PAGE TOP

取り組み

印刷する

浅草橋CMSにソーシャルボタンを設置

のりのり
浅草橋CMSがデビューしてほぼ1か月、毎日投稿できるようにがんばっていますが、なかなかジャスト・オン・タイムな記事って、書こうと思うと無いもんですね。

最近、よそのサイトを結構注意深く見るようになりました。まず、「ソーシャルボタン」。wikiで調べてみると
ウェブサイトからSNSやソーシャルブックマークなどのソーシャルメディアに情報を入出力するために設置される、ボタン型のインターフェース
とのこと。

要するに「フェースブック」とか「twitter」につながる、あのボタンのことです。一方的に記事を垂れ流すだけでは独善がすぎるのかもしれないという懸念はうすうす感じていましたが、これで双方向性が担保できるわけです。

早速、「浅草橋CMS」にも「みなもすなるソーシャルボタンといふものを、我もしてみむとてすなり(土佐日記風)」という運びです。

とりあえず、「ソーシャルボタン」でググッって見ると、「日本はガラパゴス」という記事を見つけました。

ソーシャルボタン

海外のトレンドや、日本の有名サイトの動向などが書かれていてなかなか参考になりました。結論は、「フェースブック」と「twitter」があれば、まず、日本ではオッケー。海外では、プラス「pinterest」ってとこらしいです。

twitterは、フト思ったことを140文字以内で呟き、それを世界中で共有するという仕組みとのことです。日本語と英語では同じ子をと言うとしても文字数が違うと思いますが、140文字での制限だそうです。ようは、長い文書は書かないし読まないということが特徴なんでしょう。

FaceBookは、ともかくこのアイデアで巨万の富を作った若者がいるくらいで、少なくともアメリカでは実名で記事を書き、どのようなプロフィールで、どういう友人関係が有るかを示す、自分証明のサービスとして使っているとのことです。

実名とプロフィールと友人関係などを公開する という考えには、ちょっと後ずさりしてしまいます。

しかし、「みなもすなるSNSといふものを、我もしてみむとてすなり」なわけですので、ともかくやってみようというところからのスタートです。

まず、ボタンの設置。このサイトが参考になりました。

備忘録

「浅草橋CMS」では、自分たちがやってもいないSNS、へ繋ぐってのもおかしなもんで、試しようもないので、「Facebook」「twitter」「はてな」の3つに絞っての実装となりました。

完成形がこちら。

完成形
twitter

あとは、SNSを使い慣れてフォロワーを増やすことで、マーケティング的な使い方ができるということなのだと思います。

それについては、また後日!

キーワード