PAGE TOP

関連情報

印刷する

パソコンの作り直し《続き》

さぼ郎
前回の続きになります。

Office365のインストールに、とてつもない時間がかかるという話を書きましたが、昔と違って、ExcelやWord、Outlookという具合に単独のアプリとしてのインストールやアンインストールができない仕様になっているようです。

で、問題が発生したのはOutlookでした。

頓活

この「メールアドレスを入力」というフォームが曲者です。ここのメールアドレスを入力してはいけません、事故ります。

ワタシは、何も考えずにいつも使っている「dion」のメールアドレスを入力して「接続」ボタンを押しましたら、ひどいことになりました。

で、一通り設定が終了したようなのでOutlookの画面を呼び出してみたら、なんだかとても変なのです。

後で分かったことなのですが、Exchangeサーバーに登録してしまったようなのです。しかも、いつも使っているメールアドレスをユーザー名として、そのあとに「@wordcraft.onmicrosoft.com」続くようなのです。

あわてて、いろいろいじってもプロファイルを消せないとかうまく進みませんので、結局、Office365をそっくりアンインストールしてから、翌日、再度、インストールするしかないと思って、またまた、すごい時間をかけてアンインストール&再インストールしました。

で、Outlookを設定しようとしたら、Exchange サーバーへの設定プロファイルがそっくり残っていて、アンインストール&再インストールは無駄な努力でした。

頓活

ここで重要なことは、「詳細オプション」から「手動で設定」にチェックをいれなければだめです。

ここが天国と地獄の分かれ目になります。

もし間違ってExchangeサーバーに設定をしてしまったときは、慌てないでください。

ファイル」から「アカウントの設定

頓活

一番下の「プロファイルの管理」をクリックします。

頓活

電子メールアカウント」をクリックします。

頓活

この一番上にあるのが、「dion」のメールではなく、「dion」風のExchageです。この状態では削除すらできません。

ここでは「新規」を選んで下さい。

頓活

自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)」のラジオボタンをクリックします。

頓活

これでPOPサーバーの設定をしてから、Exchangeの登録を削除することができるようになります。

頓活
ここまで来るのに、マイクロソフトに電話して大変な思いをしました。

余談ですが、肝心のdionのメール設定がパスワードを通らなくて、考えられる限りのパスワードを試してみましたが、全然だめでしたので、KDDIに電話してパスワードをリセットしてもらいました。

1週間ほどかかって郵便で届くのだそうです。

文書管理」と一言で言いますが、なんであれ「管理」をするということ、「管理」ができるということは、ルーズさが少しでもあると「崩壊」してしまいます。

おそらくですが、人間の修正として「ルーズ」は、通常のことと思います。「几帳面」である必要なないのですが、「ルール」を作り、それを順守することを「習慣化」していくことが大切であると痛感しています。

管理」要素のある事象にかんしては、それがなんであったとしても、「規則」化することと、ルール順守ができているかを「確認」することが不可欠であり、それがひいては組織の文化になっていくような循環がなければ、結局は間接業務から「崩壊」していくことが、実感できる出来事でした。



キーワード