PAGE TOP

あれこれ

印刷する

Office再インストール

Office365

さぼ郎
Office2007 と Office2013 が共存しているところに、2010の「Picture Maneger」だけをインストールしようとして、2007 がアンインストールされてしまいました。

それだけなら実害がなかったのですが、どうもWord2013やExcel2013の調子が悪くなり、その上、Access2013が起動しなくなってしまいました。

そこで、サポートです。

「0120-41-6755」に電話したら「0120-996-680」の「3」を押したら、折り返し電話が来ることになりまして、で、その電話に状況を話しましたら、ここの不具合への対応は、どうも無理そうです。確かに、何が原因しているのかは誰にもわからないのですから。

そこで、Office365をアンインストールしてから、再インストールするという作戦のようです。その方法について、手順書をメールで送ってくれました。

Step.1 「Outlook2013」のバックアップ

まず、ここにアクセスするのだそうです。

サポート

が、何が言いたいのかさっぱりわかりません。OutLookのバックアップは結構普通にやっているので、こんな具合です。

バックアップ

エクスポート

「インポート/エクスポート」を選ぶ。

エクスポート

ファイルにエクスポートを選ぶ。

バックアップ

バックアップ

保存先と保存するときのファイル名を指定します。アカウントは、保存されないので、別途アカウントを設定する必要があると表示されます。

時々メールのバックアップをしておかないとマシンが壊れたりした時、痛い目にあります。そんな意味からすると、メールはクラウドにしたほうがいいかもしれません。

Step.2 削除ツール「Fix it」の使用

「Fix it」というツールを使うようです。

FixIt

「Fix itに移動」というのをクリックしたら、「O15CTRRemove.diagcab」というファイルがダウンロードされました。

アンインストール

アンインストール

アンインストール

アンインストール

アンインストールが完了したので、とりあえず、Cドライブの最適化を掛けて帰りました。

Step.3 再インストール

ポータル

インストール

ここからインストールするとカウントを維持したままでインストールされるようです。といっても、1人に5つもインストールできるのですから、通常は困ることもありません。

なんにせよ、OutLookの再設定はしかたがないと思っていましたが、全く設定なしで使えたので、とても嬉しかったです。

まとめ

サポートに電話が簡単につながったこと
どこのサポートであれ、容易に繋がりませんよね。

サポートに相談したら、相談内容に応じた対処をメールしてくれたこと

その手順に従って再インストールしたけれど、OutLookは全く再設定不要で使えたこと

改善されない場合は、担当した人の直通電話に電話して継続してサポートう受けられるとのこと
しかも、無償!

Outlookは、不調でなくても適宜、バックアップしないと痛い目にあうこと

以上

じつは、いくつかの機能をインストールできなかったというメッセージが出ていした。

後日談

何回か「再試行」してみたのですが、先に進まないので、「無視」して、その件をマイクロソフトのSさんに返信メールして起きましたら、その件で、電話を頂きました。

ついでに、64ビットOfficeと32ビットOfficeの混在についても聞いた所、情報をくれるとのことでした。

サポートの良さは、特筆に値します。
が、Outlook2013の見難さも特筆に値します。

どうして、このような改悪をしてしまうのかが、とても不思議です。ついでにいうと、エクスプローラの左側のフォルダを示している部分お表示ですが、サブフォルダをクリックすると、下に下がっていく表示がとても使いづらいです。

Adobeでは、前回使ったフォルダを正確に覚えているのですが、Office ではマイドキュメントに保存しに行こうとします。これも使いにくいのですが、そこで、違うフォルダを指定しようとすると、ちょっと間を置いて、表示がずれます。

これも、とても使いにくいです。目指しているものと、実現できていることに異相があって、企業規模からして、とても違和感を感じてしまいます。

キーワード