PAGE TOP

関連情報

印刷する

ICデータの『テープ起こし』もさくさくと

のりのり
テープ起こしというのは、会議、講演、インタビューなどで録音した内容を聴き取り、それを文章化する作業をいいます。

以前はカセットテープで録音したものを、ソニー製の[フットコントロールユニット付の卓上型文書おこしテレコ]を使ってテープ起こしをしていました。

ソニー製の[フットコントロールユニット付の卓上型文書おこしテレコ]

足踏み(フットコントロール)でテープの再生・巻き戻し・早送りができますので、両手は一度もキーボードから離さずにタイピングができ大変効率的です。

最近はICレコーダーで録音した音声ファイルをインターネット上で受け取り、それを文章化するという方法に変わってきました。そこで登場したのが『おこしやす2』です。
テープ起こしに特化したソフトで、以下からダウンロード(無料)できます。


ここからは「Okoshiyasu」を使ってはいても、有効な機能を使わず手で再生・停止を繰り返し、大変苦労しながらテープ起こしをしている友人たちに耳より情報です!

1つ目は、ショートカットキー(ホットキー)でOkoshiyasu2を操作する方法
2つ目は、フットスイッチでDSS Playerを操作する方法


1.ショートカットの設定

Okoshiyasu2を立ち上げたところ

おこしやす 起動画面

オプション-設定-再生
自動巻き戻し秒数、早送・巻戻秒数が設定できます。

おこしやす 設定画面

オプション-設定-キー設定
ショートカットの設定

おこしやす 設定画面2

機能には、再生・停止、早送り、巻き戻し、音量変更、速度変更・・・があり、右側のキー設定で、Ctrl+:など、Ctrlキーと組み合わせてショートカットを設定することができます。

これで、キーボードから手を離さず効率的にテープ起こしができます。


2.フットスイッチでDSS Playerを操作する方法

オリンパスのDSS PlayerというソフトとDSS Player専用のフットスイッチを使用して起こします。

 DSS Player

DSS Player 7

税込み3,725円とのことですが、来週には書き換わりそうですね。
ソフトは、音声ファイルをいろいろ管理する便利なソフトのようです。

フットスイッチRS27

フットペダル RS27

こちらは税込み¥11,225円。
仕事にしている人には必需品ですよね。

足でペダルを踏むように、左から、「早送り」「再生・停止」「巻き戻し」ができます。
音声を足で再生・停止し、両手は入力に専念できます。

この二つの操作のしかたはYouTubeで見ることができます。



ICレコーダーで会議やセミナーの音声を記録している人は、明日から早速試してみて下さい。

キーワード