PAGE TOP

あれこれ

印刷する

23区のランキング

さぼ郎
東洋経済オンラインに「その差歴然、ユニクロが多い路線・少ない路線」という記事がありました。

東京駅

結論を言うと、中央線と京王線とのこと。その他色々細かなことを調べています。

人口で言うと、千代田区が一番少ないのだけれど、昼間は夜間人口の17.3倍に膨れ上がります。

商売も、住んでいる人を対象にするか、仕事している人を対象にするかで大きく異なってくるようです。

そこでちょっと23区の基礎データを調べてみました。と言っても、おそらくですが、2015年前後の数字だと思います。

23区の人口


人口

世田谷は千代田区の17倍を超える人口を抱えています。上位は世田谷、練馬、大田。下位は、下から言うと千代田、中央、台東です。

23区の面積

面積

面積上位は、大田、世田谷、足立。下位は下から台東、荒川、中央です。大田と台東ではちょうど6倍の開きがあるようです。

23区の人口密度


人口密度

人口密度の上位は、豊島、中野、荒川で下位は下から千代田、港、大田になりました。千代田と豊島では約5倍の開きがあります。

23区のユニクロ出店数


ユニクロ

ユニクロの出店数は、大田が6店舗で、千代田、台東、江東、品川、世田谷、豊島が5店舗。

人口で言うなら大田は3位。千代田23位、台東21位、江東8位、品川10位、世田谷1位、豊島14位なので人口を狙っているわけでもなさそうです。

人口密度なら大田21位、千代田23位、台東8位、江東20位、品川10位、世田谷13位、豊島1位なので人口密度が基準なのでもなさそうです。

ちなみに文京、中野、荒川は1店舗です。どうも、交通の便の良い所に出店しているような傾向が見られます。

23区スターバックス店舗数


スターバックス

スターバックスとなると、港40店舗、千代田38店舗、渋谷28店舗、新宿26店舗、中央17店舗という具合です。歴然とビジネス中心の区に集中して出展しています。

下位は江戸川0店舗、荒川0店舗、中野1店舗、板橋2店舗、葛飾2店舗。中野が1店舗というのは少ないような気もしますが、コーヒー人口が少ないということなのでしょうか。

まとめ


23区

鉄道網は見事に放射状になっています。郊外から都心に人を運ぶために作られているから、放射状にならざるを得ません。

この放射状を横糸のように紡いでいるのは、内側では山手線ですが、外側の武蔵野線までの間に、紡ぐ鉄道はありません。道はたくさんあるのでバス便になってしまうようです。

環7、環8とか外環の下に地下鉄があれば便利なような気もしますが、学生くらいしか使わないのでしょうね。



ユニクロがニューヨークでイスラム教徒向けのファッションを売りだしたというニュースを報道していました。

ヒロタジマ
「ハナ・タジマ氏」の記事にリンク ↑

ハナ・タジマ氏は日本人と父とイギリス人の母で、イスラム教徒であるとのこと。いまだに、アメリカでは3.11によるイスラム教徒への差別が有るようですが、ユニクロがニューヨークで正面切って扱うことの意義は、単に商売上のことだけではないように思います。

差別は根深い問題ですが、時々政治がナショナリズムを高揚させる手段として利用したりもします。民主主義といえば立派な言葉のような響きを持ちますが、アメリカの選挙を見ている限り、お祭り騒ぎと人気投票でしかないような気もします。

企業がリスクを負ってでもメッセージを発することは大いに支援したいです。ユニクロ買いに行かなくちゃ! ちなみに台東区には2位の5店舗あります。

キーワード