PAGE TOP

取り組み

印刷する

子供の教育と予習はウンコ

さぼ郎
子供

安倍内閣が、「教育の無償化」を唐突にいい出しているのはブラックジョークかとも思ってしまいますが、オツムがいささか劣るとは言え、政治家として何かを言い出すとすれば、「忖度」狙いでないならば、裏があることは自明です。

連日、国会で議論されている森友学園の8億円値引きの「忖度」問題への目くらましか、大新聞、テレビでおよそ扱おうとしない加計学園の特区誘(優)致問題への目くらましか、あるいは国民の知る所になっていない、もっと悪い話を隠すためか、何にせよ、国民に誘因(エサ)を見せつける裏には、巨大な悪が進行していると考えるべきでしょう。

なにをしたって、なにもしなくたって(前幹事長である谷垣さんが自転車コケたのは2016年7月、それ以来国会には来ていないけれど給料はもらっている)支持率が下がらないのは安倍政権の功績なのか、野党の無能力の賜物なのか、はたまた有権者の愚かさなのかは分かりませんが、ろくでもない大臣が続出しても、支持率が維持されている背景にはメディアと称する彼らの協力抜きにはありえない話です。

先の大戦で、軍部に協力した大新聞は、未だに反省していないようです。ちなみにドイツでは軍部に協力した新聞は廃業させられたとか。

その点、朝日も読売も毎日(東京日日新聞)も軍部に協力をし、今は政府に協力をしつつ、記者クラブのメンバーでもある。

突然、教育の無償化が出て来る背景には維新を取り込んで、憲法改正をやろうというあたりのようです。

憲法と憲法典は、実は異なっていて「憲法」はあくまでも理念であって、それを条文化したのが「憲法典」であると長谷部恭男さんは説明しています。で、憲法とは平たく云うなら「国の統治を規定」するものであって、国民投票をすれば民主主義だというような安易なものではないはずです。

選挙

安倍政権は、憲法を気軽に改正できるようにしたいらしいです。で、自衛隊を「国防軍」にするとか、詳細は日本会議の言いなりになるようです。天皇親政(平安時代とか後鳥羽上皇とか後醍醐天皇のような)とまでは言わないようですが、教育勅語くらいは言いそうです。

国の統治機構を変えるということで、統治する側と統治される側がいるわけですが、有権者は統治される側であって、政治家は統治する側にいるわけです。ということは、憲法改正は、「統治される側」からの希望でなければ、統治する側はやりたい放題になることは自明です。

自衛隊は歴然として軍隊であるから自衛隊という呼称はおかしい」と言う人がいます。
第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
自衛隊が歴然として軍隊であるか、あるいは自衛のための兵力なのかは議論としての要素を持ちません。

2項でいう、「戦力を保持しない」というのは、「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段として」は保持しないとしているのであって、専守防衛のための戦力を保持しないとしているわけではありません。

対する自民党案では、
(平和主義)
第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動としての戦争を放棄し、武力による威嚇及び武カの行使は、国際紛争を解決する手段としては用いない。 
2 前項の規定は、自衛権の発動を妨げるものではない。
(国防軍)
第九条の二 我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全を確保するため、内閣総理大臣を最高指揮官とする国防軍を保持する。
2 国防軍は、前項の規定による任務を遂行する際は、法律の定めるところにより、国会の承認その他の統制に服する。
3 国防軍は、第一項に規定する任務を遂行するための活動のほか、法律の定めるところにより、国際社会の平和と安全を確保するために国際的に協調して行われる活動及び公の秩序を維持し、又は国民の生命若しくは自由を守るための活動を行うことができる。
4 前二項に定めるもののほか、国防軍の組織、統制及び機密の保持に関する事項は、法律で定める。
5 国防軍に属する軍人その他の公務員がその職務の実施に伴う罪又は国防軍の機密に関する罪を犯した場合の裁判を行うため、法律の定めるところにより、国防軍に審判所を置く。この場合においては、被告人が裁判所へ上訴する権利は、保障されなければならない。
こんなに充実しています。戦争経験のない内閣総理大臣が最高指揮官で「国防軍」を保持するとあり、「国際社会の平和と安全を確保するために国際的に協調して行われる活動及び公の秩序を維持し、又は国民の生命若しくは自由を守るため」とのことです。

国政紛争への協力的参戦が主眼で、たまには国民の生命や自由も守ってみようかという具合になっています。

軍隊

なにをしたところで、支持率が下がらない不思議のタネは「小選挙区」にあります。小選挙区で政党を選ばせれば、進んで民進党を支持するヒトも少ないと思うので、自民党議員の数を確保することができます。そこで、党議拘束をかければ、とどのつまり民主主義的「独裁政治」が実現できているわけです。

憲法改正に対して、何でもかんでも反対するのではなく、憲法を改正するなら、まず解散して争点にするくらいの覚悟が欲しいです。

教育無償化でも、おそらく無償化の代償として「愛国教育」の色が濃くなっていくことは自明です。

愛国

言語を習得できる限界が10歳位までと言われていますが、そのあたりで脳のモードが切り替わるのだと思います。自我が確立する前に「愛国教育」をすることで、選挙のみならず、未来まで押さえようとするなんて、官僚の協力なしには考えつかない悪巧みと思います。

ウンコドリル

子供たちの間では、このウンコドリルが爆発的に売れているのだそうです。子供たちは愛国よりウンコのほうが好きそう!

キーワード