PAGE TOP

取り組み

印刷する

『お願いです! Facebookは優しさをもって! つづき』

ページ名の変更は、一度に変更せず二回に分けて

のりのり
今回は、前回あげた『何度も却下されたFacebookページの名前変更を当初の申請通りに成功させたテクニック(なりらいふ)の記事を参考に、「テストページ」から「浅草橋でシステム開発by有限会社ワードクラフト」への名称変更をしてみようと思います。

1回目:
 テストページ → 有限会社ワードクラフト
2回目:
 有限会社ワードクラフト → 浅草橋でシステム開発by有限会社ワードクラフト

図1
図2
 
審査に3日かかると言っていますが、3日待つまでもなく、メールで名前を更新できないと言ってきました。
いつもご利用いただきありがとうございます。 Facebookページの名前を更新できません。申請された名前がページガイドラインに準拠していないためです。申請いただいた名前に更新すると、ページの目的が変わったように思われるか内容について誤解を生む可能性があり、当該ページとつながっている人に混乱を与えることが懸念されます。 ガイドラインを満たさないページ名変更のリクエストの例には、誤解を招きやすい変更などがあります(「ニューヨーク大好き」から「サンフランシスコ大好き」への名前変更など)。 ガイドラインを満たすページ名変更のリクエストの例には、ページ名からの説明の削除などがあります(「ジョン・スミス、トレーナー」から「ジョン・スミス」への名前変更など)。 ページガイドラインについて詳しくは、こちらをご覧いただくことをおすすめします。 https://www.facebook.com/page_guidelines.php どうぞよろしくお願いいたします。
まだ公開していませんので、混乱を与えることは考えられません。

図3
図4
 
どこが不適切なのかわかりません。

最初から「テストページ」なんてつけずに、浅草橋でシステム開発by有限会社ワードクラフトにすればよかったのでしょうか?

『Facebookページ名はあとから編集できるので、まずは「テストページ」などの当たり障りのない名称にしておきましょう』という記事を読みましたので、そのまま「テストページ」にしたのですが、これがなかなか変更できない理由なのか?

ページ名の変更は、旧ページ名+新ページ名にすればよいという記事がありました。テストページ有限会社ワードクラフト、有限会社ワードクラフトテストページ、ちょっと考えられません。

facebookって融通が効かないと思います。

Facebook

根気よく申請するしかないのかしら。

所詮、全て機械化しているので、何を言ったところで対応するのは機械に過ぎないわけです。

逆を言えば、なにか思うようににならないとするなら機械を相手にしているということで、機械の気持ち(?)を慮らなければことを成就することはできないわけです。

Facebookに法人アカウントを取る主たる目的は、一つにはFacebookユーザーを相手にしてアクセスを取ろうということなのかもしれませんが、そうした手法は、「フォロワー」の数がなければ何の波及もないわけです。

ちょっと前なら、Facebook広告というのも手法として有効であったかもしれませんが、そうした手法は「インターラプション・マーケティング」といって「中断、妨害、中絶、不通」を意味し、愉快よりも不快のほうが増す手法でしかありません。

広告

YouTubeの広告がまさにそうで、割り込んでくると「ムカッ」としますよね。広告主はあれで投資に見合う効果が得られていると思っているのでしょうか?

運営する方としては、では、どこの原資で運営するのか?とツッコミがありそうですが、そんな事承知で初めたことじゃない と返してやりたいです。

お金のためならユーザー情報を怪しいマーケティング会社にでも売るようなポリシーのSNSに、あまり真実を書き込まないほうがいいのではないかとワタシ(さぼろう)的には思うのでありました。

ネットによるコミュニケーションは成熟期に入っていると思うので、先行者利益は見込めない時期なのではないかと思います。つまりは、正当な主張をちゃんとして裏付けで公開し、正当に検索している潜在ユーザーに見つけてもらうという極当たり前な手法にしか王道が無いような気がします。

キーワード