1.8」「介護離職ゼロ」だそうです。どの「矢」にも数値目標が明記されていて、とても分かりやすいですね。セールスライティングの教本には、数値を入れる...

続きを読む

ムーアの法則

ムーアの法則

ちょっと読む
さぼ郎

細胞分裂を考えてみますと、最初は受精卵が1つです。この受精卵が2になり4になり8になり、そして60兆個の細胞になるわけです。wiki「受精卵」にリンク ↑細胞には分裂しない細胞と分裂する細胞が有るのだそうです。それを計算に入れると少し面...

続きを読む

(五)寿命を垣間見る

(五)寿命を垣間見る

ちょっと読む
kanji

このところ、抗癌剤の副作用であると思うが倦怠感があり、また何ヶ所に転移していることから、どうしても物事を短期的にしか考えられない癖がついているようである。残された家族への希望のまとめや、持ち物の処分をしたいと思っていた佐野裕二は、気軽に...

続きを読む

2015年9月のクリック状況

2015年9月のクリック状況

ちょっと読む
さぼ郎

「一億総活躍」大臣だそうです。出生率を上げるのだそうです。となると、「二人っ子政策」でもやるのでしょう。結婚適齢期の独身男女には独身税をかけるとか、「少子税」なんてのもいいいかもしれません。バラまくより収入になるし。そのうち、数の問...

続きを読む

【岡山通信】 老人会の行事  円通寺散策〈その2〉

【岡山通信】 老人会の行事  円通寺散策〈その2〉

ちょっと読む
みよ

国民宿舎レストランから見た玉島港8月の末老人会の女性会員の行事(円通寺散策)の為役員3人で下見に出かけました。この日は青空の広がる良いお天気でした。車は75歳元先生のOさんのマツダデミオです。その方の家の前で私は後ろの座席に乗り込みまし...

続きを読む

西行と清盛は同い年

西行と清盛は同い年

ちょっと読む
さぼ郎

今日は、朝に眼科の経過観察の検診に行ってきました。眼底の神経とか網膜の撮影をするために瞳孔を開く目薬をさされて、午前中はとっても不自由をしました。区の健康診断と重なっていたため、結構時間がかかってしまいました。その間、「西行と清盛」...

続きを読む

販売方法と着眼点

販売方法と着眼点

ちょっと読む
さぼ郎

プロダクトローンチというアメリカ仕込の販売方法およびその仕組をに保留にモディファイして展開しているリアルネットという会社の社長である松本剛徹というヒトのメルマガ配信を受けています。「スマートフォンマーケティング協会」にリンク ↑彼は行っ...

続きを読む

三浦按針の話《2》

三浦按針の話《2》

ちょっと読む
hiroshi

ウイリアム・アダムス、イギリス人。日本名を「三浦按針」と言います。按針とは、航海士という意味です。まずは彼の風貌をみましょう。彼のゆかりの地を訪ねて按針像を集めてみました。①は、神奈川県横須賀市立博物館②は、静岡県伊東市の「按針メモリア...

続きを読む

【岡山通信】 老人会の行事  円通寺散策〈その1〉

【岡山通信】 老人会の行事  円通寺散策〈その1〉

ちょっと読む
みよ

良寛ゆかりの寺 圓通寺岡山弁のヒヤリングも儘ならないのに老人会の役員を引き受けて半年が経ちました。今年度第1回目の「草取り」の行事の際、終わった後ペットボトルのお茶1本とあんパン2個を配る事が私の役目でした。指定されたスーパーへ前日車で...

続きを読む

(四)ネクサバール(投薬)と自宅治療

(四)ネクサバール(投薬)と自宅治療

ちょっと読む
kanji

「今後の肝臓癌治療の効果順序として、①5FU-IFN(インターフェロンを併用した肝動脈内注入)②5FU-CDDP(化学療法カテーテル最先端治療)③放射線治療、④ネクサバール(投薬)となります」との説明を受けたとき、癌治療の有効な順位だと...

続きを読む

一夫一妻になったわけ

一夫一妻になったわけ

ちょっと読む
さぼ郎

2014年12月号の日経サイエンスに「一夫一妻になったわけ」という記事がありました。「一夫一妻」のことを科学用語では「ペア・ボンド」というのだそうです。哺乳類で一夫一妻は10%にも満たないようです。でも、同じ哺乳類でも霊長類はカップルで...

続きを読む

東京オリンピック開催と予言

東京オリンピック開催と予言

ちょっと読む
さぼ郎

まず、「アルバート・パイク」wiki「アルバート・パイク」にリンク ↑1857年に秘密結社イルミナティの最高幹部に登り詰め、「黒い教皇」と呼ばれるようになった(「KKK」の創始者)。この方がイタリアのフリーメイソン、ジュゼッペ・マッ...

続きを読む

リスボンに誘われて

リスボンに誘われて

ちょっと読む
さぼ郎

DVDで「リスボンに誘われて」を見ました。興味を持たれたらあらすじを参照してください。ようは、初老の学校教師が本に書かれた詩に魅せられてリスボンへ行く。そこで、革命が起きる前のレジスタンスの若者の生き方、生き様を辿っていくという筋書きで...

続きを読む

三浦按針の話《1》

三浦按針の話《1》

ちょっと読む
hiroshi

作成:「按針のまち逸見を愛する会」吉江 宏イラスト:佐々木 貴行wiki「ウィリアム・アダムス」にリンク ↑三浦按針。どこかで聞いたような名前だけど、いざ何をした人物かとなると、ほとんどの人が口ごもってしまいます。それもそのはずです、歴...

続きを読む

B円をめぐる攻防

B円をめぐる攻防

ちょっと読む
さぼ郎

子供の頃、紙芝居が来ると5円か10円をもらって紙芝居を見に行きました。東京には、まだまだ、空き地もそこいらにあって宝探しや隠れん坊など、遊ぶことには事欠きませんでした。穴なし5円 昭和23~24年発効・現行通貨記憶が確かなら1円札を使っ...

続きを読む

(三)腫瘍マーカーと転移

(三)腫瘍マーカーと転移

ちょっと読む
kanji

谷山医師は、効果が高いと思われた抗癌剤5FUによっても腫瘍マーカー値が上がっていることを、転移していた癌が成長しているか新たに転移したと考えたようで、PET-CTによる癌検査をすることになった。フルオロウラシル(fluorouracil...

続きを読む

ヘクソカズラ

ヘクソカズラ

ちょっと読む
jun

いたるところに咲く、つる性の植物である。花は夏ころから咲き始める。秋が深まると茶色の、見ようによっては黄金色の丸い実をつける。葉はやや細長いハート形だが、変化が多い。つる性植物の強みであらゆるものに巻きつき勢力を広げていく。ひどい名前の...

続きを読む

ペライチを使ってみよう

ペライチを使ってみよう

ちょっと読む
さぼ郎

無料で使えるサービスで、とても優れているものがたくさんあります。YouTube、twitter、Facebook、dropbox、evernote等々。最近知ったのですが「ペライチ」というホームページを作るサイトがあります。そこで実際に...

続きを読む

安保関連法の成立を急いだわけ

安保関連法の成立を急いだわけ

ちょっと読む
さぼ郎

最近、オヤジの集まりに行くと、この安保関連法案や解釈改憲、そして強行採決。果ては小選挙区制度などに話題が行くことが多くなっています。毎日新聞の記事にリンク ↑「民主党があの体たらくだったので自民党への揺り戻しがあった」のは事実で、再び民...

続きを読む

エリートが考えた未来は実現可能か

エリートが考えた未来は実現可能か

ちょっと読む
さぼ郎

アフリカの広さ日経サイエンス2015年9月号に出ていた地図です。 それをアフリカに乗せると、アフリカの大きさがわかります。まだ隙間があって、日本ならあと2、3個入りそうです。日本は377,900平方キロですので、これを1JPとして...

続きを読む

Stuck in a Moment You Can't Get Out Of

Stuck in a Moment You Can't Get Out Of

ちょっと読む
さぼ郎

Stuck in a Moment You Can't Get Out Ofきみはその時立ち往生して、そこから抜け出せずにいるI'm not afraid of anything in this worldこの世界に怖れるものはない...

続きを読む

自然界における遺伝子組み換え

自然界における遺伝子組み換え

ちょっと読む
さぼ郎

The Wall Street Jounal2015 年 9 月 18 日 13:51 JST に「遺伝子は異種間をどう移動しているのか」という記事がありました。The Wall Street Jounal の記事にリンク ↑そもそも遺...

続きを読む

比叡山実因僧都強力のこと第十九

比叡山実因僧都強力のこと第十九

ちょっと読む
さぼ郎

今は昔、比叡山の西塔に実因僧都と云う人有りけり。小松の僧都とぞ云いける。顕蜜の道に付きて止む事無かりける人也。其れに、極く力有る人にて有ける。空海は、顕教と密教を次のように区別した。顕教衆生を教化するために姿を示現した釈迦如来が、秘密に...

続きを読む

(二)5FU抗癌剤治療

(二)5FU抗癌剤治療

ちょっと読む
kanji

4月21日から5月12日まで四度目の入院となった採血、採尿、レントゲン、CT撮影など化学療法に必要な準備を手際よくこなした。翌日リザーバを埋め込むための手術をうけた。胆肝膵外科医の上野医師は、消化器内科の谷山医師が自ら手術をおこない、院...

続きを読む

情報の選択と見えない危機

情報の選択と見えない危機

ちょっと読む
さぼ郎

たくさんある情報の中から自分にとって必要と思う情報を取捨選択しているわけです。少なくとも、そう思っているわけです。結局、この中からしか選べない。これが戦前・戦中だったりすると国家が国民に知らせたくない情報と思う部分を黒く塗って読めな...

続きを読む

ガンの治療・新アプローチ

ガンの治療・新アプローチ

ちょっと読む
さぼ郎

後で読もうと思ってコピーしておいた日経サイエンスの記事で2015年1月号に「がん免疫療法の新アプローチ」という記事と2015年5月号の「がんをたたくウイルス療法」という記事がありました。100年以上前に遡る話ですが、ガンの手術後に感染症...

続きを読む

財政破綻は間近か?

財政破綻は間近か?

ちょっと読む
さぼ郎

先月、ある集まりで「1000兆を超す借金があるというのに日本は平然としていられるのか?」と質問した所、いろいろ意見がありましたが、とどのつまり、国民の貯金があるからだろうと言うところが落とし所でケリに成りました。その後、「小生自身い...

続きを読む

遺伝するエピジェネティクス

遺伝するエピジェネティクス

ちょっと読む
さぼ郎

日経サイエンス2015年7月号に「遺伝するエピジェネティクス」という記事がありました。書いているヒトはワシントン大学の教授だそうで、日経サイエンスが取り上げる、この手の外国の先生の話は、あまり信用しないようにしているのですが、いろいろ経...

続きを読む

世界で最も厳しい基準

世界で最も厳しい基準

ちょっと読む
さぼ郎

オリンピック関連では国立競技場が再設計され、日本の政治家が大好きな料亭などで決めるのではなく、公開で決めることになり、いわば仕切りなおしです。それに比べるとエンブレムだかポスターだかは知りませんが、政治マターとすれば、誤差のような金額な...

続きを読む

(一)担当科の変更

(一)担当科の変更

ちょっと読む
kanji

佐野裕二は、三度目の肝動脈塞栓術が終わり3月19日に退院した。外来で毎週診察を受けているが新たな入院計画もなく、体力が弱ったものの重病人であることを忘れさせてくれるほど順調な生活を送ることができた。そんなこともあり裕二は、数ヶ月に一度肝...

続きを読む

2015年8月のクリック状況

2015年8月のクリック状況

ちょっと読む
さぼ郎

政府も一党独裁体制が確立し、安定政権に成りました。最近知った難しい言葉に「シラス」「ウシハク」という古語があります。本居宣長が解説したり、最近(といっても明治早々)では井上毅が解説したりしているようです。「ウシハク」は「本義は征略で...

続きを読む

相互恐怖から生まれる政策

相互恐怖から生まれる政策

ちょっと読む
さぼ郎

モーゲンソーwiki「モーゲンソー」にリンク ↑互いに恐怖に陥り、この恐怖をやわらげようとして軍備競争に引き込まれると、どちらの側も、最初に仮定した相手の帝国主義を現実の経験的なふるいにかけることができなくなる。もともと現実への神話的な...

続きを読む

オリンピック雑感

オリンピック雑感

ちょっと読む
さぼ郎

事実の記録なのか、演出なのかは不明ですが、約5千万回も再生されているYouTubeの動画なのだそうです。いま、ドイツでは10万人受け入れるとかで、スウェーデンでも6万とか7万人受け入れているようです。もちろん、国内には反対の声も少な...

続きを読む

YouTubeを使ったマーケティング

YouTubeを使ったマーケティング

ちょっと読む
さぼ郎

2015年9月5日土曜日午後13時~16時菅谷信一さんと高橋貴子さんのYouTubeを使ったマーケティング手法のセミナーに参加してきました。株式会社アームズ・エディションにリンク ↑こちらがコンサルタントの菅谷信一さん。毎朝4時起き...

続きを読む

PENTATONIXとは五音階のこと

PENTATONIXとは五音階のこと

ちょっと読む
さぼ郎

Kevin Oluwole Olusola イエール大学在学中は東アジア研究をしており、中国への留学経験から中国語も堪能。チェリストでもある。と、このケヴィン・オルソラを仲間に引き入れたのがPENTATONIX。それが、この5人。...

続きを読む

「Snipping Tool」の使い方Ⅱ

「Snipping Tool」の使い方Ⅱ

ちょっと読む
のりのり

ソフトの操作を説明するのに、プルダウンやメニューを表示させて、その選択の状況を説明したいと思っても、マウスを離したり、キャプチャーのソフトを操作しようとした途端に、プルダウンメニューが消えてしまいます。Windowsのアクセサリーに...

続きを読む

話題3題

話題3題

ちょっと読む
さぼ郎

話題3題【話題壱】自動車衝突テスト最低評価車の衝突テストの評価をYouTubeの動画で見つけました。2014年11月21日の公開で、その後各社、改良を重ねているようです。トヨタが意外とBADで、スバルが意外とGOODですね。最低評価...

続きを読む

熊谷での養蚕【熊谷通信No.2】

熊谷での養蚕【熊谷通信No.2】

ちょっと読む
kenji

突然ですが、まずは写真1をご覧ください。写真1これはいったい何だと思いますか?↓↓↓↓↓↓↓↓答えカイコが(繭)マユを作るときに使う道具です。写真2のように開いて使います。写真2小さいペットボトルを奥に置きましたので、大きさのイメージが...

続きを読む

タクシードライバーに学ぶ

タクシードライバーに学ぶ

ちょっと読む
さぼ郎

けさのテレビで「小鳥遊」という姓を「たかなし」と読むという話をしていました。ネットで調べてみると、「小鳥が遊ぶ」→「天敵がいない」→「鷹がいない」→「たかなし」という由来とのことだそうで、アメーバニュースの関連した記事がありました。珍名...

続きを読む

下流老人

下流老人

ちょっと読む
さぼ郎

日曜に成田に行く道すがら、船橋駅で成田行を待っていたら売店に「下流老人」というタイトルの週刊誌があり、目に止まってしまいました。なぜなら、間違いなく自分のことだからです。ちなみに、「下流」をwikiで調べると、中流階級よりも貧しい低所得...

続きを読む

なんだかんだの週末でした

なんだかんだの週末でした

ちょっと読む
さぼ郎

土曜日は麻布十番にある「鰓呼吸」で、飲み会をやっていました。学校出てすぐに入った会社の仲間です。正確に言うと先輩、同期、後輩の3名と自分の4名です。「鰓呼吸」にリンク ↑先輩、同期、後輩の3名は商業空間の設計やパースを描くという、当...

続きを読む

フランス陸軍の超肉弾主義

フランス陸軍の超肉弾主義

ちょっと読む
さぼ郎

「未完のファシズム」という本を読んでいます。日露戦争と打って変わって、日本軍の被害が殆ど出なかったこともあって、日本軍が第一次世界大戦でどのような活躍をしたかは、あまり伝わっていません。実際には、当時としては考えられないような近代戦を実...

続きを読む

手軽に家庭でできます! 手作りダニ除けスプレー

手軽に家庭でできます! 手作りダニ除けスプレー

ちょっと読む
のりのり

耳より情報です。ダニ除けグッズはいろいろ市販されていますが、簡単に手に入る材料を使って手作りしたらいかがでしょう。「ダニピタ」サイトにリンク ↑『自宅で簡単、手作りダニ除けスプレー』材料は、・レモン 1個・消毒用アルコール(エタノール)...

続きを読む

ハンバーガーアイコンを使ってみたかった

ハンバーガーアイコンを使ってみたかった

ちょっと読む
のりのり

既存のPCサイトをスマートフォンサイトに最適化するという難題に取り組みます。さしあたり、いろいろなサイトを見ていましたが、“ハンバーガーアイコン”に魅かれ、これを絶対に取り込んでみようと思いました。検索してみて見つけたのが、なんと“なぜ...

続きを読む

ぶゑのすあいれす丸

ぶゑのすあいれす丸

ちょっと読む
さぼ郎

1943年(昭和18年)11月27日、陸軍の病院船「ぶゑのすあいれす丸」はラバウルとココポで傷病兵1,129名、従軍看護婦とその他便乗者63名を乗せ、パラオに向かう途中、米軍機「コンソリー」の爆撃で沈没したそうです。wiki「B-2...

続きを読む

amazonで本を頼むと

amazonで本を頼むと

ちょっと読む
さぼ郎

「新しい免疫入門」という本をアマゾンで頼みました。いま、図書館から借りているのですが、著者は簡単にわかると思って書いているのでしょうけれど、とっても難しくて先に進みません。書き込みもしたいので買うことにしました。ブルーバックスですの...

続きを読む

文書管理という考え方はとても大切

文書管理という考え方はとても大切

ちょっと読む
のりのり

紙類ならばフォルダにとりあえず保存するのはいいほうで、机の上に山積みが常。山積みした本人には、確かこの山の中にあるはずと見当がつき、見つかれば、「ほらね、ここにあると思ったのよ」と、山積みするのも一概にダメとは言えないものなのです。たま...

続きを読む

レンタルサーバーの表示速度

レンタルサーバーの表示速度

ちょっと読む
さぼ郎

何気なく財布を覗いたら「ギザ十」ゲットです。昭和30年ものです。2月に週刊新潮が創刊されました。5月に広辞苑の初版が発売されました。ヘレンケラーが来日。6月に1円硬貨が発行されました。そういえば、1円硬貨が出るまでの間は紙幣だったそ...

続きを読む

スーザフォンとチューバとバンジョーで

スーザフォンとチューバとバンジョーで

ちょっと読む
さぼ郎

2015.8.24追記報 告行ってきました。いまをときめく歌舞伎座の真裏にある「隠れ家」、銀座山荘でスーザフォンとチューバとバンジョーによるセッション。とても興味がありました。予約なしのお客さんも結構来ていて、椅子席はほぼ満席でした。映...

続きを読む

iDMSという文書管理の仕組み

iDMSという文書管理の仕組み

ちょっと読む
さぼ郎

特定個人情報の管理や営業秘密など、企業には様々な文書があり、適正な管理を必要としています。かく申すワードクラフトにおいても適正とは程遠い管理状態です。凄腕・文書管理コンサルタントの後藤さんと縁があって、マイナンバーも始まることでもありま...

続きを読む

ガンと癌

ガンと癌

ちょっと読む
さぼ郎

何気なくテレビを見ていたら「がん」と「癌」の違いを説明している番組がありました。「初めての医療」にリンク ↑「がん」「ガン」は全ての悪性腫瘍を意味し、「癌」は上皮細胞にできる悪性腫瘍なのだそうです。wiki「上皮細胞」にリンク ...

続きを読む

ネアンデルタール人の知性

ネアンデルタール人の知性

ちょっと読む
さぼ郎

日経サイエンスノ2015年6月号の記事に「ネアンデルタール人の知性」というタイトルがありました。ネアンデルタール人は解剖学的に見て現生人類ではないのだそうです。ホモサピエンスの近縁種ということらしいのです。35万年前から3万9千年前まで...

続きを読む

春夜宴桃李園序

春夜宴桃李園序

ちょっと読む
さぼ郎

李白は701年生まれで762年に没しているのだそうです。李白の生年に聖武天皇と光明皇后も誕生しています。同窓生ということです。そして大宝律令が完成しているというような時代のヒトです。wiki「李白」にリンク ↑春夜、桃李園に宴する序...

続きを読む

戦後70年

戦後70年

ちょっと読む
さぼ郎

戦後70年が経ちました。ということは昭和になってから90年。ということは大正になってから105年。ということは明治になってから150年たったということなのでしょうか。厳密には元年の計算の仕方や明治元年の旧暦の計算などで147年のよう...

続きを読む

山積

山積

ちょっと読む
さぼ郎

大変な事態になりつつあります。エンブレムの話や安倍さんの70年談話の話ではありません。読まなければならない本が一挙に貯まってしまっています。お金が貯まるなら、これは黙っていればいいことなのですが、本が貯まると気分がふさぎます。「日本...

続きを読む

映画・陸軍

映画・陸軍

ちょっと読む
さぼ郎

1944年、戦中に作った映画です。当然、戦意高揚を目的としているはずですが、「本当にこれでいいの?」というような終わり方です。とはいえ、敗戦の前の年(昭和19年11月完成)にもかかわらず、ノーカットで上映したようです。父母の慈愛に抱...

続きを読む

おわりに

おわりに

ちょっと読む
kanji

一般的に大病は、死に向かう現実と捉える場合が多いが、癌を患った方の話から鑑みるに、生きることと癌は相反しているのではない。今後の人生で癌の再発、転移と付き合って生きて行かなければならない事を考えてみると、第二の人生の始まりとも言える。人...

続きを読む

2015年7月のクリック状況

2015年7月のクリック状況

ちょっと読む
さぼ郎

毎年のことですが、敗戦記念日が近づいています。ヒロシマ・ナガサキでは原爆の日の式典が行われていたようで、テレビで放映されていました。湯川れい子さんのTwitterにリンク ↑湯川さんは「原爆と原発が兄弟」とツィートして物議をかもした...

続きを読む

プロダクトローンチ <その7>

プロダクトローンチ <その7>

ちょっと読む
さぼ郎

サバでマグロを産ませるという話を2007年にインターネットで見つけて、どういう趣旨なのかを知る前に、とても嫌な印象を受けました。概要は、サバの稚魚(免疫が確立する前)にマグロの精源細胞を移植すると稚魚に作られた精巣や卵巣のマグロの精...

続きを読む

プロダクトローンチ <その6>

プロダクトローンチ <その6>

ちょっと読む
さぼ郎

先週、採血・採尿してきた結果を聞きに行ってきました。そしたら採尿の結果は良かったのですが、採血の結果が悪く、念のためMRIをやろうということになって、MRIを初体験をしてきました。wiki「MRI」にリンク ↑技師の人に聞いた話では体内...

続きを読む

プロダクトローンチ <その5>

プロダクトローンチ <その5>

ちょっと読む
さぼ郎

ワードクラフトが、遅まきながら「プロダクトローンチ」に注目したのは、一にも二にも「教育」という文言でした。システムとしての「教育」は、「浅草橋CMS+アンケートシステム」を前提にすると、まったく新規に作るよりは、はるかにスピーディー...

続きを読む

(十一)入院生活での余談

(十一)入院生活での余談

ちょっと読む
kanji

20年以上も病院を訪れたことがない佐野裕二だけの思いかもしれないが、日本十字路医療センターはとにかく患者本位の行き届いた病院である。医師、看護師の姿勢として、軽症から重篤な患者まで淡々とした同じ対応である。治療内容は素人の患者にとって難...

続きを読む

プロダクトローンチ <その4>

プロダクトローンチ <その4>

ちょっと読む
さぼ郎

まずは髭剃りの宣伝から。ま、宣伝なのだと思いますが、、、。特にどうといったことがあるワケではないのですが、なんだか、会話のある家族っていいですね。ということで、プロダクトローンチ 〘その4〙です。日本版プロダクトローンチには7類型が...

続きを読む

プロダクトローンチ <その3>

プロダクトローンチ <その3>

ちょっと読む
さぼ郎

プロダクトローンチ 〘その2〙では、無料講座による7類型について概説しました。①ベーシック型②ウェビナー型③オートウェビナー型④スピードローンチ型⑤プロデュース型⑥動画スクリプト型⑦マックス型そして、この類型化は、創始者であるジェフ...

続きを読む

プロダクトローンチ <その2>

プロダクトローンチ <その2>

ちょっと読む
さぼ郎

「YouTubeフルマーケティングセミナー」に申し込みました。YouTubeのフルマーケティングとは、第1ステージは、大量投稿による圧倒的な露出拡大第2ステージは、自社サイト誘導強化とGoogle検索対策の精度向上第3ステージは、具...

続きを読む

プロダクトローンチ <その1>

プロダクトローンチ <その1>

ちょっと読む
さぼ郎

近い未来、ワードクラフトとして「プロダクトローンチ」に取り組んでみようと思っています。「プロダクトローンチ」とは何か?「プロダクトローンチ」を知ったきっかけは?「プロダクトローンチ」に取り組もうと思う理由は?これらについて、何回かに...

続きを読む

ピアノマニア

ピアノマニア

ちょっと読む
さぼ郎

昨日、人に頼まれてTSUTAYAにDVDを借りに行きました。ついでに、眺めていたら「ピアノマニア」というDVDを見つけたので借りてきました。「ピアノマニア」のサイトにリンク ↑1台のピアノで様々な表現を追求するピエール=ロラン・エマール...

続きを読む

17歳の硫黄島

17歳の硫黄島

ちょっと読む
さぼ郎

上の数字は、戦艦大和に乗っていた人の数と、戦死した人の数です。死亡率は91.72%。下の数字は硫黄島にいた軍人、軍属の人の数と戦死した人の数。死亡率は96.16%です。沈没した船よりも、島とはいえ陸の硫黄島のほうが死亡率が高いです。もし...

続きを読む

(十)今後の治療について

(十)今後の治療について

ちょっと読む
kanji

昨年12月初~4月中までの治療は、佐野裕二の肝臓はかなり弱った状態にまで進行していたために、生存や本格的癌治療を行う事前準備として肝動脈塞栓術を実施してきた。そのため健康状態も比較的良く、肝臓に更に体力を付けるため、抗癌剤を直接動脈に注...

続きを読む

景気回復にちぐはぐ?

景気回復にちぐはぐ?

ちょっと読む
さぼ郎

たまたま、景気に関する話を2つ目にしました。ひとつはモーニングサテライトの7月24日放送の中で。もう一つが東洋経済7月26日の記事。順を追って説明します。説明と言っても、自分の咀嚼のための説明ですので、あまり真剣に参考にしないでください...

続きを読む

復興計画

復興計画

ちょっと読む
さぼ郎

きのう(7月25日)は、隅田川の花火でした。その前日が土用丑の日の鰻です。ということで、「すき家」でうなぎ弁当を買ってきて、永谷園の松茸のお吸い物でゴージャスに昼を過ごしました。780円 山椒付きこの「すき家」の鰻は、とっても美味しくて...

続きを読む

佐渡で敦盛

佐渡で敦盛

ちょっと読む
さぼ郎

趣味で能面を作っている知人から、この週末に佐渡に行くことになったとの連絡がありました。wiki「本間家」にリンク ↑というのは、佐渡の本間家で能の例会があるそうなのですが、そこで「熱盛」を舞う先生の練習用の面に、知人が作った「十六」を使...

続きを読む

音で本を読む

音で本を読む

ちょっと読む
さぼ郎

音で本を読むのだそうです。2015年7月20日のWBSで放映していました。まず、先行するのが「OTOBANK」。OTOBANKにリンク ↑1冊数百円から千数百円と、実際の本とあまり変わらない価格で冊単位での販売だそうです。経済モデル...

続きを読む

スティグマ

スティグマ

ちょっと読む
さぼ郎

スティグマとはギリシャ文字のことらしい。Σ(シグマ)とΤ(タウ)との合字。ギリシア数字で6を表すのに用いられるとのこと。ところが、BLOGOSの記事を見ると全く違うというか、意味不明の使われ方をしています。BLOGOSのl記事にリン...

続きを読む

(九)第二の人生の発見と始まり

(九)第二の人生の発見と始まり

ちょっと読む
kanji

戦後の祖父や祖母の時代は、何の病気かも良く分からず、癌で短い人生を終えていたものであったが、昭和50年代以降もしばらく癌は不治の病として重く扱われてきた。今日では、検査技術、治療技術が進歩したことにより、癌は死への宣告ではなく多くの方が...

続きを読む

宿命と運命

宿命と運命

ちょっと読む
さぼ郎

さてさて、昭和29年もののギザ十ゲットです。昭和29年ものです。青函トンネルの起工式が1月に行われています。3月には第五福竜丸が被曝しています。7月1日に自衛隊が発足しています。いまや、「国防軍」寸前ですね。9月に洞爺丸が沈没しています...

続きを読む

山口便り<その9>

山口便り<その9>

ちょっと読む
Taka

今年2度目の草刈りを終えて一段落しました。とてもいい天気だったので岩国空港(正式名称は「岩国飛行場」)に寄ってきました。        空港玄関 愛称は岩国錦帯橋空港といい岩国唯一?の観光地を冠してるくらいで、錦帯橋はもちろん宮...

続きを読む

津軽海峡

津軽海峡

ちょっと読む
さぼ郎

たまたま、テレビを見ていたら「津軽海峡・冬景色」を歌っている女優さんがいました。本家本元の石川さゆりさんが歌ったのが昭和52年(1977)だそうです。母親が札幌生まれ、札幌育ちだったので子供のころから時々北海道には行きました。最初の...

続きを読む

本の売り方とインターネット連携

本の売り方とインターネット連携

ちょっと読む
さぼ郎

ダイレクト出版というところから「ザ・ローンチ」という本を買いました。価格は3,700円プラス税金(296円)です。カードで買えばよかったのですが、代引きにしたので、さらにプラス400円かかりました。この本の売り方は、直販だけです。買...

続きを読む

多様性とポジションと政治

多様性とポジションと政治

ちょっと読む
さぼ郎

東洋経済オンラインに小林よしのりさんの記事が掲載されていました。弁護士ドットコムからの転載のようです。東洋経済の記事にリンク ↑いくつかの論点があるのですが、自分がこのポジションだと決めたら、自分のポジションに利する言論しか耳に入ってこ...

続きを読む

連鎖する大地震

連鎖する大地震

ちょっと読む
さぼ郎

「連鎖する大地震」という本を図書館から借りてきました。2012年1月23日の読売新聞で「首都直下型4年以内70%」という記事が出たそうです。政府は30年以内70%ですから、読売が正しければ2016年1月までに来てしまうことになります...

続きを読む

(八)三度目の肝動脈塞栓術とその後の治療

(八)三度目の肝動脈塞栓術とその後の治療

ちょっと読む
kanji

三度目の肝動脈塞栓術は、入院期間7、8日であり、予定通り3月11日(水)入院、翌日12日実施となった。三度目の入院であるので、短期入院に必要なものを鞄一つにまとめ、勝手知った日本十字路医療センターに10時頃着いた。早速、採血、採尿、レン...

続きを読む

お盆

お盆

ちょっと読む
さぼ郎

7月15日といえば「お盆」です。一応「祖先崇拝」ということになるようです。仏教行事のようでもありますが、必ずしも仏教のみの行事でもないようです。一つには古神道の行事と檀家制度が習合した部分も少なからずあるようですが、仏教には「盂蘭盆...

続きを読む

出アフリカ

出アフリカ

ちょっと読む
さぼ郎

人の起源はいくつかの系統があって、簡単には示せそうもありません。まず、「ホモ・エレクトス」wiki「ホモ・エレクトス」にリンク ↑かつては「ピテカントロプス」と言われていました。ジャワ原人、北京原人などが含まれます。当初は、他地域で...

続きを読む

ドイツと日本の違い

ドイツと日本の違い

ちょっと読む
さぼ郎

今日、約束があって時間を稼ぐためにタクシーに乗りました。降りるときのレシートがこちら。ジャスト1,000円です。運転手さんが「めったにない」と話していたので早速、今日発売の宝くじを買いに行ってきました。もし、時計がロレックスになった...

続きを読む

2015年6月のクリック状況

2015年6月のクリック状況

ちょっと読む
さぼ郎

2015.8.276月のグラフが間違っていると指摘され、早速直しました。見てくれている人がいることを励みにして頑張ります。 いよいよ、噴火です。自民党ではありません。それもあっちこっちが怪しくなっています。ちょうど菅原道真が科挙のよう...

続きを読む

《Marketing Cloud》の日本ローンチ

《Marketing Cloud》の日本ローンチ

ちょっと読む
さぼ郎

「セールスフォース、《Marketing Cloud》の日本上陸から1年」という記事がありました。SalesForceにリンク ↑概要としては、トヨタや資生堂が使用しているという、めでたいお話です。「顧客データや行動データを一元化し...

続きを読む

(七)退院と三度目の入院

(七)退院と三度目の入院

ちょっと読む
kanji

二度目の退院後は、佐野裕二は寝たっきりの生活ではなく、積極的に仕事の打ち合わせをするなど外出する機会が多くなった。裕二の体重は15Kg減となり心身ともに大きく変化し、新たな人生が始まった。裕二はよほど退院後の生活に期待していたのだろう、...

続きを読む

今日の記事から

今日の記事から

ちょっと読む
さぼ郎

人生いろいろ、記事さまざま結婚観 たまたま、インターネットの記事を見ていて興味を引いたものを幾つか取り上げてみます。まず、「結婚観」。日本生命が「結婚に関する調査」を行っています。日本生命「調査レポート」にリンク ↑その中で、独身...

続きを読む

日本はギリシャ化している

日本はギリシャ化している

ちょっと読む
さぼ郎

今朝のラジオで、「まさに!」と改めて思うことがありました。それは税収が50兆くらいしか無いのに予算は100兆で組んでいることに対して、日本がギリシャ化しているという指摘でした。我々は、1000兆の借金があることを常々聞かされているの...

続きを読む

熊谷での養蚕【熊谷通信No.1】

熊谷での養蚕【熊谷通信No.1】

ちょっと読む
kenji

最初にお断りさせていただきますが、これはイチ農家の記憶をたどったものです。ですので、研究者が発表されるような、正しいものから外れている可能性もあります。その点はご承知おきください。埼玉の北部では養蚕がさかんに行われておりました・・・そう...

続きを読む

閏

ちょっと読む
さぼ郎

今朝のテレビで「閏」の語源をやっていました。「うるう」の語源は、「ウルウの日は、王が門の中にいた」という中国の風習に由来するとのこと。漢字で「閏」と書き、「潤」に似ていたことから「うるう」となったとか、書かれています。ちなみに「閏秒...

続きを読む

1年の前半・後半の折返し点

1年の前半・後半の折返し点

ちょっと読む
さぼ郎

今日は6月30日。明日からは7月1日です。1年を半分で分けるなら今日と明日で、前半と後半に分かれます。そういえば、昨年の9月に浅草法人会でチラシを配ってもらいました。  2014年の10月に3,200枚配ってもらって、反応がゼロでし...

続きを読む

(六)退院と二度目の入院

(六)退院と二度目の入院

ちょっと読む
kanji

当然ではあるが退院後の自宅生活は、毎日の診察はなく看護師に世話をしてもらえず日常生活の自己管理をしなければならなかった。特に食事制限はなかったが体重維持の指示があった。とにかく高カロリーであり癌には良くないと言われている塩分、牛・豚肉を...

続きを読む

尾張国の女細て作りを取り返すこと第十八

尾張国の女細て作りを取り返すこと第十八

ちょっと読む
さぼ郎

今は昔、聖武天皇の御代に、尾張国の中島郡に尾張の久坂利と云う者有りけり。其の郡の大領也。妻は同国の愛智郡の片輪の郷の人、此れ道場法師の孫也。其の女、形柔軟なる事練り糸を練るが如し。而るに、此の女麻の細て作りを織りて、夫の大領着たりけり。...

続きを読む

銀座山荘で散想してきた

銀座山荘で散想してきた

ちょっと読む
さぼ郎

2015年6月26日 金曜日 雨■銀座散想■6月26日(金)開催時間:16時~22時00分(22時30分閉店)       -都合の良い時間にご入室・退出してください-会食費:3,000円 (ビール・ワイン・軽食をご用意していますが...

続きを読む

聖職的皇帝と世俗的皇帝

聖職的皇帝と世俗的皇帝

ちょっと読む
さぼ郎

GESCHICHTE UND BESCHREIBUNG VON JAPANドイツ語が詳しい人がいれば、このタイトルは分かるのだと思うのですが、我推察するに「日本の歴史と叙述」のような、そんなタイトルと思います。日本では「日本誌...

続きを読む

エッセンシャル思考

エッセンシャル思考

ちょっと読む
さぼ郎

「エッセンシャル思考」最少の時間で成果を最大にする著者:グレッグ・マキューンエッセンシャル【essential】:本質的なさま。絶対必要なさま。不可欠。つまり、この本は「本質的思考法」を伝授してくれるわけです。台東区に4冊あって、30人...

続きを読む

(五)入院生活

(五)入院生活

ちょっと読む
kanji

先の見えない入院生活が始まった。入院後2週間近く個室で入院生活を送りその後大部屋へと移った。個室差額ベット代は3万円近く必要であるが、そのような経済的な感覚を取り戻すまでに数日は必要であった。翌日起床後、採血、血圧、体温を計測した後朝食...

続きを読む

チャーハンで泣けたか?

チャーハンで泣けたか?

ちょっと読む
さぼ郎

コンサート&チャーハンの旅に行ってきました。「飯森範親」さん公式サイトにリンク ↑この方の指揮による「コーロ・フォレスタ」という合唱のコンサートに行ってきたわけです。演目は武満徹の「うた」、シューベルトの「ミサ曲」、モーツァルトの「...

続きを読む

中華街でチャーハンを食べる

中華街でチャーハンを食べる

ちょっと読む
さぼ郎

2015年6月19日 土曜日ギザ十、ゲットの報告です。昭和29年ものです。いろんなことが起きていますが、なかでも「第五福竜丸」と「洞爺丸」は衝撃的な事故でした。安全保障法制に対するアンケートで「反対」が4,390票で51.5%。賛成...

続きを読む

【岡山通信】 移住4年目の日々

【岡山通信】 移住4年目の日々

ちょっと読む
みよ

朝、お隣のAさんからアジサイの花と玉ねぎを頂きました。庭の手入れをしている所へ塀の方から声を掛けてくれたのです。アジサイとヤブレガサ前にも庭のシランや、田舎の親せきが作ったと言うお赤飯を頂いています。こちらへ来て3年目ぐらいからでしょう...

続きを読む

経済と経営、社会と会社

経済と経営、社会と会社

ちょっと読む
さぼ郎

中国最古の「詩経」に「経営」という言葉があるそうです。「詩経」は周代に孔子が編集したという話です。周の時代というと、紀元前1046年頃 - 紀元前256年ですね。詳しいことはwikiなどにもたくさん書いてありますが、あまり興味が持て...

続きを読む

(四)肝動脈塞栓術(カテーテル手術)

(四)肝動脈塞栓術(カテーテル手術)

ちょっと読む
kanji

翌日12日(金)肝動脈塞栓術を行うことになったが、佐野裕二にとって手術は初めてであり全てが真新しいことばかりであった。午前中に採血、採尿、レントゲン、CT撮影をし、15時頃担架に乗せられ手際よく手術室に運ばれた。病院には20年以上行った...

続きを読む

健康に老いる

健康に老いる

ちょっと読む
さぼ郎

昨日(2015.6.14)の「天皇の料理番」よかったです。秋山徳蔵がフランスから帰って福井県武生の実家に行って、兄の部屋で対面するシーンの鈴木亮平さんの演技には泣けました。来週の予告で、なぜ黒木華さんが吉原に行こうとしているのかが、興味...

続きを読む

【自主調査】下世話的関心度調査

【自主調査】下世話的関心度調査

ちょっと読む
さぼ郎

1週間前に実施した自主調査、締め切らせていただきました。インセンティブもなしに130件ものご協力をいただきました。分析ツールのダウンロード ↑解凍は「wordcraft」本当に感謝しております。「ワードクラフト-特性の修正テープ」がいく...

続きを読む

好きな宣伝

好きな宣伝

ちょっと読む
さぼ郎

好きな宣伝BOSS宇宙人編コーヒボスサントリーサントリー ウイスキーサントリー ペンギンズバーサントリー・プレミアム・モルツプレミアムモルツ(ビール)昭和40年代のウィスキーのCM野坂昭之の?サミーデービスJr(サントリー)ソフトバンク...

続きを読む

好きな女優

好きな女優

ちょっと読む
さぼ郎

好きな女優オードリー・ヘップバーン吉永小百合アンジェリーナ・ジョリージュリア・ロバーツメリル・ストリープ余貴美子イザベル・アジャーニオリビアハッセーカトリーヌ・ドヌーブジャクリーン・ビセットスカーレット・ヨハンソンソフィア・ローレンナタ...

続きを読む

好きな男優

好きな男優

ちょっと読む
さぼ郎

好きな男優高倉健ジョージ・クルーニージョニー・デップトム・ハンクスハリソン・フォードスティーブ・マックイーン阿部寛西田敏行中井貴一アル・パッチーノジェイソン・ステイサムブルース・ウィリスポール・ニューマン渥美清佐藤浩市堺雅人緒形拳渡...

続きを読む

好きな映画

好きな映画

ちょっと読む
さぼ郎

好きな映画の一覧ローマの休日北の国から龍馬伝ショーシャンクの空ひまわりプリティー・ウーマン仁卒業池袋ウエストゲートパーク独眼流正宗半沢直樹風と共に去りぬ風の谷のナウシカ2001年宇宙の旅あまちゃんガリレオゴッドファーザーさらば・わが愛/...

続きを読む

2015年5月のクリック状況

2015年5月のクリック状況

ちょっと読む
さぼ郎

先月は「安部首相がアメリカ議会で大歓迎」という書き出しでした。となると、今月はなんといっても、憲法審査会で政権与党の参考人も含めて憲法学者3人が「違憲」との意見を述べたことがトピックになります。BLOGOS「長谷部教授が語った『立憲主義...

続きを読む

(三)関東十字路医療センターの診察

(三)関東十字路医療センターの診察

ちょっと読む
kanji

よく病気療養と社会生活の何れが重要かとの問題に直面するが、どちらも重要であり目先の対応を優先することが正直なところだろう。佐野祐二の体重は、80Kgから既に70Kgを下回り、気力体力も減少していたが、肝臓癌告知後も以前から約束していた仕...

続きを読む

皇帝

皇帝

ちょっと読む
さぼ郎

皇帝というと、やはりペンギンでしょうか?wikiを調べてみたら、なんと、日本の天皇陛下が世界で唯一の「皇帝=emperor」なのだそうです。サッカーではベッケンバウアーが「皇帝」でしたよね。スキーで怪我をしてしまった、シューマッハも...

続きを読む

宇宙と大初

宇宙と大初

ちょっと読む
さぼ郎

明治になって西欧化するに当たって、西洋の言葉を「和語」に置き換える必要に迫られたわけです。英語やドイツ語のタラタラ文字数の長い用語を、わずか二文字、三文字で言い得て妙なる漢語に置き換えることの利便は、世界に冠たる用法だと思います。日...

続きを読む

先生と道と人間関係

先生と道と人間関係

ちょっと読む
さぼ郎

「先生」というと、ワタシの場合は森昌子さんではありません。確かに、たくさんの先生と出会いましたが、なんといっても印象深いのは小学校の先生でしょう。1、2年のときは長谷川先生という女性のベテラン先生でしたが、いまでは消息を知っている同...

続きを読む

自主調査 第八弾

自主調査 第八弾

ちょっと読む
さぼ郎

久々の自主調査です。第八弾の調査画面にリンクしてあります ↑今回のテーマは、テレビドラマや銀幕のスター、流行の商品やサービスについて調査してみたいと思っています。第八弾の調査画面にリンクしてあります ↑国民の消費動向、テレビや映画の関心...

続きを読む

「クオリア」なんて言葉があった

「クオリア」なんて言葉があった

ちょっと読む
さぼ郎

本を読んでいたら「クオリア」なんて言葉が出てきました。その昔、茂木健一郎さんがはやらせたような記憶があります。誰かに進められて、この本だったか、違う本だったか読んだ記憶があります。内容については、記憶がありません。「脳科学者」という...

続きを読む

ハイドンのトランペット協奏曲

ハイドンのトランペット協奏曲

ちょっと読む
さぼ郎

道を歩いていたら、を拾いました。で、コンビニで買い物してジャラ銭見たら、昭和29年もののギザ十が、またまた手元にやってきてくれました。なんか、仲良しが踊っているようですね。と、こういう風に行きたいものです。とはいえ、現実には勝手に島埋め...

続きを読む

(二)骨折から肝臓癌発見

(二)骨折から肝臓癌発見

ちょっと読む
kanji

電車とタクシーを利用し30分程で、いつもお世話になっている田島整形外科に着いた。体調不良よりも、痛みで骨折しか気になっていない佐野裕二は、親しく挨拶をする間もなく直ぐにレントゲン撮影をし、診察を受けた。「二本折れているね。バストバンドと...

続きを読む

ホルミシスと徒然草175段の関係

ホルミシスと徒然草175段の関係

ちょっと読む
さぼ郎

徒 然 草吉田兼好175段世には、心得ぬ事の多きなり。ともある毎には、まづ、酒を勧めて、強ひ飲ませたるを興とする事、如何なる故とも心得ず。飲む人の、顔いと堪え難げに眉を顰(しか)め、人目を測りて捨てんとし、逃げんとするを、捉へて引き止め...

続きを読む

オープンカレッジに未来は有るか

オープンカレッジに未来は有るか

ちょっと読む
さぼ郎

アメリカでは、MITが無料で授業風景を動画にして配信しました。その結果として、授業から得られた知見はともかく、公開されるために教授たちの授業内容が向上したのだそうです。wiki「カーン・アカデミー」にリンク ↑綺羅星のごとく登場したのが...

続きを読む

【岡山通信】終の棲家 『松陽(しょうよう)団地』

【岡山通信】終の棲家 『松陽(しょうよう)団地』

ちょっと読む
みよ

団地の入り口付近団地が出来た頃の案内板まだこの地に住みついて3年しか経っていないと言うのに、先月(4月) 老人会の女性役員(3人)の内の一人に選ばれてしまいました。小学校の級長や学級委員以来です。目立つと叩かれると言う経験から今まで...

続きを読む

ワードのアウトライン使って本を読む

ワードのアウトライン使って本を読む

ちょっと読む
さぼ郎

wordのアウトラインを使うと会議の議事録や報告書など、とてもまとめやすいということを以前に書きました。以前の記事にリンク ↑そんなアウトラインを使って、本を読みながら著者の考えをまとめる訓練に使っています。例えば、いま、筑摩書房の「生...

続きを読む

(一)肋骨を骨折

(一)肋骨を骨折

ちょっと読む
kanji

銀座で仲間が自由に集う隠れ家の管理人とも用務員ともよく解らない趣味のような仕事を始め3年が過ぎた佐野裕二と、いわゆる非正規労働者として働く陽子は、還暦前後の夫婦である。都内在住と言えば聞こえは良いが、いわゆる地方出身の低所得者に分類され...

続きを読む

閑話休題

閑話休題

ちょっと読む
さぼ郎

直近で記憶に残ることを順不同で書いてみます。エピソード1一番鮮烈だったのが、打ち合わせがあるというので約束の場所に行きましたら、開口一番、ノート・パソコンを持ってこずに打ち合わせに来るという姿勢がなっていないと叱責されました。「一体どう...

続きを読む

山口便り <その8>

山口便り <その8>

ちょっと読む
Taka

新緑の季節を迎え、近所の田んぼでは田植えが始まりました。我が家の田んぼ(休耕田)ではこの時期から草との戦いが始まります。         草刈り前の田んぼ         草刈り後の田んぼ右下に残してある草は自生のふきで、休耕田...

続きを読む

エクセル仕事術〈3〉

エクセル仕事術〈3〉

ちょっと読む
さぼ郎

復習です。仕事術〈1〉では、行の高さを「18」にする。フォントサイズを「11」にする。フォントを日本語は「MS P ゴシック」で、英数字は「Arial」にする。A、B、C列の列幅を「1」にする。文字色は、直接入力:青計算式:黒他シート参...

続きを読む

「繋《tsunagaru》」を作る

「繋《tsunagaru》」を作る

ちょっと読む
さぼ郎

「繋 《tsunagaru》」を作ります。ロゴはできていますので、後は中身を作るだけです。以前に、といっても2015年1月17日ですが、、、。始まりはいつでも桃色計画咲かせて 咲かせて 桃色計画あなたに 使われて 咲き誇る華になるとまぁ...

続きを読む

5月の浅草といえば三社祭

5月の浅草といえば三社祭

ちょっと読む
さぼ郎

三社祭といえば、お祭りとしては、結構メディアの扱いが多いように思いますが、江戸の祭りとしては、深川、神田、山王だったようです。浅草が江戸ではなかった時代も有るようで、そのへんのことは詳しくは分かりません。江戸時代から謳われている江戸の大...

続きを読む

オノマトペと日本語の素晴らしさ

オノマトペと日本語の素晴らしさ

ちょっと読む
さぼ郎

この週、つまりは2015年5月の第三週に「オノマトペ」という言葉を2回、目にしました。そもそも、この「オノマトペ」という語彙を知りませんでした。ちなみに、「オノマトペ」はフランス語だそうです。最初に目にしたのは、ビジネス文書に「オノマト...

続きを読む

ワード文書の構造化はアウトライン機能で実現できます

ワード文書の構造化はアウトライン機能で実現できます

ちょっと読む
さぼ郎

「アウトライン記述法」というビジネス文書の書き方が有るようです。今まで知りませんでした。「アウトライン」といえば、「輪郭」とか「概要」として使われる用語で、イラストレーターなどでは、「文字をアウトラインにする」というと、文字の形状に添っ...

続きを読む

【岡山通信】『鬼ノ城(きのじょう)』

【岡山通信】『鬼ノ城(きのじょう)』

ちょっと読む
みよ

鬼ノ城は岡山市の東に位置する総社(そうじゃ)市にあります。ゴールデンウィーク明けに行って来ました。武家が築いた城ではなくもっと古い時代に唐や新羅の侵攻を防ぐため天皇の命令や貴族によって作られた城の一つと言われています。山の上に建つ復元さ...

続きを読む

尾張国女美濃の狐を伏すること第十七

尾張国女美濃の狐を伏すること第十七

ちょっと読む
さぼ郎

今昔、聖武天皇の御代、美濃国の方県(かたがた:斉明紀6年に記録に捕虜の唐人の居住が記されている)の郡小川の市に、極て強き女有りけり。其の形ち甚だ大き也。名をば美濃狐とぞ云いける。此れは昔し、彼の国に狐を妻としたる人有りけり、其れが四継ぎ...

続きを読む

日本語で科学をすることの意味

日本語で科学をすることの意味

ちょっと読む
さぼ郎

日経サイエンスの書評欄に上がっていた「日本語の科学が世界を変える」という本を読みました。幕末から明治にかけての西欧化の中で、医学も法律も軍事も、あらゆる学問の日本語化がされてきたわけです。しかし、そうした文化は実は1500年代からも盛ん...

続きを読む

アーレントが訴えた「悪の凡庸さ」

アーレントが訴えた「悪の凡庸さ」

ちょっと読む
さぼ郎

「ハンナ・アーレント」というDVDを見ました。この映画を見るまで、ハンナ・アーレントという人は知りませんでした。ハンナ・アーレントの記事にリンク ↑ハンナはユダヤ人であった。映画の中では、収容所に入れられたことになっている。ドイツで逮捕...

続きを読む

坂歩き《渋谷区編》

坂歩き《渋谷区編》

ちょっと読む
さぼ郎

2015年5月4日。天気晴朗なれど風強し。かつて、都内の坂歩きをしようということで、とりあえず、港区は歩き終わっていました。ゴールデンウィークだし、久々坂歩きでも という話から渋谷区を歩くことになりました。スタートは広尾です。広尾は、広...

続きを読む

2015年4月のクリック状況

2015年4月のクリック状況

ちょっと読む
さぼ郎

2015年4月のクリック状況を調べました。前年4月にリンク ↑安倍首相がアメリカで大歓迎されたというようなニュースの解説をテレビでやっていました。アメリカ議会で集団的自衛権の法整備を夏前に議会を通すと約束したとか。安倍首相が、そんなにし...

続きを読む

漢文の素養ありますか

漢文の素養ありますか

ちょっと読む
さぼ郎

高校の時、漢文の授業には参りました。先生はとても楽しそうに授業を進めるのですが、こちらは、何んにも楽しさが伝わらず、なぜ、このような授業があるのか不思議でしょうがありませんでした。ところが、50を過ぎるころになって、ふとしたきっかけから...

続きを読む

文書管理してますか?

文書管理してますか?

ちょっと読む
さぼ郎

文書管理を専門にコンサルタントをしている ios さんと、お付き合いしてから、やおら10年です。iOSではありません。「イオス」です。「ジョブスの挨拶はなかったなぁ~」彼は若かりし頃、文書管理に目覚め、アメリカに勉強にも行っていて、日本...

続きを読む

食品添加物を考えよう

食品添加物を考えよう

ちょっと読む
さぼ郎

コンビニに限らず、流通して販売されているものの殆どに、添加物が入っています。思い出せば、子供の頃、三ツ矢サイダーに「全糖」とそうじゃないのがあり、記憶では全糖が25円で、そうじゃないのが15円だったような、、、(金額ははっきりしません)...

続きを読む

片付けで、この人生がトキメク!

片付けで、この人生がトキメク!

ちょっと読む
さぼ郎

「人生がときめく片付けの魔法」近藤麻理恵:著略して:コンマリ近藤麻理恵オフィシャルサイトにリンク ↑いまさら、この人生がときめくなんて、考えてもみませんでしたが、相手はなんといっても「2015年、米“TIME”誌が選んだ《最も影響力のあ...

続きを読む

アイデアに力を持たせるために

アイデアに力を持たせるために

ちょっと読む
さぼ郎

「アイデアのちから」という本です。2008年の本で357ページあります。なかなかためになる逸話も多かったのですが、100ページ位にまとめてくれればどんなにうれしいかと思いました。ということで、「記憶に焼きつくアイデア」には共通法則がある...

続きを読む

データベースを考えてみる

データベースを考えてみる

ちょっと読む
さぼ郎

「データベース」というワードをよく使います。データベースとは、「データを溜めるもの」あるいは「溜めたデータの集まり」のことですが、データの蓄積、検索、更新などの一連の仕組み(システム)を総称するときにも使われます。マイクロソフトによると...

続きを読む

山口便り<番外編 外秩父七峰縦走ハイキング大会>

山口便り<番外編 外秩父七峰縦走ハイキング大会>

ちょっと読む
Taka

冬の間ずっと山口でしたが、「外秩父七峰縦走ハイキング大会」に参加するため久しぶりに東京に戻ってきました。 その体験記です。 この大会は、外秩父の七峰約42Kmを縦走するもので、定員は8000人となっていましたのでかなり大規模です。主...

続きを読む

統一地方選挙雑感

統一地方選挙雑感

ちょっと読む
さぼ郎

2015年4月22日天気はそこそこ晴れです。統一地方選挙。毎日、宣伝カーが路地まで入り込んできて、候補者の名前を、ただひたすら連呼しています。何日か前の世論調査をグラフにてみました。◆安倍内閣を支持しますか。支持率は47%です。前回から...

続きを読む

体をもむ

体をもむ

ちょっと読む
さぼ郎

先週、朝起きた時、首がなんとなく痛かったのですが、たまたま、磯野さんから電話があって、横浜に行って、体の整体をしてもらってきました。「手をもむ」にリンク ↑磯野さんは、「手をもむ」という健康法で事業所、それも長時間パソコンを操作するよう...

続きを読む

エクセル仕事術〈2〉

エクセル仕事術〈2〉

ちょっと読む
さぼ郎

さてさて、「外資系投資銀行のエクセル仕事術」の続きです。2015年4月21日現在のアマゾン・レビューは37件。星5つが24件・65%。VBAとか関数とかをガリガリやると思ったら大間違い。そんな本は、他にたくさんあります。とても重要なこと...

続きを読む

【岡山通信】岡山の桜(後篇)

【岡山通信】岡山の桜(後篇)

ちょっと読む
みよ

鶴山(かくざん)公園を後にして車で北へ5分の聚楽園へ行ってみました。丁度入学式シーズンで通り道の左手に『津山高校入学式』という立て看板を見ました。その先の信号を右折したすぐ左手に又『入学式』の看板が立っていて門柱には津山商業高校と書いて...

続きを読む

日経サイエンス 201504号

日経サイエンス 201504号

ちょっと読む
さぼ郎

「日経サイエンス」を図書館から借りてきて目を通しています。台東区には、この「日経サイエンス」を図書館から借りて読みたいと思っているファンが2ないし3人(自分を入れて)いるようで、26日になると次号の予約ができるのですが、ちょっと出遅れる...

続きを読む

ダイヤモンドな話

ダイヤモンドな話

ちょっと読む
さぼ郎

アマゾンで「高額商品」と検索したら、ダイヤモンドが掲載されていました。amazon「ダイヤモンド」リンク ↑ブログネタ探すために「amazon レビュー」としたら、amazonでダイモンドを売っているのを見つけました。その書評が面白...

続きを読む

駿河の前司橘季通構えて逃ぐること第十六

駿河の前司橘季通構えて逃ぐること第十六

ちょっと読む
さぼ郎

今は昔し、駿河前司橘季通と云う人有き。其人若かりける時、参り仕まつる所にも非ぬやんごとなき処に有りける女房を語りて、忍びて通いけるを、其所に有ける侍共、生々六位(六位になりたての若造)などの有りけるが、「此の殿の人にも非ぬ者(この屋敷に...

続きを読む

睡蓮の長いまどろみ

睡蓮の長いまどろみ

ちょっと読む
さぼ郎

宮本輝さんの「睡蓮の長いまどろみ」を読みました。アマゾンの書評を見ると、評価がわかれているようです。「で、あなたはどうよ?」と聞かれると、迷わず「流転の海」のほうに軍配を上げます。そもそも、ワタシの場合、小説の基準は樋口一葉の「にごりえ...

続きを読む

構造化文書とWORDと戦争と

構造化文書とWORDと戦争と

ちょっと読む
さぼ郎

「構造化文書」という考え方に触れたのは、随分昔のことです。当時はSGMLしかなく、そのプロトタイプは、1979年にIBMが考えた「GML」とのことでした。GMLは「Generalized Markup Language」のことで、ようは...

続きを読む

平均律をExcelで計算する

平均律をExcelで計算する

ちょっと読む
さぼ郎

以前にkanjiさんが「平均律と純正律」という記事をあげています。音楽の話は、そちらを参考にしてください。kanjiさんの記事にリンク鍵盤の左から「C-D-E-F-G-A-H-C」となります。日本語で言うなら「ハニホヘトイロハ」です。「...

続きを読む