PAGE TOP

視点

印刷する

メールが届かなくなった

さぼ郎
メール

さくらインターネットの共用サーバーを使っています。
ある時から、メールが届きにくくなりました。

さくらインターネットに、ドメインを登録しており、そのドメインによるメールが、送信先に届かなくなったわけです。

The following addresses had permanent fatal errors

「永遠的な致命的エラー」が起きているようです。

reason: 554 5.7.1 Service unavailable

なにやら、「554 5.7.1」という理由だそうで、メールサービスは使用不可能なようです。「554」という理由が曲者で、おそらくですが、spamリストに登録されているということのようです。

https://www.spamhaus.org/query/ip/219.94.192.41

と出るので「spamhaus」というサービスで、「219.94.192.41」がリストアップされていて、そのサービスを利用しているメールサービスでは、スパムメールとして排除されているというような仕組みのようです。

while talking to vcgw1.ocn.ad.jp

とあるので、「OCN」のメールサービスがspamhaus」のリストを眺めて、該当するIPアドレスがあったら、スパムメールとして配信しないという仕組みではないでしょうか。

スパム

そこで、さくらインターネットのサポートに問い合わせましたら、
本件につきましてご提供いただきました情報を基に、該当サーバ内の調査を行いましたところ、ご利用サーバ内にてブロックリスト登録等の要因となりうるであろう状況を確認しましたため、弊社にて該当するユーザに対応を行いました。
また、弊社にて申請可能なブロックリスト事業者へは、解除を行なうよう、申請済みでございます。
しかし、ブロックリストを運営する各事業者につきましてはその運用ポリシーや判断基準は様々であり、申請に対する反応がない場合もございます。
恐れ入りますが、受信サーバ側におけるブロック解除等が行われますまでしばらく様子をみていただき、送信をお試しくださいますようお願いいたします。
との返事をもらいました。

かいつまむと、共用レンタルサーバーですから、同じサーバーの中で、誰かがスパムメールを出していたのでしょう。それを「spamhaus」がリストとして登録したのをOCNがチェックして、それで、メールが届かなくなってしまったわけです。

共用レンタルサーバーでは、「隣は何するヒトぞ」であって、こういうことは起こりうる事だということを認識しました。

回避策として、メールアドレスは複数持たないとダメということですね。それと、メールが送信できなくなったら、メールエラーがおきたという英語表記のメールを丹念に調べて対処しないといけないということです。


キーワード