PAGE TOP

取り組み

印刷する

【Word2010(2013)】オリジナルスタイルから「目次自動生成」をやってみた

アウトライン機能でレベル設定が必要

のりのり
word

文章量の多いWord文書を作成するとき、目次があったほうが何かと便利。

何かと」というのは、目次から「Ctrl+クリック」で該当のページに飛ばせることもできますし、文章を挿入したり、削除をしたりしてページ番号が変わったら、「目次更新」機能を使うことで自動でページ番号が修正されます。

通常、目次を自動生成させるには、文書の構成を考えます。次に、目次にどのレベルまで表示させるかを決めます。たとえば、
第1章
第1節
第1項
のような文書構成になっている場合、上から3つのレベルまで、あるいは2つのレベルまで目次に表示させるでしょう。

目次を自動生成するには、アウトラインレベルが要になります。Wordには、スタイル機能を使うことにより目次が自動生成されるように設定されているのです。

スタイルを当てることにより、「見出し1=レベル1」、「見出し2=レベル2」、「見出し3=レベル3」とアウトラインレベルが設定されています。

今回は、この便利なスタイル機能を使わず、独自にスタイルを作成し、目次を自動生成してみようと思います。

図2

文書構成を下の図のようにしようと思います。
 L1t、L2t、L3tは、タイトルを表すスタイル名です。
(L1b)(L2b)(L3b)は、タイトルの下にくる文章のスタイル名です。

図に示すように、アウトラインレベルは、L1t=レベル1、L2t=レベル2、L3t=レベル3となります。

図1

表示-ナビゲーションウィンドウにチェックを入れ、次にアウトラインをクリックします。

図5 

図6

アウトライン・ウィンドウでレベルを当てていきます。

はじめに」の上にカーソルを置き、ウィンドウのドロップダウンを開き、「レベル1」を選択します。「第1章」も同様です。

第2節」の上にカーソルを置き、ウィンドウのドロップダウンを開き、「レベル2」を選択します。

第3項」の上にカーソルを置き、ウィンドウのドロップダウンを開き、「レベル3」を選択します。
 
図7

これで、目次を自動生成するのに必要なアウトラインレベルを設定できました。
 
アウトライン表示を閉じる」をクリックしてアウトライン画面を閉じます。ナビゲーションウィンドウも閉じておきます。

目次を作成したいページの位置にカーソルをおき、ツール-[参考資料]-[目次]-[目次の挿入]をクリック

図8

図9

アウトラインレベルをいくつまで表示するか選択して、オプション をクリックします。

レベルを3に設定しました。

図10

目次レベルの欄に、左のスタイルに対応するレベルを入力しOK をクリックます。

図11

目次が生成されました。

キーワード