PAGE TOP

取り組み

印刷する

2016年3月のクリック状況

さぼ郎
3月

3月が終わり桜が咲き、そして散りだしている今日この頃です。少し前の日経サイエンスに掲載された記事で「教育改革に挑む米国」というのを読みました。

アメリカでは2002年に「落ちこぼれ防止法」という法律で3年生から8年生までの全員が毎年テストを受けなければならないのだそうです。

そのテストに対して保護者と教師が反対しているとのこと。しかし、テストにも明確な効用があって、テストするほうが学習を記憶し、理解も深まるというデータがあるようです。

テスト

つまり、単にテストして採点して返すだけではだめで、「検索学習」が必要なのだそうです。ようは学習を支援するテストの在り方をうまく取り入れれば、「深層学習」になるのだそうです。

本を読むだけではだめで、記憶をたどり、関連する記憶を結び付け理解を深めるような訓練にテストをうまく使うことで、記憶も明確になり理解も深めるということで、言われてみればそんなに珍しいことでもないような気もします。

例えば適塾などでは、テストのようなものはなかったと思います。しかし、「会読」することで、講師役をする生徒と、その解説に疑義を申し立てる生徒との丁々発止は、まさに「検索学習」であり、「深層学習」であったのだと思います。

教育とは、効果を望む仕組みになっていなければ、徒労ですよね。

3月のクリック状況

総数:17,833
1日あたり:575

2月に集客に関する伝達研修をし、現在ケーススタディとして物販のある商材を前提に、交渉中している案件で、少しでも前に進もうとしています。

いろいろ学ばなければならないことも多いし、準備も大変ですが、「集客」「周知」「販売」という、基本中の基本に取り組んでいます。

同時に「文書管理」という、当たり前といえば当たり前の管理ではありますが、とはいえ、きっと多くの事業所ではあまり真剣に取り組んではいないと思われるこの「文書管理」を前提した企業経営の在り方を改善するような仕組みを考案しようとしています。

ま、どちらにしても、逐次報告していきます。

記事のクリック状況


1.教育システム「tootle」作ること(259)
2.申年を想う(138)
3.「儀軌」について調べてみた(99)
4.ゼロックスのTIFFが開かない(99)
5.ワード文書の構造化はアウトライン機能で実現できます(98)
6.ガンの治療・新アプローチ(98)
7.「石橋湛山」の講演を聞く(98)
8.テスラ ってここ数日で何回か目にしたゾ(96)
9.ロボットは東大に入れるか?(96)
10.オランダ病 って?(92)
11.閑院冬嗣の右大臣並びに子息のこと第五(89)
12.樺太について はじめに(88)
13.ぶゑのすあいれす丸(86)
14.樺太について 樺太の概要1(85)
15.SFA〈その4〉(84)
16.ハンバーガーアイコンを使ってみたかった(84)
17.チェンジリング(83)
18.菊屋橋と合羽橋(81)
19.逝きし世の面影(81)
20.旬な話題、いくつか(80)

「TOOTLE」へのアクセスが多かったのはいい傾向です。しかし、TOOTLEは単なる教育システムではなく、ビジネスランチャーとして誕生しようとしています。

教師でもないのに教育システムを作ったところで販路を見出すのは難しいと考え、「教える」を「周知する」に変えて、何をどのように周知するのかを仕組みとして、かつ、終段で販売につながるような、当たり前といえば当たり前の仕組みにするつもりです。

日ごとクリック状況


日ごと

平均的ではありますが、暫時減の傾向を感じます。

読まれた記事の数は、817記事でした。

週ごと

2月は日曜のアクセスが多かったですが、3月はかようが多いですが、だからなんだ? という感じです。集計自体に意味が感じられません。

2016年4月の展望

3月のカラーは「翡翠色(#38b48b」でした。
4月のカラーは「照柿(#a83a2)」にしました。

4月

3月は動画のセミナーを受講してきました。以前に使っていたCamtasiaという画面の動画キャプチャーソフトをバージョンアップして使い始めています。

iPod、iPadにもiMovieを入れましたので、あとはともかく撮りまくってあげていくうちにうまくなるのを待ちます。

そういば、「HARe」を導入していただけました。

光ファイバセンシング
光ファイバセンシング振興協会にリンク ↑

若干カスタマイズをしていることと、以前のサイトからの移行もお手伝いさせていただきました。

受託案件を待つ、待ちの営業から売りの営業に体質転換を図っています。以前に作ったパワーポイントからテキストを取り出し、翻訳して元の位置に戻す仕組みを、たまたま翻訳会社の経営陣にデモったら、イラストレータ、インデザインで同様のことができないかと打診され、現在、Javascriptで対応中です。



キーワード