PAGE TOP

取り組み

印刷する

翻訳手助けOffice三銃士

さぼ郎
翻訳手助けOffice三銃士



パワポマンから始まって、途中、イラストレータ、インデザインに寄り道しましたが、Windwsの王道である「ワード」「エクセル」「パワーポイント」に到達いたしました。

イラストレータ」「インデザイン」は、MACでもwindowssswも動くJavaScriptで作ってありますが、今回、「五人囃子」としてWindowsのVBAで作り直しました。

三銃士
Office三銃士

一部制約があります。例えば文中の書式変更には対応できません。段落(パラグラフ)の先頭の一文字の書式を反映させていますので、文中でフォントのサイズを変えたり色を変えたりしても活かすことはできません。

それを活かすためには全ての文字を調べて書式が変わったところで、その情報を取得しなければなりませんが、翻訳を絡めると、どの部分がその書式なのかわからないので、レイアウトチェックの時点で人間による確認工程で対応してもらうほうが良いという判断です。

ちなみに「Trados」という翻訳メモリのソフトでは、書式が変わる部分にタグが入りますので、翻訳対応も可能なようです。

翻訳手助けOffice三銃士」は
特徴1:指定フォルダに入れた複数のファイであっても「あっ」と
いう間に(デフォルト)句点単位にテキストを取得します。
特徴2テキストオジェクトの座標も取得するので作業しやすい
並びにソートして翻訳をすることが出来ます。

ただし、「翻訳手助けOffice三銃士」は、翻訳はしません。コピー&ペーストにかける貴重な時間を大幅に軽減することを目標にしています。

特徴3:「あっ」という間に翻訳したテキストを元の位置に戻します。


お試し版の申し込み受付中。

申し込み靴度の翌月末までお使いいただける「お試し版」を配布しています。お申し込みはメールアドレスだけの登録です。また、取得したメールアドレスは、他の目的に使用することはありません。

お試し版申込

キーワード