PAGE TOP

関連情報

印刷する

リブラの仕組みとは

さぼ郎
シンプルで国境の無いグローバルな通貨と金融インフラになる

というのがリブラのテーゼ(目標?理想?願望?)のようです。

頓活

ビットコインは投機筋に好まれたのかボラティリティが高く、保存や決済には向きません。そこでリブラが出してきたのが「信用できる中央銀行が発行する通貨や公債を組み合わせる」という手法です。

一般には「ステーブル・コイン」と呼ばれます。「ステーブル」とは、「安定している、固定している」というような意味。

各国のリブラユーザーが各国の法定通貨でリブラを購入した金額でリザーブ(貯え)に当てるという話。

リザーブは裏付け資産としてだけの運用であり、リザーブに付く利子はリブラ協会の運営費にあてられるそうで、リブラユーザーへの還元はありません

リブラ協会は、Facebookから独立している機関でスイスのジュネーブに設置される。ビットコインでは「プルーフ・オブ・ワーク」という、とても無駄な演算を果てしなく競争しながら行うノードが、データの妥当性や認可を行っていますが、パブリックな公開型ではないので、バリデータノードがブロックを生成することになると思います。
バリデータ(validator)とは、バリデーション(validation:「検証、実証、認可、妥当性」の意味)を行う機能またはソフトウェアのことで、入力されたデータが仕様にそって適切に記述されているかを判断し、不適切な箇所があった場合にはエラーとして通知します。
リブラ協会参加要件としては、市場価値10億ドル(1000億円超)以上か暗号関連投資あるいは1億ドル以上の資産運用のブロックチェーン実績などが必要とされるようです。

Facebookはリブラの運用が開始されると責任・特権・財務などは他のメンバーと同等になるとのことですがにわかには信じられません。Facebookにとってメリットがあればこそのリブラなのですから。
スケーラビリティ問題とは「送金処理の遅延問題(トランザクション処理の遅延問題)」のこと。その原因は、ビットコインなどの仮想通貨には、一定時間に処理できるトランザクションの量が決まっていることから(ブロックサイズ)、それを超える取引が行われることで「未処理トランザクション」が溜まり続けてしまったため。
公表では1秒に1000トランザクションの処理が可能とされています。しかし、これとて1日に8600万件の処理しかできません。Facebookユーザーの数で言うなら1日に3%のユーザーの1日1回の処理しかできないわけです。

とはいえ、規制当局から睨まれているリブラは、彼らの計画通りには話が進んでいません。

というのはリブラ・リザーブとして法定通貨を裏付け資産として保有し、その法定通貨をバスケットとして保持することを明示していますが、
バスケットを裏付ける準備金が証券として分類され、米証券取引委員会(SEC)のような規制当局の管轄下に置かれる可能性が以前に示唆されていた。
という具合で、こうなるとリブラは単なる「投資顧問」としての登録が必要になり証券取引委員会からの規制に従う必要が出てきます。

頓活

ちなみに「バスケット」とは「多数の銘柄をまとめてバスケット(=かご)に入った1つの商品とみなして売買する取引」とのことで、各国の法定通貨を所定の割合で持つことをいうようです。

何にせよ、過去に個人データを流失させていたFacebookが金融にまつわる本人データにアクセスできるようなることへの懸念は、簡単には払拭することはできそうにありません。

社会的であれ、法的であれ受容されることは難しそうな気がします。ビットコインは投資先として金の亡者たちの遊び道具となっているので各国金融関係者に不安を与えていませんが、Facebookが主体であるということが「リブラ」の実現の障害になっている気がします。


頓活

マスターカードがリブラ協会から離脱した背景として、リブラの説明において明確な利益が生まれる仕組みが見えてこなかったことを挙げています。それでもリブラを立ち上げようと執着する背景として、
「利益を得る方法が理解できない時は、往々にして好ましくない方法で利益が上がる」
とコメントしています。



キーワード