PAGE TOP

をちこち

印刷する

山口便り <その3>

Taka

今月6日の岩国の豪雨は全国ニュースでも大々的に報道されましたが、新聞によると岩国市と隣の和木町を中心に被害額は14億円だそうです。本当にすごい雨でびっくりしました。被災者の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

山口県の広報によると、2018年の明治維新150年に向けて今年度から「やまぐち幕末ISHIN祭」を展開しているそうです。来年のNHK大河ドラマの「花燃ゆ」に便乗して(広報では”活用して”と記述)観光PRやおもてなしの充実を図るとありました。観光で被害額を取り戻せればいいのですが。

『やまぐち幕末ISHIN祭』

NHKの番宣になりますが、「花燃ゆ」の主人公は吉田松陰の妹で、最初、久坂玄瑞(幕末の長州藩士で尊王攘夷派の中心人物)に嫁ぎ、後に、群馬県令の楫取素彦と再婚したということは分かっているみたいですが、どんな人物だったのかはあまり知られていないそうです。私は松陰の妹の存在すら知りませんでした。前回の「八重の桜」では長州藩は悪者にされたので次回は挽回してほしいところです。

余談
長州藩は山口県西側の「長門」と、山口市を含む東側の「周防」の2国からなります。個人的には長州といえば長門国という感覚ですから、吉田松陰ら幕末に活躍した藩士は、ほとんど萩出身なので長州になります。安倍首相も現長門市出身(生まれは東京)なので長州です。

山口県


そこで実家のある周防(防州)出身の有名人(私の知っている)を挙げてみました。

政治家:伊藤博文(現光市)、岸信介(田布施町)、佐藤榮作(田布施町)
学者 :大村益次郎(山口市)、広中平祐(岩国市)、末川博(岩国市玖珂町)
作家 :宇野千代(岩国市)
作詞家:星野哲郎(周防大島町)

くらいでした。

キーワード