PAGE TOP

取り組み

印刷する

浅草橋CMS 8月のレビュー

クリックの集計

さぼ郎
8月

浅草橋CMSに
テスト的に記事を掲載してみたりしましたが、正式公開したのが7月27日でした。

ワードクラフトのホームページとして浅草橋CMSに切り替えたのは、やはり、鮮度の高い記事を書かなければ、誰も見に来てくれないだろうということからです。

仮に誰かが見に来たとしても仕事につながらない。
では、どうすれば仕事につながるのだろうか というところから
  1. CMSを使って真面目な発信をすこと。
  2. できるだけ毎日書き続けること。
を第一の目標にしました。同時に、せっかく作ったCMSなので使ってくれる仲間を増やすこと。これを、これを第二の目標にして「使用は無料」「設定は5万円」ということで呼びかけていますが、今のところ、webからの新規申込みは「ゼロ」です。

知り合いベースで「水雲会」にご利用いただきました。
あと、釉薬を粉で売ろうということで「YOU-YAKU」というサイトを、可能であればこの秋にも正式にリリースの予定です。

ということで、8月31日に月末締めをした結果を集計して報告いたします。

総クリック数:11,640 回
1日平均:332.6 回

クリックの内、1割以上が我々が記事掲載において誤字があったり文意が伝わらないと思われて直しをしたりなどの読み返しのカウントと思います。

1日あたりの最高クリック記事の記録はとれていません。次回は、報告できるようにします。

単純なクリック回数の多かった順 トップ10


トップ10

国家無答責の法理」が一番でした。これは驚きでした。恐らく、タイトルから関心を持たれてのことと思います。そのことは5番の「一般不可能性定理」も同様だと思います。

2、3、4番は、開始早々でもあったので、ナニをするのかという興味で読まれたのだろうと思いますので、特に「tootle」は実行に移さなければなりませんね!

記事を掲載してからの1日あたりのクリック数

1日あたりクリック数

シリア周辺情勢」は、あまりにもトレンドですね。アメリカにとってのメリットは同盟国イスラエルに対する周辺国への圧力と、やはりロシア・イランへのにらみなんだと思います。アメリカとしては、どうしても無視できないタイミングで化学兵器の使用があったのが、あまりにも出来過ぎでイラクの時の大量破壊兵器疑惑を連想しない人はいないと思います。

精子のフリーズドライ」は、きっと、読んでいる人に男性が多いからなのだと思います。動物が正常に生まれることと人間が正常に生まれ、かつ育つことには似て非なる違いがあると思います。

仮釈放のない終身刑」は、死刑・無期懲役・仮釈放などというキーワードに関心が持たれたことと思います。刑罰を考えるとき、当事者感情と第三者感情の2つの観点から考える必要があると思います。「応報」は当事者感情で、これはだれでも回避不能な感情だと思いますが、一歩引いてみると、社会は第三者感情の総和で成り立っているという側面も有るわけです。

浅草橋CMS、としては、当面は、どのようにすればアクセスが取れるのだろうということから1ヶ月が経ちました。これからは、もう少しワードクラフトが「ナニをやっている会社で、どういう仕事をください」なのかを、もっと直裁的に表現していこうと思います。

カテゴリで見てみた

カテゴリ集計

カテゴリで見てみました。上記のような順位となりました。クリック数を記事数で割っています。意外と力を入れてるつもりの「経世済民」は低いですね。千思万考は月末リリースなので、様子見です。

カテゴリの説明

いま、やりたいこと」。これを頑張れというメッセージと受け止めて頑張ります。
提供できること」は、ワードクラフトのメシネタで、ここを充実させないと仕事につながりませんね。

ちなみに、
天之蒼蒼」は、一般でいうところの「コラム」です。
グッジョブ!」は、よそさまの素晴らしいアイデアや技術、製品を案内していきます。
有職故実」は、教育にまつわり記事。
なるほど!」では、我々が壁にぶつかって、それを突破するためのサジェッションを得るきっかけやアイデアを紹介していきます。
垢離夢中」は、読書感想。
経世済民」は、ちょっとした経済の動きなどを自分なりに咀嚼してまとめてみます。
千思万考」は、一所懸命考えた記事。

と、こういう種分けになっています。

9月の指針

9月

「tootle」に関連する記事を書き出すこと。
 ワードクラフトができること、仕事にしていこうとする事を目立つように書くこと。
 よその素晴らしい仕事ぶりを見つけて紹介記事を書くこと。
 Tips的なハウツーを意識して多く書くこと

欲張らず、こんなところで頑張ってみます。既に欲張っているかも、、、。



キーワード