PAGE TOP

関連情報

印刷する

Office365を申し込む

マイクロソフト

さぼ郎
マイクロソフトOffice365
購入編

Office365を知らない人が多い。というか、知っている人に出会ったことがない。

最近、Access2013やExcel2013が市場に出回り始めていて、2007や2010で作ったVBAが動かないなどと言われることがポツポツ起きだしています。

また、新しくパソコンを買うとプレインストールで2013が配布されていくので、そろそろ対応しなければならないと思っていました。

そこで、意を決してOffce365を購入してみようと決心した次第です。

Office購入

プラン名は「P2」だと25名以内の企業規模だそうです。ちなみに、「M」プランだと300名規模で、「E1~」だと5万人とかの規模だそうです。

規模に応じて料金が変わりますが、付帯するサービスの根本的な違いは感じられません。

メールボックス25Gと書かれていますが、これは修正ミスだそうで、いまは50Gだそうです。「ドメインが使える」というのは、もしドメインを持っているなら、レンタルサーバーを使わずにOffice365に、そのドメインを設定することができるので、その費用が浮くという算段のようです。

詳細情報

確認用の画像で変な形になった文字列が表示されます。もし入力が合わないと次の画像が表示されます。そのうち合致するので根気よく入力して下さい。

注文カスタマイズ

ここで、数量を入力する。

サービス利用先

ここで、住所を入力する。

注文の確認

しっかり、消費税8%計上されました。

契約書

お支払い

お支払い

カード情報を入力。そこで「発注」

注文完了

やおら、注文の確認メールが届く。

注文の確認メール

ようこそメールも届く。

ようこそメール

Office365にアクセス をクリック

はじめよう

長くなってしまったので、ここまでを「申し込み編」として、ここから先は、「利用編」として稿を改めます。ここまでで、くたくたになってしまいました。

キーワード