PAGE TOP

科学的

印刷する

コロナウイルスとは?

さぼ郎
コロナウイルスとは一体なんの呼称なのか調べてみました。

頓活

国立感染症研究所の記事を参考にしていますので、本格的に興味があったらそっちを読むほうがいいでしょう。
ヒトに蔓延している風邪のウイルス4種類と、動物から感染する重症肺炎ウイルス2種類が知られている。
ウイルスは無尽蔵にいるのではなく、風邪に関しては6種類のようで、その数の少なさには驚きです。

・HCoV-229E
・HCoV-OC43
・HCoV-NL63
・HCoV-HKU1

この4種類に加えて、

・SARS-CoV
・MERS-CoV

があるとのこと。ちなみに「コロナ」という名前は、「王冠」から来ているのだそうで、ギリシャ語による「王冠」が「corona」なんだとか。
SARS-CoVは、コウモリのコロナウイルスがヒトに感染して重症肺炎を引き起こすようになったと考えられている。
当初はハクビシンが疑われたようですが、「キクガシラコウモリ」が感染していることが確認されているとのことで、致死率は「9.6%」と書かれています。

頓活

2002年の中国雲南省で発生しています。武漢からは随分離れています。
MERS-CoVは、ヒトコブラクダに風邪症状を引き起こすウイルスであるが、種の壁を超えてヒトに感染すると重症肺炎を引き起こすと考えられている。
MERSはサウジアラビアから発見されているとのことですが、サウジアラビアの人には抗体がある人もいて、保菌しているヒトも少なからずいることが推定されています。

頓活

致死率は34%と、かなり高いようです。

市中でヒトからヒトへ伝染した事例は報告されていなようです。韓国では2015年に中東帰りのヒトから感染し186人に伝播したことがあったため、今回の新型コロナへの対応が早かったことにつながったようです。
コロナウイルスは家畜や野生動物などの、我々の周りに棲息するあらゆる動物に感染し、様々な疾患を引き起こすことも知られている。
イヌ、ネコ、ウシ、ブタ、ニワトリ、ウマ、アルパカ、ラクダなどの家畜に加え、シロイルカ、キリン、フェレット、スンクス、コウモリ、スズメからも、それぞれの動物に固有のコロナウイルスが検出されているらしいのですが、種の壁を超えることは「ほとんど」ないとのことです。
感染者には感染症指定医療機関への入院措置がとられ、陰圧管理された病室で治療を受けることになる。同時に疫学調査が行われ、感染経路や接触者が特定される。
とのことです。ここまでは、従来の「コロナウイルス」の話ですが、武漢で発生したコロナウイルスは、「新型コロナウイルス」と称されて猛威を奮っています。

労働者もお店も会社も、このせいで「自粛」を呼びかけられています。

なぜ「新型」というかというと、7つ目のコロナウイルスだからだそうです。SARSもコウモリ伝来でしたが、SARS・MERSの致死率に比べると推定「2%」程度と、恐れるには足りない感じですし、インフルエンザによる死亡者数のほうが断然多いのですが、「新型コロナ」では世界も大騒ぎになっています。

感染力では、はしかが12~18人。SARSが2~4人。季節性インフルエンザが1.4~4.0人とされているのだそうです。

それに反してWHOでは新型コロナウイルスの感染力は1.4~2.5人だそうで、それからしても、感染力も致死率も季節性インフルエンザのさほど変わらないような気もします。

それからすると世界の、この大騒ぎは何かがおかしい感じでもありますが、日本を除くと、アメリカでもヨーロッパでも大変な死亡者数です。

大本ではAタイプだったものが変異してBタイプになって、これがアジア近隣に広がって、Aタイプがアメリカで猛威を奮っているようです。Bタイプから変異したCタイプがヨーロッパで猛威を奮っているという感じの記事がありました。

AタイプとCタイプの毒性が高いということなのでしょうか?

ヨーロッパやアメリカでは手洗いの習慣がないとかマスクを付ける習慣がないなどの話がありますが、とはいえ、感染者数にしても死亡者数にしても日本とは隔絶の感があって、不思議な気がしています。
感染者数は233万1318人が確認され、うち死者数は計16万502人となった。新型コロナウイルスによる打撃が最も深刻な欧州での死者数は10万1398人で、感染者数は115万1820人に上る。---2020年4月19日 19:51
この数字からすれば死亡率は「2%」どころか「7%」に迫る勢いです。ちなみに、4月16日現在での日本の数字は「約2%」です。但し、検査数が少ないので、実際には、もっと死亡率は低いことが予想されます。

何が正しいのかは全く不明ですが、感染らないこと、感染さないことは大事なことなので、治療法が確立すまでの間は、意識して自粛に務めることが宅作であることは間違いのないところです。

新型コロナウイルスの感染拡大については、2つの論点でアメリカが調査をしているようです。

一つは中国がコウモリ伝来のウイルスを研究していて、そこから漏れたという説。

もう一つは、武漢で発生したSARS様のウイルス感染を初期に隠蔽しようとしたことが世界的パンデミックにつながったことへの責任。

前者は科学的な研究を前提にしなければ「推定」でしかありませんが、後者はどうも本当のようですが、真実は日本の内閣府同様に闇の中です。

噂ではSARS発生として警鐘を鳴らそうとした医師が失踪したなどという話もありますから、ぜひ、アメリカの力で解明して欲しいものと思います。

Newsweekによれば、国連の15の専門組織のうち、
●UNIDO(国際連合工業開発機関)事務局長:李勇 (2013年6月~)
●ITU(国際電気通信連合)事務総局長:趙厚麟(2014年10月~)
●ICAO(国際民間航空機関)事務局長:柳芳(2015年3月~)
●FAO 国際連合食糧農業機関 事務局長:屈冬玉(2019年8月~)
この4つの事務局長は中国共産党員に占められています。

ほかにも、
●WIPO(世界知的所有権機関)事務次長:王彬頴(2008年12月~)
●IMF(国際通貨基金)事務局長:林建海(2012年3月~2020年4月)
●WTO(世界貿易機関)事務局次長:易小準(2013年8月~)
●WB(世界銀行)常務副総裁兼最高総務責任者(CAO):楊少林(2016年1月~)
●WHO(世界保健機関)事務局長補佐:任明輝(2016年1月~)
●AIIB(アジアインフラ投資銀行)行長(総裁):金立群(2016年1月~)
●IOC(国際オリンピック委員会)副会長;于再清(2016年8月~)
●IMF(国際通貨基金)副専務理事:張涛(2016年8月~)
●WMO(世界気象機関)事務次長:張文建(2016年9月~)
●UN(国際連合 国際連合経済社会局)事務次長:劉振民(2017年6月~)
●ADB(アジア開発銀行)副総裁:陳詩新(2018年12月~)
●UN(国際連合=国連 事務次長補佐):徐浩良(2019年9月~)

このような状況がいつのまにか進行していました。
中国はいち早くコロナの大拡散から抜け出して、今やコロナ禍にまみれ苦しんでいる国々に医療物資を提供したり医療支援チームを派遣したりなどして「コロナ支援外交」を展開している。対象国は一帯一路沿線国を中心に130ヵ国に及んでいる。
という記事がありましたが、外務省が認めている国の数は日本を入れて「196ヶ国」です。世界の7割近くが中国の支援を受け入れているわけで、国連は1国1票のようですので、支援している金額とは比例関係にはありません。

WHOの支援をやめるということは、感情的にはわかることですが、戦略的には中国を優位にするだけのことです。

無策に世界中にお金をばらまいている安倍政権では、戦略も戦術もへったくれも有るようには思えませんが、こうした危機への対応でプレゼンスを上げることは非常に有効なことのはずですが、国内においてもプレゼンスを夫婦して思いっきり下げている現状では、国際的視野どころの話ではなさそうです。
ロイター通信が、「世界一間抜けなファーストレディー」として首相夫人による50人連れでの旅行を報じる。そして、安倍首相による新型コロナウイルス感染拡大への対応を「臆病でナメクジのように遅い」と痛烈に批判。
頓活

なんにせよ、世界で話題になっている夫婦であることは間違いのないことで、それがメデタイのか、恥ずかしいのかは当人たちの感受性の問題でしかないようです。



キーワード