PAGE TOP

あれこれ

印刷する

花粉症が雨の日にひどくなります

のりのり
雨で花粉が飛んでいないはずなのになぜ? とずっと思っていました。

なるほど!と思う回答を見つけました。

雨
記事ネタにリンク ↑

考えられる原因


雨の降る前に、昔の傷が痛んだり、老人がひざが痛んだりという話はよく聞きます。 

膝痛

これらは、天気痛だとか、気象病だとか言うそうですが、花粉症の症状がひどくなるのも、同様の原因ですね。 

科学的には、気圧が下がると、体内のヒスタミンが増えます。抗ヒスタミン薬って、おもいっきり鼻炎や風邪に使われる薬です。 このヒスタミンが増えるのも、アレルギー疾患の症状が強まっている一因と思われます。 

気圧による血圧の変化、ヒスタミンの増加、湿度の上昇の他には、副交感神経が関係していると思われます。 

例えば朝とかって、クシャミが出ませんか? 

くしゃみ

風邪ひいたかな?なんて思っても、昼間になると全然平気だったりしますよね。寝てるときは副交感神経。起きて活発に活動してるときが交感神経が優位になっているんです。 

で、副交感神経は一般的にアレルギー性鼻炎などが活発になるとされています。 

対策をまったくしていなかった人は、自分が花粉症だと認識して、ヨーグルトを食べたり、マスクなどのグッズで鼻を守ったり、相応の対応をするだけでも症状が違ってくるかもしれませんね。 

梅雨

また、梅雨時に鼻炎がひどくなるのは、カビやダニなどの、ハウスダストが理由の場合も考えられます。 

当然それらの複合技の場合もあります。


だから、どうすればいいのでしょう?

大がかりに家中のタタミ、カーペットをはずし、フローリングにするとか。だいぶ無理のようです。

鼻炎

とりあえずアレルギー性鼻炎の薬を飲んでしのいでいます。

キーワード