PAGE TOP

科学的

印刷する

ワクチン戦争

さぼ郎
ワクチンには種類があるようです。
不活可ワクチン
組み換えタンパクワクチン
ウイルスベクターワクチン
DNAワクチン
mRNAワクチン

開発状況は、ワクチンの場合「前臨床」「第1段階」「第1/2段階」「第2段階」「第3段階」のような進捗になるようで、第3段階に入っているのが10社あります。

頓活

国別の内訳では
アメリカ:4社
中国:3社
イギリス:1社
ドイツ:1社
ロシア:1社

で、ワクチンの種類別では
ウイルスベクター:4種
mRNA:3種
不活可:2種
組み換えタンパク:1種

という感じです。

日本の開発状況としては「第1/2段階」が1社で、あとは「臨床前」が3社という、先進コックを標榜するには、甚だお粗末な状況です。

どこの国もワクチンの確保が忙しいようで、
アメリカ:8億回分
イギリス:3億8千万回分
日本:2億8千万回分

2021年末までの生産量が20~40億回分とされているので、世界人口の13%の高所得国が買い占めていることは、結果として蔓延を沈静化するのに時間がかかることを意味します。

頓活

そこで、「COVAX」という共同購入機構を作って各国からお金を集めて20億回分の購入権利を得ようということですが、160億ドル集めなければならないところ、今のところ17億ドルしか集まっていないようです。

77か国が参加していますがロシアアメリカは参加していません。

初めて知りましたが、人間に害を及ぼす微生物等は1400種以上あるそうですがワクチンで予防できるのは30に満たないそうです。

エイズ、マラリヤは何社もが挑んでいますが、いまだに解決していません。

ホリエモンが「マスク原理主義」と常々、世間の動きを揶揄していますが、米国の感染症対策総合研究所の発表では有効性が70%のワクチンよりマスクのほうが効果があるとのことです。つまり、マスクの着用には科学的な成果が見込まれており決して原理主義ではないようです。

彼の場合は「炎上商法」ですので、あえて人とは違うこと(アンチ)をいうことで、社会に批判的な層の共感を呼び起こしてYouTubeのアクセスが増えれば儲かる仕組みなので、無知がゆえにつまらない騒動を起こしているのではなく怜悧な計算に基づいているのでしょうけれど、あたら素晴らしい能力を使うのなら、世の中を悪くする方向ではなく、よくする方向に使ってもらいたいものですね。

頓活

橋下徹さんなども、似たような論法でまくしたてますが、共通しているのは上品さがないことでしょうか。橋下さんの場合も怜悧な計算があって、いまだにテレビに重用されているということは、政権の逆鱗を踏まないような配慮は十分にしてあって、論法鋭くまくし立てているときは、政策の是非を問うのではなく、自由で民主的な政党の政策に否定的な輩を見つけると、全身全霊を使って論破しようとするのが彼の持ち味です。うまいものですが飽きます。

ところで、日本の製薬会社が出遅れている背景も特集されています。

日本政府は海外頼みで8億8千万回分で「6,714億円」支払う予定のようです。しかもワクチン接種で起きる健康被害は日本政府が負うという特約まで結ばされているようです。

なんでそんなことになっているのかといえば「2021年夏のオリンピック」だそうです。

頓活

日本で一番頑張っているのが「アンジェス」という製薬会社で大阪大学医学部助教授の森下竜一さんが作っています。

wikiには、遺伝子医薬開発を行う日本のバイオ製薬企業と書かれていますが、そもそも大阪大学は、抗体医薬では先駆けている大学のようです。

中国・ロシアでは国策としての位置づけがあり、社会制度が違うので同列には語れませんが、アメリカを含めてワクチン開発は戦略的な位置づけで取り組んでいます。

第一次世界大戦もスペイン風邪で戦争継続が不可能になりました。核の次は生物兵器戦になると予想しているようですが、日本では学術会議が戦争技術には手を貸さないと拒んでいる背景もあって、菅さんが目指しているのは、その辺の打破なのかもしれません。

国立感染症研究所の脇田隆字さんによると、感染によって得られた免疫は3か月程度で消失するようです。ワクチンで誘導された抗体も同様ではないかと推測しています。

また、免疫も鼻・喉の粘膜免疫が期待される場合に、ワクチン接種では全身免疫になってしまい、感染予防効果が十分にあると認められた例は、これまでにないそうです。

頓活

今回の新型コロナ感染のキモは、若い人たちの感染では無症状か風邪を引いたくらいなのでワクチン接種を積極的に受けない可能性が高そうなことですが、彼らが感染することで抑え込むことが困難になる可能性が高いことです。

朗報としては重症化予測因子が特定されだしてきているので血液検査で該当する人を判定できるようになっているとのことです。

なんの根拠もなく日本が優れているとする妄信こそが「原理主義」と思います。間違いなく政治も官僚もかなり劣化(モラルとして)しているようです。

頓活

自由で民主的な政党と官僚が結託して独裁政治が展開されているわけですが、隣国の共産党支配に比べれば自由度がまだまだ確保されているので、甘受する以外に策はありませんが、せめて医薬の世界ではリードしてもらえるだけの予算確保を願いたいですね。

学術会議の10億円から4億円をカットすることを行政改革などと悪あがきするなら、アベノマスクにかけたお金、各種補助金配布に関する電通の中抜き、森友の異様な値引きなどの妥当性を精査することのほうが国民的アピールがあるように思います。



キーワード