PAGE TOP

雑感

印刷する

ギザ十と昼寝

さぼ郎
当年初のギザ十をゲットしました。昭和29年ものです。

頓活

この年の4月から集団就職列車(青森ー東京)が運行されたとのことです。戦争に負けてから9年。前年に朝鮮戦争が停戦しています。

本格的は復興が始まる頃なのでしょうね。子供のころ、母親が札幌の出だったので帰省するときは上野駅からでした。

「はつかり」とか、ほかの列車の名前は忘れましたけど、上野から青森まで行って、青函連絡船で函館に行き、そこから札幌までで25時間かかっていました。

当初、列車は1等、2等、3等がありました。1960年に3等が廃止されたのだそうです。2等と3等の違いは、2等の寝台は2段ベッドですが、3等は3段ベッドだったと思います。

で、1等と2等、3等の違いは、1等は進行方向に向かって寝台がありましたが、2等、3等は進行方向に向かって直行するように寝台が設置されていて、停車したり動き出したりする都度に揺れがあるので安眠できませんでした。

青函連絡船の接続も、1等が先に乗船し、1等客が終わってから下々の順番でした。下々は、大部屋というか畳敷きのでかいタコ部屋の、どこにでも勝手に座ったり寝たりして時を過ごしていました。

いまは、東京から函館まで4時間です。札幌までを4時間にしようとしているようです。函館北斗という駅は、単に新幹線の駅があるだけでもう少し函館寄りにならなかったのかと思いますが、札幌までの接続を考えたのでしょうね。

さて、ひるがえって現代の東京ではコロナが復活してきています。それをアピールするためなのか、スカイツリーの電気が消えていたので写真を撮りました。

頓活

そしたら、やおら紫色で光りだしたので、それも撮りました。

頓活

今朝歩いていたら、本願寺の前の浄土真宗のお寺の看板に蟻と人間の話が書かれていました。ちなみに、殺す、犯す、盗む、縄張りで争うなどは他の動物でも一般的ですが、いじめする、拷問する、リンチする、差別する、あおり運転するのは人間だけです。

これって、ヒトゆえの「特権」なんでしょうかね?

頓活

親父は戦前に大学出て、就職したものの戦争が厳しくなって学徒で引っ張られて将校任官で早々戦地にいき中国からシンガポール、そしてビルマまでいき戦争が終結して捕虜になってタイにいたとのことです。

どこの戦地だったかは聞きそびれましたが、英国人の捕虜の話をしたことがあります。捕虜の将校にタバコをカートンで上げるとパッと敬礼して隊に持ち帰り一兵卒であろうが均等に配るのだそうです。

これが、日本兵だったら将校で山分けしてしまう。それぐらい民度が違うといっていました。麻生大臣によれば、日本は民度が高いのだそうですけど。

人間には「善」があるはずなのに蟻以下なんですね。たしか、宮沢賢治の小説にも「蟻」が出てくる話があったと思いますがストーリーは忘れました。

と、隣のお寺には、こんな書き物が掲載されています。

頓活

本当の悲劇は「善」と「悪」が戦って「悪」が勝った時に起こるのだと思います。例えば、近畿財務局で自裁された赤木さんの奥さんが、裁判で国や佐川さんに負けるようだったらの話です。おそらくそうなるのでしょうけれど。

大概の戦いは「」と「」の戦いでしょう。たとえばキリスト教徒とイスラム教徒だって、それぞれの「」で戦っているわけです。

つまり、それだけ「」という言葉の裏側には「」が同居しているわけです。まさに親鸞がいう「善人なほもて往生をとぐ、いはんや悪人をや」という本領を発揮している言葉のようですね。

この真意は、善行を積めば往生できるということは本願することを疑っていることで、そんな善人でも往生できるなら、善行そのものにもなんら関知しない悪人だって往生できるはずという意味のようです。

さすがに浄土真宗です。

そもそも、戦前なら「天皇陛下万歳」が善であり、ドイツではハイルヒットラーが「」だったことからして「」とは、悪に比べて全く一貫性がありません。

シリコンバレー発アルゴリズム革命の衝撃」という本を図書館から借りてきていますが、「衝撃」というよりは「それがどうした」くらいの感想しかありません。

頓活

テレワークだとか、クラウドだとか、ビッグデータだとか、AIだとかには方向性に一貫性を感じるものの、そこにかかわる人間を均一化し過少化していく気がしています。

昔、歯医者にかかれば貧乏人はアマルガムで、金持ちはベタ金の入れ歯でした。裏のマンションの駐車場にはBMWとレクサスが置かれています。一昔前の「ベタ金」の入れ歯が、さしづめBMWやレクサスというとことなのでしょう。

頓活

スーパーコンピュータが出始めのころ、トヨタや日産が率先してスパコンを導入していました。笑えるのは、スパコンの演算は早いけれど、スパコンで計算させてもらう順番が待ち行列になっていたとか。

で、スパコン使って流体力学駆使して車をデザインさせると、トヨタも日産も似た車の形状になってしまうのだそうです。

ビッグデータ、AI、IoT。これらから導き出される結果の社会は、どのみち知れたものでしかありません。

結果に倣えば、おおかた、アメリカ人か中国人の価値感となり、うまいこと金を稼げればBMWかレクサスに乗るという画一化にパターン化されていく気がします。金が稼げなければ画一化されないわけでもなく、貧乏、貧困という画一化された枠の中から「あすなろ」と言い続けて、明日も明後日もヒノキにはなれないままなのでしょう。

人口減少社会で1千兆円を超える借金があって、資源もない日本がこれから成長することなど考えられず、いまさらアメリカ人や中国人を真似たところでどうにかなるものとは思えません。

まして、このコロナは来年も引きずることでしょう。すでに借金をしている企業体は、今年・来年に向けた有効な対策が打てなければ存続すら難しくなるでしょう。

そうなる社会で、なにをするのが有効かをひたすら考えて生き延びる策を見出さなければと思っていますが、それができるなら、このような社会情勢になる前に左団扇になっていましたよね。

頓活

何をしても左前ならば、寝てるほうが利口かもしれません。



キーワード