PAGE TOP

新着記事

「諸刃の剣」、またの名を「ボロ刃の剣」

「諸刃の剣」、またの名を「ボロ刃の剣」

ちょっと読む
さぼ郎

「諸刃の剣」というと、《両辺に刃のついた剣は、相手を切ろうとして振り上げると、自分をも傷つける恐れのあることから》一方では非常に役に立つが、他方では大きな害を与える危険もあるもののたとえ。両刃の剣。という説明になるようです。ということは...

続きを読む

新型コロナワクチン争奪戦

新型コロナワクチン争奪戦

ちょっと読む
さぼ郎

アメリカのファイザー社が新型コロナウイルスに対するワクチンが9割超で効果があったという発表で世界の株価が上がるという効果までありました。新型コロナワクチン開発「ワープ・スピード計画」というのがあって5社が選定されていてトランプ政権から資...

続きを読む

大鏡《8》 醍醐天皇

大鏡《8》 醍醐天皇

ちょっと読む
さぼ郎

六十代醍醐天皇冶三十三年、女御、更衣二十一人、御子三十六人此内源氏六人。img01次のみかど、醍醐天皇と申しき。これ亭子の太上法皇(宇多)の第一の皇子におはします。御母、皇太后宮胤子と申しき。内大臣藤原高藤のおとどの御女なり。今昔物語「...

続きを読む

ワクチン戦争

ワクチン戦争

ちょっと読む
さぼ郎

ワクチンには種類があるようです。不活可ワクチン組み換えタンパクワクチンウイルスベクターワクチンDNAワクチンmRNAワクチン開発状況は、ワクチンの場合「前臨床」「第1段階」「第1/2段階」「第2段階」「第3段階」のような進捗になるようで...

続きを読む

いまこそ、副業を

いまこそ、副業を

ちょっと読む
さぼ郎

Newsweekの記事に「レジリエンス」という文言が書かれていたので調べてみました。英語では「resilience」。img01「脆弱性」の反対語だそうです。日本語にすると「逆境力」当たりになるようです。的確な日本語にされていないところ...

続きを読む

科学後退国

科学後退国

ちょっと読む
さぼ郎

2020.10.20号のNewsweekに日本の科学が後退している事情を特集していました。日本学術会議に対する政府の無意味(?)あるいは無謀な干渉(介入)が世間をしばし、騒がせていますが、その意味ではタイムリーな企画です。まず、学術界の...

続きを読む

Newsweek 2020.10.13号

Newsweek 2020.10.13号

ちょっと読む
さぼ郎

Newsweek 2020.10.13号に中国ダムの特集がありました。img02ちょっと前のYouTubeには、三峡ダムが今日明日にも決壊するような動画が満載されていましたが、今に至るまで一度も決壊していません。京都大学防災研究所水資源...

続きを読む

大鏡《7》 宇多天皇

大鏡《7》 宇多天皇

ちょっと読む
さぼ郎

五十九代 宇多天皇治十年、院にて三十四年おはします。女御五人、みこ二十人、姓を給はる一人。次の帝、亭子のみかどと申しき。これ小松の天皇の御第三皇子。御母、皇太后宮班子女王と申しき。二品式部卿贈一品太政大臣仲野親王の御女なり。亭子:宇多天...

続きを読む

何が創造的な脳を作るか

何が創造的な脳を作るか

ちょっと読む
さぼ郎

道すがら、鉢の水草が花を咲かせているのを見つけました。img01道すがら、曇天のスカイツリーから放射状の光が放たれていました。img02よく、「天才」という言葉を使います。あるいは「天才的」とかも。しかし、天才とは何なのかというと、なん...

続きを読む

メリットとベネフィット、善と悪

メリットとベネフィット、善と悪

ちょっと読む
さぼ郎

「メリットとベネフィット」と検索するとマーケティングの解説をしているサイトがたくさん表示され、中身を見ると大筋、同じことを書いています。img01曰く、メリット 商品のウリや特長ベネフィット 商品の特長から得られる問題解決あるいは、メ...

続きを読む