PAGE TOP

新着記事

宇宙は無数にある

宇宙は無数にある

ちょっと読む
さぼ郎

知的生命体がいて、地球に来る あるいは 攻めてくる なんて話が映画になります。UFOを信じているヒトも少なからずいます。さて、太陽系に最も近い恒星はケンタウルス座アルファ星だそうで、4.3光年の距離だそうです。img01なんだ、近いじゃ...

続きを読む

心と遺伝子

心と遺伝子

ちょっと読む
さぼ郎

「心」がどこにあるかといえば、大方の人は「脳」あるいは「頭」にあると思っている。img01とはいえ、「ハート(heart)」となると、どういうわけか「胸」を指すと考えるフシがある。つまり、「心」には「愛情」「正義」「道徳」「宗教観」のよ...

続きを読む

アメリカの世界戦略と日本経済

アメリカの世界戦略と日本経済

ちょっと読む
さぼ郎

「アメリカの世界戦略に乗って、日本経済は大復活する」という本があった。2013年の出版。いまから7年前。東日本大震災の2年後。img01アマゾンの書評を見ると61%が星5つで7割が高評価を与えている。当時のドル円レートは、94円20銭だ...

続きを読む

男子を脅かす口腔がん

男子を脅かす口腔がん

ちょっと読む
さぼ郎

「VPD」という略語が有ります。VPDとは、Vaccine Preventable Diseasesの略で、●Vaccine("ヴァクシーン")=ワクチン●Preventable(“プリヴェンタブル")=防げる●Diseases("ディ...

続きを読む

日経サイエンス 2019年12月号

日経サイエンス 2019年12月号

ちょっと読む
さぼ郎

日経サイエンスの2019年12月号の特集は「真実と嘘と不確実性」というテーマです。img01面白そうと思って記事のページをめくりました。第一部は「真実を問い直す」というタイトルになっていて「物理学におけるリアリティ」「数学は発明か発見か...

続きを読む

アメリカの世界戦略と日本

アメリカの世界戦略と日本

ちょっと読む
さぼ郎

Newsweek2019.12.31/2020.1.7号Issues2020という特集に、「伝統回帰の大波が戦後秩序を無力化する」というのがありました。img00シリアのダマスカス近郊の写真が載っていますが、普通に使えそうな建物は一つと...

続きを読む

経済学者の考えとは

経済学者の考えとは

ちょっと読む
さぼ郎

経営学とは、人間・あるいは人間の集団の意思決定を分析すること。そして経営学者は、よりランクの高い学術誌に何本の論文を掲載したかが重要であって学生からの評価はさほど気にしてはいない。img01学術の姿勢としては理論と実証が不可欠になる。学...

続きを読む

市場主義の限界

市場主義の限界

ちょっと読む
さぼ郎

「市場」は公共善を実現する最良の手段であることが前提となっている。しかし、道徳から逸脱しかねない至上主義が、最良の手段と言えるのであろうか?市場主義の中核にあるものは「競争」であり、勝ち抜き、勝利を独占しようとする「強欲」である。img...

続きを読む

江戸が東京になる

江戸が東京になる

ちょっと読む
さぼ郎

明治になるまでの都は「京都」であった。西暦でいえば1868年10月23日に、旧暦の9月8日に明治元年となり、翌明治2年に首都を京都から東京に移していますが、「遷都」したわけではなく、このことを「奠都(てんと)」と呼ぶのだそうです。「遷都...

続きを読む

蛮社の獄と渡辺崋山

蛮社の獄と渡辺崋山

ちょっと読む
さぼ郎

天保10年(1839)、2020年からすればおよそ180年ほど前に起きた言論弾圧事件のことです。このことで、高野長英や渡辺崋山が連座して死ぬこととなります。そして、弾圧する側で活躍したのが鳥居耀蔵です。蕃社として連座した人々の主たる...

続きを読む