PAGE TOP

あれこれ

印刷する

ギザ十ゲット

昭和28年もの

さぼ郎
用事があって滝野川に行ってきました。スーパーみらべる西巣鴨店で西宇和のみかんを買ったので、そのお釣りにギザ十が混じっていたのだと思います。

滝野川というと西は板橋、東が王子にまたがるという立地です。

大正大学という大学があるのですが、厳密には滝野川の道を挟んで反対側です。沿革を調べてみたら、明治18年に寛永寺内の天台宗大学林支校を設立。護国寺内に真言宗新義派大学林が設立され、浄土宗宗学本校が設立され、専門学校令により新たな学問の場となったのが、大正時代に合体して大正大学となったようです。

つまりは、天台宗、真言宗に浄土宗が一体となっているわけです。

寛永寺が天台宗の総本山だったということも知りました。家康、秀忠、家光は天台宗に帰依していたのだそうでお寺の中心である根本中堂が完成したのは綱吉のころで、奉行が柳沢吉保だったそうです。

家光の葬儀は寛永寺で行い遺骸は日光に移すように遺言し、4代家綱、5代綱吉は金維持で葬儀が行われたため増上寺の反発を招き、家宣は増上寺になり、以降は、交互に葬儀を行うようにしたとのことです。

国立博物館あたりから上野の山すべてが寛永寺だったのだそうで、幕末に上野で戦があっった、かなりの部分を消失し、二次大戦の空襲でも消失し、現在に至っているとのことです。

何かで読みましたが、桂小五郎が徳川の聖地であった上野の山に招魂社(現在の靖国神社)を作ろうかと言ったところ、それは反発を招くだろうと言ったのが大村益次郎だったか、詳細は忘れました。

それで、当時皇居脇の火除け地であった場所に招魂社を作って、その場所から上野の山を見下ろしながら大砲を撃たせた大村益次郎の銅像が立っています。代わりに上野の山には西郷隆盛の銅像になっています。

うちの親父は、本に曰く旗本の末裔(オジサンによれば御家人だったようです)だとか、上野の山での待ち合わせは絶対にしませんでした。陸軍将校で捕虜になって敗戦の翌年にやっと返ってきましたが、靖国神社にも行きませんでした。

露と落ち 露と消えにし 我が身かな 浪速のことも 夢のまた夢

なんて辞世の句もありますが、世の中の移り変わりを考えてみると、本当に夢のまた夢という感じです。

キーワード