PAGE TOP

あれこれ

印刷する

あなたの人生はあと何日

さぼ郎
たまたま、何か見ていたら「【感動】あなたの人生はあと何日?20代MIT卒経営者の心に響くスピーチ日本語字幕」なんてYouTubeがあたので見てみました。



少なくともお話しているヒト(Dropboxを作ったDrue Houston)は、スピーカーに選ばれて「感動」しているようでした。

彼の話によれば人生は、
テニスボール
サークル
30000
の3つで語れるのだそうです。

①の「テニスボール」

テニスボールを追いかける犬の目は狂気が混じっているとも言えるくらい真剣である。

人生において、早く「テニスボール」を見つけろという話。

②のサークル

「あなたの価値は、あなたの周りにいる5人の平均値で決まる」とのことです。

つまり、自分の価値を高めるためには、レベルの高い仲間と付き合うことで自分を高めることができるわけです。

ただ、ここでいう「価値」とは何か ということになりますが、自分の才能だけでも、学習や努力だけでも成功はしないということで、自分を触発してくれる仲間が不可欠ということです。

ワタシが学校出るときの先生の言葉は「人生は運と根と能」だと言われました。しかし、成功は「」ではなく、「友・根・能」なのかもしれません。

③の「30,000」

30,000日を365日で割ると82.2年になります。

つまり、「30,000」とは、活動できる(?)人生の持ち時間のことで、いま、どのくらい浪費してしまったかを常に考えて行きなければならないということです。

仮に60歳になってしまうと「21,900日」を使ってしまっています。つまり、会社員になってしまえば、残りは27%ということです。ま、会社員になって上場企業の社長になるのも、もしかしたら「成功」の部類に入るかもしれません。

大方はそうはいかないので、定年になってから「成功」を目指す事になりそうです。

まとめ

人生において何回失敗しても構わない。成功はたった1回でいいと彼は言います。

成功

人生をパーフェクトにしようとして、やりたくないことをするよりも、面白い人生にすることに専念するべきで、その気持ちが他の人との差になると言っています。

人生は30,000日。

今までに何回成功して、これから何回成功できるかなのでしょうけれど、その「成功」とはアメリカでは事業を立ち上げて上場するというようなイメージなのだと思います。

その尺度からすれば、成功者はさほど多くはないような気もします。また、MITで学ぶということの価値は、良きサークル(仲間)との出会いであるというようにも受け取れました。

日本では東京大学出て、そのまま起業して上場させるなんて、思いつくだけでは江副さんくらいです。が、たしかに具体的な「成功」をイメージするような教育は必要かもしれません。

なんとなく、いい大学出て、いい会社(世間的に納得してもらえるような)に入って定年まで頑張る。定年後は、年金と退職金で物見遊山で余生を過ごすのが、日本的な「成功」の人生であるような気がします。

大成功は高級官僚になって天下りするなんてのかもしれません。

となると、日本には、さほどの「自由」が無いのかもしれません。社会に自由がなければ、思考にも自由はなく、学校出ればまず「就職」となりますが、そこからが違うようですね。

日本人の生き方は形の良い「盆栽」になることを目指しているようで、3万日のゴールは、少なくとも波乱万丈を目指してはいないようです。

盆栽

適齢期に結婚して、子供が2人。25年とか30年ローンで郊外に家を持つというようなパターンから変化があるようですので、目指すゴールが変わってきてるとも言えそうです。

面白い人生を目指す。その気持ちの差が他の人との違いになる。

これで、食べられるような社会であるなら、きっと社会が大きく変わると思います。

変革が必要なのは「社会」なのでしょうか、それとも、「自分」なのでしょうか。

鶏が先か、卵が先か とよくいいますが、突然変異で考えるなら、「」が先に決まっています。

それからすれば、「自分」が変わることで「社会」が変わることになるはずで、「自分」が変わらない限り、社会は老いた盆栽になっていくのでしょう。


彼のおばあさんは、彼との電話を切る時に「excelsior」 というのだそうです。

excelsior」は、ニューヨーク州の標語だそうで、「より高く」という意味の形容詞だそうです。

荘子は学問は金稼ぎと同じことだといいます。完成することもなく歯噛みして努力して何になるというのか ということなのでしょうけれど、学問はそうかもしれませんが金銭欲が成就すれば少なくとも「金持ち」にはなれます。

それが、すなわち「成功」であるとするアメリカ型の社会通念は、逆に言えば単純化された論理で、かえって迷いもなくスッキリしています。

キーワード