PAGE TOP

あれこれ

印刷する

知己から電話あり

さぼ郎
知己」というと、ネットで調べるとそれなりのウンチクで解説される言葉のようです。

ワタシは、「昔なじみ」というニュアンスで使っています。
その知己から昨日、「8月になったら美味しいお酒を飲みに行こう!」と誘われました。

40年以上前に出会っているので、声を聴くだけで、中間にブランクがあったとはいえ、40年前に共有した時間が彷彿としてきます。

「チョコレートやめたんだって」と開口一番に言われましたが、マイバスケットで見つけた「香るキリマンジャロ 大人のクランチ」というのを見つけて2袋買ってきて、昨日食べ終わったばかりでしたので、約束違反でした。

ついでに、YouTubeは見ないと宣言しておきながら、最近、またまた見まくりになっています。

で、早速今日から両方をやめなければと思って、マイバスケットで「プッチンプリン パピコチョココーヒー」を買ってしまいましたので、今から、チョコとYouTubeをやめようと思います。

知己といえば、昨日、50年近く前に出会った笠間で釉薬を作っている知己から電話がって55分、話をしました。

6月に行くといって、7月に行くといって、8月には行かなければと思いますが、暑そうだから秋には行こうと思います。

6月には85歳になる従姉妹に会いに札幌に行きました。2、3年後にはまた行こうと思っています。彼女ともリアルに会ったのは40年ぶりくらいで、うちの母親の葬式以来ぐらいだったような気がします。

で、今日は郵便ポストに暑中見舞いが入っていて、こちらも仕事で知り合ったとはいえ、いまとなれば「知己」と言えると思うのですが、新宿白銀町の隠れ家で飲もうよとのお誘いでした。

明日の月曜日には、これまた知己が近所の歯医者に来るので、浅草橋のヤキトンに行く予定です、火曜は、これまた知己と駒込に行きますが、駒込の居酒屋に行く予定でいます。

水曜は、鳥取県のヨナゴから知己が上京してくるようで、その彼も大好きな浅草橋のヤキトンに行く予定でいます。前はレバ刺しが好きだったのですが、今は法で規制されてしまいましたが、そのかわりに200円の馬刺しがおすすめです。

仕事の方はさっぱりですが、遊びの方はとても充実しています。

とはいえ、明日からは「頓活Office」の拡販に専念します。

頓活」とはなんぞや?

頓活」の「」は「整頓」の「」です。

「頓」を調べると「即座に」「今すぐ」のような意味のようです。辞書では「時を移さずその場で。立ちどころに。とみに。臨機に」のように書かれており、仏教では「修行の階梯を経ずただちに悟りを開くこと」なのだそうです。

つまり「頓活Office」とは、資料・起案・決裁などの文書をスマートに片付け、スピーディーに活用できるOffice環境を作ること目指すサービスを構築しようというのが、今年、後半戦の勝負にしようと目論でいます。

そのために、やることがたくさんあって、その間、何やって稼ぐのかという大きな問題もありますが、とりあえず急がれるほどの仕事があるわけでもないので、当面は、市場性の有無は後で考えるとして邁進してみようと思っています。

ま、チョコレートといいYouTubeといい、自分に対しての約束が守られていないので心もとないですが、まずは知己との会食を通して、いろいろ意見をもらいながら考えてみます。

今朝は「不機嫌亭漱石」の第五部が届いたので、これを読みながら作戦をたててみます。

朝から吉本の芸人が、吉本興業とトラブっている報道をしています。彼らは社長の言動をあそこまでバラせば吉本での芸人を続けることはできないでしょうが、名前は売れているわけだからやりようはありそうに思います。

たの事務所が使えばいいのですが、ジャニーズを含めて問題がありそうですから、ようは、タレント、芸人、役者がユニオンを作って事務所と独立した関係を作ればいいわけです。

事務所は、仕事をマネジメントし、個々のタレントや芸人と交渉して契約していけばいいわけです。そうすれば事務所の呪縛から逃れて、案件ごとに最良のタレントを起用することができるようになります。

ジャニーズの社長が死んで、通例のごとく「いい人だった」というムードでしたが、せめて生きているうちに辞めた元SMAPの3人がキー局で活躍できるような活路を開くべきでした。

吉本も同様ですが、芸人、タレント、歌手、役者は、全て「才能」が不可欠です。この才能を発掘するのは、オーディションであり、売り込みなわけですが、「事務所」が力を持ちメディアと結託してお金を生む仕組みを作るようになると、有名にさえすれば換金タレントにすることができるという、一種の錬金術が事務所のチカラを肥大化させてしまいました。

つまり、才能とは関係なく、有名人を輩出することができるようになってしまったことから「権力」を生んでしまっています。

それでも大衆芸能として大衆を楽しませてくれさえすればいいのですが、有名性が才能によるのではなく露出によって有名性を創出していることが如実になってくると、いささかウンザリです。

ジャニーズの社長が死に、吉本興業の社長のパワハラがばらされたというのも、そろそろ、芸能における事務所のチカラというパワーバランスも変わらなければならないところに来ていると感じました。

そんあことより、今の自民党体質を転換しなければなりません、少なくとも安倍一強は長すぎでした。それがわからないほどの愚か者なのでしょう。

どんなに愚かでも、権力を持ちさえすれば「忖度」が働くし、ただ単に頭がいいだけの官僚が権力者を持ち上げるので、権力者はろくに字が読めなくても、イッパシのことをノタマウようになります。

こんな愚かな政治を、そろそろ辞めないと、日は昇るけれど経済は沈むこととなることは時間の問題であることに気が付かなければ、国民揃って愚か者ということになります。

本日、参議院議員の選挙ですが、結果は、日本が愚かであることを世界に証明する日になることでしょう。



キーワード