PAGE TOP

視点

印刷する

ビザンチン将軍問題と仮想通貨

さぼ郎
仮想通貨というと「ビットコイン」というくらい、ビットコインは有名になりました。どのように受け取られているのは不明ですが、大方は「ちょっと、怪しい」くらいじゃないでしょうか。

仮想通貨

そもそも通貨が「仮想」だなんて、ふざけるな という感じ方もありそうです。では、通貨とは何かというと、一般的には法定通貨を意味するようです。日本では日銀券と政府貨幣になります。

法律では「貨幣及び日本銀行が発行する銀行券」と描かれているようですが、これは日本銀行が言う「現金通貨」のことで、日本銀行は預金も通貨としているようなので、よくわからない状況になります。

通貨

経済学で「貨幣」といえば、硬貨のことではなく「マネーストック」の意味で使われることが多く、マネーの主流は「預金」ということになるわけです。

ビットコインの役割を考えてみると、対象は法貨の代替ではなくむしろ預金の機能を代替すると見てみると、仮想か仮想でないかを議論することの意味性は希薄なことになってしまいます。

例えば北海道の「三菱」で預金した金額を沖縄の「みずほ」でおろすことを考えてみると、貨幣は「情報」であるとも言えるわけです。

大型コンピュータ

仮想通貨を「通貨」として掘り下げていくと、もっともっと深掘りが出来そうですが、その前に、仮想であれ現実であれ、貨幣価値を情報化するならば、通常だと公衆回線(インターネット)に載せた情報でのやりとリを考える人はいないはずで、現にどこの銀行でも信金でも、大型コンピュータを専用回線で繋いで専用の現金自動預け払い機(ATM:automatic teller machine)を設置しています。

それに比べてビットコインは、なぜ、インターネットでやりとりができるのでしょうか?

その重要な技術の一つが「ビザンチン将軍問題」の克服なのだそうです。ビザンチン将軍問題とは「グループの中に裏切り者がいる場合、あるいは、情報伝達が信用出来ない場合、どのようにして正しい合意に到達できるか」という問題だそうで、詳しい内容は省くとして「ブロックチェーン」と「プルーフ・オブ・ワーク」で克服しているわけです。

この、「ビザンチン将軍問題」の克服は、社会のあり方に対しても問題提起をしています。つまり、社会とは複数の人間がより良い結合を目指す場なわけですが、その実現の方法として「独裁者」が全てを決める方法か、社会を構成する人々の意志による選択かになります。

そこで登場するのが民主主義で、民主主義とは多数決で、選挙ということになりますが、たしかに極端に悪い方向に向かってはいないようですが、今の日本のように健全な野党が消失していると、自民党は「独裁者」であることは間違いがなく、その「独裁者」の良識で国家が運営されているわけです。

しかし、「ビザンチン将軍問題」を克服できるなら、裏切りものを排除した良識だけで構成する社会も夢ではなくなってきていると言えるかもしれません。

毎回、多大なお金をかけて選挙しても、あの程度の政治しか出来ず、結局は官僚のやりたいようにやっているだけの国家に過ぎず、官僚の隠れ蓑に使われている「政治家」に莫大なお金を垂れ流していますが、見えないところで一体どれくらいのお金が動いているのかと思ってしまいます。

築地市場やオリンピックなんて、氷山の一角何だと思います。

法の概念に「究極の正義」とは何かという議論が有るようです。本来的にいうなら「法の究極」にあるものは「絶対的正義」であるはずですが、現実には「権力」ということになります。

正義

そして、これは客観的事実と言えると思うのですが、その「権力」を持つ人々全員が「ビザンチン将軍問題」における「裏切り者」なわけです。このことは、裏切り者がビザンチン将軍」になるというよりは、「権力」を持つことがビザンチン将軍」にさせてしまうということは「摂理」なのではないでしょうか。

キーワード