PAGE TOP

あれこれ

印刷する

チャーハンで泣けたか?

前日の続き

さぼ郎
コンサート&チャーハンの旅に行ってきました。

飯森範親
「飯森範親」さん公式サイトにリンク ↑

この方の指揮による「コーロ・フォレスタ」という合唱のコンサートに行ってきたわけです。

演目は武満徹の「うた」、シューベルトの「ミサ曲」、モーツァルトの「天の女王」、モーツァルトの「珠玉のオペラ合唱曲」。

オーケストラもとてもしっかりしていて、独唱、合唱とのバランスが素晴らしかったです。椅子の具合も良くて2時間座っていてもオケツが痛くなるようなこともありませんでした。

ホール

天上

武満徹」と聞くと現代音楽。で、おそらくチンプンカンプンの素っ頓狂が始まるのかと思いきや、とても正調で素晴らしい合唱でした。

出演している知人が、「とっても難しい」とのことだったので、絶対現代音楽だと思い込んでいましたが、美しい合唱で、最後が「さくらさくら」でした。

桜
さくら さくら
やよいの空は
見わたす限り
かすみか雲か
匂いぞ出ずる
いざや いざや
見にゆかん

メロディが子供の練習用琴曲として幕末に作られ、歌詞が明治になってから付けられたとか。「君が代」で起立するとかしないとかでもめるなら、これを国歌にすればもめることもないような気もします。

曲もいいけど、合唱がうっとりするほど良かったです。

シューベルト、モーツァルトともに、独唱の素晴らしさ、オーケスラの素晴らしさもあって、とてもゴージャスに満足出来ました。4人組ともに感激しました。

で、チャーハンです。

地下鉄で3駅先の「元町・中華街」で、いよいよチャーハンです。「中華街でチャーハンを食べたい」「事前に調べた」「泣けるチャーハンがある」「同發というお店に行きたい」と一方的に発言した所、4人組の内2人が「同發」を知っていました。

「同發は有名なお店だから予約しないとだめかも」と言われ大慌てで予約の電話を入れました。

門
門は工事中

同発

同発

箸
割り箸の包み

牛肉
黒毛和牛と京都産しめじのXO醤炒め

青菜
青菜のクリームソースかけ

大根餅
大根もちのXO醤炒め

チャーハン
海鮮のXO醤チャーハン

焼きそば
五目焼きそば

アイス
杏仁アイス

さて、「泣けたか」ですが、とりあえず今回は泣けませんでした。どうも、チャーハンは同發本館のほうが、美味しいという情報も頂きました。ということで、「チャーハンで泣く」旅は次回、同發本館。

とはいえ、どれもとても美味しかったです。なかでも、ワタシ的には「青菜のクリームソースかけ」と「杏仁アイス」は秀逸でした。「杏仁アイス」は4人共に絶賛でした。

門


次は、関帝廟に行きました。

犬

関帝廟の向かいにいた犬。チベットに寄付するとかでしたので100円寄付しました。

関帝廟

関帝廟の起源は、関羽が昔の中国の簿記を考案したのだそうで商売の神様として祀られているようです。

関帝廟

像
取手がとってもピカピカ

商売繁盛にあやかろうとして100円賽銭を入れましたが、カメラやらチラシやら持っていたのでお願いするタイミングを外してしまったので、なんにもお願いすること無く降りてきてしまいました。残念!


元町探訪

地図

③番の関帝廟から元町に行き、「喜久屋」でお菓子を買って石川町から帰ました。

元町

喜久屋

まれ

霧笛楼
無敵の霧笛楼

まとめ

食べ歩きにまとめもあったものではありませんが、「チャーハンで泣く」を楽しむのであるなら、次回は同發本館でプレーンな「五目チャーハン」を攻めてみたいと思います。

キーワード