PAGE TOP

関連情報

印刷する

Office365を使ってみる

さぼ郎
マイクロソフトOffice365
使用編

アプリケーションのインストールをしてみます。

Officeアプリ

クリックすると使用でいるアプリの一覧が表示されます。

アプリ一覧

一覧の内訳は、

アプリ一覧

知らないアプリもいくつかあります。「インストール」ボタンをクリックすると、「Setupなんちゃら」というファイルがダウンロードされます。これをダブルクリックするとやにわにインストールが開始されます。

電話での説明によりますと、64bit版のインストールも出来るようですが、32bit版との互換性が完全なわけではなさそうでした。通常は32bit版がインストールされるとのことです。

ちなみに、EXEをクリックすると、そんなことは聞かれませんでした。

初期画面

次の画面

その次の画面

「同意する」以外に選択はなさそうです。
パソコンでの展開が始まると次から次へと画面が出てきます。

インストール4

インストール5

サインインをしてみました。

インストール6

こんなのや、

インストール7

これらが一体何なのかが、じつは不明なのですが、とりあえず、WordやExcelは使えそうです。

速度的体感はExcel2007に比べて3分の2くらいの早さになった感じがします。

5台までインストールが出来るようです。と言っても使えるユーザーは1人とのことで、Office365の紹介記事を呼んでも、くどくどと、そのことが書かれています。

試しに2台めにインストールしました。管理者ダッシュボードを見ると、利用可能なインストールがあと3台あるというメッセージが表示されています。つまり、単に5台までのインストールができるということです。

アプリ一覧

選択の余地なく、これら全部がインストールされます。

Office365の他の機能

Office365では、Officeのインストールが5台まで可能なだけではなく、ほかにもいろいろ機能がありそうです。

電子メール:50G使えるそうです。

 web会議:Skypeとか使えるみたいです(使う気はないけど、、、)。

 ファイル共有:7G使えるみたいです。

 webサイト:簡単なwebサイトが作れるようです。

 Office online:ブラウザでWord、Excel、PowerPointの加工ができるようです。ただし、機能は限定されるようですが。

電子メール

webのOutLookが使えます。容量は50Gだそうです。もし、ドメインを持っているなら、そのドメイン情報をOffice365に移行することで、ドメインのまま、メールを使うことができるようです。

Outlook web APP という名称のようです。とりあえず、使うなら、そのまま東京の時間帯を指定するだけで使えてしまいます。

Office web APP

ただ、このメールがどれだけ嬉しいかというと微妙です。ドメインをOffice365に移してしまうとかでない限り、50Gが無駄になりそうです。

web会議

あと何年生きるかはわかりませんが、生きてる間にweb使った会議をやるとは思えませんので省略です。

ファイル共有

One Drive のことだと思います。7G使えるそうです。ドラッグ&ドロップすると、早速使えました。

これは、dropboxと同じ仕様なのだと思います。Office365を購入しなくてもただで使える機能でもあるようです。

クラウドを使う最大メリットは、「保全」と「どこでも参照可能」。そしてケースにもよりますが、「共有」

ExcelをOne Driveにいれてクリックしたら、Office onlineが起動してファイルが開きました。ただしVBAはダメだそうです。

DropBoxのように、OneDriveフォルダにファイルを入れると、クラウドに保存されるようです。とはいえ、無料のSkyDriveとの違いが鮮明ではありません。

一般向けwebサイト

ここは、長くなりそうなので、次なる記事にまとめようとは思うものの、ここにホームページを登録する意味もあまり感じられないので、中断します。

つまり、ドメインごと引っ越しでもしない限り、ここでHPを解説する特段のメリットはあまり感じられません。

Office online

ブラウザでword、Excel、PowerPointの編集ができるとのことです。OneDriveにファイルを入れて、クリックするとOffice Onlineが起動して幻臭ができるようですが、そんなことがあるのかは不明です。

あっちこっち飛び回っているビジネスマンなら、欲しい機能なんでしょうか?でも、つなげるためにはパソコンが必要だし、パソコン持っていればword、Excel、PowerPointはインストールされているのと思うのですが。

まとめ

ということで、Office365を駆け足で見てきましたが、ようは5台にインストールできて、その管理がwebでできるというのが最大の売りだと思います。

ドメインを、Office365に移行してしまうなら、社員の数で考えると、それはそれですごいうコストダウンになるとは思います。

ちなみにワタシの場合は、KDDIでメールを契約していますが1ヶ月の使用料は241円です。わずかながらwebも使えるようですが、全く使っていません。

メールに50G使えるのはもったいないので、この50GをOneDriveとしても使えるようならば、クラウド上のBackUp領域としての使い道があると思います。

いろいろ、努力をしていることは認められるものの、説明が長い上に機会翻訳的でわかりにくいことと、丁寧さがくどさになっている感じがしました。

端的に、OfficeProが5台にインストールできることと、クラウドに50Gのストレージが用意されること。OnLine機能が使えること くらいで良くて、ドメイン云々は、希望するユーザーに対するサービスでいいように思います。

キーワード