PAGE TOP

をちこち

印刷する

ホルミシスと徒然草175段の関係

吉田兼好は健康についていいました

さぼ郎
徒 然 草
吉田兼好
吉田兼好
175段

世には、心得ぬ事の多きなり。ともある毎には、まづ、酒を勧めて、強ひ飲ませたるを興とする事、如何なる故とも心得ず。飲む人の、顔いと堪え難げに眉を顰(しか)め、人目を測りて捨てんとし、逃げんとするを、捉へて引き止めて、すずろに飲ませつれば、うるはしき人も、忽たちまちに狂人となりてをこがましく、息災なる人も、目の前に大事の病者となりて、前後も知らず倒れ伏す。 

世の中にはわけのわからないことが多いものだ。
何かことあるごとに、まづ酒を勧め、無理強いして飮ませることをを興とするのは、どういうわけなのか理解に苦しむ。
無理強いされて酒を飮む人の顔は、耐え難げに眉をひそめ、人目をうかがって、注がれた酒を捨てようとしたり、逃げようとするのを捕えて、無暗に飮ませると、端然たる人も、たちまちに狂人となって馬鹿げたおこないをし、健康な人もみるみる病人になって、前後も知らず倒れ伏す。

祝ふべき日などは、あさましかりぬべし。明くる日まで頭痛く、物食はず、によひ臥し、生を隔てたるやうにして、昨日の事覚えず、公・私の大事を欠きて、煩ひとなる。人をしてかかる目を見する事、慈悲もなく、礼儀にも背けり。かく辛き目に逢ひたらん人、ねたく、口惜しと思はざらんや。人の国にかかる習ひあなりと、これらになき人事にて伝へ聞きたらんは、あやしく、不思議に覚えぬべし。 

祝いごとのある日などは、こんな乱暴狼藉は興醒めのことに違いない。
翌日まで頭痛がして、食欲もなくなって、うめき伏し、昨日のことを前世のことのようにまったく覚えておらず、大事な用件を怠って支障をきたす。
人をこんな目にあわせるのは、思いやりに背き礼儀にも反することである。
こんなに辛い目にあわされた人は、恨めしく口惜しい思いをするだろう。
よその国にこんな風習があると、このような風習のない国に伝えられると、異様で不思議に思われるだろう。

人の上にて見たるだに、心憂し。思ひ入りたるさまに、心にくしと見し人も、思ふ所なく笑ひののしり、詞多く、烏帽子歪み、紐外し、脛高く掲げて、用意なき気色、日来の人とも覚えず。女は、額髪晴れらかに掻きやり、まばゆからず、顔うちささげてうち笑ひ、盃持てる手に取り付き、よからぬ人は、肴取りて、口にさし当て、自らも食ひたる、様あし。 

こんなに酔っぱらった姿は、他人事でも不愉快である。
思慮深げな様子で奧ゆかしく見える人までもが、酒に呑まれて分別もなく笑いののしり、喋りまくり、烏帽子ゆがみ、着物の前をはだけ、裾をたくし上げ、無様な様は、いつもの人柄とは覚えない様子になる。
酒に酔った女は額髪をむきだしに掻きやり、臆面もなく、顔を仰向け大口を開けてゲラゲラと笑い、杯を持っている人の手に取りつき、下品な人は、肴を人の口に押しつけ、みづからも食っているのはみっともない。

声の限り出して、おのおの歌ひ舞ひ、年老いたる法師召し出されて、黒く穢き身を肩抜ぎて、目も当てられずすぢりたるを、興じ見る人さへうとましく、憎し。或はまた、我が身いみじき事ども、かたはらいたく言ひ聞かせ、或は酔ひ泣きし、下ざまの人は、罵り合ひ、争ひて、あさましく、恐ろし。恥ぢがましく、心憂き事のみありて、果は、許さぬ物ども押し取りて、縁より落ち、馬・車より落ちて、過しつ。 

声の限りを出して、謠い舞ひ、老人の座興坊主を召し出して、黒く汚いのが肩ぬぎをして身をひねらせ踊るのは、よろこんで見ている人までが嫌な気がする。
又、わが身がすぐれている事などを、そばの者にくどくどと言い聞かせる自慢上戸、泣き上戸、下賤の者は罵り合い、喧嘩をする。
恥さらしで不愉快なことのかぎりをしでかし、そのあげく、人が手にとつてはならぬと云ふ品物を奪い持ったまま、縁側から転げ落ち、馬や車から落ちて品物を毀してしまう。

物にも乗らぬ際は、大路をよろぼひ行きて、築泥(ついひじ)・門の下などに向きて、えも言はぬ事どもし散らし、年老い、袈裟掛けたる法師の、小童の肩を押へて、聞えぬ事ども言ひつつよろめきたる、いとかはゆし。 

乗り物に乗らぬ下賤の者は、大路をよろめき歩き、築地塀や、門の下などに向いて、嘔吐放尿などをする。
年老い袈裟をかけた法師が、小童の肩をおさへて、みだらな事などを言いつつよろめいているのは、見るにしのびない。

かかる事をしても、この世も後の世も益あるべきわざならば、いかがはせん、この世には過ち多く、財を失ひ、病をまうく。百薬の長とはいへど、万の病は酒よりこそ起れ。憂忘るといへど、酔ひたる人ぞ、過ぎにし憂さをも思い出でて泣くめる。後の世は、人の知恵を失ひ、善根を焼くこと火の如くして、悪を増し、万の戒を破りて、地獄に堕つべし。「酒をとりて人に飲ませたる人、五百生が間、手なき者に生る」とこそ、仏は説き給ふなれ。 

こんなことをしても、現世とか来世で益でもあるのなら、しかたがないが、深酒は過ち多く、財産を失い、病気を招くばかりである。
「酒は百薬之長」とは言うが、よろずの病気は飲酒から起る。
「酒は憂えを忘れる」と言うが、醉った人は、過ぎ去った憂いごとまで思い出して、さめざめと泣く。
この世では、酒は智恵を失い、慈善の根を焼きつくし、悪を増し、よろずの戒めを破って死後は地獄に堕ちるにちがいない。
「酒を人に無理強いした人は、五百回生き返っても手のない姿で生れる」と仏は説いておられる。

かくうとましと思ふものなれど、おのづから、捨て難き折もあるべし。月の夜、雪の朝、花の本にても、心長閑(のどか)に物語して、盃出したる、万の興を添ふるわざなり。つれづれなる日、思ひの外に友の入り来て、とり行ひたるも、心慰む。馴れ馴れしからぬあたりの御簾の中より、御果物・御酒など、よきやうなる気はひしてさし出されたる、いとよし。冬、狭き所にて、火にて物煎りなどして、隔てなきどちさし向ひて、多く飲みたる、いとをかし。 

酒を飲むのは、このように厭わしいと思うが、時には捨て難い時もある。
月の夜、雪の朝、花の下でも、心のどかに物語して、酒を酌み交わすのは感興を添えるものである。
つれづれなる日に、思いがけず友がやってきて、酒を酌み交わすのは心慰められることでもある。
高貴のお方が御簾の中より肴とお酒を、いかにも上品な様子でくださるのは、誠に結構なものである。
冬に狭い部屋で、物を煎ったりなどして、分け隔てない親しい者同士が差し向かいで飮んでいるのは楽しいかぎりである。

旅の仮屋、野山などにて、「御肴何がな」など言ひて、芝の上にて飲みたるも、をかし。いたう痛む人の、強ひられて少し飲みたるも、いとよし。よき人の、とり分きて、「今ひとつ。上少し」などのたまはせたるも、うれし。近づかまほしき人の、上戸にて、ひしひしと馴れぬる、またうれし。 

旅の宿とか、野山などで、「酒の肴には何が欲しい」など言いながら、草の上で飮むのも、又楽しいものである。
下戸が、強いられて少し飮んでいるのも、いいものである。
身分の高い人が、特に自分に対して、「もう一杯いかがですか? 杯が空だ」などおっしゃるのも嬉しい。
近づきたくないと敬遠していた人が上戸で、酒でうち解けてしまったのは、また嬉しいものである。

さは言へど、上戸(じょうご)は、をかしく、罪許さるる者なり。酔ひくたびれて朝寝したる所を、主の引き開けたるに、惑ひて、惚れたる顔ながら、細き髻(もとどり)差し出し、物も着あへず抱き持ち、ひきしろひて逃ぐる、掻取姿(かいとりすがた)の後手、毛生ひたる細脛(ほそはぎ)のほど、をかしく、つきづきし。

何と言っても上戸は面白味があって、少々の過失があっても許されるものである。
よその家で酔いつぶれ朝寝しているところを、その家の主人が部屋の戸を引き開けたのに、まごついてねぼけた顔で、烏帽子もつけず髻を露わにして着物も着あへず抱き持ったまま、ひつ張りひきずつて逃げる、裾をたくしあげた後ろ姿や、毛の生えた細脛のぐあいなどは愛嬌があって、酒飲みに似つかわしいものである。

徒然草は、今から700年ほど前の鎌倉末期から南北町時代に吉田兼好によって書かれた随筆です。

いまから700年も前の世相も、いまと余り変わらないのがおかしいものです。

薬

酒は百薬の長などとは言うものの、飲み過ぎれば病の元であるし、憂いを忘れるどころか、昔の憂いを思い出して泣き出す始末。

あげくに悪さは増すし、戒めを破り地獄に落ちることはあっても、益があるとは思えない。

酔っぱらい

とはいえ、捨てがたいものでも有る 、、、と続きます。

過ぎれば害をなすものの、過ぎなければ益があることを「ホルミシス」というのだそうです。

お酒も全く飲まないよりは1合程度なら飲むほうが良くて、2合、3合飲むとアルデヒドの分解に肝臓を使い、そのアルデヒドが長い間に脳を犯していきます。

脳

これはお酒にかぎらず、放射線すらにもホルミシスが有るという報告も有るようです。

人の心も同様で、善行ばかりでは窮屈で心を病むことも少なくないわけですが、かといって、パワハラとかイジメなどのように、人に害を与えることをしていても、心の闇は深まるばかりです。

でも、ちょっとした悪さはきっと許されるはずで、その限度はおそらく1合程度なのだと思います。そのくらいの悪さを持っている方が、精神の健全性を保つことができ、善行をした場合の効用が大きのではないでしょうか。

ちなみに「枕草子」にも175段があります。こちらだと1000年ほど前の事になります。

村上天皇(926-967)が女蔵人の兵衛という女房を伴って、殿上の間にいたとき、火鉢から煙が上がったので兵衛に見に行かせたら、

わたつ海の 沖に漕がるる 物見れば
海人の釣りして 帰るなりけり

と歌を詠んだのだそうです。

かえる

火が煽(おこ)っているところで焦げているのが蛙だったという報告です。打ち合わせの議事録なども、和歌で報告したら、簡潔でいいですね。

もし、幸福感が情緒の豊かさに比例するとするならば、日本語の情緒をしっかり身につけることって、とても重要だと、この歳になってやっと気付き始めました。時すでに遅し!

キーワード