PAGE TOP

取り組み

印刷する

2016年2月のクリック状況

さぼ郎
2月

寒い2月も終わって、やっと春という感じになりつつあります。

梅

一輪を 五つに分けて 梅散りぬ
蕪村

蔵前神社では、桜と梅が満開です。が、写真はビル陰でいつも日陰なので綺麗に取れません。グーグルのストリートビューで勘弁して下さい。お暇な方は本物を見に行って下さい。

蔵前神社

奈良時代から平安時代にかけては「花」といえば「梅」で、鎌倉以降は「桜」になるようです。

生物学的に言えば「花」は生殖器なのだそうです。色気のねぇ~言い方ですね。

ナマクワランド

南アフリカでは、こいう花の咲き方をするのを「ナマクワランド」というのだそうです。花は人を喜ばせるために咲くのでは無いでしょうけれど、「ワ~ォ」って感じです。

ということで、2月のクリック状況です。

クリック状況


総数:17,783クリック
問い合わせ、新規商談ゼロ
1日あたり613クリック

中小零細のホームページは、「集客」と「販売」のためにあるのだそうです。大企業はイメージのために作るのでしょう。

にも関わらず、中小零細企業でもイメージを狙ったホームページが多いですね。

レスポンスが取れるような内容にしないとダメなようです。まして、そこいらここいらのネタ見つけてあたりかまわず「情報発信」しても、商売としてはゼロどころか日銀並のマイナスのようです。

中性子と陽子が幾つか結合して、その周りを電子が回っているなんて絵を信じらされてきていますが、その電子ってタマコロなのかといえば波だといい、波かと思えばエネルギーだし、電気のスイッチ入れれば電灯がつくわけで、その電子はどこから来たのかと思えば発電所なわけです。

では、分子にくっついている電子はどうなっているのかと思えば、少なくとも恒星と惑星のような関係で電子がぐるぐる回っているってのはイメージなんだろうなと思うわけです。

もっと、ビシャとしているというか、ベチャとしているというか、ピラピラしているというか、少なくともタマコロじゃないと思います。

日毎のクリック状況


日毎

日毎の状況です。2月13日あたりから25日あたりまでは、とても低迷しています。ほとんどクリックされない状況でした。

最高:1,247クリック
最低:36クリック

これではレスポンスを求めるなんて、およそ不可能ですね。

クリックされる記事の数


記事数


最高:554クリック
最低:28クリック

ま、たしかにワンパターンで面白くもないしためにもならないのですからしかたがないわけですが、2016年はレスポンスが取れる記事にしていこうと、決意だけはしています。

1.ダンデライオンチョコレートが蔵前の裏通りに来る(266)
2.ぶっちゃけ『伝達研修会』への誘い(171)
3.今更ながらの樋口一葉(93)
4.ハンバーガーアイコンを使ってみたかった(92)
5.樺太について 樺太の概要1(90)
6.ガンの治療・新アプローチ(90)
7.テスラ ってここ数日で何回か目にしたゾ(86)
8.樺太について はじめに(84)
9.SFA〈その4〉(82)
10.宮、京、都そして首都について(81)
11.樺太について 戦禍から樺太終戦まで1(81)
12.シリア周辺情勢を地図にしてみた(80)
13.手をもむ(80)
14.逝きし世の面影(80)
15.塩の柱(79)
16.ワードのアウトライン使って本を読む(78)
17.オランダ病 って?(76)
18.蛮社の獄と無人島(75)
19.「儀軌」について調べてみた(75)
20.ワード文書の構造化はアウトライン機能で実現できます(75)

ダンデライオンチョコレートの前を毎日通ってきていますが、この1、2週間は「板チョコが売れ切れ」みたいな表示(手書き)がありましたが、最近、なにやら蔵前のファクトリーで板チョコが作れるようになったような表示が出ています。

ワタシはチョコが食べたくなるとコンビニの「ピーチョコ」ですので100円ですみます。

曜日ごと


曜日ごと

日曜日多いということは家でパソコンを持っている人が見てくれているということですね。

2016年3月の展望

2月のカラーは「珊瑚朱(#ee836f)」でした。
3月のカラーは「翡翠色(#38b48b」にしました。

3月

伝達研修を実施しました。実際にやってみると反省するべき点が多々あります。なんのためにやったかといえば「共有」と「共栄」です。

が、意図が空回りしていた感は否めません。今日の夕方に反省会して、レスポンスがとれるように的確なアクションを鍛錬します。

3月9日は、スマホ動画の講習を受けてきます。動画の取り方ではなく、作り方の講習だそうです。先生は金澤月子さん。



親バカの動画だそうです。スマホでもこういうレベルのものが作れれば、企業の宣伝用、集客用の動画は、スマホで十分ですね。

キーワード