PAGE TOP

取り組み

印刷する

2016年7月のクリック状況

さぼ郎
7月

赤々とした太陽が眩しい夏が来ました。7月のレビューをするということは今は8月ということです。8月になると甲子園では野球が始まっていますし、リオではオリンピックです。

それとは別にイチローが大リーグ3,000本安打を達成しました。たまたま見つけたのがトヨタの宣伝です。

イチローが嫌いだ」篇だそうです。



実際にはこちらのほうが画面がでかいです。ついでに音もでかい。



他のひとより鍛えたか。
他のひとより悩んだか。
他のひとよりもがいたか。

このコピーをイチローは否定した。

「他のひとより、という考え方は
自分のなかにないんです。」

鳥肌がたった。

なんかとっても臭いコピーですね。思わず鳥肌が立ってしまいました。上げる前に相談してくれれば、もう少しマシなコピーにしてあげられたのに残念です。

荻生徂徠は、14歳で綱吉の逆鱗に触れた父と共に江戸所払いになり千葉県は本納に25歳までこもって日々、独自に勉強していたそうです。

許されて江戸に戻って、色いろあるのだけれど、到達した考えは朱子を全否定した伊藤仁斎の、その考えともどもに朱子学を否定するわけです。その話をすると長くなるので、とりあえずやめて、たった11年間のブランクだったのに江戸社会の変容は想像以上に大きく、そのことの驚き以上に、その変容を江戸に生活する人々は、何の疑問も持たずに受け入れていることに徂徠は驚かざるを得なかったようです。

変化のうちで大きいことは、商業資本の跋扈です。商業資本が跋扈しだすことで、人々の心が「お金」中心の社会になっていることが、徂徠にとっては驚きであると同時に、安寧な社会からかけ離れていく懸念を禁じ得なかったようです。

8月8日に天皇陛下が国民に言葉を発するということで、恐れ多くもワタシごときもお言葉を拝聴しました。その言葉の中に、
私はこれまで天皇の務めとして,何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ましたが,同時に事にあたっては,時として人々の傍らに立ち,その声に耳を傾け,思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました。
同じ日に「安寧」などという言葉を2回も目にし、耳にしたとても奇異な日でした。

ということで、7月のクリックです。

総数

総数:27,628

パワポマン、エクセマン、ワードマン
そこそこスタンバイです。

三銃士

ただ、取り出して、翻訳したら、元の場所に戻すだけのことで、翻訳をするわけではありませんので、ツールとしての価値がどの程度あるのかは不明です。

世の中には「Trados」という翻訳者の殆どが使っているソフトが有るようで、そのあたりを含めた市場性がわかりません。

むしろ、次なる狙いは翻訳ワークフローを前提にしたCMSを考案したいと思っていますが、これとて市場性が不明です。

しかし、市場性が分かっているところに参入するのは、価格勝負になるわけで、市場性がわからないところで小出しの勝負をしていこうと思っています。

記事ごと


1.浅草から北西部探訪(300)
2.宮、京、都そして首都について(282)
3.常識としての刑法(275)
4.山口便り <その3>(267)
5.チェンジリング(248)
6.日経サイエンス 201504号(245)
7.おもてなし(243)
8.ゼロックスのTIFFが開かない(241)
9.コピペ解放ツール「パワポマン」参上!! 翻訳者に朗報(224)
10.パナマ運河(212)
11.樺太について はじめに(211)
12.夏の夜の夢(209)
13.PDFで「最適化」と「サイズが縮小」の違いって?(204)
14.樺太について 樺太の概要1(202)
15.三浦按針の話《5》(197)
16.SFA〈その4〉(192)
17.ガンの治療・新アプローチ(188)
18.解散総選挙調査結果 <その2>(187)
19.人間関係を編む(184)
20.菊屋橋と合羽橋(183)

はっきり言って、まともなコーポレートサイトの記事とすれば、滅茶苦茶ですね。一貫性とか方向性とか、なにか価値を感じません。

浅草の北西部というと、代表は「吉原」あたりです。さらに北西部に進むと「竜泉」になり、樋口一葉でしょうか。真っ直ぐ北に向かうと泪橋。泪橋というと「あしたのジョー」。その奥にもたくさんのお寺があり、たくさんの物語があるのでしょうね。

すこし、書く内容に意味性を追求していかなければと思っています。

日毎


日毎

7月24日に上がっているのですが、理由は不明です。パワポマンの動画でメールを各所に出したのが7月6日ですから、あまり関係はないようです。

24日は二者択一、三者択一という「選択」》という記事を書いて、都知事選に触れたから、都知事選関連で一気に増えたのかもしれません。

都知事は小池さんになり、さて、オリンピック予算の縮小と都制の見える化はどこまで実現できるかは見ものです。政治はバランスなのかもしれませんが、とはいえ、政策に対する主張がなければ、賛成も反対も立場が作れません。

大衆を惹きつける術は、やはり、敵と味方をはっきり峻別できるような対立軸を提示することだと思います。そこには変なバランス(という妥協)を持ち込まないで満身創痍で頑張って欲しいと思います。

記事の数

読まれた記事の数です。

展望


8月

8月に色は、
紅紫 べにむらさき
#b44c97

8月の展望です。8月は蝉の鳴き声がうるさいので定期モノがありません。よって、日銭稼ぎが出来ないのですが、その分、次に繋がる仕込みをしなければ死活問題になります。

今考えているのは「iDMS」という文書管理と、翻訳ワークフローに関する「CMS」です。

いままで、いいと思って成功したことが一度もないので、そろそろ当たるのか、はたまた、今までどおり、かすりもしないのかのどちらかですね。

キーワード